ジュマンジ/ネクスト・レベルのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > ジュマンジ/ネクスト・レベル
 > (レビュー・クチコミ)

ジュマンジ/ネクスト・レベル

[ジュマンジネクストレベル]
Jumanji: The Next Level
2019年【米】 上映時間:123分
平均点:5.91 / 10(Review 11人) (点数分布表示)
公開開始日(2019-12-13)
SFコメディアドベンチャーファンタジーシリーズものパニックもの小説の映画化
新規登録(2019-12-09)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2020-04-17)【Yuki2Invy】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジェイク・カスダン
キャストドウェイン・ジョンソン(男優)スモルダー・ブレイブストーン博士
ジャック・ブラック(男優)シェリー・オベロン教授
ケヴィン・ハート(1979年生)(男優)ムース・フィンバー
カレン・ギラン(女優)ルビー・ラウンドハウス
ニック・ジョナス(男優)シープレーン
オークワフィナ(女優)フリートフット
アレックス・ウルフ(男優)スペンサー
マディソン・アイズマン(女優)ベサニー
ダニー・グローヴァー(男優)マイロ・ウォーカー
ダニー・デヴィート(男優)エディおじいちゃん
楠大典(日本語吹き替え版)
高木渉(日本語吹き替え版)
伊藤健太郎【声優】(日本語吹き替え版)
白石涼子(日本語吹き替え版)
M・A・O(日本語吹き替え版)
武内駿輔(日本語吹き替え版)
水瀬いのり(日本語吹き替え版)
加山雄三(日本語吹き替え版)(特別出演)
江原正士(日本語吹き替え版)
浦山迅(日本語吹き替え版)
松本保典(日本語吹き替え版)
小宮和枝(日本語吹き替え版)
原作クリス・ヴァン・オールズバーグ
脚本ジェイク・カスダン
音楽ヘンリー・ジャックマン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
11.カレン・ギランに5点全て捧げます。
作品自体は前作に比べてパワーダウン…
たくわんさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2020-09-29 20:05:44)★《新規》★
10.《ネタバレ》 久しぶりにダニー・クローバーとダニー・デビットを見れて初っ端から少しテンションがあがりましたが、肝心のエディのキャラの方が老害丸出しで親しみも湧かずに良くなかったです。前作が結構好きだったのもあって前半はキャラを入れ替えたり無理矢理中国人キャラを入れてきたりと良い部分より不満の方が多かったですが、途中から軌道修正されて不満も解消され最終的には今作もまあまあ面白かったなという感じに落ち着きました。最後ジュマンジの中にマイロ1人を残さずにエディも残った方がベターだったのではないかなと思います
映画大好きっ子さん [CS・衛星(吹替)] 7点(2020-09-13 22:09:50)
9.《ネタバレ》 途中でキャラ替えはズルいけど、確かに後半はテンポが上がった。
でもお爺ちゃんのままゴールも見てみたかった。
movie海馬さん [試写会(吹替)] 6点(2020-09-13 18:39:54)
8.ごめんなさい。ドゥエイン・ジョンソンはただの筋肉の人かと思ってました。ケヴィン・ハートも共々、流石に役者ですね。どこからどう見てもジジイの佇まいなので笑ってしまいました。内容は正に前回の続き、と言った感じですがテンポが良かった所為か私は今作の方が楽しめました。
ベタな展開ですが最後はまたウルっとさせられます。前作が楽しめた方なら必見だと思います。
Kの紅茶さん [インターネット(字幕)] 7点(2020-08-30 21:49:47)
7.《ネタバレ》 前作みたいな映画かと思ったら、見終わってみれば、今回の主人公はどう見ても老人二人。その割には老人二人のキャラクターはそんなに活躍せず。前回ほど不条理なクエストもなく、ライフが減るものの緊迫感もあまりなし。悪い意味でのパート2の典型でした。
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2020-08-30 17:38:12)
6.《ネタバレ》 チャイニーズマネーに対して、もうどうのこうのは言うのは正直飽き飽きしてきたが、もうちょっと配役、なんとかなりませんかね?
なんでこうもすっとぼけたような俳優ばかり送り込んでくるのやら・・・(´Д`;) ガマガエルかよ!!(笑)

ダニー・デヴィートと、ダニー・グローヴァーの名俳優二人を迎えたけど、映画のレベルがそこまで追いついていけてなくって残念だ。

ゲームの世界なんだから、アイデア次第でいくらでも面白く出来そうなのに、アイデアがしょぼすぎる。

吊り橋でのマントヒヒとの追いかけっこだけが唯一面白かった。しかしそのマントヒヒの集団も、たった一人のパイロットと一頭の馬に怯えて逃げていくって・・・お前ら!大したことないんかい!www


とにかく「ネクストレベル」どころか「レベルだだ下がり」でしたね。酷すぎです。
Dream kerokeroさん [ブルーレイ(字幕)] 3点(2020-06-12 17:19:20)
5.《ネタバレ》 笑いの量で言えば前作のほうが多かったですが、映画の出来栄えとしてはこっちの方が上かな。
大量のダチョウやマンドリルの大群からの逃避行は迫力満点。
今回はおじいちゃん二人組ってことで、その分スピード感が落ちちゃってるようにも感じましたが
中盤、なぜ会いに来たのかの理由を吐露し、最後には和解する様は予想外に感動してしまいました。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2020-04-07 17:29:54)
4.《ネタバレ》 字幕で観たかったのですが、字幕上映はなし。
仕方なく、吹き替えで鑑賞しました。

前作とほぼ同じメンバーですが、今回はじいさん2人(ダニー・デビートとダニー・グローバー)が参入しました。
ダチョウから追われるシーンや、つり橋でサル(マントヒヒ?)の大軍から攻撃されるシーンなど、よく出来ていました。
ただ、ラスボスとの闘いは、もう一工夫欲しかったですねぇ。
意外にあっさりしてました。
ラストは、次作を予感させるような終わり方でしたが、これは興行成績次第でしょうね。
前作同様、何も考えずに楽しめた作品でした。

最近、吹き替えのみの上映が多いのが、字幕映画中心の私としては嫌ですね。
声優が、どうしようもなくヘタクソなアイドル歌手などだと「金を返せ」と言いたくなりますねぇ。

ただ、最後のクレジットに加山雄三さんの名が‥‥えっ、どの役? などと思いました。
TerenParenさん [映画館(吹替)] 6点(2019-12-23 19:13:23)
3.もはやティーンエイジャーの恋物語とかどうでも良いわと思っちゃうほど薄っぺらく、それよりも実はおじいちゃんが主役だった。おじいちゃんがゲームの登場人物(ロック様)になって敵をなぎ倒して行く様が痛快で面白かったし、その後の人生においても大切な事に気付かされるというとても心暖まるものだった。

ただ、“ネクストレベル“というからもっと新しいシステムとか期待したんだけど、基本前作とあまり代わり映えしないのが残念だった。予告編でさもバグが発生してダチョウか大量発生しているみたいなのやってたけど改変し過ぎで笑っちゃった。
ヴレアさん [映画館(吹替)] 7点(2019-12-17 18:09:53)
2.《ネタバレ》 時間帯の都合で久々に吹き替えで見たが違和感はなかった。むしろ良くできている類。中身も前作に対して特に新しい要素はないが、前作同様に楽しむことができた。特にオークワフィナが演じる新キャラ「盗賊」はスペンサーが乗り移っている時はスペンサー風で、おじいちゃんに変わってからはおじいちゃん風なのは不思議だった。これは吹き替えのうまさもあるのかな?ハマり役でした。ギャグは時折スベるがその辺も含めてこの映画らしいと言える。見て損はしなかった。
ぴのづかさん [映画館(吹替)] 6点(2019-12-15 21:27:28)
1.《ネタバレ》 「ジュマンジ~」、シリーズ第2弾。ゲームキャラとなって、今作は砂漠と、雪の要塞で大冒険。前作よりコメディ要素が増した感じだけどあんまり笑えねえ。違い橋(?)のフィールドで無数のマンドリルが現れた…ギャースカっ。3作目はあるんかな。
獅子-平常心さん [映画館(字幕)] 6点(2019-12-15 00:19:33)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 11人
平均点数 5.91点
000.00%
100.00%
200.00%
319.09%
400.00%
5218.18%
6436.36%
7436.36%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS