シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッションのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション
 > (レビュー・クチコミ)

シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション

[シティーハンターザムービーシジョウサイコウノミッション]
Nicky Larson et le Parfum de Cupidon
2019年【仏】 上映時間:93分
平均点:6.69 / 10(Review 13人) (点数分布表示)
公開開始日(2019-11-19)
アクションコメディハードボイルド漫画の映画化
新規登録(2019-12-09)【みみ】さん
タイトル情報更新(2020-01-07)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
山寺宏一(日本語吹き替え版)
沢城みゆき(日本語吹き替え版)
神谷明(日本語吹き替え版)
伊倉一恵(日本語吹き替え版)
田中秀幸(日本語吹き替え版)
一龍斎春水(日本語吹き替え版)
玄田哲章(日本語吹き替え版)
浪川大輔(日本語吹き替え版)
多田野曜平(日本語吹き替え版)
土師孝也(日本語吹き替え版)
恒松あゆみ(日本語吹き替え版)
三上哲[声優](日本語吹き替え版)
くじら(日本語吹き替え版)
原作北条司
作詞小室みつ子「Get Wild」
作曲小室哲哉「Get Wild」
編曲小室哲哉「Get Wild」
主題歌TM NETWORK「Get Wild」
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
13.シティハンター愛は感じるけど、ストーリーもコメディ部分もくだらなすぎ。
フランス映画という事になるので、日本人とは感性が違うのかな?
misoさん [地上波(吹替)] 4点(2022-01-04 23:22:20)★《新規》★
12.原作未読。アニメちょいカジリ。日本の実写版ドラマは鑑賞済みレベルでしたが
このフランス版の評判は耳にしていたので、暇つぶし程度に観てみたら、、、。

面白かった!あのやりすぎなギャグやエロも違和感なく笑えたし!
くだらなさとふざけ感の間がとても良いし、アクションや殺陣も最高でした。

もはやシティーハンターはヨーロッパ向きの漫画かもしれませんね。
あのトンデモ感に見てる側もまったく引かなかった。
原作に対しての愛情も感じられて、観ておいて良かったと思いました。
movie海馬さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2021-07-17 16:55:26)
11.敢えて日本語吹替版で視聴。大のシティーハンター好きのコメディアンがわざわざプロットを原作者に持ち込んで許可を得た上で、一年半かけて脚本を練り込み、監督も主演もこなしたということだから、熱意もリスペクトも伝わるだけでなく、原作を知らなくても楽しめる良い意味でハチャメチャな作り。舞台がフランスなのに、日本名で呼び合うからオリキャラのフランス人が浮いちゃうツッコミどころはあるものの、それすら許してしまうようなノリと勢いに誠実さがあったのだろう。
Cinecdockeさん [インターネット(吹替)] 7点(2021-07-14 23:38:16)
10.漫画原作のものは、大概漫画とイメージが違うという点で、失敗するケースが多い。
日本で実写化すると尚のこと、主人公のイメージよりも、まずタレント先行で配役が決まってくるからだ。
なので、全然イメージと違う主人公、全然年齢が違う主人公という実写版ががっかり感を増幅させる。
しかし、この映画はその意味では大成功といえるだろう。
まさに、見たかった漫画そのもののイメージでできている。
原作に対する愛も感じる。
そして、面白い。
シティーハンターファンも納得の出来と言っていいのではないか。
シネマファン55号さん [インターネット(吹替)] 7点(2021-07-14 16:51:32)
9.《ネタバレ》 シティーハンター 史上最香のミッション
 くだらない、でも面白い。
 この映画の監督が原作の漫画とアニメを物凄くリスペクトしてるってのは、色々なカットを見ていれば良く分かります。効果音もそうだね。
 その上で、フランスでこうした漫画を映像にするのなら、まぁコメディ要素を強くするのも理解できます。
 でも、センスがやっぱりフランス風なんだよね。いい意味でも悪い意味でも。
 フランス制作って事なので、”もっこり~”(お色気という意味ではないです)なんて場面をもっと強調するんじゃないかと思っていたのだけど、いやはや軽い軽い。下着姿とか、チンチン丸出しなんてのは平気でする国のくせにそういう所に手を出さないのはどうかなぁと思っちゃいました。
 この映画自体のシナリオの元ネタは多分、原作の殺人蜂の話だと思うのだけど、それを香水にしたところでシナリオ全体の方向性は悪くないと思いましたが、そもそもの動機付けが弱いと思ってしまったのは、原作を読んでいたせいかなぁ?
 ガンアクションは正直言うと、真面目にやりすぎです。丁寧にアクションを見せるのは良いのだけど、それが反ってテンポを悪くしてる。多分、もうちょっとカットを上手く割ってあげれば良いのに、それをしないんだよね。こうした演出面で損をしています。ハンマーだって、本物を使う必要性以上に使うための動機付け(設定)はいらないと思うんだけど、態々見せてしまう所がなんとも残念だと感じました。
 こういう感じはテレビドラマ版の「エンジェル・ハート」みたいにもっとさらっとやってくれたら、どれだけ楽しかったかと思いますよ。
この映画自体は、吹替えで見ても、フランス語版で見ても楽しいと思います。
残念だったのは、吹き替えに神谷明と伊倉一恵を使ってない事。まぁ神谷さんから裏事情は聞いてるし、カメオで出てるから良しとしましょう。
奥州亭三景さん [DVD(吹替)] 7点(2021-06-16 16:41:12)
8.《ネタバレ》 あのもっこりヒーロー、冴羽遼が帰ってきた!!しかも遠く海を越えたフランスでまさかの実写化というのですから驚きです。ジャンプ黄金時代のドンピシャ世代としては、なんだか地雷臭プンプンでしたが今回鑑賞してみました。いやー、ここまで原作へのリスペクトがビシバシ感じられるとは往年のファンとしてとにかく嬉しい!よく見つけてきたなという原作とほとんど違和感ない役者陣のルックスも見事!まあ内容の方は完全にすっからかんでしたけど(笑)。とにかく下ネタ満載で最後までずっとお下品一直線だったのもちょっときつかったかな。シティーハンターって漫画やアニメだからあのお下品な内容でも見ていられたけど、実写にするとやはり下品さが勝っちゃうんですよね~。とは言え、エンディングでの「ゲットワイルド」が流れるタイミングは完璧!それでチャラになるくらいテンション爆上がりしちゃいましたわ。原作ファンなら一見の価値ありです。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2021-02-01 05:39:16)
7.漫画原作の実写映画を見て、納得がいったのは初めてじゃないかと思うぐらい良い出来です。
その一端には、日本版は吹き替えにして声優をアニメと同じにしているからだと思いますが、こういうやり方は珍しい?
あきぴー@武蔵国さん [DVD(吹替)] 7点(2020-10-24 21:27:33)
6.《ネタバレ》 一貫して惚れ薬で最初から最後まで引っ張り、飽きさせないのはすごい。そして、真面目にふざけた成功例。制作に関わった人全てが原作をリスペクトしてるのでしょう。原作やアニメを知っている人も知らない人も楽しめること間違いなし。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2020-10-03 02:10:06)
5.《ネタバレ》 前評判が高い事は知っていたが、これまで見た日本のアニメを題材にした実写映画でロクな物に出会った事が無かったので、
意識してハードルを下げて鑑賞。
これが功を奏したのか、とても楽しく鑑賞する事が出来た。
他レビュアー諸氏も記載されている様に、制作陣の原作に向ける愛・リスペクトがひしひしと伝わってくるだけでなく、
原作以上に各所に散りばめられた「適度な」エロ描写も私にはツボだった。
個人的には槇村香(ローラ)を演じたエロディ・フォンタン(名前がまた良いのだ笑)を発見したのが一番の拾い物で、
原作の設定に忠実に「ボーイッシュだが実は綺麗な女性」の雰囲気はバッチリだったし、
各種サイトで写真を検索すれば一目瞭然だが、元々がフェロモン満載の女性がボーイッシュな装いをしている事のアンバランスさが最高で、
特にTシャツの胸元がなんとも言えず、中盤から後半は彼女の胸元ばかり目で追っていた様な気がする...ムフ(←ただのエロオヤジ)。
たくわんさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2020-09-07 13:40:24)
4.《ネタバレ》 シティーハンターってアニメのやつはほとんど見たことがないんですけど、
そんな自分でもめちゃ面白く見ることができました。
下ネタ好きの自分としては、ここまで全編にわたって突き抜けた下ギャグをやってくれると大満足。
逆に下ネタがダメな人は、この作品は全く受け付けないでしょう(笑)。
あと演じてる人たちも、コミックから抜き出てきたかのように徹底して演じてくれてるので
全体として原作への愛を感じさせます。良作、7点を献上。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 7点(2020-05-11 19:26:54)
3.制作者のシティーハンターに対する愛情をひしひしと感じる映画でした。しかしフランスのコメディ映画ってこれぐらいの下品さがデフォルトなんでしょうか。なお香役の女優が役柄の通りに全然色気がなくて驚きました。よく探して来れたな、と(笑)。
ライヒマンさん [映画館(吹替)] 6点(2020-01-05 17:06:35)
2.《ネタバレ》 終始笑いの絶えない上映で、とても楽しく観られました。
エンドのGet Wildへの入りも完璧。
エロチックなギャグがフランス映画テイストで妖艶なのも良し。

個人的に一番爆笑したのは、ミッション完了直前でその曲流すか!!!!!! てところです。
笑いじぬかと思った。

いちおう、いじったネタのフォローもちゃんとあって安心して観られます。

唯一減点は、動物ネタはあかんやろう、というくらいですた。
simさん [映画館(吹替)] 8点(2019-12-14 00:50:21)
1.《ネタバレ》 全編下品(フランス人の趣味か監督のセンスか)なギャグとアクションの連続でありながら、それでも原作の世界観・空気を残留させている佳作。実際よくまとめられた、と感心します。出演している役者全員が男女を問わず役者魂というか体を張っている。こんな汚れ役な演技を真面目にし続けるのだから、喜劇役者はアクション俳優以上に心身強靭でないとやれないと思います。脚本執筆に18か月かかったといいます。主演もやってる監督の心血を注ぎこんだ作品といえるでしょう。原作愛も含めて高得点にしたいところですが、下品さで差し引かせてください。(後で気が変わるかもしれませんけど)
みみさん [映画館(吹替)] 6点(2019-12-09 22:26:30)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 13人
平均点数 6.69点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
417.69%
500.00%
6430.77%
7538.46%
8323.08%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review1人
2 ストーリー評価 8.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 10.00点 Review1人
4 音楽評価 9.50点 Review2人
5 感泣評価 4.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS