ふたりの女王のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > ふたりの女王
 > (レビュー・クチコミ)

ふたりの女王

[フタリノジョオウメアリートエリザベス]
(メアリーとエリザベス)
Mary Queen of Scots
2018年【英・米】 上映時間:124分
平均点:7.50 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(2019-03-15)
ドラマ時代劇政治もの歴史もの
新規登録(2020-02-01)【HRM36】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャストエイドリアン・レスター(男優)トーマス・ランドルフ
シアーシャ・ローナン(女優)メアリー・スチュアート
マーゴット・ロビー(女優)エリザベスI世
ガイ・ピアース(男優)ウィリアム・セシル/バーリー男爵
デヴィッド・テナント(男優)ジョン・ノックス
イアン・ハート(男優)ジョン・メイトランド
音楽マックス・リヒター
撮影ジョン・マシソン
製作エリック・フェルナー
デブラ・ヘイワード
配給ユニバーサル・ピクチャーズ
編集クリス・ディケンズ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 悲劇の女王メアリー・スチュアートの生涯を描く。ほぼ史実に忠実な映画化らしいが、人物関係や状況の説明はやや軽めで、歴史の前提知識が無いと少し辛いかも。メアリーは中々に「高貴」な女性だが、あまり有能な君主という感じはせず、どちらかというと(現実の政治的処理をテキパキこなす)エリザベスの方に感情移入してしまった。この女優2人はどちらも君主らしい威厳も然ることながら、苦悩に満ちた人生を生きる女性を非常に好演している。シアーシャちゃんはこんぐらい出来て当然だと思ってたが、マーゴットがこんなに優秀だとは思ってなかった(ゴメン)。実話ベースの話の内容自体はそこまで盛り上がる訳でも無く、よく言ってそこそこ程度。とは言え、前述のふたりの演技だけでも観る価値は十分。良作歴史映画。
Yuki2Invyさん [インターネット(字幕)] 7点(2020-02-03 23:10:15)(良:1票)
1.女王二人ともすごくよかったです。シャーシャ、マーゴットはともに現代・SF劇とはまったく異なる顔を見せてくれて、大変見応えがありました。この年のアカデミー賞は有力候補が豊作だったので惜しくもメイクと衣装だけのノミネートでしたが、延々と見られていく作品だといいなあと思います。
結婚が領土拡大、政治の主な手段だったから当人たちが意図していないところでも多いに人生が左右されますが、自分の名に恥じない気高さ、潔さを保って血族を綿々と繁栄させたいという女王の思いが伝わりました。
HRM36さん [インターネット(字幕)] 8点(2020-02-03 09:19:55)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 7.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
7150.00%
8150.00%
900.00%
1000.00%

【アカデミー賞 情報】

2019年 91回
衣装デザイン賞アレクサンドラ・バーン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS