ダークハウスのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > タ行
 > ダークハウス
 > (レビュー・クチコミ)

ダークハウス

[ダークハウス]
Demonic
2015年【米・英】 上映時間:83分
平均点:6.00 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
ホラー
新規登録(2020-04-16)【あばれて万歳】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャストマリア・ベロ(女優)エリザベス・クライン博士
フランク・グリロ(男優)マーク・ルイス刑事
ダスティン・ミリガン(男優)ジョン
アーロン・ヨー(男優)ドニー
カーティス・アームストロング(男優)デヴィッド
スコット・ミシュロウィック(男優)ブライアン
製作ジェームズ・ワン
製作総指揮トッド・ウィリアムズ〔1968年生・監督〕
ハーヴェイ・ワインスタイン
ボブ・ワインスタイン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》 種明かしから店終いまでが早業なので、ちょっぴり混乱ぎみ。私自身が内容を理解するために、事象を整理してみます。激しくネタバレしていますので未見の方はご注意ください。

いきなり種明かし。本作最大のサプライズは、気絶していたジョンの正体が悪魔だったこと。私たちが延々と聞かされていた彼の供述は全て「デタラメ」でした。ブライアンが悪魔に取り憑かれたのも、ミッシェルが拉致されたのも真っ赤な嘘。悪魔の虐殺からブライアン一人だけ逃れたのが真相です。悪魔の目的は、降霊会を使って自らの器を獲得し、家の呪縛から解き放たれること。受肉する器(ミッシェル)を除いて、参加者を皆殺しにする必要がありました。ところがブライアンを家の外へ逃がしてしまいました。舌を切る暇があったら、さっさと殺せばよかったのに。直接殺せなくなったところで、悪魔は一計を案じます。ブライアンを殺人犯に仕立て上げ、警察に追わせたと。全てが悪魔の筋書き通りとは思えませんが、みごと警察にブライアンを射殺させました。銃社会ならではですな。多分ブライアンには『周りの人間が全員悪魔に見える』類の呪いがかけられていたのでしょう。もちろんトランシーバー越しにジョンが吹き飛ばされたのは演技。悪魔の記録動画抹消技術が、人間の動画復元スピードをわずかに上回った事が計画成功に繋がりました。なおジョンの母親も元悪魔の器。彼女が死亡したため、新たに降霊会(と言う名の受肉物件見学会)がお膳立てされたワケです。今回は『穢れなき魂』という超優良物件をご用意。ミッシェルの子は、666が刻印されて産まれてくる事でしょう。
原題は『DEMONIC』で堂々オカルト宣言をしていますが、邦題は抽象的に『ダーク・ハウス』。結果『人間犯行説』を排除することなく物語に望めたため、タイトル変更は成功と判断します。それにしても『ダーク・ハウス』なんて“如何にも”な邦題が今まで『空家』だったんですかね   。基本となる筋立てが単純な分、構成を凝った印象です。『SAW』や『死霊館』でお馴染みのワン監督の製作ですから出来は悪くありませんが、結局見慣れたパターンという気がしないでもありません。そうそう革新的なアイデアも無いでしょうが、ホラー上手のワンさんですから、次回は思わず唸るような仕掛けをお願いしたいです。
目隠シストさん [インターネット(字幕)] 6点(2020-11-10 19:24:43)
2.《ネタバレ》 一言で言えば「雰囲気お化け屋敷映画」
多分現代版の「ローズマリーの赤ちゃん」を作ろうとしたんじゃないでしょうか?

原題が「Demonic」なのに邦題は「ダークハウス」
原題は「ローズマリーの赤ちゃん」的な意味だし
邦題は「雰囲気お化け屋敷映画」的な意味
まぁタイトルが割れるのはわからなくはありません。

基本は最近多い過去と現在を交互に行き来して謎を解き明かしていくタイプのホラーです。

序盤から雰囲気は抜群で「これはおもしろそう」と期待させてくれます…が、最後まで観ると「なんだかなぁ」となる残念な映画です。
お化け屋敷的な脅かし(途中どんどん安っぽくなる)と雰囲気はあるんですが、ストーリー自体が非常に安直なんですよね。
ラストへ向けて映画の中で種明かしが進むと尻すぼみになっていくのはどういう事なんだ…と。

つかブライアンの行動は意味不明すぎます。何の説明もされないけど…あれは結局何だったの?
2への伏線の一つ?いや2ないけどな!

この映画の大きな欠点は、被害者チームの特に男性陣のキャラが薄い事。
大学生チームの男性は4人しかいないのに白人長身細身系が3人いてキャラの描き分けも弱く、さらに暗いシーンも多く「こいつ誰?」になる事が多数。
例えば残った映像を見て刑事が「ジョンだ」とか言ってるシーンは「ジョン」と言ってるからジョンだとわかりますが、言われなければ誰かわかりません。

暗かったり荒い映像で見せるタイプの映画は、デブとか黒人とか入れてわかりやすくするのが必須なんだな…という映画の基本を教えてくれる映画です。

いかにもパート2を作れるホラーらしいラストもお約束の域を出ずにイマイチです。
まぁこの話だとこのラストしかないけどな!
あばれて万歳さん [インターネット(字幕)] 6点(2020-05-01 13:18:22)
1.なかなかに怖いね。絵ヅラ的にはグレイブエンカウンターズに近い。コロナだから、びびって嫌なこと忘れたい人は見れば良いよ。
センブリーヌさん [ビデオ(吹替)] 6点(2020-04-20 19:11:05)★《更新》★
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
63100.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS