ジュラシック・パークIIIのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > ジュラシック・パークIII
 > (レビュー・クチコミ)

ジュラシック・パークIII

[ジュラシックパークスリー]
JURASSIC PARK 3
2001年【米】 上映時間:93分
平均点:5.30 / 10(Review 266人) (点数分布表示)
SFアドベンチャーシリーズものパニックもの特撮ものモンスター映画
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-10-18)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョー・ジョンストン
演出パット・ロマノ(スタント・コーディネーター)
キャストサム・ニール(男優)アラン・グラント博士
ウィリアム・H・メイシー(男優)ポール・カービー
アレッサンドロ・ニヴォラ(男優)ビリー・ブレナン
ティア・レオーニ(女優)アマンダ・カービー
マイケル・ジェッター(男優)ユデスキー
ジョン・ディール(男優)クーパー
ローラ・ダーン(女優)エリー・サトラー
ジュリオ・オスカー・メチョソ(男優)エンリク・カルドソ
小川真司〔声優・男優〕アラン・グラント博士(日本語吹き替え版)
納谷六朗ポール・カービー(日本語吹き替え版)
渡辺美佐〔声優〕アマンダ・カービー(日本語吹き替え版)
辻親八ナッシュ(日本語吹き替え版)
内田直哉ベン・ヒルデブランド(日本語吹き替え版)
内田夕夜ビリー・ブレナン(日本語吹き替え版)
楠見尚己エンリク・カルドソ(日本語吹き替え版)
こおろぎさとみ(日本語吹き替え版)
沢海陽子(日本語吹き替え版)
滝沢ロコ(日本語吹き替え版)
湯屋敦子(日本語吹き替え版)
朴璐美(日本語吹き替え版)
桐本琢也マーク(日本語吹き替え版)
佐々木敏ユデスキー(日本語吹き替え版)
安藤麻吹エリー・サトラー(日本語吹き替え版)
落合弘治クーパー(日本語吹き替え版)
原作マイケル・クライトン
スティーヴン・スピルバーグ(原案)
脚本アレクサンダー・ペイン
ピーター・バックマン
ジム・テイラー
音楽ドン・デイヴィス[音楽・1957年生]
作曲ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生](テーマ音楽)
撮影シェリー・ジョンソン(撮影)
製作ラリー・J・フランコ
キャスリーン・ケネディ
ユニバーサル・ピクチャーズ
製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ
配給UIP
特撮ILM/Industrial Light & Magic(視覚効果)
ケヴィン・パイク(特殊効果)
スタン・ウィンストン(恐竜操作)
マイケル・ランティエリ(特殊効果コーディネーター)
ドナルド・エリオット(特殊効果コーディネーター)
衣装ベッツィ・コックス(衣装)
編集ロバート・ダルヴァ
録音クリストファー・ボーイズ
ゲイリー・サマーズ
字幕翻訳菊地浩司
スタントデヴィッド・バレット[スタント]
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
266.シリーズ物としての鑑賞だが、単体ではそれ程の評価は出来ない。
コメディ的な要素もそれ程面白くないし、終焉を感じる映画...ということで、次からリスタートか。
simpleさん [地上波(吹替)] 4点(2018-07-07 13:53:28)
265.《ネタバレ》 食べられちゃう人、食べられない人。
そんなことが観ててわかってしまう、人間とは恐ろしい生き物かなと。
ろにまささん [CS・衛星(字幕)] 5点(2017-11-25 15:19:39)
264.ストーリーはシンプル過ぎて物足りないけど、数分に一回起きるハプニングと迫力ある恐竜たちの特撮は決して飽きさせない。
ガブ:ポッシブルさん [映画館(吹替)] 6点(2017-11-01 23:34:55)
263.《ネタバレ》  「ジュラシック・パーク」と「ロストワールド」は見ていたのですが、「Ⅲ」をまだ見ていなかったので、このたび鑑賞。
 前2作に比べると、随分ストーリーが単純化されたような。
 コスタリカのソルナ島にベンとエリックが避難着陸。エリックの両親ポールとアマンダは、「Ⅰ」でおなじみ、アラン博士をだましてガイド役として島に連れて行く。そして恐竜に襲われ、ひたすら島の脱出を目指すというもの。
 ここまでストーリーが単純化かつ一本化されてしまうと、映画と言うよりアトラクションみたいな感じですね。
 まあ個人的には『恐竜』も『アトラクション』も大好きなので、全然構わないのですが。恐竜が動いているだけで大喜び。
 ただ、さすがに映画としてはどうかな、という印象。映像技術に頼りきっているだけの作品に見えなくもないです。
 それに『ジュラシックパーク』とは違い、この作品では最初から恐竜は脅威の存在として描かれています。よってホラー演出にはどうしても限界がある気がするんですよね。
 とはいえ、飛行機の窓から覗くスピノサウルス、霧の中から現れるプテラノドンなど、それなりにドキドキさせてくれるシーンはいくつもあります。スピノサウルスのお腹から鳴り響く衛星電話も良い演出でしたね。
 そう、恐竜好きにとって、スピノサウルスやプテラノドン、ちょっとだけの登場ですがアンキロサウルスやパラサウロロフスなんかいろんな恐竜が見られたのは嬉しい限りです。
 広い草原に草食恐竜たちがたくさんいる様子は感動的。欲を言うと、こういうシーンをもっと見たかったものです。
 肉食恐竜も、ただ恐怖の対象としてだけ描くのではなく、肉食恐竜ならではの美しさというものを見せて欲しかったですね。
 ひたすら人を襲うだけの描き方だと、エイリアンやゾンビと変わらない気がするんですよね。
 恐竜って、そういうものでは無い気がします。
 あくまで自然の驚異として扱ってほしいですね。ただの私のわがままですが。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2016-10-20 03:43:33)(良:1票)
262.《ネタバレ》 「ジュラシックワールド」観るために、見逃してた本作を鑑賞。スピルバーグは、新しい要素がないと、メガフォンとらないんだね。シリーズ1、2作と監督してたのに・・。やはりプテラノドンくらいでは、彼の食指は動かなかったみたいですね。今度は恐竜と戦争だ!って感じで、キャメロンの「エイリアン2」とどっちが面白くなるか張り合ってもらいたかった。ジョーヒューストン監督(一文字違うと名監督)も頑張ってましたけど、カット一つからスピルバーグとは違うもんなぁ・・。
トントさん [ビデオ(字幕)] 5点(2016-02-28 19:56:03)
261.わざわざ作るほどの映画とは思えないね。DVDで十分ですね。
pokobunさん [DVD(吹替)] 5点(2015-09-13 21:09:51)
260.《ネタバレ》 ○前作同様島に行く理由が強引。まして殴ってまで主人公を連れていくなんて。その時点でかなり興醒め。○うるさいティア・レオーニと騙したウィリアム・H・メイシーにブチ切れない主人公は仏様。○子供を見つけたり、電話が見つかったり、網に穴が開いていたり…ご都合主義が過ぎる。○もうCGで勝負できない分ストーリーで頑張らなければならなかったのに、前作も今作もこんなストーリーじゃねぇ。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 2点(2015-08-07 06:50:13)
259.《ネタバレ》 なんか見たことある展開だなと思ったら「エイリアン2」だった。
【以下、ネタバレを含みます】
まず、1作目でジュラシックパークへ行って死にかけた主人公が、また恐竜の居る島へと行くはめになる。
そこでは野生化した恐竜がエイリアン並に増殖していた。
また、途中で目的が行方不明になった子供を探す展開へとすり替わる。
主人公が恐竜に囲まれピンチになっても無傷(リプリー化)
金目的でサンプル(恐竜の卵)を持ち帰ろうとする人間が居る。
研究施設で何やら恐竜を実験した形跡がある(ホルマリン漬けにされた恐竜に近づくと!)
Tレックスよりもでかいボスキャラ(クイーン?)が登場。
子供はサバイバルを生き延びて恐竜への対処法もばっちり。
やっとの思いで子供を保護し、感動の再開を果たすもまたもや恐竜に捉えられてしまう(しかも恐竜の子供の餌)
最後はリプリー化した主人公がラプトルでさえも手なずけて事なきを得る。

これは完全にパクりとしか・・・ゲフンゲフン
ヴレアさん [DVD(字幕)] 4点(2015-06-18 19:34:03)
258.ジュラシックパーク4が制作されるということで、見ていなかったこの3を今さら見ました。2はひどかったですが、この3ではサムニールの復帰のおかげで、1の続編感がそれなりに感じられて愉しめました。まあ、やってることは前作と代わりありませんので、1の衝撃を超えるのは不可能なぶん、そこを差し引いた無難な仕上がりという感じでしょうか。ティラノサウルスの代わりにスピノサウルスが大活躍ということで、恐竜ファンにも満足いく内容とは思うのですが、4ではどうやら新種が暴れ回るという予告編があるので、こちらは恐竜ファンはがっかりのたんなる怪獣映画になってしまいそうで、既に期待できませんね。
シネマファン55号さん [インターネット(字幕)] 6点(2015-01-16 17:26:34)
257.ティア・レオーニのおかげで楽しめた。
movie海馬さん [映画館(字幕)] 6点(2014-12-12 22:03:24)
256.これはひどい。見る必要なし。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 3点(2014-09-24 23:58:22)
255.3作目ともなるとCGには慣れてしまうし、モンスター映画も随分充実したけれど、やっぱりこのシリーズは特別だなあと感じます。バイオテクノロジーの危険性への警告や、人間のエゴなどといったテーマから離れ、冒険活劇として単純に楽しめます(少なくともロストワールドよりは好き)。恐竜同士の戦いは一作目のクライマックス以来だけど大迫力だし、メッセージ性も「家族愛」というような割とシンプルなものでいいですね。しかし、このシリーズはパート3に限らず、登場人物が揃いも揃って自分勝手なヤツばかりなのがタマにキズ。考古学者でもハンターでもないズブの素人が恐竜の世界に迷い込むという設定は面白かったですけどね。
ゆうろうさん [映画館(字幕)] 6点(2013-06-05 01:09:26)(良:1票)
254.2012.08/29 2回目鑑賞。恐竜の特撮は言うまでもなく迫力満点、でも脚本の安易さには恐れ入る。大型テレビ作品と言うと失礼かな。
ご自由さんさん [CS・衛星(吹替)] 5点(2012-08-30 08:48:48)
253.《ネタバレ》 結構面白かった。
B級パニック映画の良作。
肉食恐竜を凶暴に描き草食恐竜を美しく描く。
雄大なテーマ音楽はワクワク感を増大させる。
大自然は映画館で観れば迫ってくるような迫力だったんだろう。
今回は高知能な恐竜が出てくるのが特徴か。
恐竜までが戦略的な方法を取ってくるので面白い。
どうやらキャラクターを死なせ過ぎないことを心掛けている模様?
家族愛を描いたときに過酷さが減退。
廃墟マニアが喜びそうな場所があってジャングル探検は面白みを増す。
霧の濃い格子通路が個人的に好き。
少年の心を持った監督だからこそ描ける恐竜の世界。
恐竜はまるでドラゴンではないかというファンタジーさ。
気分はまさにアトラクション。
ゴシックヘッドさん [地上波(吹替)] 5点(2012-08-29 23:15:40)(良:1票)
252.ロストワールドよりは良いだろう。最初のジュラシックパークとも関連性もあるし、翼竜も出てくるし・・・。
実はこの映画がシリーズで最初に見た映画、当然珍しかったしおもしろかった。しかし順番通り見ていたら、やっぱり評価は低くなるだろう。
ESPERANZAさん [ビデオ(字幕)] 4点(2011-10-16 18:46:33)
251.《ネタバレ》 93分とシリーズ中最も短い第3作。 監督はジョー・ジョンストン、「遠い空の向こうに」も撮っているが元々SFの人。 ジョン・ウィリアムズの音楽も今回はテーマ曲だけだが残酷描写は少なく、殺伐として戦場のようだった2作目より好きだという人は多い。 冒頭のグラント博士とエリーは1作目のラストを考慮してのファン・サービスか、観客に一瞬夢を見せるための。 パラグライダーが効果的に使われ、緑あざやかな森の湿った空気、フォギーで深度浅く陰影ある撮影が美しく、新たにスピノサウルスとプテラノドンが登場。 パステルカラーの衣装の紅一点、ティア・レオーニも金髪であるためか髪を茶色く染めたウィリアム・H・メイシーと元妻の息子がいるのがよく、冒険には少女より少年が似合う。 最後に恐竜に卵を返すのが象徴的で、不用意に自然に手を触れるなといっているかのごとく。
レインさん [映画館(字幕)] 7点(2011-10-14 07:00:07)
250.そろそろ恐竜もでつくしてきた感はあるけど相変わらず恐竜が動き回る形は好きです。
とまさん [DVD(字幕)] 6点(2011-09-25 22:39:14)
249.見せ場がたくさんで、ダレる所がないから楽しい。
ただ逆に、緊張感が薄いんだよね。
ま、家族向けアトラクションムービーとして合格点ってとこかな。
でも、「ありえね~」とかツッコミながら見たけど、実はこの映画見るの3回目だったりして、結構好きなんだよね。
依頼者の夫婦役を好きになれないとこは、ちょっと難点だけど。
まかださん [DVD(吹替)] 7点(2011-07-30 17:59:01)
248.時間がたつと話の内容がぼやけてくるので、シリーズものは結局はじめの一作を見ればいいと思う。この作品もわざわざお金払ってみるようなものじゃないと思う。1作目を見れ場それを上回る内容はない。
承太郎さん [DVD(字幕)] 6点(2011-07-13 12:18:24)
247.《ネタバレ》 恐竜との追いかけっこがストーリーのメインで、新しさはありません。あ、翼竜は新しかったかな。初作のような驚きはすでに無いけれど、説教臭さも無く、シンプルに楽しめる作品に仕上がっていると思います。ティア・レオーニさん、顔は可愛いんだけど、この映画に合わせて体型はお母さんでした。この元夫婦があんまり釣り合っているように見えないし、何より人を騙して危険なところへ連れて来るのはいけません。そのため、最後までこの夫婦にはいい顔が出来なかった。元々、子供が苦手だったグラント博士はやもめを続けていました。人は根本的には変わることは出来ず、仕事も恐竜熱の下降と同じラインを描いているようで明るいものが見えない。その彼が、夫婦の再生や息子の救出に借り出されるという皮肉。報酬も望めず踏んだり蹴ったり。これ、かなり残酷な後日談ですね。彼の心情を思うと、何でも良いから明るい材料が欲しかった。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2011-02-28 22:15:35)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 266人
平均点数 5.30点
031.13%
151.88%
2103.76%
32710.15%
42810.53%
56825.56%
65821.80%
74015.04%
8228.27%
931.13%
1020.75%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.30点 Review10人
2 ストーリー評価 5.17点 Review17人
3 鑑賞後の後味 5.93点 Review16人
4 音楽評価 6.13点 Review15人
5 感泣評価 3.46点 Review13人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS