34丁目の奇跡(1994)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > 34丁目の奇跡(1994)
 > (レビュー・クチコミ)

34丁目の奇跡(1994)

[サンジュウヨンチョウメノキセキ]
Miracle on 34th Street
1994年【米】 上映時間:110分
平均点:7.11 / 10(Review 55人) (点数分布表示)
ドラマコメディファンタジー法廷ものファミリーリメイククリスマスもの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2013-05-06)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督レス・メイフィールド
キャストリチャード・アッテンボロー(男優)クリス・クリングル/サンタクロース
エリザベス・パーキンス(女優)ドリー
ディラン・マクダーモット(男優)ブライアン
マーラ・ウィルソン(女優)スーザン
J・T・ウォルシュ(男優)エド
ロバート・プロスキー(男優)ハーパー判事
ジェームズ・レマー(男優)ジャック
アリソン・ジャネイ(女優)クリスマスショップの女性
ジョス・アックランド(男優)ヴィクター(ノンクレジット)
鈴木瑞穂クリス・クリングル/サンタクロース(日本語吹き替え版)
駒塚由衣ドリー(日本語吹き替え版)
渡辺菜生子スーザン(日本語吹き替え版)
鈴置洋孝ブライアン(日本語吹き替え版)
阪脩ハーパー判事(日本語吹き替え版)
池田勝エド(日本語吹き替え版)
津田英三ジャック(日本語吹き替え版)
小島敏彦(日本語吹き替え版)
藤本譲(日本語吹き替え版)
加藤精三(日本語吹き替え版)
原作バレンタイン・デイビス(原案)
脚本ジョン・ヒューズ〔脚本〕
ジョージ・シートン(脚本&オリジナル脚本)
音楽ブルース・ブロートン
撮影ジュリオ・マカット
製作ジョン・ヒューズ〔脚本〕
20世紀フォックス
製作総指揮ウィリアム・S・ビーズレイ
配給20世紀フォックス
美術ダグ・クレイナー(プロダクション・デザイン)
スティーヴ・アーノルド[美術](美術監督)
レスリー・E・ロリンズ
編集ラージャ・ゴスネル
録音ゲイリー・サマーズ
ランディ・トム
イーサン・バン・ダーリン
字幕翻訳石田泰子
その他ウィリアム・S・ビーズレイ(ユニット・プロダクション・マネージャー)
あらすじ
クリスマス商戦中の百貨店コールズ。人事部長のドリー(エリザベス・パーキンス)は、白髭の老人クリス(リチャード・アッテンボロー)をサンタ役として雇う。本物のサンタを自称する彼は、子供たちに大人気。コールズの成功を快く思わないライバルのランバーグは、クリスを精神異常者として告発する。ドリーの恋人の弁護士ブライアン(ディラン・マクダーモット)は、「サンタの実在を証明する」と裁判にうって出るが……。47年『三十四丁目の奇蹟』のリメイク。オリジナル版とは裁判の解釈などが異なっている。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
55.《ネタバレ》 流石にリメイクの方が洗練されている。が、子供を使った安易な決着の付け方という偽善的な部分は残っているので、存在証明としてホンキの神学論争をより深く展開したらさらに面白くなったような。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-03-08 11:35:04)
54.そういえば子供の頃からサンタの存在なんて信じてなかったなぁ。それ故か地味な佳作って印象しかない。夢があって良いと思いますが。
真尋さん [地上波(吹替)] 4点(2012-03-09 04:35:47)
53.それほど感動したわけではないけど、ラストの判事さんの判決は秀逸です。
nojiさん [地上波(吹替)] 6点(2011-12-31 01:45:13)
52.《ネタバレ》 正直いうとサンタは本当のサンタだったの?って感じは欲しかった。ラストはファンタジーになるとだめかもしれないけど自分的にはそれでもいいかな。でも子供の健気さや母親の葛藤など全体的にはいい感じです。
とまさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-12-25 02:06:00)
51.《ネタバレ》 サンタさんが訴えられるところがアメリカらしかったです。現実的なお話に少しファンタジー要素が加わっているのが好きです。
*まみこ*さん [DVD(字幕)] 7点(2011-12-22 16:39:33)
50.《ネタバレ》 クリスマスの心、そしてサンタの心を見事に描いた傑作クリスマス映画。
信じることの大切さを伝える。
クリスマスに起こる奇蹟が感動的。
この作品はリメイクだけど、オリジナルと違った表現もされて面白い。
少々オーバー気味な演出もあるけどそれが子供には伝わりやすいと思う。
オリジナルのようなさりげなさには欠けますが、それでもいいと思う。
サンタの衣装から伝わる気品はオリジナルよりも伝わりやすい。
オリジナルよりもサンタはファンタジーさを増して描かれる。
さすがホームアローンのスタッフだけあってクリスマスで華やぐムードが良い。
サンタの存在が立証される裁判はサンタ好き必見。
はたしてサンタとはなんなのか?
これを観た人はきっと分かるはず。
目には見えないけど確かにあるものを気づかせるこの作品は
多くの人たちに夢と希望を与えるであろうエンターテイメント感動作。
クリスマスに家族で見るのにちょうどいいです。
ゴシックヘッドさん [DVD(吹替)] 8点(2011-12-22 02:53:17)
49.47年度版「三十四丁目の奇蹟」のリメイク。
夢を信じることの素晴らしさをテーマにした、アメリカらしいハートフルなクリスマス映画。
内容はオリジナルとほとんど変わらず、CGをふんだんに使うようなシーンもないので、
どちらを鑑賞しても同じかな。ストーリーは旧作の時代背景のほうが合っている気はするけど、
こちらはカラーなのでとても観やすい。両作品とも主役のおじいさんが良くて、
子供から大人まで安心して鑑賞できる映画だと思う。
MAHITOさん [ビデオ(字幕)] 6点(2011-08-09 02:24:32)
48.《ネタバレ》 オリジナル版は見たことありません。ですので、この映画だけで率直な感想を言いますと、「飛ばないのかぁー、飛んでほしかったー。」「プレゼント配るシーン見たかったー」「このおじいさんが本物のサンタクロースなのを見て、大人たちが驚いたあとに、称賛の声を送るところが見たかったー」ということが、僕が正直に見たかったものです。
もちろん、その姿を見せないから、この映画の完成度は高くなっているのかもしれませんが。ですが、この映画が子供向けに作成されたものであるなら、もっと思い切って、べたでもいいのでファンタジーにしちゃったほうが、裁判までのやたら現実的な展開とのギャップがあって良かったのではないかと、僕の中の子供心が言っています。
たきたてさん [DVD(字幕)] 5点(2011-07-14 03:06:04)
47.幾度と感動できるシーンがあり満足。
たこちゅうさん [DVD(吹替)] 8点(2011-04-27 21:40:37)
46.季節に関係なく思い出したように観たくなる映画ですが、やはりクリスマスに観たい映画ですね。家族揃って楽しめる映画ではありますが、裁判のくだりは子ども達には見せたくないかな。小さな子ども達にはサンタさんがいるとかいないとか、そんな事は疑問や議論の対象にすらしてほしくないと思うのです。何と言ってもRアッテンボローのサンタさんが良いいですねえ。「人生は悲痛なもの。だけど夢があれば救われる」という台詞がとても気に入っています。それにしても彼は一体何者だったのでしょうか・・・?なんて事はこの作品にとってはどうでもいいことなのでしょう。彼はサンタさんだった。それでいいんですよね。
とらやさん [DVD(字幕)] 7点(2010-02-17 23:05:06)
45.子役が可愛かったなあ。 表情での演技がすごく良かった。  裁判終わった後の握手の時の表情の変化、翌朝のツリーの前での表情。最後に家の中をちょろちょろ走る姿、ロリコンじゃないが惚れました。 6歳の子供にとっては熊のぬいぐるみも家も同じレベルのお願いなんだろうな。  結末も子供達から見れば中途半端なものだったと思うがサンタが奇跡を起こすのでなく曖昧に、家も贈り物でなく自分たちで買ったんだから私的にはあれで最高だったと思う。    しかし1日を1世紀に出来る力があるなら裁判なんか受けることも無いだろうし、イブの昼間にNYなんかに居たらアジアの子供たちの贈り物はいつお配りに・・・・。
ウルフィーさん [DVD(字幕)] 9点(2009-01-05 09:04:09)
44.《ネタバレ》  とても楽しめました。3年に1回くらいのペースでクリスマス前にみたい感じです。検事の家のアンテナにサンタのズボンの切れ端が残っているのかいないのか。
ファンオブ吹石さん [地上波(字幕)] 7点(2008-12-28 02:05:17)
43.《ネタバレ》 素敵な映画でした。リメイク元を知らないので比較して評価できませんが、全体的にコメディとドラマの分配もいい感じで面白かったです。
物語の核となる裁判シーンがつまらなかったですが、子ども向け映画として観れば、あれ位が良いかな思いと割り切りました。
作り手はホーム・アローンの制作陣らしく、通りで雰囲気が似ていますね。
民朗さん [地上波(吹替)] 7点(2008-08-22 14:14:32)
42.《ネタバレ》 嫌いなディズニー作品のような印象(極端で強引)を受けますが、内容は悪くない。
もっと現実的なディテールが与えられていれば満点を投じても良いと思うだけに残念。
オリジナルが変にアレンジされちゃったのかな。

現実的なだけでは人生はわびしいものとなる、という意見は激しく同意。
希望を持てなければ、夢を持つ向上心も芽生えないだろうし、きっと恋をすることも出来なければ、家族を持とうなんて発想も生まれないでしょう。
不確かであろうと希望を信じることは人生に彩りを与えるんだな~(勿論希望だけではどうしようもないですけど)。
カラバ侯爵さん [DVD(吹替)] 7点(2008-01-27 15:51:15)
41.《ネタバレ》 基本の流れもエピソードは47年版と一緒でも、当然ながら細部のアレンジがかなり違う。例の子供の要求は家と新しい父親と弟と何故かパワーアップ。強欲ぶりに拍車が掛かりました。判決理由もなんかややっこしい。この部分の吹き替えの方も聞いてみたけど、字幕以上にややっこしい説明のような気がした。子供向けとしてこれはどうなんでしょう。他もあれこれ変わっていて、どうもそれらが改悪に感じられて仕方がない。ライバル社同士が手を組んだりする展開や、最後の杖の演出もないのは寂しい限り。悪くはないけど、47年版に比べると相当落ちると言わざるを得ない。あちらよりも優れているのは母親の心理変化の描き方ぐらいか。
MARK25さん [DVD(字幕)] 5点(2008-01-14 18:22:51)
40.可もなく不可もなく。ファミリー映画としては良く出来ていますが、法廷シーンでは意味不明な流れでなぜか傷害事件がサンタクロースの証明問題になるという無理矢理感がどうしても気になりました。でも夢があっていい映画ですね。
Balrogさん [DVD(字幕)] 5点(2008-01-13 00:24:00)
39.「楽しい気持ちにさせて欲しい。」という私が映画に望む事のひとつを叶えてくれました。
この映画をけなすと、自分は夢がないつまらない人間だと宣言することになってしまいそうで、難しいですね(笑)。
女の子役が素晴らしいですが、やはりそのまま大人の女優にはなれなかったようで...
くろゆりさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2008-01-08 08:48:27)
38.《ネタバレ》 このじいさん、結局何者だったのだろうか?最後に主人公の女の子に大きなプレゼントをするのだが、他の家の子供たちの願いも叶えたのだろうか?特に裁判で争った検事の家は?手話の子は?でもいい映画でした。旧作も観てみたくなった。特に「I believe」と色んな職業の人たちが言うとこや裁判所付近に人がたくさん集まるとこなんか、この頃のアメリカって好きだったなぁ、と思いました。今でもこういう夢の持てる作品を創って欲しい。
トントさん [ビデオ(字幕)] 7点(2007-12-25 20:51:20)
37.《ネタバレ》 単純に子供向けで無く、むしろサンタクロースの存在を認めなくなってしまった大人へ向けた作品のような気がします。確かに子供の頃サンタがいるって信じてました。大人になると真実が判ってしまうんですけど、子供の頃はその真実は知らない方がいいですね!夢って大切です。サンタの存在有無を問う裁判もアメリカらしくって素晴らしい。どちらの主張も間違ってはいないけど、夢を信じる事に賭けた人々に拍手を送りたい。
サンタ万歳!
みんてんさん [DVD(字幕)] 9点(2006-04-08 10:12:52)
36.自称サンタクロース役のR・アッテンボローがとても役に合っていますね。またドリーの娘や他のたくさんの子供達との交流も微笑ましいです。特に耳の不自由な子供と手話で話すシーンなど・・・。親子で安心して楽しめる素敵なクリスマス映画です。
ジムさん [DVD(字幕)] 7点(2006-01-18 15:08:24)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 55人
平均点数 7.11点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
411.82%
535.45%
6916.36%
72545.45%
81120.00%
959.09%
1011.82%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.00点 Review1人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 4.00点 Review1人
4 音楽評価 5.00点 Review1人
5 感泣評価 1.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS