極道VS不良番長のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > コ行
 > 極道VS不良番長
 > (レビュー・クチコミ)

極道VS不良番長

[ゴクドウタイフリョウバンチョウ]
1974年【日】 上映時間:94分
平均点:6.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(1974-11-22)
アクションコメディシリーズものヤクザ・マフィア
新規登録(2020-06-13)【鱗歌】さん
タイトル情報更新(2020-09-04)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督山下耕作
助監督牧口雄二
キャスト若山富三郎(男優)島村清吉
梅宮辰夫(男優)神坂弘
渡瀬恒彦(男優)神坂謙次
大木実(男優)大勝
山城新伍(男優)五郎
ジュディ・オング(女優)小林みちる
長谷川弘(男優)ドヤ政
小林勝彦(男優)源五郎
関山耕司(男優)
広瀬義宣(男優)ちん平
橘麻紀(女優)テンコ
内田朝雄(男優)石黒銀蔵
名和宏(男優)岸本辰男
宮城幸生(男優)岩田
楠本健二(男優)大沼
岩尾正隆(男優)梶浦
木谷邦臣(男優)藤田
川谷拓三(男優)サブ
富川晶宏(男優)良夫
脚本高田宏治
志村正浩
音楽八木正生
主題歌若山富三郎「全極連ブルース」
挿入曲梅宮辰夫「番町シャロック」
撮影古谷伸
企画松平乗道
配給東映
美術富田治郎
編集堀池幸三
録音野津裕男
照明中山治雄
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 極道シリーズ対不良番長シリーズ、ついに対決。
と言うのは大いに「看板に偽りあり」でして、肝心の不良番長こと梅宮辰夫が、映画始まって早々にバカやって大怪我で入院してしまうという設定。だもんで、実際に若山富三郎親分の好敵手となるのは、不良番長の弟・渡瀬恒彦。ま、どう考えても、この方が「正解」だとは思いますけれども。
若山親分、今ではカタギになってホルモン焼きの屋台なんぞやっているのですが、子分どもの屋台が鈴なりに連なって、一大コンボイをなしているその光景は、カタギか否か以前の、相当アブナイものを感じさせます。しかもロケ撮影は阪急沿線? こんなコトが許されるのは阪神沿線だけだと思うのだが。いや、近鉄もOKかな?
とにかく何ともアホらしいオハナシの上、演出も少々雑で、粗製乱造っぽいニオイがプンプンしますけれども、さんざん迷走したようでいて、ちゃんと屋台野郎とバイク野郎のライバル関係に物語の焦点を合わせてくるのは、さすが。
バイクによるアクションが見せ場を作れば、ホルモン屋台も装甲車と化し、クライマックスの壮絶な戦いへ。
コメディタッチかと思いきや、中盤からは結構、バンバン人が死にまくって、それも中には「えっまさかそんなコトで死んじゃうの?」という、なかなか笑劇的な殺戮シーンなんかもあったりして。
いやあ。いい時代、ですなあ。
鱗歌さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2020-06-15 20:51:43)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
61100.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS