MUTE ミュート(2018)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ミ行
 > MUTE ミュート(2018)
 > (レビュー・クチコミ)

MUTE ミュート(2018)

[ミュート]
Mute
2018年【英・独】 上映時間:126分
平均点:4.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
サスペンスSFラブストーリーミステリー配信もの
新規登録(2020-07-18)【かたゆき】さん
タイトル情報更新(2021-02-12)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ダンカン・ジョーンズ〔監督〕
キャストアレクサンダー・スカルスガルド(男優)レオ
ポール・ラッド(男優)カクタス・ビル
ジャスティン・セロー(男優)ダック
ドミニク・モナハン(男優)
サム・ロックウェル(男優)
家中宏(日本語吹き替え版)
木内秀信(日本語吹き替え版)
皆川純子(日本語吹き替え版)
木下浩之(日本語吹き替え版)
宇山玲加(日本語吹き替え版)
原作ダンカン・ジョーンズ〔監督〕(原案)
脚本ダンカン・ジョーンズ〔監督〕
音楽クリント・マンセル
製作総指揮チャールズ・J・D・シュリッセル
配給ネットフリックス
衣装ルース・マイヤーズ[衣装]
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 近未来のベルリンを舞台に、声を失ったバーテンダーが失踪した恋人を追って夜の街を彷徨い歩く姿を描いたハードボイルド・SFアクション。監督は、作品ごとに独自の世界観を築くことにかけては定評のあるダンカン・ジョーンズ。確かに、この『ブレードランナー』を髣髴とさせるダークな世界観はなかなかよく出来ていたと思います。猥雑で退廃的で、でも何処かエネルギッシュなこの近未来な感じはけっこう好みではありました。ただ、いかんせんストーリーがつまんなさすぎです!お話の見せ方が恐ろしく下手糞なせいで、こんな単純なお話なのに最後までずっとあくびが止まんなかったんですけど。こうゆうお話って主人公が失踪した恋人の謎を少しずつ解き明かしてゆくのが醍醐味となるはずなのに、彼が終始何をしているのかよく分かんないんですよ。代わりに謎のチンピラ二人のどうでもいいどんちゃん騒ぎを延々と見せられるというバランスの悪さ。だいたい主人公が口を利けないという設定も全くうまく活かしきれていません。肝心のことの真相も、分かったような分からないようなで到底納得できませんし。しかもそのうえ、後味も最悪という、ね。この監督って前から思っていたんだけど、どうやらビジュアル的な世界観を見せることにしか興味がないんじゃないかな。少なくとも、もう脚本は書くべきじゃないと思います。その創り込まれた世界観(それもオリジナリティがあるとは言い難いですけど)に、+1点!
かたゆきさん [インターネット(字幕)] 4点(2020-07-24 00:49:53)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 4.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
41100.00%
500.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS