TENET テネットのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > テ行
 > TENET テネット
 > (レビュー・クチコミ)

TENET テネット

[テネット]
Tenet
2020年【米】 上映時間:150分
平均点:6.33 / 10(Review 60人) (点数分布表示)
公開開始日(2020-09-18)
公開終了日(2021-01-08)
アクションサスペンスSFスパイもの
新規登録(2020-08-04)【Yuki2Invy】さん
タイトル情報更新(2021-04-26)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督クリストファー・ノーラン
キャストジョン・デヴィッド・ワシントン(男優)
ロバート・パティンソン(男優)
エリザベス・デビッキ(女優)
アーロン・テイラー=ジョンソン(男優)
クレマンス・ポエジー(女優)
マイケル・ケイン(男優)
ケネス・ブラナー(男優)
マーティン・ドノヴァン〔男優〕(男優)
櫻井孝宏(日本語吹き替え版)
内田直哉(日本語吹き替え版)
高島雅羅(日本語吹き替え版)
小松史法(日本語吹き替え版)
青森伸(日本語吹き替え版)
行成とあ(日本語吹き替え版)
伊藤和晃(日本語吹き替え版)
脚本クリストファー・ノーラン
音楽ルドウィグ・ゴランソン
撮影ホイテ・ヴァン・ホイテマ
製作エマ・トーマス
クリストファー・ノーラン
制作東北新社(日本語吹き替え版)
配給ワーナー・ブラザース
美術ネイサン・クロウリー
衣装ジェフリー・カーランド
日本語翻訳アンゼたかし
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
60.一度目の鑑賞では細かいことはほとんど理解できなかったです。鑑賞後、インターネットでネタバレ解説をたくさん見ましたが、それでも何となく判ったような気がする程度でした。ただ、鑑賞後もしばらく本作について考えさせられて、ネタバレを見てもう一度鑑賞する。しっかり監督の術中に嵌っているのかなあとも思います。数々の伏線を理解するためのパズルのような映画。こういう映画もアリだと思います。
ぽじっこさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2021-07-14 06:39:40)★《新規》★
59.またわけの分からないものを・・・

一生懸命理解しようとするもとても理解が追い付かず、細かい設定が全く分からないまま終わってしまった。
2,3回見れば分かるかもしれないけど、そういう前提で映画作らないでくれ・・・
ラスウェルさん [インターネット(字幕)] 4点(2021-07-11 23:35:16)《新規》
58.これは映画館で観たら酔ってたかもしれないな、、、。

ハテナに次ぐハテナを乗り越えてなんとか完走しましたが、100%理解はできませんでした。
すぐに謎解き的に何回か見直せば理解も深まったかもですが、それも受け付けないほどの映像の気持ち悪さにより断念。

でも理解は置いといて感性で楽しむには斬新な映画で楽しめました。
パラレルワールドやタイムパラドックスありなら何でもありですもんね。
movie海馬さん [CS・衛星(吹替)] 6点(2021-07-05 00:31:27)
57.公開当時なんか話題になってたなーくらいの認識。
ようやく機会があって鑑賞に至る。

タイムリープものとはまた少し違って、
時間の逆再生という少し変わった発想の映画
リモコンで巻き戻しボタンを押した時の感覚

インターステラーと同様、小難しい理論・理屈が展開
ただ、本作は人間ドラマという観点では少し薄味
時の逆戻しを扱ったSFサスペンスもの
話題になるだけの面白さはありました

関係ないけど、奥さんめっちゃ美人
愛野弾丸さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2021-07-04 13:34:25)
56.《ネタバレ》 たぶん少なくともあと1回見るけど、やっぱりレビューは初見時の気持ちが大事ということで、1回見た状態&しかもNetflixでの鑑賞という条件でのレビューです。まず、難解という前評判を聞きすぎたこともあるのか、最初の印象は「確かにわからないが、これはわからなくても面白いやつ」だということ。なんか順行と逆行が入り乱れたシーンとかでなんじゃこりゃーってなりながら、飛行機もカーチェイスもラストのドカンも、その時間のごちゃごちゃをうまくサスペンスに昇華してる。「わからないけど楽しい!」っていう気持ちって、映画を見る上で結構大切なんじゃないかな、と思った次第。思えば小さい時に初めてみたスターウォーズだってガンダムだって、実はストーリーとかよくわかってなかったけど、「楽しい、かっこいい」という気持ちで見てたのを思い出した。そういう原初的経験を何十年も映画を見た後に体験できるとは思わなかった。難をいえば、やっぱり映画館で観たかったか。それなりに大画面と音響の環境で見たけど、そりゃー映画館にはかなわない。一方の難点は、ノーランの映画にはいつも同じことを言ってると思うけど、アクション自体の面白さ不足。絵としての奇抜さと新鮮さはあっても、アクションとしてのワクワクがやっぱり足りない。まあでも、個人的には完全にNGだった『ダンケルク』の後に、これだけ「面白いやつ」を繰り出してくるあたり、やっぱり侮れないし、これからもノーランの新作には注目し続けることになりそう。
ころりさんさん [インターネット(字幕)] 7点(2021-06-27 18:24:10)
55.二回みたらもっとわかるだろうけど、長すぎるから二回みる勇気もない。
音がわざと不快さを増すようにできている、ダークナイトのときの重厚感、高揚感がない。
わかりにくくしたいのか、陳腐なのか、極端で、ついついこのシーンはどうやって撮っているのかな、と余計なことを考えてしまいストーリーが二の次になってしまう。。。
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2021-06-26 16:53:25)
54.《ネタバレ》 インセプションのような映画を期待したが、無駄にわかりづらく雰囲気作りは良いものの映像的にあまり面白くはならなかったのが残念。察しの良い人なら逆光する横転した車や謎の二人組のことは割と早目に気づいてしまえるため全く気づかない主人公が鈍感すぎて滑稽に見えてしまうのは駄目かな。いろいろ複雑な割にはツッコミどころも多い映画
映画大好きっ子さん [CS・衛星(吹替)] 5点(2021-06-25 23:47:26)(良:1票)
53.《ネタバレ》 面白い!
前半と後半に分けて、観ると、分かりやすい。

まず、逆行というものがタイムマシン(古い言い方ですが)によって、存在するという前半。
これは、なぞの格闘シーンの解明で、頂点に達する。
後半は、もう逆行は選択肢としてアリという前提で、話がどんどん複雑になる。
味方、現在の敵、逆行の敵、逆行の味方、と軍事行動など何が何だか分からなくなるが、
ここは未だかつてない映像体験を楽しめばいいのだ。

奥さんが撃たれた時点で、一週間前に行って、手当てすればいいだけの気もしたが、
事態はどんどん複雑に・・
しかし、ノーランはやはり映画作家だった。
最後は、分かりやすい展開で、う~むと唸らせて、我々を満足させてくれる。

最高!
トントさん [DVD(字幕)] 9点(2021-03-06 15:46:00)
52.《ネタバレ》 映像的センスは相変わらず、息を呑むほど大胆で繊細。ノーラン監督は従来の、ハリウッド流ドンパチど派手演出派ではないから、そこんところは分かるんだが、も~ちぃ~とばっか、観客に寄り添ってもいいんじゃなかろうか。あまりにも突き放しすぎでしょ。難解な映画でも、よくわからないけどよかった、てあると思うんですよ。

難解な作品の割には、影の謎の人物や、あの時のあの人物の正体がやっぱりね、なのにはなんの驚きも感動もないのが残念でした。
Dream kerokeroさん [ブルーレイ(字幕)] 4点(2021-03-02 07:58:03)
51.ちょっと期待していたんだけれど、そうでもなかった、って感じです。やっぱ意味わかんない。
海牛大夫さん [インターネット(吹替)] 6点(2021-02-28 22:45:44)
50.かなり 期待ハズレ..たぶん 物語として整合性はとれてるんだろうけど、それを確かめる気にもならないほど しょぼい内容..スケールが大きい話かと思いきや、ちまちまとした少人数でのやり取りに 目の前の人妻を助けることに必死で..ラストも まったく盛り上がらないオチに ガッカリ..残念...
コナンが一番さん [DVD(吹替)] 4点(2021-02-22 16:01:01)
49.《ネタバレ》 まさにノーラン武士炸裂って感じの作品でしたねぇ。
戦っていたあの人、あそこで見たあの人、実は〇〇だった!という展開はそれなりに面白かったし、
ああそれがやりたくてこんな設定作り上げたんかぁって。
アクションシーンとしては、飛行機衝突シーンが一番良かったかな。
ただ肝心の逆回しアクションはあんまり凄みを感じないというか、
人間の方もただモタモタしてるだけみたいに見えちゃう(笑)。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2021-02-21 19:06:50)
48.劇場で久々に見た映画。
そのため期待度も非常に大きい。そう、クリストファーノーランというだけでさらに期待度も大きい。
正直、面白かった?いや、正直、もう一度見ないとよくわからないというのが本音だ。
ある意味映画としては大成功だろう。だって、もう一度見ないとわからないのだから、リピーターが増える。
最近、あの手この手で、劇場へ足を運ばせる手法が増えている。代表的なのがアナ雪の歌で内容よりもヒットをさせるという手法。
まさに、そういう感じがしてならない。
ダークナイトのように、もう少しストレートに映画を楽しめて、面白かった、もう一度見に行こうと思わせる映画を期待したい。
シネマファン55号さん [映画館(字幕)] 6点(2021-02-07 00:39:36)
47.《ネタバレ》 昨年、映画館で見ましたが、物語も時系列も理解できず絶句したままエンドロール。
ただ、自分の頭が足りないのもあるので、評価せずに、DVDの発売を待っていました。

で、家でじっくり見てみましたが・・・ ヤッパリ解りません。
映画館で30%くらいだった理解度が、60%くらいにはなりましたが・・ アカンです。
名前の無い主役は、無知からスタートして、嘘に気付きながら、最後に全てを知る事になる。
一方ニールは、全てを知っていたかのようだ。そして、作戦の計画を指示したのは、この先の
未来で主役の男だと最後に明かす。
つまり、未来でニールに作戦を指示して、ニールが過去へ戻り、過去の自分と一緒に戦った?
肝心なこの部分でさえ、理解が追い付かないのに、空港のシーンや、高速道路のシーンに
スタルスクの戦闘シーンのドタバタでは、何を見ているのか????

「理解できればスゲー面白いよ」という感想を見て、果敢に挑んだつもりでしたが無理でした。
諦めます。 ホントは解らなかった映画に点数付ける気は無いんですが、判らない一方で
なんだか面白いものを見たような気持ちもあるので、最低点にはしません。
ただ、もう少し簡単なお話でお願いしたいですよ、ノーランさん。
グルコサミンSさん [映画館(字幕)] 6点(2021-02-02 16:34:00)
46.どっと疲れました。もう理解することを諦めて、映像だけ見よう。と開き直って見たのですが、
目に入ってくる情報を脳が理解しようとしてしまうのか、もうしんどい。しんどい。1割も理解できなかったですけど・・・。
どうしてこんなに難解にしてしまったんでしょうか。全く楽しめませんでした。
でもなんかすごい大作見たような満足感はありました。
へまちさん [インターネット(字幕)] 4点(2021-01-14 21:27:39)
45.ああ、この映画がダウンロードでも鑑賞できるようになったんだ…と思いDLして再生するも、主人公が逆行弾を打った辺りの陳腐な映像表現に「興覚め」して再生を停止。その後、見なければと思いつつ、しかし結局何週間も観ずテン。 その代償行為でYouTubeに数多ある「これで貴方にもTenetの謎が判る‼」系の2次利用を数本観てますます興ざめというか面倒になって観る気うせてしまった稀有な映画でした…ちゃんちゃん。
crushersyuさん [インターネット(字幕)] 5点(2021-01-14 11:33:37)
44.鑑賞後は、恐らく映画の半分は意味がわかってなかったと思う。でも面白かった。例えるなら、ものすごく複雑な動きのダンスを見せられた感じ。どんな風に動いたか正確にはわかんないんだけど、見てて面白いって感じだけ伝わるとゆーか。
なにわ君さん [インターネット(字幕)] 7点(2021-01-10 11:42:24)
43.《ネタバレ》 【ネタバレあります】
ノーラン大好きの私ですが、さすがにこの作品は納得できませんでした。考察サイトも読み漁りましたが複雑で難しいから理解できないんじゃなくて、単に破綻してるから理解できないのではないだろうかと感じました。
ノーラン映画=ご都合主義&デカい穴が存在するのが定説ですが、それを華麗にスルーするのが暗黙のルールでした。しかし今回はさすがに矛盾や穴が多すぎてスルー以前の問題、初回鑑賞後の訳の判らなさはちょっと酷いです。(観客に脚本の筋道を示すことすら放棄してしまったのか・・)

正しい解釈があるのかもしれませんが、この映画のルールはほぼ破綻しているような気がします。まずニールが死にに行く時点で話が矛盾しているように感じるし(事情が分かった上で戻る訳だから死なない方法を考えるべき)、そもそもラストの大作戦自体、順行と逆行が同時進行する必要性があったのか大いに疑問です。
また、最初の研究員の女(バーバラ)が自分で説明してしまっていますが、順行状態の中で弾や物だけが逆行する現象を見せて「弾をキャッチする気持ちで・・」などと説明しますが、この仕組みと過去に戻る仕組みとは全く別の事象ではないかと思われます。(普通に時間が流れる順行の世界で、一部の人や物が反対向きに動いただけなのが正解ではないのか?)だいたい、逆行中は酸素ボンベが必要なのもご都合主義で、言葉が反対に発せられている訳ですから空気も吐けば吸ったことにならないとオカシイような気がします。(個人的には宇宙船レッドドワーフ号の13話の逆再生のほうが楽しめた)
あと、1/1の時間で過去に逆行していくのがアリだとすると、ある時点では少なくとも年齢が異なるもう一人の自分が存在している訳で、で、後から来た自分はまあ別の人生を歩むことになるのでしょうが、それを誰かに目撃されてしまったり同じクレカや携帯電話などを使ってしまうとオカシなことになりそうですね。

キャットが船からダイブする一連のシーケンス(カラクリ)の美しさ、結果が判っていて最後の挨拶をするニールなど、素敵なシーンもありましたのでこの点数にしておきますが、個人的には非常にガッカリした映画です。(三回鑑賞済み) ※考えたら考えるほど???が増えてしまう映画です。。
アラジン2014さん [ブルーレイ(吹替)] 4点(2021-01-09 16:07:47)
42.《ネタバレ》 ノーラン監督のスパイ映画愛に溢れた、それでいて実に珍妙で難解な作品だった。初見では、ハイウェイでのカーチェイス以降の展開に、頭がついていくのに必死だった。クライマックスの戦争シーンでは、何がどうなっているのかさっぱりわかっていなかった。それでも本作をもう一度観てみたくなったし、他人に本作について語りたくなるという、不思議な仕上がりの映画だった。逆行世界の珍妙な光景や、変テコなルール設定、妙に癖のある不思議な登場人物たち。鑑賞した後で、とにかくいろいろと議論したくなる映画であるのは間違いない。

映画的に質が高いかというと、難点が多いのは否めないだろう。個人的には、逆行が本格化する後半から急激に難解になるため、伏線回収の快感やタイムサスペンスのスリリングさ、そして感動的な人間ドラマが、その難解さのせいで伝わり辛くなっている気がした。正直に言うと、クライマックスシーンでは、逆行と順行の展開を考えるので頭がいっぱいになり、ニールの自己犠牲の尊さや、セイターとキャットのやり取りなどは、すぐに腹に落ちてこなかった。つまるところアクション描写が難解過ぎるせいで、本来映画が企図していたスリルや感動が低減しているのだ。ここはこの作品の最大の難点だと私は思う。

登場人物も癖はあるが、優れた人物造形かというと、そういうわけでもない。セイターには破局を望む理由をもう少し具体的に語らせてもよかったと思うし、キャットとの夫婦関係はちょっと無理くりな感じが否めない。キャスティングも今回はミスがあったのではないだろうか。ニールとキャットは、キャラクター設定と演者の年齢がフィットしていない気がする。一方で、主人公の造形はなかなか好みだった。任務遂行に命をかけるが、一般人の犠牲を良しとしないその性格。スパイのくせにスパイらしくないお人よしな性格は、観ていて好印象だった。特に冒頭のオペラハウスで、一般人を巻き込む爆弾が仕掛けられているとわかった瞬間、躊躇なく走り出した姿には痺れた。彼が自分自身のテネット(信条)を語る場面は少ないが、彼の行動パターンから、彼のテネット(信条)はしっかりと伝わった。
nakashiさん [映画館(字幕)] 7点(2020-11-15 21:19:49)
41.《ネタバレ》 うーん、なんか、既視感ありまくりで、7点。
超ネタバレ。

ドラえもんとか藤子F短編ばっかり読んでると、先が読めてしまう。
たとえば前半に黒ずくめの真っ黒いのと戦うところがあるが、これは主人公だろうなと、思うのではなく、気づく。

それと、時間遡行の原理が謎。
なぜ本人と出会ったときだけ対消滅が起きるのか?
反陽子的な振る舞いをするならあらゆる粒子と対消滅するだろうに。
まぁそれじゃ映画にならないか。
なんだろう、その他、炎は寒く、持ち込んだ酸素が必要という要素も、まずそれ自体が邪魔くさい要素なのにそれを生かしたシーンがほとんどない。
宇宙空間ライクに酸素を求めるシーンがあっても良かっただろうに。

前半の犯人捜しはなかなか良かった。
そこで出てくる奥さんがすごくきれいだった。
だが、背が高すぎるやろ。
警備の男性より背が高いので、本当に守られてるのか?感。

ラストの戦闘は全くなくて良かった。
あれ、奥さんと旦那のシーンを見るためにくそつまらん戦闘を見せられてる感。

あと、旦那が頃されるのもつまらん。
旦那を頃したら世界が終わる、というラインは残すべきだった。
死ぬにしてもたとえば主人公が頃すべきだった。
だって、

そうしないと、奥さんが未来から戻って頃す必要なく、あの時間軸の奥さんがどうにかして銃を持ち込んで旦那を頃せばいいだけって話になっちゃうじゃん。

あとラスト突如出て来た男誰?
誰それという説明はいらないんだけれど、誰?

ニールが奥さんの息子説は、ああ、そうかもねと。
彼の雇い主が主人公、これはベッタベタだったがこれはこれでよい。

要するに脚本が杜撰なんだよ。
惜しいんだけど、もっと完成度上げられるだろうという感じ。
単に一般客に数回見させたい勢いで書いたようにしか見えない。
この監督ならそんな次元を軽く飛び越えて新たな地平を見せてくれると信じてる。

インターステラーは10点だったが、これは「ブルーレイが出たら買ってやってもいい、映画館では二度と見ない」の7点。
一、二か月前のインターステラー再上映を映画館で見ておけば良かったと心底後悔した。
にんじんさん [映画館(字幕)] 7点(2020-11-11 00:02:22)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 60人
平均点数 6.33点
000.00%
100.00%
200.00%
311.67%
4711.67%
5711.67%
61525.00%
71830.00%
81016.67%
923.33%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review4人
2 ストーリー評価 5.60点 Review5人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review6人
4 音楽評価 6.80点 Review5人
5 感泣評価 2.00点 Review3人
chart

【アカデミー賞 情報】

2020年 93回
視覚効果賞 受賞 
美術賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS