オフィシャル・シークレットのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > オフィシャル・シークレット
 > (レビュー・クチコミ)

オフィシャル・シークレット

[オフィシャルシークレット]
Official Secrets
2019年【米・英】 上映時間:112分
平均点:6.67 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
公開開始日(2020-08-28)
ドラマ政治もの実話もの
新規登録(2020-08-12)【envy】さん
タイトル情報更新(2022-02-24)【かたゆき】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ギャヴィン・フッド
キャストキーラ・ナイトレイ(女優)キャサリン・ガン
マシュー・グード(男優)ピーター・ボーモント
リス・エヴァンス(男優)エド・ブリアニー
レイフ・ファインズ(男優)ベン・エマーソン
ジェレミー・ノーサム(男優)ケン・マクドナルド
マット・スミス〔男優・1982年生〕(男優)マーティン・ブライト
インディラ・ヴァルマ(女優)ジャミ・チャクラバティ
マイアンナ・バリング(女優)ジャスミン
出演ジョージ・W・ブッシュ
脚本ギャヴィン・フッド
製作総指揮ギャヴィン・フッド
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》 2003年、イラク戦争開戦前夜のイギリス。政府の諜報機関で北京語の専門家として働くキャサリン・ガンは、そんなきな臭い空気に違和感を覚えながらも黙々と働いていた。そんなある日、彼女はアメリカの同じく諜報機関からあるメールを受ける。それは、イラク攻撃の正当な根拠となる国連決議をえるために、小国の代表団を盗聴せよというものだった。しかも場合によっては脅してでも票を獲得せよとも読める内容に、キャサリンは激しく動揺する。「政府は国民を騙してでも戦争をしたがっている」――。深い憤りを感じた彼女は、密かにメールを持ち出し、それをマスコミへと流出させるのだった。だが、それが記事となって世に出ると、キャサリンの想像を超えるような政府による圧力が重くのしかかることに。連日の厳しい聞き込み調査に同僚の解雇をもちらつかせる嫌がらせ……。我慢できなくなった彼女は思わず自分が犯人だと名乗り出るのだったが、国家権力の横暴は予想を遥かに超えるものだった。イラク戦争の裏に隠された不当な国家機密を巡り、人生を翻弄される平凡な女性の運命を描いたポリティカル・サスペンス。人気女優キーラ・ナイトレイがそんな国家権力と戦う女性を熱演しているということで今回鑑賞してみました。監督は、大国の思惑によって振り回される第三世界の真実を常に弱者の視点から見つめるギャビン・フッド。この監督の前作でも見せた、綿密な取材に基づくであろうリアルな演出は今回も健在。こういう権謀術数渦巻く政治劇って、普通は政権中枢の政治家たちを大きくクローズアップするもの。でも、本作では政府機関で働いているもののあくまで何処にでもいる平凡な女性であるこの主人公の目線からのみ描いている。おかげで、ちょっとした正義感から起こした行動のはずなのに、それが原因で人生を破滅させかねない事態に陥る恐怖がひしひしと感じられました。己が利益のためには、無力な一市民など簡単に踏み潰してしまう国家権力の横暴に改めて空恐ろしさを覚えます。また、リークされた情報をすっぱ抜いた新聞社内のドラマも良く描けている。特にメールを勝手に校正して窮地に陥ってしまう女性事務員のエピソードは何とも切ないですね。そして、最後の裁判の結果。こんな不毛な戦争で命を落とした多くのイラク国民やアメリカ兵たちのことを思うと、決して手放しでは喜べない。国家権力がいかに自らの都合のいいように情報を操作しているかがよく分かる、良質の政治サスペンスでした。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 7点(2022-02-24 06:00:31)★《新規》★
2.公益の確保と守秘義務は,永遠のテーマだと思います.
主人公キャサリンがとった行動は,結果的に正しかったですが,当時,イラクが受託した停戦決議のUNSCOM査察を受け入れていなかったのは事実です.
このような状況下で911テロを受けたアメリカの反応は至極当然だったと思います.
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 5点(2021-12-24 22:28:06)
1.《ネタバレ》 大量破壊兵器は結局見つからなかったイラク戦争、あの当時イギリスでこんなことがあったならもっと世界中に大スクープとして報道されていいと思うんですけど、ウォーターゲートであれだけ騒いだくせに。
私はこの事件をこの映画で知りました、世間で騒いでた記憶もないです、私が知らないだけ?
そもそも2003年当時、自分が何してたかもあんまりおぼえてません。
映画化は16年も経ってからなのね、ビンラディン殺害の時との差にびっくりだわ。
キャサリン・ガン本人も映画で語られてることは全て事実だと仰っているようですし、
彼女が反戦主義者になったのは広島で英語の教師をしていた時に原爆の被害に触れたことがきっかけだという、イラク戦争当時の日本の指導者はどうだったのか、今さらですけど日本人として恥ずかしくなったのでした。
コレ、もっともっと話題になっていい作品だと思います。
envyさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2021-07-21 15:28:04)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 6.67点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5133.33%
600.00%
7133.33%
8133.33%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS