ソニア ナチスの女スパイのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ソ行
 > ソニア ナチスの女スパイの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

ソニア ナチスの女スパイ

[ソニアナチスノオンナスパイ]
THE SPY
(Spionen)
2019年ノルウェー上映時間:110分
平均点:4.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(2020-09-11)
ドラマ戦争もの歴史ものスパイもの
新規登録(2020-08-15)【envy】さん
タイトル情報更新(2021-01-14)【HRM36】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャストイングリッド・ボルゾ・ベルダル(女優)
配給東北新社
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 第二次大戦中、クヴィスリング傀儡政権下のノルウェーに実在した女性「二重」スパイを描いた伝記もの。ノルウェーの人気女優ソニアは、スウェーデン当局からはスウェーデンで暗躍するナチス側のスパイ「マリア」の正体を探る任務を受けてナチス高官に近づくも、一方でナチス側からも内部の裏切り者の探索を命じられる、という顛末、なのですが…

結論からゆーと、あくまで実話ベースの物語としてスパイものとしては究極と言ってよいホドに地味で、映画としても見ドコロの薄味さがちと許容範囲を越えている、ちゅう感じすね。スパイとは言っても、彼女はあくまで人脈を駆使して情報を収集するのが主任務なのでアクションスリラー的な展開にはほぼなりませんし、とゆーかそもそも結局大した任務を担っていた訳でも大きな功績があった訳でもない、てェのが実際のトコロのよーで、ラストなんか特にかな~りヌルヌルと終わっていくのには正直「ムムム…(コレだけ?)」という感情を抑えるコトが出来なかった、てか。重ねて、彼女は実在の人物で、その複雑な境遇を歴史の上に顕かにする作品、としての価値は大いにあると思うのですが、ならば尚更もうチョイ見せ方をどーにかできなかったかなあ…とも思います。

もう一つ、こーいう言い方はともすればアレなんですが、主演の女優さんつーのが…私の自分勝手極まりないのは承知ですケドも、この頃の北欧の人気女優と聞いちゃうとどーしてもイングリッド・バーグマン的な超絶美女が頭に浮かんでくるのですが、実際は…てなもんで。とゆーかそんなコトより、実際のソニアは30前後だと思うのですが今作の演者はアラフォーの方で、ちょっと所帯じみてるなあ~てか美貌がメイン装備な女スパイとゆーのにはいくらなんでも…と言いますか。まあ、全体の内容に比べればコレももはや些末なコトかとも思いますケド。
Yuki2Invyさん [DVD(字幕)] 4点(2021-09-24 00:25:33)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 4.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
41100.00%
500.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS