ジングル・ジャングル 魔法のクリスマスギフトのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 シ行
 > ジングル・ジャングル 魔法のクリスマスギフトの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

ジングル・ジャングル 魔法のクリスマスギフト

[ジングルジャングルマホウノクリスマスギフト]
Jingle Jangle: A Christmas Journey
2020年上映時間:124分
平均点:6.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
ファンタジーミュージカルファミリークリスマスもの配信もの
新規登録(2021-01-14)【かたゆき】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督デヴィッド・E・タルバート
キャストフォレスト・ウィテカー(男優)
キーガン=マイケル・キー(男優)
ヒュー・ボネヴィル(男優)
アニカ・ノニ・ローズ(女優)
フィリシア・ラシャド(女優)
脚本デヴィッド・E・タルバート
音楽ジョン・デブニー
挿入曲ジョン・レジェンド
撮影レミ・アデファラシン
製作デヴィッド・E・タルバート
ジョン・レジェンド
配給ネットフリックス
衣装マイケル・ウィルキンソン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 弟子の裏切りによって全てを失ってしまった偏屈な玩具職人が、孫の魔法の力を借りて再起を果たすという超王道クリスマス・ファンタジー。主人公を演じるのがオスカー俳優のフォレスト・ウィテカーということで今回鑑賞してみました。なんですけど、いやー、もうこれでもかってくらいベッタベタな内容でしたね、これ。最初から最後まで先の読めるストーリーにどっかで何度も見たようなミュージカルシーンの数々、そして一切個性の感じられないステレオ・タイプな登場人物たち……。正直に言って、この手の分野の大御所であるティム・バートンの作品から一切の毒を抜いたような超絶薄っぺらい内容でした。最後に明かされる、このお話を読み聞かせるお婆ちゃんの正体はきっとアレなんだろうなぁと思ってたら、本当にそのまんまのオチで思わず苦笑しちゃいましたわ。とは言え、けっこうお金が掛かっているであろう、仕掛け絵本を模したファンタジー・シーンはさすがのクオリティだったし、ミュージカルシーンもぼちぼち楽しかったので、何も考えずに観る分にはそこそこ楽しめるんじゃないでしょうか。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2021-01-15 23:13:53)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
61100.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS