アーミー・オブ・ザ・デッドのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ア行
 > アーミー・オブ・ザ・デッドの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

アーミー・オブ・ザ・デッド

[アーミーオブザデッド]
Army of the Dead
2021年上映時間:148分
平均点:7.40 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
アクションホラーバイオレンスゾンビ映画配信もの
新規登録(2021-06-16)【田吾作】さん
タイトル情報更新(2021-10-24)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ザック・スナイダー
キャストデイヴ・バウティスタ(男優)スコット
ギャレット・ディラハント(男優)マーティン
マティアス・シュヴァイクホファー(男優)ディーター
エラ・パーネル(女優)ケイト
アナ・デ・ラ・レゲラ(女優)マリア
ノラ・アルネゼデール(女優)リリー(コヨーテ)
真田広之(男優)ブライ・タナカ
楠大典スコット(日本語吹き替え版)
落合弘治マーティン(日本語吹き替え版)
宮島依里マリア(日本語吹き替え版)
真田広之ブライ・タナカ(日本語吹き替え版)
原作ザック・スナイダー(原案)
脚本ザック・スナイダー
ジョビー・ハロルド
製作ザック・スナイダー
デボラ・スナイダー
配給ネットフリックス
編集ドディ・ドーン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.非常に良く出来たゾンビ映画。全然飽きさせない。ちゃんと怖いし、アクションにも手間暇かけてるし、タイトルにも偽り無し。落ちもいい。娘は最後に父が抱えていた苦悩を知ったのだろう。
にしきのさん [インターネット(吹替)] 8点(2023-04-18 00:09:52)
4.《ネタバレ》 感染した人々が次々とゾンビになるという謎のウィルス蔓延により、完全に崩壊してしまった眠らない街、ラスベガス。華やかなショービジネスの世界も人々の欲望渦巻くカジノも男と女の駆け引きが繰り広げられる夜の街も全て、人間を喰らうゾンビたちによって阿鼻叫喚の地獄絵図と化すのだった。慌てふためいた政府はとにかく感染を食い止めるため、街全体を強固なバリケードで封鎖してしまう。何とか解決策を探る政府だったが、何一つ有効な方法を見出せぬまま、やがて苦渋の決断を下すのだった。それは、小型の核ミサイルで街そのものを吹き飛ばすこと――。刻一刻とその時が迫る中、かつてその街から逃げ出した元傭兵スコットの前に謎の男タナカが現れる。「カジノの地下にある巨大金庫に残された2億ドルを回収してくれないか」。そんな無謀ともいえる依頼を口にするタナカ。だが、今は疎遠になっている娘のためにスコットはその依頼を引き受けるのだった。命知らずの仲間たちを集め、着実に計画を練ってゆくスコット。タイムリミットは、核ミサイル投下までの32時間。意を決してバリケードの中へと乗り込んだスコットたちだったが、そこには彼らの予想を上回る敵が待ち構えていたのだった……。独自の映像センスで唯一無二の作品を撮り続けてきたザック・スナイダー監督の最新作は、そんな『ドーン・オブ・ザ・デッド』以来となる本格的なゾンビ・サバイバル・アクションでした。いやー、相変わらずこの人の映像への拘りは凄いですね~。ウィルス流出(原因はドライブ中にフェラーリしてたバカップル!笑)からゾンビ大量発生、そしてラスベガス崩壊への下りを冒頭10分でサクサク見せるシーンなんてセンス抜群でテンション上がりまくり!!とにかくこの映像とアクションを見せるために用意されたシンプルすぎる脚本も潔くて大変グッド。反発しあってた父子がひょんなことから一緒にゾンビ渦巻くラスベガスへと乗り込むことになるシーンなんて、あまりにもベタで思わず笑っちゃいましたわ。他のメンバーも男勝りの女傭兵から、チェーンソーを振り回す黒人マッチョ、金庫破りしか出来ない軟弱男、ヘリの操縦にしか興味がないイカれたパイロット、お調子者のユーチューバー、そして何処か信用しきれない依頼主からの同行者ともはやジャンプ並みの分かりやすさ。彼らがゾンビたちをバチクソに殺しまくるシーンはキレッキレでもうサイコーでした。対するゾンビの皆様も知能を持った王と女王にゾンビ化したホワイトタイガーと誰もがキャラ立ちしまくってます。考えてみれば、ゾンビに支配された街へと金を取り返しに行くというこの設定も結構新しいですね。まあストーリーに深みなんて全くありませんが、切れのいいアクションとど派手なバトルシーンを観ているだけで140分あっという間に過ぎ去ってましたわ。うん、やぱサイコーだぜ!ザック・スナイダー!!8点!!
かたゆきさん [インターネット(字幕)] 8点(2021-10-11 06:00:20)
3.《ネタバレ》 これが、ネット配信なのは勿体ない。
ゾンビ作品として最高峰ではないでしょうか。
構成も、脚本も、映像も流石はザック・スナイダーだと思いました。

2時間半近い長尺なので、やや中だるみする処が有りますが、後半過ぎて頭脳ゾンビとの闘いが始まってからは息をもつかせません。
ゾンビ虎の造作、首を切り取られてもなお生き続けるゾンビ女王
良くできています。感心しました。
ただ、悪役の日本人田中が天罰を受けなかったのは、ちと寂しいですね。
TerenParenさん [インターネット(字幕)] 7点(2021-10-03 01:41:47)
2.《ネタバレ》 はい、私は筋金入りのゾンビ映画好きです。
私の映画鑑賞の歴史=ゾンビ映画の歴史と言っても過言では有りません。(若干誇張)

あの「Dawn of the Dead」リメイクを作成した監督ならではの拘りが迸る本作。
魅力的な敵キャラの造形、緩急織り交ぜスピーディに進む物語、最後まで飽きずに楽しめます。
このスピーディさ、まさしくこれはザック・スナイダー監督が確立させた「機敏なゾンビ」有ってのもの。

でも...
やっぱり私はヨロヨロと歩くゾンビが好きなんですよね~(チャンチャン)。
たくわんさん [インターネット(字幕)] 7点(2021-07-28 13:13:31)
1.《ネタバレ》 名作「ドーン・オブ・ザ・デッド」のリメイクでゾンビ映画の新境地を開いたザック・スナイダー監督が
オリジナルのゾンビ映画を作ったと知り、期待して鑑賞。

今回はNetflix単独配信ということで、認知度が低いのが残念だが、ロードショー上映にも耐えうる期待どおりの面白さだった。

ゾンビ映画のアイデアはこれまでに出尽くされた感もあり、本作において全く新しい着想はなかったものの、ゾンビアポカリプスのラスベガスを舞台に、一攫千金を狙うグループと、そこに対峙するゼウスを中心とした統率の取れた「ゾンビアーミー」という、アクション映画王道のストーリーを、最新のVFXを駆使して映像化するわけだから、期待は高まろうというもの。

特にゾンビタイガーのリアルな描写は特筆すべきだろう(実際ラスベガスにはホワイトタイガーが売りのホテルがある)

ネット配信を意識してか、主要キャストにはあえて有名な俳優を起用せず、その分視覚効果等に予算をかけたのは正解だったと思う。

物語は主人公の父とその娘の家族関係を軸に進んでいくわけだが、ラストも安易な予定調和に終わらせないところもザック・スナイダーらしい。

いずれにせよ、ゾンビ映画好きを楽しませる要素いっぱいの本作は、ゾンビ映画ファンにこそ観てほしい作品だ。
田吾作さん [インターネット(字幕)] 7点(2021-06-23 13:06:02)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 7.40点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
7360.00%
8240.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 8.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 8.00点 Review1人
5 感泣評価 8.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS