オールドのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > オールド
 > (レビュー・クチコミ)

オールド

[オールド]
Old
2021年【米】 上映時間:108分
平均点:6.46 / 10(Review 37人) (点数分布表示)
公開開始日(2021-08-27)
サスペンスSF
新規登録(2021-06-24)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2022-03-05)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督M・ナイト・シャマラン
キャストガエル・ガルシア・ベルナル(男優)ガイ
ヴィッキー・クリープス(女優)プリスカ
アレックス・ウルフ(男優)トレント
ルーファス・シーウェル(男優)チャールズ
トーマシン・マッケンジー(女優)マドックス
ケン・レオン(男優)ジャリン
アビー・リー(女優)クリスタル
M・ナイト・シャマラン(男優)運転手
小松史法(日本語吹き替え版)
神奈延年(日本語吹き替え版)
木村良平(日本語吹き替え版)
宮島依里(日本語吹き替え版)
清水理沙(日本語吹き替え版)
脚本M・ナイト・シャマラン
製作M・ナイト・シャマラン
配給東宝東和
ユニバーサル・ピクチャーズ
あらすじ
それぞれの事情を抱えながら訪れた海辺のリゾート。誘われるがままにホテルのお勧めスポットに出向いた人々を待っていたのは、巨岩を抜けた先に広がる美しいプライベートビーチだった。しかしそこには、一行の想像を絶する驚きと恐怖が待ち構えていた。引き返すことが許されないその場所で、ひとりまたひとりと身体に異変を感じて行く。果たしてビーチに隠された秘密とは?そして訪れた人々の運命は?M・ナイト・シャマラン監督が贈る驚愕のミステリー。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
37.《ネタバレ》 一度も一時停止をせずに一気に最後まで観れたことにプラス1点。まあそれだけの吸引力があったということは評価したいです。ただ単に年を取っていくということをどう見せていくのか?最終的なオチはどうなるのか?要約すればこの二つに注目して鑑賞することとなる。でもって、年の取り方をビジュアル的に一番わかりやすく見せるために子供を入れる。これはなかなかナイスでした。時間の異常な早さを一目瞭然にしてくれます。そしてのアッという間に成長してしまった精神的に未熟な男女が性行為を行い、これまたアッという間に妊娠出産してしまう。本当に「時間」というか「時」の概念をまざまざと見せつけられます。またこの超スピードの時間のせいで次々と人が死んでいくのですが、まずは老死から始まって、精神疾患が抑えられなくなり殺害、崖を登って脱出を試みるが途中で気を失い転落、持病のてんかんが薬切れで発作し死亡、と色々な死に方が出てきますが、極めつけはラスト近くのシーンで、洞窟に逃げた兄妹に襲いかかってくるカルシウムを常に摂取しないといけない女性が、カルシウム不足によってありとあらゆる関節があらぬ方向にねじ曲がっていき、まるでホラー映画のようなおぞましい姿で朽ち果てるシーンと、もう一つは、精神疾患で気が変になってしまった男性から旦那を守ろうとして錆びたナイフで切りつけ、その錆が血管に入り込み猛スピードで全身を侵食してくシーン。この二つのシーンは本当にゾッとしました。なかなかのアイデアだなと。で最後にオチですが、製薬会社が薬の効能を長期治験でする手間を省くために実験場として使っていた、というものでしたが、オチ的には驚くようなことはない反面、妙にリアリティがあって無理のないオチだったな~と思いました。

シャマラン監督の作品は当たり外れが多いけれど、この作品は良かったです。

次作も良い作品、期待しています。
Dream kerokeroさん [インターネット(字幕)] 6点(2022-07-28 18:43:37)★《新規》★
36.《ネタバレ》 人間にとって老いとは何か…とか、失恋とかでよく言われる「時間が解決してくれるよ」をテーマにした、この監督にしてはめずらしくメッセージ性の強い映画だな、と。
最後も製薬会社の陰謀という普通のサスペンス映画ぽい方向に落としてるし、例えば前作の「ウンチばばあ対ラップ小僧」(タイトル忘れたけどそんな内容)あたりとはちょっと毛色の違う映画だな、というのが視聴後の素直な感想です。

劇中、個人的に一番面白かったのは、連中をビーチに案内しさらにずっと観測してるのが監督本人だという小粋なジョーク。
あ、あとムチムチビキニも忘れてはいけませんね、うん。
あばれて万歳さん [インターネット(字幕)] 6点(2022-07-28 18:22:04)★《新規》★
35.《ネタバレ》 この監督さんの場合、常に「シックス・センス」と比較され、一般人が思い付かない様な奇抜なオチを期待されるのが何とも可哀そう。
本作単体でみれば普通に面白かったです。
幼い娘さんが急成長しちゃっただけでなく、なんとまあご懐妊までしちゃってテントの中から登場するシーンは意表を付かれました。
一歩間違えば趣味の悪いコントになりかねない様な描写ながら、前振りが効を奏して気味悪くも印象深いシーンになってました。
私的には主人公夫婦が年老いていく描写も印象深いものでした。
旦那さんは目が見えなくなり、奥さんは耳が遠くなる。
普通はゆっくりと訪れる老化現象が短時間で現れた事への絶望的な思いと、それを受け入れざるを得ない妙に達観したかの様な描写は、私と妻の将来を考えるきっかけになりました。
オチはこの監督さん特有のズッコケ系では無く極めて真面目なもの。
このオチをどう捉えるかはこの(出たがりの)監督さんの何が好きなのか次第で評価が判れるのでしょう。
星新一や初期の藤子不二雄の短編と同じテイストで、私的には充分有りでした。
たくわんさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2022-07-13 12:09:10)(良:1票)
34.《ネタバレ》 若返るとか不老不死とかその類はあるけども。
老いていく謎のプライベートビーチ。
そそられるものはある。
シャマラン映画は落ちを期待したくなるのだが、刺激が少ない在り来たりなオチだった。
製薬会社の臨床試験とはやや冷めた。
mighty guardさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2022-07-11 18:55:57)
33.《ネタバレ》 詰まるところ、人間にとっての最大の脅威は「時間」であるということ。
「時間」というものの非情さと残酷。それに直接的に脅かされた時、またはそれを独善的に操れると知った時、人間は狂気と慈愛の狭間で混乱し、混沌を生む。

立ち返ってみたならば極めて普遍的なテーマを主軸に据えた話ではあった。
だが、そこからよくもまあこんな狂った“設定”を思いつき、ストーリーを練り上げ、緊張と恐怖を創出できるものだ。あまりにも奇妙な事象を、極めてシンプルな映画世界の中できっちりと表現している。
「さすがはM・ナイト・シャマランだ」と称賛するに相応しい作品だったと思う。

私自身、常に時間の経過には焦り、脅えている。
特に忙しない人生を送っているわけでもなく、呑気な部類の生き方だとは思うが、それでも無情に過ぎ去る時間を無駄にしたくはないと常に思っているし、ふと覗いた鏡の中の自分が徐々に確実に老いていることを感じるたびに、焦燥感は吹き出る。

自分の子供が生まれ、彼らの足早な成長を目の当たりにするようになると、時間の経過とそれに伴う自分自身の“変化”は、事程左様にくっきりと輪郭を帯びるようになってきた。本作において子供のキャラクターを複数設定している意図は、まさにそういう部分にあったに違いない。

この映画の中で、登場人物たちは非人道的な時間による暴力によって、狂気のるつぼに放り込まれる。
ただでさえ非情な時間が、轟々と音をたてるように流れていき、彼らは焦ったり、恐怖に怯える間もなく、異常な現実を突きつけられる。

この映画のストーリーテリングが、とても恐ろしく、同時にとても面白いのは、登場するキャラクターたちが、異常事態による恐怖や狂気によって破滅していくというよりも、あくまでも「時間」の経過に伴う自然の摂理や、人間としてのある種の成長によって、一生を終えていくというところだ。
ある者は老衰で、ある者は持病の進行によって、ある者は老いていく自分の姿に耐えられず、そしてある者は人間的成長に伴って生まれた盲目的な使命感によって……。

つまりそれらは、すべての人間が通常の世界で生きていく中で誰しも迎え得る結末であるということ。
この世界で生きるすべての人間は、「時間」というサバイバル中に身を置き、生死をかけて彷徨い続けているということを、この奇怪な映画世界は雄弁に物語っていたのだと思う。

どんなに異常で暴力的な時間経過の只中であっても、適切な“死の順番”を迎えられたことに対して、主人公家族の両親たちは“束の間の幸福”を得られたのだろう。
私自身、人の親として、また人の子として、せめてそのことは守りたいと切に願う。
鉄腕麗人さん [インターネット(字幕)] 8点(2022-07-10 00:19:50)
32.《ネタバレ》 精神と時の部屋から着想を得たのでしょうか。確かに利用価値としては何年もかかる治験に利用するというのは納得ではございますが、最大の時間が早く進むという謎は放置なのがスッキリしないところ。シャマラン監督らしいと言えば、らしいかな。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2022-07-03 19:59:48)
31.《ネタバレ》 シャマラン監督の映画ってなると、どうしても謎解きに挑みたくなってしまうのは仕方がないとして。
まあ今回に関しては、私個人としてはもう謎解きのレベルを超えていて、伏線がどうあれ、そんな種明かしをされたところでやられた!とはならないわけで。
『サイン』の時ほどではないが、あまりにもリアリティのない設定だと、どうやって楽しんだらいいのかちょっと分からなくなってるのが正直なところ。
軽い謎解きで済ませられない重大な犯罪であることも、バランスが取れてない感じがして落ち着かない。
自分の人生について考えさせられるという点で、評価したい。
roadster316さん [インターネット(字幕)] 6点(2022-07-03 13:28:58)
30.ビーチにいると歳をとるという現象に対して、オチがコレ!?
TERUさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2022-07-02 21:56:24)
29.《ネタバレ》 予備知識なしで鑑賞。演出は素晴らしいですねー、変わり映えしない景色で登場人物も変化しないのに、長い時間はらはらドキドキさせられた。
真相を知るまでのスリルを味わう映画であって、真相がわかってしまうと観察動画であること分かり、2回目の鑑賞はないなと思ってしまう。
センブリーヌさん [インターネット(吹替)] 6点(2022-06-28 23:34:38)
28.《ネタバレ》 面白かったです。
この手の作品には過度なリアリティは持ち出さず、与えられたシチュエーションを受け入れ楽しみましょう。
未知の超常現象が原因とは言え、このシチュエーションで宇宙人や怪物を出場させず、人間(製薬会社)による仕業だったというのが恐ろしかった。
久しぶりに先が読めない謎にドキドキし楽しめた作品でした。
夜光華さん [DVD(吹替)] 8点(2022-06-28 10:14:12)
27.《ネタバレ》 幼いお姉ちゃんがあっという間にナイスバディになっちゃって、気づいたら私も鼻血ブーでした。
タケノコさん [インターネット(字幕)] 6点(2022-06-27 22:11:45)(笑:2票)
26.《ネタバレ》 皆さんおっしゃるとおり、アイデア一発勝負のシチュエーションサスペンスミステリーとして、シャマラン監督らしい作品に仕上がっている。

登場人物たちが「特別なプライベートビーチ」に案内された後は、奇々怪々な老化(あるいは成長あるいは風化)現象が発生したり、突然取り乱す人が出てきたりするなか、何故かこのビーチからは出られないことが分かって以降、カメラは徹底してビーチ視点から離れることなくストーリーが進む。
このため、観客もこの得体の知れない場所に閉じ込められた心理になり、物語に没入しやすくしているのは、脱出ものお決まりの手法とはいえ、効果的だった。

また終盤には、医薬品メーカーの関わりが分かるわけだが、その意図が単純な悪ではなく、一定の説得力が見いだせる余地があるところにも、設定のユニークさが光る。
例えば、人間の寿命を延ばす薬を研究するとして、その治験には途方もない時間がかかることを想像すると、この製薬会社のような発想が出てきても不思議ではない。(もちろん実行してはいけないが)

また、子供達が急速に成長するのはいいとして、体の体積がみるみる増えていくのは物理学的に?とは思ってしまう。

本作はこうした設定上の細かい矛盾点をツッコんで楽しむのもいいし、それを忘れて非日常のミステリーに身を委ねるのもよしという、良質なサスペンス映画としてオススメできる。
田吾作さん [インターネット(字幕)] 7点(2022-06-26 11:42:26)
25.《ネタバレ》 いろいろ笑えました。
老けるのが異常に早くなる映画って、魔術とか呪いとかと思ったら
特殊な環境下の自然現象だというSFに寄せたお話でした。
なかなか面白いアイデアの映画だと思います。 ただなあ・・

切られても直ぐに傷が閉じて治ってしまう件とか、頭痛からの気絶で脱出を阻む設定とか、
脚本攻めすぎて、途中からリアリティ無くなって、冷めてしまいました。
帰れない理由が、災害なのか、犯罪なのか、当人達に知られると困るのかな。
どーせ連絡手段もないんだから、塀で閉じ込めて人体実験でもヨカッタかも。

笑えたのは、つい○○してしまい、お腹が大きくなって帰ってきた娘見て卒倒のシーン。
あと、11歳と6歳の姉弟が、中年になってしまい、この先どうするのかみんなで困るラスト。
世代が進むと、メイクだけじゃ無理になり、俳優さんのチェンジが唐突で、笑い転げてしまう。
ある意味、コメディなのかもしれない? 

これは、友人たちと感想で盛り上がりたい、酒のツマミ的な存在意義を感じましたので、1点追加です。
グルコサミンSさん [インターネット(字幕)] 7点(2022-06-24 22:54:10)
24.《ネタバレ》 面白かったです。ありそうでなかった設定ですが、オチも含めてこれはこれで有りだと思いました。ちなみに冒頭と最後のクレジット部分の「old」の文字などを表示する演出、素人ながらセンスあるなぁって思いました。
珈琲時間さん [インターネット(字幕)] 7点(2022-06-22 08:06:25)
23.皆さん同様、大風呂敷を広げっぱなしで謎のまま終わるんじゃないかとハラハラしていましたが、きちんと収拾してくれたので、ホッとしました。ツッコミどころ満載、パニック要素満載。だけどどこかノスタルジックなのはやっぱりシャマラン監督だから。
めたもんさん [インターネット(字幕)] 5点(2022-06-20 17:21:56)
22.《ネタバレ》 シャラマン監督、アイデア一発勝負の真骨頂!嫌いじゃありません。面白かったです。
どんどん広げられていく大風呂敷、どうやって畳むんだと不安になっていく。
結果からいえば、その風呂敷の畳み方、謎解きや説明はなくても良かったかな。
ビーチから出られない理由も、単純に来た道が塞がれている、波が高くて沖に出られないでよかったかも。
あんなビーチが実在したら、製薬会社が臨床試験の時間の短縮に利用するというのは、なるほどと思う設定ではありますが、最終的に「ビーチで何が行われているか」は説明されてても、「なぜビーチでは異常に早く年を取るのか」は「鉱物の影響」程度しか説明されていないので、科学的な辻褄よりも、老いていく人間たちのドラマをもっと見たかった。
でもそれがシャラマン監督はアイデア一発勝負と言われる由縁なのでしょう。
ねこちゃんさん [インターネット(字幕)] 6点(2022-06-18 11:57:03)
21.《ネタバレ》 掴みは良かった。謎めいていて少し怖さもありグイグイ引き込まれていく。次に謎解きパート、こちらも知的な人が多いためかサクサク進んで良い感じ。そしていよいよ脱出パートへ… このビーチからなんとか抜け出ようとするが、これが俗に言う無理ゲーだった。最後に一矢報いてはいるが、もう青春時代は戻らないことを思えばこの映画は主人公サイドの敗北と言っていいと思う。その点で後味はあまり良くない。随分年を取ったガイとプリスカの会話などじんとくる場面もあって、人生とか老いとかについて考えさせられるところは一応評価して6点で。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2022-06-15 23:42:55)
20.シャマラン監督は程々に好き。
風呂敷広げっぱなしで終わる覚悟してたけど、一応きれいに畳んでくれたのでなかなか面白かったです。
老いがテーマな部分もあって、人生折り返してる身としては直視したくない要素もあったけどね。
おとばんさん [インターネット(字幕)] 7点(2022-06-08 17:51:56)
19.この監督の作品は疑ってかかる様になってしまっているので
ハードルが低かった事もありのこの点数。

オチもよく楽しめました。
時間は戻せないのが悲しいね。
movie海馬さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2022-06-07 01:46:24)
18.監督(アイデア)を受け入れて、楽しむ。簡単そうですがなかなかできない技(笑)でひたすらこの無機質な映画を楽しみましょう。
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2022-06-06 09:55:32)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 37人
平均点数 6.46点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5410.81%
61643.24%
71335.14%
8410.81%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS