フロム・ダスク・ティル・ドーン3のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > フロム・ダスク・ティル・ドーン3
 > (レビュー・クチコミ)

フロム・ダスク・ティル・ドーン3

[フロムダスクティルドーンスリー]
From Dusk Till Dawn 3: The Hangman's Daughter
2000年【米】 上映時間:94分
平均点:3.14 / 10(Review 14人) (点数分布表示)
アクションホラーシリーズもの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2010-01-14)【マーク・ハント】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督P・J・ピース
助監督ダン・ブラッドリー(第二班監督)
演出ダン・ブラッドリー(スタント・コーディネーター)
キャストマルコ・レオナルディ(男優)ジョニー
マイケル・パークス〔男優・1940年生〕(男優)アンブローズ・ベルセ
レベッカ・ゲイハート(女優)メアリー
ダニー・トレホ(男優)ラゾル・チャーリー
テムエラ・モリソン(男優)ハングマン
ソニア・ブラカ(女優)バンパイアプリンセス
オーランド・ジョーンズ(男優)エズラ・トレイラー
P・J・ピース(男優)バーで食事中の客
レニー・ロフティン(男優)
原作ロバート・ロドリゲス(原案)
アルヴァロ・ロドリゲス〔脚本〕(原案)
脚本マイケル・パークス〔男優・1940年生〕
アルヴァロ・ロドリゲス〔脚本〕
ロバート・ロドリゲス
音楽ネイサン・バー
撮影P・J・ピース(追加カメラ・オペレーター)
マイケル・ボンヴィレイン
製作マイケル・S・マーフィ〔製作〕
ジャンニ・ヌナリ
エリザベス・アヴェラン(共同製作)
ディメンション・フィルムズ
製作総指揮クエンティン・タランティーノ
ロバート・ロドリゲス
ローレンス・ベンダー
特殊メイクロバート・カーツマン
グレゴリー・ニコテロ
ロバート・ホール[メイク]
ジェイソン・コリンズ(特殊効果メーキャップ)
ハワード・バーガー
特撮K.N.B. EFX Group Inc.(特殊効果)
ジェイソン・コリンズ(特殊効果)
スコット・コールター(デジタル処理)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
14.《ネタバレ》  このシリーズは娯楽に徹していて割と好きなので、今作もそれほど悪いとは思いませんでした。むしろ適度なホラーアクションとして面白かったです。
 ただ、プロローグの西部劇のような一連のシークエンスがもの凄く出来が良かったので、後半になるにつれてやや失速気味になったのがもったいない気はしました。そんなとこまで「1」そっくりにしなくても良かったんですけどね。
 「1」を見ていればオチがわかっちゃいますので、衝撃度は確かに減ります。ただ、たとえ「1」を知らなかったとしても、「1」と本作とには大きな違いがあるのがわかります。「1」の酒場となる舞台は、まさにただの寄り道的な酒場なんです。まさかそこがゴールだとは思わせないような低俗な雰囲気があのギャップを生み出すのに大きく貢献しているんです。それに対し「3」は、酒場がいかにもラストの舞台という雰囲気をはじめから漂わせちゃっているのです。それだとよくあるB級娯楽映画と変わらなくなっちゃうんですよね。
 また今作では、冒頭から結構活躍した少女ガンマンや、面白い存在になりそうなお調子者の黒人を、後半はただの被害者として扱ったところに不満を感じます。せっかく期待感を煽る登場をしてくれたわけですから、もうちょっと活躍させてほしかったですね。
 なんか不平不満を並べてしまいましたが、それもこの作品がそれなりに面白かったからこそですので、悪しからず。全然面白いですよ。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2014-04-23 16:42:40)
13.《ネタバレ》 廉価版DVDが発売されていたので購入、2よりは楽しめたかと、ただ2を思いだそうとしたけど、全く覚えてない(観たのは割と最近なんだけどな^^;)、3もしばらくしたらどんなだっけ?ってなってそう。そういう意味ではもっと点数低くてもいいのかもしれない。
ないとれいんさん [DVD(字幕)] 5点(2012-12-17 18:36:54)
12.何と言うか、まあ……。『悪魔の辞典』で有名な作家A.ピアスがメキシコで行方を絶った裏には、実はこんな話が……。という、実話を題材にとって膨らませた辺りがこの話の肝であり面白味なんだが、如何んせん話が遅い。
頑張って『1』に近づけようとした気持ちは分かるが、今更そこまで勿体付けてどーする? っつーくらい展開が遅くて退屈で観てられない。『1』は、最初だから許されたのよ、あの意表を突くバカ展開が。でも『3』ともなると吸血鬼映画だってコトは既に判ってるワケで、だったらさっさと本題に入れよ、と。
最後のエンドロール後のシークエンスもねぇ……。なんだか、小説『ぼっけぇきょうてぇ』の二口女オチを思い出した。それを評して荒俣宏氏は「悪女の深情け」と。w 言い得て妙ですな。www
TERRAさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2009-08-14 18:50:05)
11.これって1の焼き直し?普通焼き直しだったら豪華にするよね?なんでスケールダウンしてるの?2はヴァンパイア映画にしてもアクション要素がスゴイ強かったからまだ面白かったけど3はなんにも取り柄がない。。どう見ても1を西部劇に変えて撮ったとしか思えん。オチもヴァンパイア映画定番なのでもっとシラけました。エンド・クレジット後のオマケ映像(?)は全てをぶち壊してくれる、すばらしいオマケ映像(?)でした。これでシリーズ三作見たけど作るたびにどんどん質が落ちていっているすばらしいシリーズでした(笑)
M・R・サイケデリコンさん [ビデオ(字幕)] 2点(2007-02-08 17:10:37)(良:1票)
10.名前だけのシリーズ第三弾は西部劇に変われども、設定とストーリーは全く「1」の焼き直し。その「1」は究極の馬鹿映画だった訳ですから、馬鹿もそれを上回らなければ意味が無い。だから父娘の愛情みたいな部分は邪魔になりこそすれ、効果的とは思えない。勢いで作った筈の「勢い」すら感じられない。だったらいっそ方針転換して、西部劇とゴシック・ホラーをミックスした新ジャンルに、本気で挑戦すれば良かったのに…、3点献上。
sayzinさん 3点(2004-11-18 00:04:47)(良:1票)
9.フロムダスク1が、「A級映画の皮を被ったB級映画」だとすると、これはただのB級映画。ちなみに、タラとロドリゲスは2にも3にも関わっていないそうです・・・
シェリー・ジェリーさん 2点(2004-10-25 15:27:49)(良:1票)
8.マジ、ヒドイねぇ~~これ!なんでこんなひどいんだろう?脚本も最悪!3ってそんな金どこから出てるん?スポンサー諸君もっとマシな映画にお金出したり~
レスマッキャン・KSKさん 1点(2004-07-03 02:08:01)
7.ん、、、んん?これは何でしょう。雰囲気と勢いだけのような気がします。これがホラーだなんて、ちょっと痛いなぁ、、、。
あろえりーなさん 3点(2004-06-21 02:09:41)
6.この映画1も含めて2.3って意図的にこういう風に作ったのかなと思えます。私は最初からこのどうしょも無いくだらなさを楽しみながら観たので不快感は有りませんでした(苦笑)ところでスタッフロール後のじいさんと男のやり取りからすると3はじいさんの作り話?それとも本編の後にヴァンパイヤになったのかな?
mokaさん 3点(2003-06-20 09:03:26)
5.1が好きなので気になっていたんですが、悪い予感は2回的中しました。
KENさん 0点(2002-07-09 05:07:21)
4.あのバーテン3作全部出てる、と観ながら思った。地獄のサンタニコは一作目のほうが断然よかった。ここが期待を裏切られたところかな。行ってみたいと思う人はいないだろうなー。俺以外。
LIONS’81さん 6点(2002-07-02 17:20:32)
3.確かに2より見れて1と同じような展開。しかし1と同じようにする必要があったのか!1の衝撃は予備知識ゼロで見たからこそなので3で同じ事やっても・・・
K造さん 1点(2002-02-02 11:50:57)
2.まぁ、フロム2よりは見れる。
511さん 5点(2001-10-12 20:31:32)
1.フロム・ダスクのエピソード1みたいな話。まったく一作目と同じことしてて、最悪。
センパクさん 3点(2001-08-24 02:26:53)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 14人
平均点数 3.14点
017.14%
1214.29%
2214.29%
3535.71%
400.00%
5214.29%
617.14%
717.14%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review1人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS