THE GUILTY ギルティ(2021)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 キ行
 > THE GUILTY ギルティ(2021)の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

THE GUILTY ギルティ(2021)

[ギルティ]
The Guilty
2021年上映時間:91分
平均点:7.00 / 10(Review 4人) (点数分布表示)
公開開始日(2021-09-24)
ドラマサスペンスミステリーリメイク配信もの
新規登録(2021-10-17)【かたゆき】さん
タイトル情報更新(2023-06-15)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アントワン・フークア
キャストジェイク・ギレンホール(男優)ジョー・ペイラー
ポール・ダノ(男優)
ボー・ナップ(男優)
イーサン・ホークビル
ライリー・キーオエミリー
ピーター・サースガードヘンリー
内田夕夜ジョー・ペイラー(日本語吹き替え版)
咲野俊介ビル(日本語吹き替え版)
製作アントワン・フークア
ジェイク・ギレンホール
配給ネットフリックス
衣装ダニエル・オーランディ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.《ネタバレ》 ストーリー展開もどんでん返しもオリジナルとほぼ同じなのでもう一捻り欲しかった。
山火事設定はあまり活かされていないし、イメージ映像やニュース番組等、余計な情報も多かった気がする。

それを差し引いても、グイグイのめり込めるのはジェイク・ギレンホールのほぼ独断場である熱演が大きい。
高額な医療保険で加入することもできず、まともな治療を受けられない。
そしてブラック・ライヴス・マター(BLM)を背景にしたアメリカの病巣を覗かせている辺り、
ハリウッドリメイクする意味がそこにある。
Cinecdockeさん [インターネット(字幕)] 6点(2022-01-06 23:21:05)
3.Netflixで鑑賞。1:20で終わるので、サクッと見れます。
Jakeの演技がいい。何の前情報も知らずに、見るのがおすすめ。
おさとわさん [インターネット(字幕)] 7点(2021-11-07 23:08:18)
2.ジェイク本人自ら製作に携わったリメイク版、背負っているものがだんだん明るみになっていく非常に重い作品でした。電話の向こうで何が起きているのかを掻き立てる…日本版は作ってほしくないですね、もたないきがする。
HRM36さん [インターネット(字幕)] 7点(2021-10-30 11:35:08)
1.《ネタバレ》 ここは、ロサンゼルス各地からかかってくる911コールを一手に引き受ける緊急通報センター。自らのデスクで今日も業務にいそしむ彼の名は、ジョー・ベイラーだ。数日前に発生した大規模な山火事により、その日はいつもよりも通報が多くもう目が回るような忙しさだった。ようやく勤務が終わるというその時間に彼はある一本の通報を受ける。「私の名は、エミリー。今、元夫の車に拉致され何処かへと向かっている。私、このままじゃ殺される、お願い、助けて」――。明らかに切迫した彼女の悲痛な声に、ジョーは運転しているであろう夫に悟られないよう慎重に言葉をかける。警察と連携を取り、すぐさま発信元である高速道路へとパトカーを向かわせるジョー。ここで彼の仕事は終わったはずだった。だが、自らも幼い娘を抱える彼は、携帯の登録情報から彼女の実家へと電話を掛けてみる。電話に出たのはエミリーの幼い子供だった。詳しく話を訊いてみても、血だらけのママが父親に連れ去られたと泣き叫ぶだけ。さらにはまだ赤ん坊の弟までナイフで刺されて血だらけになっているという。どう考えても異常な事態。居ても立ってもいられなくなった彼は、現場の警察とは別に独自の行動を取るのだが……。緊急通報センターという閉じられた空間を舞台に、主人公であるオペレーターとあとは電話の向こうにいる幾人かの人々とのやり取りのみで描くという挑戦的なスタイルでスマッシュヒットを飛ばしたデンマーク製サスペンスをリメイクしたという本作、監督は男臭いエンタメを得意とするアントワン・フークワでしかも人気実力ともに今一番脂ののっているベテラン俳優ジェイク・ギレンホールが主演を務めております。ちなみに僕はオリジナルの方は鑑賞済みで、そのワンシチュエーションな設定ながら練られた脚本の力で最後まで見せきったなかなかの佳品だったので、今回楽しみに鑑賞してみました。結論を言うと、ほぼオリジナルに忠実なリメイクでしたね、これ。状況設定もお話の展開も最後のあっと驚くどんでん返しも。なので新たな驚きはなかったのですが、やはり見どころは主役を務め、ほぼ最後まで独り芝居を披露したジェイク・ギレンホールの熱演でしょう。オリジナルで主役を演じた方も決して悪くはなかったのですが、ハリウッドの第一線で子役の頃から何十年もキャリアを積んできた実力派はやはり違いますねぇ。最後までぐいぐい惹き込ませる素晴らしい熱演でした。特に最後、自らの過ちに気づいた彼の真に迫った表情には圧倒されるものがあります。新たに追加された山火事設定がいまいち活かされていなかったのがちょっと気になったけど、なかなか見応えのあるサスペンス・ドラマの逸品でありました。お薦めです。
かたゆきさん [インターネット(字幕)] 8点(2021-10-22 21:13:35)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6125.00%
7250.00%
8125.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS