マリグナント 狂暴な悪夢のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 マ行
 > マリグナント 狂暴な悪夢の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

マリグナント 狂暴な悪夢

[マリグナントキョウボウナアクム]
Malignant
2021年上映時間:111分
平均点:7.47 / 10(Review 19人) (点数分布表示)
公開開始日(2021-11-12)
ドラマホラーサスペンス
新規登録(2021-11-01)【ぴのづか】さん
タイトル情報更新(2023-11-05)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジェームズ・ワン
キャストアナベル・ウォーリス(女優)
川島得愛(日本語吹き替え版)
間宮康弘(日本語吹き替え版)
藤原夏海(日本語吹き替え版)
原作ジェームズ・ワン(原案)
製作ジェームズ・ワン
製作総指揮エリック・マクレオド
配給ワーナー・ブラザース
あらすじ
夫と二人で古風な邸宅に住む妊婦のマディソンは、ある日、過去に流産を繰り返していることで夫と激しい争いになり暴力を受けてしまう。そして、その日を境に彼女の周囲では恐ろしい出来事が続くようになり、それに合わせるかのように悪夢に激しく悩まされるようになってしまう。彼女には忘れられた残酷な過去があったのだ。彼女に襲い来る悪夢と失われた過去との関りとは? 「ソウ」「死霊館」「アナベル」など、数々のホラー作品を手掛けてきたジェームズ・ワン監督による新たな恐怖の物語。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
19.《ネタバレ》 ごっちゃ混ぜホラーですね、というかもう後半はアクション映画でなかなか見入っちゃいました。スタイリッシュで、バッサバッサと警察を倒していくのはなかなか圧巻です。犯人探しはこの手の映画をよく見ている人には至って普通な着地点ですが、ネタバラシだけで終わらないところも良かったと思います。前半は正直退屈でしたね。
はりねずみさん [インターネット(字幕)] 5点(2024-05-03 18:59:57)
18.《ネタバレ》 犯人は、異常者?生き別れの双子の兄妹?多重人格者?悪魔?と思わせておいて、オー、そう来たか!!という感じ。日本の妖怪の二口女というのを思い出した。
前半はおとなしめのホラーでジワジワと、後半はターミネーターを彷彿とさせる警察署を壊滅させる派手なアクションに転換して、最後まで飽きさせない。それに、きゃしゃな感じの男性刑事が見た目よりもガッツがあって、なかなか頑張るので応援しちゃいました。
リニアさん [インターネット(字幕)] 7点(2024-03-09 18:31:29)
17.《ネタバレ》 ここでの評価が高かったから見てみた。ガブリエルの正体には驚かされたけど、そこまで怖くもなかったなー。トロフィーを改造して作った武器にこだわったり、格闘技に精通してたりして、ガブリエルが変に人間味があるからだな。
センブリーヌさん [インターネット(吹替)] 6点(2023-12-28 17:19:07)
16.《ネタバレ》 いやー怖かった。久しぶりのホラーだった。オチは予想外と言うか、上手くミスリード出来ているなとは思ったが、大きくは越えてこなかった。正直、途中で疲れて観るのしんどかった。
ラグさん [インターネット(字幕)] 5点(2023-05-20 02:07:28)
15.つか、怖かった!前半はモんノ凄ぅんごく!

――さて、ジェームズのワン監督!

もう、ガキの頃に観たホラーのドキドキ感を想い出させて貰えた。
まず、カメラワークとアングルが(個人的に)素晴らしいと思った。
ともかく、ホラー映画としては聊か「こんなのホラーじゃない!嫌だ!」と思う人間もいるかもしれないが俺は好き。
引いた目で見ると、テーマも確りしてたしね。
後半は「ジャンルが変化した創り」だったので楽しく観れたのも嬉しかった。

まるで「80年映画の同窓会」だったね…この映画は。
いや、最初はホラー突貫の監督かなーと思ってたら…実は、ヒーロー映画どころか何でもやれる監督。
あと、死霊館のシリーズは折角、全部揃えてるし、一気に全部ぶっ続けざまに観てみるかな…なんて考えてしまった。

けど、流石ヒーロー映画をも造ってるだけあって、なかなかの展開だった。

結論から言うと…この作品こそ80年代映画の集合体の色目強く!ホラーだけじゃなく、モンスターとかアクション映画も含めてって意味で。
だから、観てて(怖かったけど)、色々想い出しちゃって凄く楽しかったなぁ…。

もし興味があったら、アレ。
是非とも観て欲しい感じです。

観終わると懐かしい気持ちが出るよ。

いや、マジで。
映画の奴隷さん [ブルーレイ(吹替)] 8点(2023-01-03 17:58:31)
14.まさかそう来るとは。いや予想外の展開。
精神的に怖そうだなと、予備知識なしで鑑賞。
殺人鬼の動きがなんか妙だよなって思ってたんだけど、そういうことなのね。納得。
これぐらい突き抜けてやりたいことやってくれると、観てる方がちょっと置いて行かれるかも。しかし嫌いじゃないな。
ということで、予備知識なしで鑑賞されることをお勧めしたい映画。
roadster316さん [インターネット(字幕)] 7点(2022-12-10 10:52:23)
13.《ネタバレ》 【以下、激しくネタバレしています!!!】

想像以上に面白く、楽しく突っ込みながら観させて貰いました。
難しい事は抜きにして、思った事を幾つか・・・

①なんでこんな変な男と結婚した! 最初の突っ込み。
②おいおい、あんなに強く後頭部を強打したのに病院いけよ... 二番目の突っ込み。
③家が広過ぎるのも困り物だなぁ... 三番目の突っ込み。
④登場する警官全員が揃いも揃って「格闘が下手!」「射撃がド下手!!」笑わせて貰いました。
⑤おぉ、ジェームズ・ワン監督なりの「トータル・リコール(シュワちゃん版)」へのオマージュか?
⑥やっぱり同じ場所だった!
⑥こりゃ絶対に次が有るな...

と言う事で、続編期待してます。
次は可愛い妹さんの出番をもっと増やしてください(爆)。
たくわんさん [インターネット(字幕)] 8点(2022-10-13 18:30:04)
12.《ネタバレ》 (書き出しから結末に繋がるネタバレです)

幼少期の恐怖体験等を元にした物語は、多くは多重人格を題材にしていると思いますが、本作は特異な双生児の在り方をプロットにしており、新鮮なホラーとして楽しめました。

後頭部、あるいは体の顔以外の部位に顔面や口があるという造形は、我が国の妖怪変化や海外の都市伝説、あるいは過去の作品に見受けられはしますが、本作のアイディアは類似点は感じるものの独自の視点で掘り下げてアレンジしていて、オリジナリティたっぷりに魅せてくれます。

次々に登場する関連性のはっきりしないエピソードたちは、中盤あたりから伏線回収のような形で収束して行き、途切れないスピーディな展開とともに流石ワン監督といった魅力に溢れています。

純粋にホラーと言うよりも、サスペンス、あるいはアクション作品として大いに見応えを感じ、楽しめました。

個人的には、刑事が単独行動で怪物のような犯人を先の見えない地下迷宮で追跡するところや、ヒロインの妹が単独行動で廃墟となった郊外の病院の地下室に入り込んで資料を捜すなどというような、いわば「ホラーあるある」的展開に少々不満を感じましたが、映像・音楽・アクション等々、どこをとっても見事な出来栄えと思います。

ガブリエルが幼少時から超人的なパワーを備えていたこと、それどころか警察署を全滅させられるほどの戦闘能力を身につけていること、電力や電波を思いのままに操れること、マディソンの身体をガブリエルが凶行に利用していたとすると瞬間移動しているとしか思えないような時間的な矛盾を感じてしまうこと等々、気になることは多々ありますが、それもこれも優れたエンターテインメントならではと思えば、野暮は言っちゃいけないですよね。

物語はヒロインが本当に大切な家族とは何かということに気付くところで終わりますが、脳をコントロールされていたとは言え大量殺人についての責任は免れないでしょう。それでも、人生で最高の幸せに辿り着けたということは、ヒロインにだけフォーカスすればある意味でハッピーエンドなのでしょうね。
タコ太(ぺいぺい)さん [インターネット(字幕)] 8点(2022-08-17 11:12:46)(良:1票)
11.《ネタバレ》 正直言って設定自体は観た事があるものだし、それほど目新しい物ではありませんが、映像としての見せ方がとても素晴らしかった。
ガブリエルが現れるシーンの場面転換や変身のシーンは本当衝撃的でおぞましい。
評判が高かったため観ましたが、その評判にたがわぬ凄い作品でした。
夜光華さん [DVD(吹替)] 8点(2022-06-28 15:54:02)
10.《ネタバレ》 典型的なサイコホラーの様式に、グロテスクな人体破壊描写、格闘アクション、ヒューマンドラマまで盛り込んだ豪華お得仕様。こう書くと、とっ散らかった印象を受けますが然に非ず。前半こそ大いに惑わされますが、伏線回収が始まる後半は怒涛の畳み掛けで感心すること頻り。ホラーにも関わらず爽快感や感動まであるという。ただ辛いだけの激辛ではない『旨辛』な映画でありました。それにしてもガブリエルのキャラはかなり魅力的でした。ビシュアル良好、ギミック最高。個人的には、多少能力面にドーピングを施して『ジャスティスリーグ』あたりに加入して欲しいとさえ思いました(メジャー感の強いアベンジャーズより似合いそう)。ワン監督らしいアイデアとサービス精神の詰ったエンタメホラーでありました。
目隠シストさん [ブルーレイ(吹替)] 9点(2022-06-05 20:21:00)
9.《ネタバレ》 悪夢で現れる化け物が現実世界で次々と殺人を犯していく展開で、
エルム街の悪夢みたいな内容なのかなと思って見てたけど、
その化け物の描写が、あれ?この貞子みたいなの現実に存在してる奴?という感じで
そこから終盤の種明かしになっていく。これはなかなか新鮮。
夢に出てくるやつが現実で悪さするみたいなオチよりもよほどアリですね。
正体がわかってからの彼による殺しの勢いが笑っちゃうぐらいすごい。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2022-04-13 17:29:31)
8.2日間に亘っての鑑賞となりました。
1日目、話の先行きが見えなくて、演出も「出るぞ、出るぞ・・ハイ出た~」の単調さで丑三つ時も相まって「何じゃこりゃ・・・もう、ダメ、寝る」
3点
2日目、ガブリエルの正体が分かった時点から結末までの一気呵成の展開がお見事。遅まきながら脚本の上質さが分かり、大立ち回り大殺戮シーンもグロより美しさを感じるもので、昼食を摂りながらでしたが普通に喉を通るものでした。監督始めスタッフの方々の仕事ぶりに拍手。
9点
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 6点(2022-03-28 13:42:27)
7.《ネタバレ》 彼女の名は、マディソン。何処にでもいるような平凡な専業主婦だ。だが、結婚して何年にもなる夫とは現在倦怠期の真っただ中。原因は、彼女が何度も流産を繰り返したことと、酒癖が悪い夫の暴力癖。その日も些細なことから口論となり、マディソンは激高した夫から壁に叩きつけられ後頭部を強打してしまう――。そしてその日からマディソンの日常は崩れ始める。なんとソファに寝ていた夫が、謎の侵入者によって無残な惨殺死体となって発見されたのだ。その不気味な顔をした恐ろしき殺人者は、その日を皮切りに様々な人を血祭りにあげてゆくのだった。さらに驚くべきことに、その殺人者が犯行を重ねるたびマディソンの心に白日夢となってその凄惨な殺人が再現されてしまう。果たしてこれは何なのか?原因を探る担当刑事は、事件の核心は養子だったというマディソンの失われた過去にあると突き止めるのだったが……。凶悪な殺人鬼によって文字通り悪夢の世界へと囚われてしまったある一人の女性の恐怖を描いたサスペンス・ホラー。監督は稀代のヒット・メーカー、ジェームズ・ワン。これまで数々の作品で観客を心の底から楽しませてきた彼の最新作は、そんな原点回帰とも言える血みどろ系のゴリゴリホラーでした。もちろん超期待して今回鑑賞してみたのですが、これがそんな上がりに上がりまくった僕のハードルを易々と超えてくる素晴らしいエンタメ映画でした!単純にむちゃくちゃ面白かったです、これ。冒頭から中盤まではちょっとお話の筋が掴みにくく、「シーン単体としては面白いけど、お話としてはどうなんだろ、これ」と思わせといてからの、後半の怒涛の伏線回収には完全にやられちゃいましたわ。特に、主人公の秘密が明かされる中盤のクライマックス!このシーン、かなりヤバいですね(笑)。これまで幾多のショッキングシーンを見慣れてきた僕でも思わず「ひえぇぇぇぇぇ¥#%!!」となっちゃいましたわ。このリミットの振り切り具合は素晴らしい。主人公が殺人鬼によって引きずりこまれる悪夢の世界もどれもセンス爆発で大変グッド。警察署でこの怪物が暴れまくるアクションシーンなんて終始キレッキレでご飯何杯でもいけます。うん、めっちゃくそ面白かった!9点!!
かたゆきさん [DVD(字幕)] 9点(2022-03-21 05:01:02)
6.《ネタバレ》 冒頭からラストまで、めちゃコワ面白かった。音楽のノリとか、赤いライトとか、雰囲気がダリオ・アルジェントっぽい。そしてネタは「バスケットケース」っぽい。あっちも症状が一緒だし、復讐動機も同じだし。それにしても、ガブリエルの動きがキショ過ぎて、テンションあがる。しかも、警察署をほぼ壊滅状態にするなんて、恐ろし過ぎる。
なにわ君さん [インターネット(吹替)] 10点(2022-02-11 20:27:39)
5.近年稀に見る衝撃度の高い最高のジャンル映画でした!
ジェームズ・ワン監督がリスペクトする巨匠たちへのオマージュから
養ってきたセンスオブワンダーが見事に本作で炸裂してますね。
シネマブルクさん [映画館(字幕)] 8点(2022-01-01 15:33:44)
4.《ネタバレ》 いや~超ッ絶パワフル!!キレッキレ!!日々の陰鬱な気分を吹っ飛ばす、実に爽快なホラーでした。大満足。


とは言え序盤~中盤にかけて真相に向かって暫くモヤモヤしてゆく部分は、そのメイントリックが結局「イマジナリー・フレンド」だろうが「ヴァニシング・ツイン」だろうが決して観たコト無くはないよーな話にも思えており(=なんだかんだ結末がソッチのカテゴリーに帰着してゆくのはほぼ間違い無さそーな…つーか)、その在り来りさをショック描写(或いは部分的にはアクションとも言えるソレ)のキレ味や、ワリに凝ったカメラワーク、そして臆面も無くガンガン放り込まれるCGの端的な高水準さ、といった個々の要素のつくり込みで観せてゆこうという作品に見えているのですね。その意味では、ある種手堅い横綱相撲の様な作品にまた思えてた…とでも言いますか(流石は「横綱」ジェームズ・ワン、てか)。

しかし今作、本質的には結局オチの内容自体は前述の想像の範囲を大きくは外れないものの、その「異形さ」とゆーのが諸々ちょっと一般向けホラーの水準を逸脱してると言って好いレベルでして、ソコは間違い無く(好い意味で)従前の期待(あるいは王道なA級ホラーとしての序盤からの流れ)をブチ裏切ってくれた…と思いました(ガブリエルの正体が顕かになったシーン、映画館で間違い無く「ヒェッ…」て声が聞こえましたのですね)。そっから先の大暴れ・カッ飛ばしぶりはもう中々に凄まじく、横綱だと思ったらこれヒグマ(=もはや人外)でしたね。結論、近年稀にみる抜群のキレ味だったと言ってよいと思います。

しかし、私ですらラスト30分には薄っすらと「やりすぎ?」感も覚えるよーな有様で、コレは多分ふだんホラー観慣れない人には少~し刺激が強すぎる…かも知れんですね(エンドロールでまた館内がエラくザワついててですね…こんなのも久し振りで…)。その意味では、オーラスは存外にアッサリ暢気にグッド・エンドの方に倒れてゆく…てのも、実は高度なバランス感覚の為せる「技」かとも思いました(=コレって適切だなあ、と率直に)。重ねて、決してレベル低くもないケド全体としては「緩」な前半と、全力全開に「急」な後半のメリハリ、等、総じて隅々までかなり行き届いた良作だったと思います。コレは是非映画館で!
Yuki2Invyさん [映画館(字幕)] 8点(2021-12-03 23:42:13)
3.これは率直に面白かった。なかなか話の全体像がつかめない前半部は少しイライラもしたが、描写に見所も多く退屈するところはない。特に後半の展開は満点に近く、クライマックスは「ターミネーターかよ!」と言う怒涛の展開だ。最近、元気のなかったジェームズ・ワンもここへ来て全開となったようだ。
でもここまで殺したらめでたしめでたしとはいかんよなぁ…。
ぴのづかさん [映画館(字幕)] 8点(2021-11-13 22:43:19)
2.《ネタバレ》 正直言うともう少し殺人描写にジャーロ的な派手さを求めていたのだけど、それでも十分に面白い作品でした。
自作の凶器、革手袋、ロングコートにロン毛というインパクトあるいでたち、周りの景色が腐敗していき殺人現場と同化する演出、後半の大虐殺と下手なアクション映画よりもスタイリッシュな殺陣と、ジェームズ・ワン監督がこれまでに撮ってきた作品の総決算と言わんばかりの作風はとても楽しかったです。
悪性腫瘍をとらなければ!のセリフで大体双生児系とは気付くとは思いますがまさかの張り付き具合の衝撃度はピカイチ。
ジャンル映画としてとてもよくできた作品だと思います。
ちなみにタイトルは凶暴ではなく「狂暴」、、、。
クリムゾン・キングさん [映画館(字幕)] 7点(2021-11-13 21:16:07)
1.《ネタバレ》 冒頭の「腫瘍」ってとこで手塚治虫『ブラック・ジャック』のピノコが即座に浮かんだ人が多いでしょうね。双子を妊娠したものの片方が上手く育たず母体に吸収されるコトを「バニシング・ツイン」といい、吸収されずにもう片方の胎児へ宿るケースもまれにあるそうで「寄生性双生児」として時々ニュースになりますが人体って不思議ですよね。 今回の話は悪性腫瘍を切除すると意気込んだのはいいが脳に食い込んでるからとそっ閉じする雑さのせいで妊娠のたびに養分を吸い取って流産させるなど生き続け、夫のDVの衝撃で完全に目覚め宿主であるマディソンを支配し、かつて自分を葬ろうとした医者連中にお礼参りをしていたという怖い話。夢の中で見たと思っていた殺人が全て文字通り表裏一体の存在による行為で現場で自分が見ていたコトだったのも面白かった。周囲がドロドロと溶け変わり現実と幻想を混濁させ殺人体験を共有させる演出も上手かったですね。幼少の頃に空想の友達を創って遊ぶのはよくある話ですが大抵は心霊系だったしコッチ系に仕上げるのはなかったな。因縁の医者が受賞したトロフィーを持ち帰り、工房でせっせと自作の凶器に作り変えてたり、黒の革手袋をハメてロン毛で黒のロングコートでバシッとスタイリッシュにキメてたりと可愛くもあったな。マディソンを抑えて表に出て来た裏側の存在ガブリエルの逆関節のようだった奇妙な動きも納得出来ましたが、キレキレのアクションで華麗に舞い仕留める動きは下手なアクション映画よりよっぽど殺陣が上手いし美しかった。最後にはただの血の繋がりより献身的に姉を支えようとする妹との姉妹愛を見せるのも良かったです。カメラワークや音楽も良かったし、影響を受けたであろうアルジェントやデ・パルマやクローネンバーグ風な作りを見せつつ昇華して新たな世界を創り出すジェームズ・ワンはさすがだなと思いました。
ロカホリさん [映画館(字幕)] 8点(2021-11-13 16:14:42)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 19人
平均点数 7.47点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5210.53%
6210.53%
7421.05%
8842.11%
9210.53%
1015.26%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review1人
2 ストーリー評価 8.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 8.00点 Review1人
5 感泣評価 6.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS