儀式のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > キ行
 > 儀式
 > (レビュー・クチコミ)

儀式

[ギシキ]
1971年【日】 上映時間:123分
平均点:5.83 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
公開開始日(1971-06-05)
ドラマ
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-09-02)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督大島渚
助監督小笠原清
キャスト河原崎建三(男優)桜田満州男
佐藤慶(男優)桜田一臣
中村敦夫(男優)立花輝道
賀来敦子(女優)桜田律子
小山明子(女優)桜田節子
乙羽信子(女優)桜田しづ
小松方正(男優)桜田勇
渡辺文雄(男優)桜田進
戸浦六宏(男優)桜田守
小沢栄太郎(男優)立花武世
殿山泰司(男優)長老
原知佐子(女優)勇の花嫁
三戸部スエ(女優)ちよ
河原崎しづ江(女優)桜田富子
脚本田村孟
佐々木守
大島渚
音楽武満徹
撮影成島東一郎
製作葛井欣士郎
ATG
配給ATG
美術戸田重昌
編集浦岡敬一
録音西崎英雄
照明山下礼二郎
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.難解と言うしかない。何か重いものを孕んでいるようであるが、それが何かはわからない。主役の男優がいまいちだった。
ブッキングパパさん [インターネット(邦画)] 4点(2020-05-12 21:04:16)
5.“ATG×大島渚”という組み合わせによる個性が、爆発しまくった作品。
この頃の大島渚監督の映画に共通する「密閉感」「風変り」「モノクロの寒々しい映像」などの特徴が、本作にも十分感じられる。

そういう個性を感じられたの良かったのだが、理屈抜きにつまらない!
なんというか、尺が長い上に、表現している内容が同じことの繰り返しというか。
血筋による因果、悪しき風習など、テーマは面白いが、全体的に平坦な内容で、正直なところ、後半は飽き飽きしてしまった。

それにしても、大島渚監督の作品における、戸浦六宏、小松方正、渡辺文雄の3人は、本作でも「大島3兄弟」として異彩を放っていた。
にじばぶさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2011-08-15 23:12:05)
4.《ネタバレ》 美しさの点では大島作品でも一二を争う。どこかヒンヤリしてるのが、いかにも儀式の美しさ。テルミチは滅びることによって佐藤慶の桜田家に抵抗したわけ。でもそんな「大敵」なのだろうか。たとえ大敵であっても、大敵として扱うことによって、さらにこちらの無力感を増幅させてるってことはなかったのか。「大敵」として扱うよりは、無視する・それができなければ見ないふりする、って手のほうが有効で、実は抵抗している者も深層では桜田家的なものが好きで、だから大物の敵として見たがっているんじゃないか。敗北の歌をこう美しく歌っていいのかなあ、という思いが残った。もちろんそれをこそ描いた映画なのだ、と大島さん言うだろうけど、ちょっと河原崎君ウジウジしすぎる。映画表現としても、否定すべき儀式をかくまで壮麗に描いてしまう心性と、どこか通じ合ってしまっている気がし、またこの陶酔的敗北主義って、戦後の反体制運動にずっと流れていたような気もし、そういったあれこれが点検できた作品として、私には大変面白かった。地中の弟の声を聞き取ることによってだけかろうじてアイデンティティが確保できるまで、「儀式」に追い詰められている。あの図柄はいいね、土俵ぎわで儀式と対抗している姿勢。耳を澄ますって行為自体が美しい(『ラスト・エンペラー』にもあったなあ)。あとは無人のお色直しのシーンの滑稽な悲痛さ。「ロシア兵は親切だっただろ」とさかんに聞く小松方正の共産党員。そして歌合戦。大島的なものが詰まっている。
なんのかんのさん [映画館(邦画)] 8点(2010-06-09 12:06:41)(良:1票)
3.主人公がひたすら観客に対して朗読をしているような映画。そんなどこか文学的な表現は映画の表現方法の一つとしてアリだとは思うが、正直重すぎて疲れる。ただその重さゆえか、はたまた武満徹の音楽効果もあってか最後までひきつけておく力だけは持続する。実際、音楽が内に内にと沈み込んでゆくような暗さを持った主人公の心情にピタリとはまる。戦後日本の縮図としての桜田家の終焉に大島流体制批判の極めを見た。
R&Aさん [ビデオ(邦画)] 5点(2006-09-07 15:21:55)
2.花嫁の来ない結婚式のシーンが非常にシュール。美術がかなり素晴らしい。
クチイシさん 9点(2002-07-03 00:02:08)
1.非常に内容がむずかしい話なんだけど、でも儀式の中に生きてるっていうのはわからんでもない。まさに大島ワールド
あろえりーなさん 5点(2001-09-10 15:56:42)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 5.83点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4233.33%
5233.33%
600.00%
700.00%
8116.67%
9116.67%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS