余命10年のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ヨ行
 > 余命10年の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

余命10年

[ヨメイジュウネン]
2022年上映時間:125分
平均点:6.25 / 10(Review 4人) (点数分布表示)
公開開始日(2022-03-04)
ドラマラブストーリーロマンス小説の映画化
新規登録(2022-02-05)【リーム555】さん
タイトル情報更新(2024-04-18)【タコ太(ぺいぺい)】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督藤井道人
キャスト小松菜奈(女優)高林茉莉
坂口健太郎(男優)真部和人
山田裕貴(男優)富田タケル
奈緒(女優)藤崎沙苗
井口理(男優)三浦アキラ
黒木華(女優)桔梗
田中哲司(男優)平田先生
リリー・フランキー(男優)梶原
原日出子(女優)百合子
松重豊(男優)明久
上原実矩(女優)美弥
脚本岡田惠和
音楽RADWIMPS
作詞野田洋次郎「うるうびと」
作曲野田洋次郎「うるうびと」
主題歌RADWIMPS「うるうびと」
製作細野義朗
ワーナー・ブラザース(製作幹事/映画「余命10年」製作委員会)
電通(映画「余命10年」製作委員会)
関西テレビ(映画「余命10年」製作委員会)
S・D・P(スターダストピクチャーズ)(映画「余命10年」製作委員会)
プロデューサー関口大輔(エグゼクティブプロデューサー)
制作ROBOT(制作プロダクション)
配給ワーナー・ブラザース
衣装伊賀大介(スタイリスト)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.小松菜奈の演技が気になるので鑑賞。
題材的手には難病ものなのでストーリーに新鮮味がない。
何か物足りないまま観終わった感じ。もう一工夫ほしかったかな。
リリー・フランンキーが、地味だが存在感がある役でいい味を出していた。
とれびやんさん [地上波(邦画)] 5点(2023-11-26 10:38:44)
3.記念すべき1,000本目レビュー。
序盤以外は全体的に落ち着いた雰囲気で、セリフもゆっくりして、風景や音楽も終始悪くない。
主人公二人の恋愛事情を中心に進んでいくが、あまり違和感を感じさせることなくすすんでいくのがいい。
こういう病気ものにありがちな、お涙頂戴もののシーンもわざとらしくない。
たぶんRADの音楽の影響もあるんだろう。岡田惠和の脚本をはじめ山田裕貴、黒木華といった気になるメンバーが出てたのも大きい。
主人公の両親も、等身大ながら良かったなぁ。
最後のほうはあっさりしすぎている気もしないでもないが、扱っているテーマが重すぎるのでこれで良いのかもしれない。
mhiroさん [地上波(字幕)] 7点(2023-10-21 21:04:34)(良:1票)
2.《ネタバレ》 非常に典型的な病気もの映画なのは確かにそうで、中でも系統としては高度に『ある愛の詩』的なヤツ…と言いますか。今作における人間性の描き出しとゆーのは、男性には成長、女性にはそれを包み込む母性的なモノを求めてゆく…という作品である様に(私には)見えましたです。ただ、今作の小松菜奈は冒頭から自分の運命をある程度受け容れた状態にあって、その意味では(設定年齢以上に)より大人であるとゆーか、そういった母性的な愛情を命ある限り周囲の人々に振りまいてゆこうという崇高な人にも見えたのですね。そしてそれは恋人となる坂口健太郎との関係性においても尚更にその様に見えるとゆーか、彼が(正直思いがけないホドに)人として未成熟なコトも相まって、コレはもうこのジャンルの映画としては少し風変わりな質感だな、とすら感じられたのですね。ズバリ、コレって「恋愛」なのかな?(少なくとも「恋」ではないのではないのかな?)とすら感じた…とでも言いましょーか。

ただ、そーいった「人の出来た」小松菜奈が時折溢してゆく悲しみや悔しさといったモノは、それこそ(我々男性にとっては特に)愛おしい「泣きドコロ」だったと思いますし、全体としても菜奈さんは物凄く気合・魂の入った演技をされてた様に思います。また、前述どおりやや情けない健太郎くんの成長ぶりも、コレも(特に女性にとっては)堪らない見ドコロにはなるべくモノだろうと思いました。もう一つ、織り込まれる四季の映像とゆーのが、どれも実に凝っていて非常に美しかったですね。結論、やはりシンプルでオーソドックスな作品ではありますが、完成度とゆーのは決して低くないと思いました。興味のある方は是非。
Yuki2Invyさん [映画館(邦画)] 7点(2022-03-14 21:15:24)
1.《ネタバレ》 タイトルから分かる通り、難病もの、余命もの。いずれ別れざるを得なくても和人と恋に落ちて、幸せな時間を過ごした茉莉。「私、間違ってなかったよね?」に「うん」と答えてあげたい。邦画では異例とのことだが1年かけて撮影した力作だ。丁寧に撮った感じが伝わってくるし、四季も感じることができる。小松菜奈はその期間内で体重を落とし、それなりに元気だった頃から最期までを演じきった。時間の使い方では贅沢な映画と表現することができそうだ。ところで、自分は普段あまり読書をしない。とくに小説はほぼ読まない。だから純粋に映画を楽しめている、みたいなおかしな自負もあったりするんだけど、これは気になって原作を読んでしまった。そうなると比較しながら観てしまうのは致し方ない。そこで3つだけ残念な点を挙げておく。まずはなぜ二人を母校の小学校に行かせなかったのかという点。原作は小学校の伝説でENDだから映画でもそこは期待してたなー。次に二人の別れ。原作は茉莉の死を受け入れたうえで「最後の時間を俺にくれないか?」と結婚を申し込んでいる。これがないのはどうにも物足りない。最後に、女友達や出来の良い姉に向けられる嫉妬などの感情が随分薄味になっていて小奇麗にまとまった感があること。このあたりを盛り込んでくれてれば気持ちよく7点は付けてたと思う。
リーム555さん [映画館(邦画)] 6点(2022-03-04 23:03:25)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 6.25点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5125.00%
6125.00%
7250.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS