ドロステのはてで僕らのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ト行
 > ドロステのはてで僕らの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

ドロステのはてで僕ら

[ドロステノハテデボクラ]
2020年上映時間:70分
平均点:7.62 / 10(Review 8人) (点数分布表示)
SFコメディ
新規登録(2022-06-22)【なたね】さん
タイトル情報更新(2023-07-02)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督山口淳太
キャスト朝倉あき(女優)メグミ
原作上田誠(原案)
脚本上田誠
音楽滝本晃司
撮影山口淳太
編集山口淳太
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
8.頭の中で構成は出来ても、実際に撮るとなると相当難しかったのではないかと想像する。原作・脚本の上田氏はじめ、監督やキャスト陣も大変だったろうな。細かく考察すればおかしいところもあるのかもしれないが、そこは御愛敬でいいと思う。そういうゆるい空気感が魅力の一つでもあるはずだから。面白かった。
リーム555さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2024-04-20 21:07:49)
7.大好きなヨーロッパ企画の映画なのに見落としてました。U-NEXTで視聴。
元は「ハウリング」という、土佐和成さん主演のショートムービー。
このアイディアを膨らませた本作は、いつもの「例のパターン」で
終わることなく、最後まで楽しめました。
出演している藤谷理子さんはチャーミングで素敵な女優さんです。
「リバー、流れないでよ」もよかった。もっと売れればいいのに。
いつものメンバーで、ワイワイガヤガヤやってるのがすごく
楽しいのですが、それにしてもみんな老けたなぁ。
ひなりょんさん [インターネット(邦画)] 8点(2023-12-14 10:13:01)
6.これは努力賞ですね。
撮影は相当大変だったと思うが、良く撮り切ったと思う。
辻褄が若干合ってないかと思うところもあるが、そこを押し切るだけの力技は感じた。
新作も楽しみです。
ぴのづかさん [インターネット(邦画)] 7点(2023-06-26 22:26:53)
5.《ネタバレ》 面白かった!。ケチャップとシンバルににんまり。スクラッチくじとガチャガチャとビデオデッキがわからなかった。タイムマシンものでの金儲けは「競馬の結果を新聞で調べて、その着順の馬券を買う」的なものがオーソドックスだと思うのですが、この場合はどうやって結果を知れたの?スクラッチくじは全部削って当たりの場所を見つけてから、過去の自分に当たりの場所を指示するしかなくない?ビデオデッキは札束発見のニュースを見て、報道される前に過去の自分に報告するしかなくない?ガチャガチャに至ってはさっぱりです。
Bebeさん [インターネット(邦画)] 7点(2023-03-09 11:46:49)
4.《ネタバレ》 雑居ビル1階のカフェ店長カトウが2階の自宅に帰ると突然パソコンのモニターに自分が映し出され自分は2分後の未来から話しかけていると言い出す。
カフェのモニターと自宅のモニターでやり取りをする現在の自分と2分後の自分。
カフェの常連客がやってきてモニター同士を向かい合わせて2分後の映像のその更に2分後の映像と延々と続けることで遠い未来を見る事を思いつく。
そうして道端に札束が落ちていることを未来の自分たちから聞き見つけ出す。
ただ、その札束の持ち主は上の階のヤクザの物で持ち逃げ犯と誤解されてしまう。といった内容。

長回しで撮影してるのかと思ったら上手くつなぎ合わせてるだけなのか。
2分という微妙な未来が見れるだけというだけでここまで話が膨らむもんなのかと感心した。
普段は演劇している劇団とのことなので興味沸いたわ。
ぜひ見てみたい。
Dry-manさん [インターネット(邦画)] 7点(2022-11-20 20:48:39)
3.《ネタバレ》 『サマータイムマシン・ブルース』や『曲がれ!スプーン』など、壮大なSF設定(サイエンスフィクション又は少し不思議)を平凡な日常に落とし込むのが滅法得意なヨーロッパ企画・上田誠主宰の脚本作品。着想の素晴らしさや展開の巧みさは折り紙付きですが、上田作品の魅力の本質は氏の人間観(人生観)にあると考えます。人々の行動、判断は決して正しい(論理的あるいは倫理的)とは言えません。でも時に馬鹿をしてみたくなるのが人間です。それが世の理に反する行為だとしても。愚かで、滑稽で、でも愛おしい人々の姿に共感するのだと思います。二人の小気味よい蛮行に拍手しました。キムタクも、綾瀬はるかも、ガッキーも出てこないけれど、だからこそドロステの果ての僕らは、私たちでありました。
目隠シストさん [インターネット(邦画)] 8点(2022-06-25 14:19:33)
2.素晴らしい作品でした。えっ!!?レビューするの、私が二人目ですか!!信じられない。なんでこれほどの傑作がこんなマイナーな扱いなの?これ見たら絶対人に喋りたくなると思うんだけどなあ、なんで口コミで広がったりしないの??何か大きな闇の力が働いて、この映画を黙殺しにかかってるとか?「2分後が見られるテレビ」ってだけのネタを深掘りしながら展開させていくストーリーの面白さと、演出、演技の緊張感と、本当に面白かった!こういうのが話題に上ってこない日本のエンタメ界って終わってる。
すらりんさん [インターネット(邦画)] 8点(2022-06-23 23:57:55)
1.《ネタバレ》 過去テレビと未来テレビを合わせ鏡にすると、画面の奥にドロステ効果で、うんと先の未来を見ることができるという理論(というか屁理屈)を、ワタシ、ホントはあんまりピンときていませんが、そうだよねと思わせる威勢の良さ。おそらく未来永劫コンプライアンス的に大丈夫なように作ってあるし、つまり全世界で通用しそうな本作。ただ期待していた爆発力にはいたらなかったみたい。面白いんだけど、お行儀が良すぎる。頭のいい人が上手に作ったんだなあという感じがしてなあ。ラーメンズのコント(大好きですが)みたいなんですよ。また、舞台的お約束のなかで演じられれば気にしないだろう、テレビへの給電用のケーブルのことやシンバルの防弾性能が、映画だと気になってしまいました。などと、我ながら貧乏くさい文句をつけちゃいましたが、それは10点じゃない理由。もちろん、むちゃくちゃ面白かったです。
なたねさん [インターネット(邦画)] 9点(2022-06-23 17:07:15)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 8人
平均点数 7.62点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
7450.00%
8337.50%
9112.50%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS