神々の山嶺のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 カ行
 > 神々の山嶺の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

神々の山嶺

[カミガミノイタダキ]
The Summit of the Gods
(Le Sommet des Dieux)
2021年上映時間:94分
平均点:6.00 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
公開開始日(2022-07-08)
ドラマアドベンチャーアニメ小説の映画化漫画の映画化配信もの
新規登録(2022-07-20)【Dry-man】さん
タイトル情報更新(2022-07-21)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
堀内賢雄深町誠(日本語吹き替え版)
大塚明夫羽生丈二(日本語吹き替え版)
逢坂良太岸文太郎(日本語吹き替え版)
原作夢枕獏
配給東京テアトル
あらすじ
「登山家マロリーがエベレスト初登頂を成し遂げたかもしれない」といういまだ未解決の謎。その謎が解明されれば歴史が変わることになる。カメラマンの深町誠はネパールで、何年も前に消息を絶った孤高のクライマー・羽生丈二が、マロリーの遺品と思われるカメラを手に去っていく姿を目撃。深町は、羽生を見つけ出しマロリーの謎を突き止めようと、羽生の人生の軌跡を追い始める。やがて二人の運命は交差し、不可能とされる冬季エベレスト南西壁無酸素単独登頂に挑むこととなる。《公式サイトより》
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.原作未読、実写映画 鑑賞済み、アニメだし 何か違うものが観れるかと思い観てみた..結果は 何も変わらず..人物作画、背景は アニメとして 一級品!(顔は変だけどね 笑) しかしながら 物語の方は 唐突感 満載..今回も「高度順応」なし! アカンやろ~ 山をナメすぎ..終盤は 相変わらず 意味不明..作画レベルが高いだけに 残念...
コナンが一番さん [インターネット(吹替)] 3点(2023-02-25 12:57:17)
4.すげー、面白かった。山を登るのに特別な理由なんてないよな。俺も若ければ 8,000m級を狙ってみたいところだけど、4回の富士登山で高山病罹患率 100%だから多分無理だな。
センブリーヌさん [インターネット(吹替)] 7点(2023-02-01 14:14:55)
3.たまたま観ましたが面白かったです。登山の厳しさや、山に魅了される人たちが良く表現されていたと思います。どこかで聞いた山に登る理由が「そこに山があるから」という心境、こういうものかと思いました。
珈琲時間さん [インターネット(邦画)] 7点(2023-01-24 08:41:45)
2.《ネタバレ》  ミステリーかと思っていたけれどあのカメラとその中のフィルムはマクガフィンってコトね。別にアレはなんでもよくて。山を目指す動機というか理由というか言い訳的な。

 映画は姿を消した登山家を追うカメラマンの物語、時代が飛びまくるのでぼーっとしてると混乱しちゃうのだけれど(過去と現代、ではあるけれどその現代すらも今ここから見たらかなりの過去だわ)、エピソードの積み重ねによって深町と羽生の人となりが浮かび上がってくるのね。幾つもの流れを経て最後は2人のエベレスト登山(正確には単独無酸素登頂を目指す男とその姿を追うカメラマンという切り離された関係)に集約されて。その登山シーンは苦しさ辛さが伝わってきて見ていてシンドくて。そしてその先にある世界、2人を分かつ道がそれぞれの生き様を見せて。
 日本の描写がたっぷりで登場人物も多くが日本人なので国産アニメーションのようにも見えつつ、シンンプルな人物のタッチと精緻な山の描写がアチラな感じ(その人物と背景の関係、過酷な描写は『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』を思い出させたわ)でハイブリッド状態。昭和~平成の日本の描写が見事、だったのだけれどただ一点、カタカナのーは縦書きにした時にはーでなく|になるのよ、ってのは誰かアドバイスできなかったのかしら? 縦文字看板が軒並み横棒状態だったわね・・・

 映画を見ながら25年前に冬の日本アルプスで滑落死した元上司の事をずっと思い出していたわ。奥さんとまだ小学生だった息子さんと娘さんをのこして逝ってしまった常務。何故山に登るのか、アタシには理解できない世界だったし、今、この映画を見ても理解はできないけれど、そういう生があるんだ、っていうのは苦しさを伴って伝わってきたわ。

 日本の骨太な、男臭い題材をフランスが映像化するって、今の日本の萌えまくりアニメ業界じゃ映像化するのは無理?ってなハナシではなくて今はもう世界中の才能が国境の分け隔てなく創造してゆける時代になってきてるのねって思うわ。今は人も映像も音も簡単に繋がれる世界なのだから協力しあってより良いものができたらいいわね。傍観者が偉そうに何語ってるのよ、ってカンジだけど。ごめんなさい。
あにやん‍🌈さん [映画館(吹替)] 7点(2022-07-24 18:14:54)
1.《ネタバレ》 小説→漫画化→アニメ化の作品。
漫画は何度も読み返すほど好きな所謂、原作厨なので映画も期待して視聴した。

内容は悪くなかった。
この短い時間で納めるとなるとこれが最善手だろう。
ただ漫画版に比べると時間内に収めるために改編と省略が多く
観たかった好きなシーンや人物描写がほぼ無くなってしまっている。

ネット上のミームとして有名な食事シーンが省略されていたり
羽生は自分を救うために深町を助けたというのが分かりづらかったり
ヒロインの岸涼子がチョイ役ですこぶる不細工に描かれてるのも不満。
羽生が極限状態の中、助けられなかった岸の幻覚を見たシーン。
しかも山の映画なんだから景色をもっと美しく描いてほしかった。

漫画版作者の谷口ジローがいかに優れていたのかが分かる。
Dry-manさん [映画館(吹替)] 6点(2022-07-23 01:37:57)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
3120.00%
400.00%
500.00%
6120.00%
7360.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS