ラーゲリより愛を込めてのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ラ行
 > ラーゲリより愛を込めての口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

ラーゲリより愛を込めて

[ラーゲリヨリアイヲコメテ]
from Siberia with Love
2022年上映時間:134分
平均点:8.00 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
公開開始日(2022-12-09)
ドラマ戦争もの伝記もの小説の映画化
新規登録(2022-10-05)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2023-12-10)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督瀬々敬久
キャスト二宮和也(男優)山本幡男
北川景子(女優)山本モジミ
松坂桃李(男優)松田研三
中島健人(男優)新谷健雄
寺尾聰(男優)山本顕一
桐谷健太(男優)相沢光男
安田顕(男優)原幸彦
奥野瑛太(男優)鈴木信二
金井勇太(男優)高橋良太
中島歩(男優)竹下勝
佐久本宝(男優)西野浩
山時聡真(男優)後藤実
渡辺真起子(女優)坂口
三浦誠己(男優)佐々木
山中崇(男優)片山
朝加真由美(女優)松田静子
酒向芳(男優)玉田船長
市毛良枝(女優)山本マサト
原作辺見じゅん「収容所(ラーゲリ)から来た遺書」(文春文庫)
脚本林民夫
主題歌Mrs. GREEN APPLE「Soranji」
製作TBS(「ラーゲリより愛を込めて」製作委員会/製作幹事)
ジェイ・ストーム(「ラーゲリより愛を込めて」製作委員会)
東宝(「ラーゲリより愛を込めて」製作委員会)
TBSスパークル(「ラーゲリより愛を込めて」製作委員会/製作幹事)
毎日放送(「ラーゲリより愛を込めて」製作委員会)
毎日新聞社(「ラーゲリより愛を込めて」製作委員会)
読売新聞社(「ラーゲリより愛を込めて」製作委員会)
市川南〔製作〕(「ラーゲリより愛を込めて」製作委員会)
企画平野隆(企画プロデュース)
配給東宝
特撮小林正巳(操演)
美術磯見俊裕
大庭信正(装飾)
赤松陽構造(タイトルデザイン)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.犬のクロがスーパーかしこ!!!
ケンジさん [インターネット(邦画)] 7点(2024-05-06 11:18:54)
4.《ネタバレ》 自分勝手な評価基準で恐縮だが、邦画の新作で10点をつけたのは本作が初めて。
ロシア語が多少わかることで感情移入してしまったのもあるかもしれないが、どれだけ悲惨な状況であろうとも、自己の信念をまげずに「人間らしく」あろうとする山本の強さに、ただただ感動した。仲間が分担して「遺書を届けて」くれた事も、事前情報がないこともあり意外であった。

そしてこれは実話である。(犬のクロまで本当にいたらしい。)
故郷から遠く離れ、死んでいく山本には、一見なんの希望もないように見える。しかし、最後の力を振り絞って遺書をしたためた山本の意思、そして彼の生き方は、時代を超えてこのように多くの人に希望を与える結果となっている。

ところで、極限状態におかれる映画を見ると思うのだが、勇気とは、知恵が具わってこそ本領を発揮する。
敵兵に突撃し殺される蛮勇をこらえて、生きる道を探す知恵。しかし、仲間にパンを分け与え、自身が懲罰房に入ることを厭わない勇気の行動。(その結果、命を縮めてしまったのだが)生きるとは、単純なスローガンではなく、難しい判断を行いながら中道を行く、綱渡りのようなものか。「トゥルーノース」の母親といい、人類の英雄とはこのような人を指すのだと思う。
チェブ大王さん [ビデオ(邦画)] 10点(2024-01-28 12:02:27)
3.《ネタバレ》 御涙頂戴映画。素直に感動し素直に涙する事ができた。それでいい。
シベリア収容所の過酷感はイマイチ表わせていなかったかな。
ほとはらさん [DVD(邦画)] 8点(2023-09-05 13:53:01)
2.日本映画って長台詞が嫌いだったけど、今回は許す。
北川景子ってきれいなだけの女優だと思っていたけど、最後の号泣は泣かされた。
二宮和也、相変わらずいい演技力でした。
木村一号さん [CS・衛星(邦画)] 8点(2023-08-14 22:33:20)
1.もう眠い!眠いよ母さん…。
いや、俺って本当にバカだわ、マジで!

昨日の夜に映画を観てて寝れんようになり…「まぁ、眠くなったら寝るか…」と思ってたら、ツレから「映画を観に行きましょう!」と連絡がきた。

ああ、しまったー!
そういやコイツには、アバター:ウェイ・オブ・ウォーターに昨日行った事を教えてなかった。
でも「先に行ったよー?」つったら問題になりそうだし…仕方ない。
って事で、懲りずに行ってきました。

まず、アバター:ウェイ・オブ・ウォーターを「まだ観てなかった」テイで!
ああ~、マジでツラくなりそうな予感がアリアリだけど楽しみでもある。
まず、14時前に観たんだが…うん、やっぱり綺麗な画作り。

終わって、ツレの提案があった。
「なぁ、観る予定なら、ラーゲリも今日行こう!」と。
止せばいいのに、その時は「まだ眠くなかった」から快諾してしまった。

っつー訳で、アレ。

――ラーゲリより愛を込めて(2022年)

18時半から…急遽ダブルヘッダー開始!
いや、よくよく考えたら…行くのは良いんだが、眠くなりそうで若干怖い。
ほら?俺は映画を観てる時に寝ちゃうのは、(実は)そこまで嫌じゃないんだけど…「感動モノ」とか「推理モノ」に対しては余り宜しくない。

そして、予感は見事に的中!

ガァーッデム!シーット!バスター!サノバビーッチ!

決意論として、めっちゃ眠くなったけど…寝ないままで観終わる事が出来た。
結論から言うと「こうなるかな?」と思ってた内容ではなかったけど…感動はしたし(恥ずいけど)泣いてしまった。

俺的には、マジで俳優陣は頑張ってたと思う。
ただ「実話ベース」って縛りがあるにせよ、もう少し説得力のある構成にして欲しいな、と冒頭に想った。
まぁ、コレは書かないけど…皆ならどう思うのだろうか?

ただ、二宮和也君は俳優として良い味出してたねー。
日本人での「幸薄そうな青年」なら、今や第一人者じゃないの?
2006年に上映した「硫黄島からの手紙」も好演してたし。

中島健人君、松坂桃李君が頑張ってたね。
それと、特筆したいのは桐谷健太さんと、安田顕さん!
物語の重厚な感じを出すには、打って付けの俳優陣の2人だし…人間の心理が変化していく様が素晴らしいな、と思った。

あと、北川景子って急成長したねー。
美人さんのまま、こういう人情演技まで出来るようになったんだね。
これからが楽しみかも知れん、マジで!…マーズ(謎)で!

んで、ジャニーズらイケメンの俳優が多いせいか女子の客が多かった。
上映中も、劇場内ですすり泣く女子の声が。
そこに俺の泣き声が混じってなかったのは、ここに告げて置こうではないか。

いや、ツレも泣いてたけどな!
それもポップコーン食いながら!

さて、今年の映画館での鑑賞はこれで終わりかな…。

.
映画の奴隷さん [映画館(邦画)] 7点(2022-12-22 00:36:36)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 8.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
7240.00%
8240.00%
900.00%
10120.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 7.00点 Review1人
5 感泣評価 9.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS