聖闘士星矢 The Beginningのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 セ行
 > 聖闘士星矢 The Beginningの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

聖闘士星矢 The Beginning

[セイントセイヤザビギニング]
Knights of the Zodiac
2023年上映時間:114分
平均点:4.12 / 10(Review 8人) (点数分布表示)
公開開始日(2023-04-28)
アクションSFアドベンチャーファンタジー漫画の映画化
新規登録(2023-02-26)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2023-05-18)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
演出アンディ・チェン〔スタント〕(スタント・コーディネーター)
鍛治谷功(日本語吹き替え版)
キャスト新田真剣佑(男優)星矢
マディソン・アイズマン(女優)シエナ
ショーン・ビーン(男優)アルマン・キド
ファムケ・ヤンセン(女優)グラード
ニック・スタール(男優)カシオス
マーク・ダカスコス(男優)マイロック
新田真剣佑星矢(日本語吹き替え版)
潘めぐみシエナ(日本語吹き替え版)
磯部勉アルマン・キド(日本語吹き替え版)
井上喜久子グラード(日本語吹き替え版)
浪川大輔ネロ(日本語吹き替え版)
小松史法カシオス(日本語吹き替え版)
咲野俊介マイロック(日本語吹き替え版)
瀬戸麻沙美マリン(日本語吹き替え版)
原作車田正美
音楽池頼広
作詞P!NK「Courage」
作曲P!NK「Courage」
主題歌P!NK「Courage」
製作東映アニメーション
製作総指揮森下孝三
制作東映アニメーション(日本語吹き替え版)
ACクリエイト(日本語吹き替え版)
配給東映
日本語翻訳松崎広幸
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
8.《ネタバレ》 想像以上にやべー作品でした。誰も責任取る人が居ない丸投状態で製作されたんでしょうね。原作リスペクトは皆無で、とりあえず星矢とフェニックスだけ出してアクションシーンだけちゃんと撮れは後は適当でええやろって感じの作品。真面目にやってる主演の新田真剣佑がとにかくかわいそうでした。紫龍、氷河、瞬を出さないならせめて黄金聖闘士の1人でも出すべきでしょ。
映画大好きっ子さん [インターネット(吹替)] 3点(2024-06-10 08:09:57)
7.アニメや漫画の聖闘士星矢を見た事がないので何の予備知識もなしに鑑賞。
多分ファンだったらあれが違うとかこれが違うとかあるんだろうけど、
そういうのがないのもあって最後まで鑑賞できました。
ただ世界観が随分と壮大で、こういうのを一つの実写にするのは
なかなか難しいよなぁというのが正直なところ。
格闘シーンはそれなりの出来栄えでした。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2023-12-28 20:11:09)
6.うーん、これは聖闘士星矢ではないな。それなりに面白かったが、なんかCGは「キャシャーン」に通じるものを感じる。女神が変身?前のほうがかわいかった。
木村一号さん [インターネット(字幕)] 4点(2023-10-28 18:38:02)
5.《ネタバレ》 Twitter上ではやたらと高評価だった本作ですが、見てみると単純に駄作。
行ってることがホッカイロレンと被っちゃうんだけど、どこに80億円も製作費をかけたの?っていうくらいチープ感が酷い。話によると原作者がクロスのデザインについて、元々原作に寄せていたものを改変したらどうかという意見を言ったがために、CGで作り直しとなって、結果製作費は高騰し、見た目が変わりすぎたことで事前の評判が最悪という泥沼に。

序盤の地下闘技場の格闘シーンと、秘書のマーク・ダカスコスの格闘シーンが見ごたえがあって、クロスを装着した後の戦いが微妙なのはあまりにも「それってどうなの?」って感じである。クロス装着後の格闘シーンについてはDC映画のスーパーマン系でも思ったんだけど、あまりにも早すぎる急加速での激突バトルはなんかいまいち面白みに欠けるんだよなぁ。最後も不完全燃焼決着のままだし。
また、言葉でダラダラ説明するシーン、単調すぎて面白みのない修行シーン、アテナの弁当?を落とした後にマリンさんが崖からダイブした事の伏線?回収が無いなど、色々脚本に不満点がある。

話の展開がダラダラしすぎてて、アクションも尻すぼみに悪くなっていく。正直何が高評価なのか、僕はさっぱり理解ができませんでした。真面目にやっている分おもしろいツッコミどころが無くなってしまったので、楽しいツッコミができる分ドラゴンボールエボリューションの方が楽しかったです。
原作の設定を忠実に守っているという意見も見受けられたのですが、アテナの髪の色以外に原作リスペクトを感じる部分がありませんでしたね。この辺も僕には正直さっぱり理解ができませんでした。

ちなみに原作は漫画のみで、アニメは一切見ておりません。スピンオフ関連も見ておりません。話も「なんでブロンズセイント同士で戦ってたんだっけ?」ってぐらい、あんまり覚えていない、思い入れの少ない作品ではありましたが。なので、熱烈なファンからしたら「原作に忠実」と思える・・・のかなぁ?まじでよくわかんないや。

大赤字確定なのでまた漫画・アニメ原作の悲しき実写化が生まれてしまったという印象。
そういやエヴァンゲリオンのハリウッド実写化はどこいったんだよー?ルーシー・リューの綾波レイというあまりにもあんまりな噂話はどこいったんだよー?
みーちゃんさん [映画館(吹替)] 3点(2023-05-22 10:35:01)(良:1票)
4.聖闘士星矢については全く知識がない状態で見ましたが、設定というか作品のテーマがよくわからないまま映画が終わりました。初見の人間におススメできる作品ではないという点では良くない映画化だと思います。原作をハリウッド映画の鋳型に流し込んだだけの作品という感じです。冒頭の赤と緑の照明の地下闘技場とか具体的な作品名は思い出せないのに何十回も似たようなものを見せられた気がします。適度に会話にユーモアは入れときましょう、ここら辺で登場人物に共感できるシーンを入れときましょう。まあさすがにハリウッドが長年培ってきた王道作劇です、大して惹きつけられるものがなくとも飽きずに見られます。しかし別に面白いわけでもないです。マッケンユーの戦い方はダンスと揶揄され、男かと思ったと皮肉を言われるのはアジア人へのステレオタイプな認識という感じです。壮大な親子ゲンカはよく見るのですが夫婦ゲンカは珍しいパターンかもしれません。マッケンユーは顔にいくら打撃を受けても傷一つなく綺麗なままです。そこに唯一スタッフのこだわりのようなものは感じられましたが、ただレイティングの問題なだけな気もします。
Сакурай Тосиоさん [映画館(字幕)] 5点(2023-05-10 23:01:19)
3.《ネタバレ》 約半年ぶり2度目観賞。これはタイトルに「聖闘士星矢」の名を冠した格闘アクション。まずはペガサス星矢もどきにマッケンユー、何だかとっても細マッチョなオイラ。次にヒロインはアテナもどき、終盤に沙織ちゃんアタマになっちゃうアタシ。そのお母ちゃんにファムケ・ヤンセン。そして敵は背中をヒラヒラさせたフェニックス一輝もどき、なんで一輝と戦うねん。設定も中身もメチャクチャ。格闘アクションしては味があるけど、こんなの聖闘士星矢じゃないやい。何だか続編やりそうやけど、マジでダイジョブか。
獅子-平常心さん [映画館(字幕)] 6点(2023-05-06 00:31:24)
2.この映画の予告編で、新田真剣佑扮する聖矢が「あんたらイカれてんのか?」と「なんだこれは?」ってセリフを言うシーンを真っ先に抜き出してるのって作品に対する自虐なんでしょうか?
J.J.フォーラムさん [映画館(字幕)] 1点(2023-04-29 23:36:37)(笑:1票)
1. 
観る1時間前は、行くとは思わんかったんだが…つい行ってしまった。
いや、飯食ってたら「以前の仕事の資料」を、(急に)先方から求められたのが、多分切っ掛けだった。
んーで、資料を探してりゃ…あるわあるわ、過去に書いた指示書が。
想い出と当時に、創ってた時の気持ちが炸裂しちゃって、もう行くしかないな!って気持ちになった。
いや、単純だなぁー…チョロいぜ、俺は。

――聖闘士星矢/The Beginning(2013)

しかし懸念点が全く無い訳じゃない…つか、ぶっちゃけ懸念点だらけ。
いや、1994と2009年に作られた「ストリートファイター(&春麗)」や、2009年の「DRAGONBALL/EVOLUTION」とか…もう芳醇に香し過ぎて、時代に永遠にソッポを向かれていると言っても過言ではない…そんな逸品達との出会いが最高に恐ろしいんでヤンスよ!アニキぃ!

んで、ついに上映になる。
ヤッベぇ!あまり…いや、全然ワクワクしねぇ!なんだこの予感!

まぁ、東映のロゴが出た時に頭に過ったのは、2013年にCGで作らてた「キャプテンハーロック/SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK」だけど……実は、あの作品は嫌いではない。
ただ、ハーロックの場合に足りなかったのは「松本零士先生」の作家性の欠如かな?

結論から言うと、星矢もモロにそこだった。

作家性が全然足りないし、キャラの掘り下げだダメ過ぎた。
俺的には観てる時…過去から星矢に仕事で関わって脳裏に焼き付いた「星矢への想い」などを映画を観ながら掘り出してる感じだった…。
マジで車田正美っぽくも、荒木伸吾(&姫野美智)っぽくもない…まさに、鳥山明に似せてないドラゴンボール状態だな、こりゃ!

ただ、アレ。
結論から言うと「ダメな映画映画」ではなかったけど、人にはお勧めしないし…人によっては駄目だコリャ~!(Byいかりや長介)と、なるかも知れん。
ある意味、上記のCG「キャプテンハーロック/SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK」と同程度のクオリティーだと思う。

漫画も勿論、車田正美先生の作品を、ずーっと網羅してきた俺にとっては大好き以外ナニモノでもないが、(当時は観てなかったけど)アニメ版はある意味で「革命的な作品だった」と思ってる。
俺の好きだった星矢は…まさに少年の「友情、葛藤、闘い」だったし、絵にもそれが現れていた。
アニメ版のOPやEDなんかも偶に観る。
その勢いを存分に感じつて、いま観ても伝わると思うんだけど…製作者はちゃんと観たんかな?「新田真剣佑」は確かに(るろうに剣心でも)カッコ良かったけど、もう身体が完全に大人へと出来上がり過ぎてて華奢さゼロ!
ただ、アクションも上手だったし、映画としては現代風にアレンジしてるのも確りと伝わったけどね。

ただ、そのアレンジのせいで上で描いた「作家性が全く消えちゃってる」のが悲しかった…いや「聖闘士星矢」感は一体どーこーへー。
詰まるところ…「何の映画?」と観終わった後で考えてしまった。
けど、(大事な)星矢感は(置いちゃダメだけど)さて置くとして…映画としては「頑張ろう!」って意気込みは確りと伝わったし、冒頭の地下格闘シーンとかは(ヴァンダムやラングレンが好きだから)個人的には好きだね。

思えば…うん。
キャラコンテンツに関しては、もはや時代を問わずに過去作から人々に愛されてるターン。
好いも悪いも含め、SNSやら記録メディアやらで、過去作を観れる時代となりつつあると(個人的に)実感している。

故に、ユーザーも製作会社も、そして版権所持のメーカーも忘れてはならないと思う。

――何故、そのタイトルが受けていたのか?
――何故、そのタイトルの何処が支持を得ていたか?

あのキャラ、あのシーン、あのキャラ劇。
全てが歓喜と共にユーザーから愛され…
沢山の心をトキメカせたはずのコンテンツ。

なら、その笑顔を決して曇らせてはならない。

だったら作り手も、好きになるしかない。
ただ愛して、創り続けるしかない。

――コンテンツを曇らせるな!

俺は本気で、そう思うんだ…
過去からの自分の歴史を愛するように。

.
映画の奴隷さん [映画館(吹替)] 6点(2023-04-29 16:20:19)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 8人
平均点数 4.12点
000.00%
1112.50%
200.00%
3225.00%
4112.50%
5225.00%
6225.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.00点 Review1人
2 ストーリー評価 4.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 5.50点 Review2人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 4.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS