ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー VOLUME 3のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 カ行
 > ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー VOLUME 3の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー VOLUME 3

[ガーディアンズオブギャラクシーボリュームスリー]
Guardians of the Galaxy Vol. 3
2023年上映時間:150分
平均点:7.72 / 10(Review 18人) (点数分布表示)
公開開始日(2023-05-03)
公開終了日(2023-08-18)
アクションSFアドベンチャーシリーズもの漫画の映画化
新規登録(2023-03-15)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2024-01-27)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジェームズ・ガン
キャストクリス・プラット〔1979年生〕(男優)ピーター・クイル/スター・ロード
ゾーイ・サルダナ(女優)ガモーラ
デイヴ・バウティスタ(男優)ドラックス
カレン・ギラン(女優)ネビュラ
ポム・クレメンティエフ(女優)マンティス
ウィル・ポールター〔男優〕(男優)アダム・ウォーロック
エリザベス・デビッキ(女優)アイーシャ
シルヴェスター・スタローン(男優)スタカー・オゴルド
ヴィン・ディーゼルグルート
ブラッドリー・クーパーロケット
山寺宏一ピーター・クイル/スター・ロード(日本語吹き替え版)
朴璐美ガモーラ(日本語吹き替え版)
楠見尚己ドラックス(日本語吹き替え版)
秋元才加マンティス(日本語吹き替え版)
遠藤憲一グルート(日本語吹き替え版)
加藤浩次ロケット(日本語吹き替え版)
土田大クラグリン(日本語吹き替え版)
悠木碧コスモ(日本語吹き替え版)
武内駿輔アダム・ウォーロック(日本語吹き替え版)
中井和哉ハイ・エボリューショナリー(日本語吹き替え版)
佐々木功スタカー・オゴルド(日本語吹き替え版)
佐倉綾音ライラ(日本語吹き替え版)
宇山玲加フロア(日本語吹き替え版)
加藤亮夫マスター・カージャ(日本語吹き替え版)
かぬか光明ティーフ(日本語吹き替え版)
脚本ジェームズ・ガン
音楽ジョン・マーフィ〔音楽〕
撮影ヘンリー・ブラハム
製作ケヴィン・ファイギ
マーベル・スタジオ
製作総指揮ルイス・デスポジート
ヴィクトリア・アロンソ
配給ウォルト・ディズニー・ジャパン
衣装ジュディアナ・マコフスキー
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
18.《ネタバレ》 大団円。
続編要らないです。
本作で潔く終わって欲しい...って、MARVELじゃ無理か。
どうせ作るならマンティスが主役の作品を観たい。
たくわんさん [インターネット(字幕)] 8点(2023-08-09 10:58:38)
17.《ネタバレ》 いやー効くねー。色々詰め込んでお腹いっぱい。
一番注目していたのは木偶の棒でしたが、アクションで大活躍でした。 I am Groot. 以外の言葉を言った事もびっくり。

まとめ: ルッキズム問題
ほとはらさん [映画館(字幕)] 8点(2023-07-02 19:39:33)
16.《ネタバレ》 ★ほかのマーベルにはない軽いノリがいいんだけど、今回はちょっと重たい内容だった。 ★不満はいくつか・・・あれだけしつこく「おれはアライグマじゃねえ」と言い続けてたアライグマが結局アライグマだった。まあ設定観たらアライグマって書いてあったのでしょうがないけど。 ★ロケットのまだ可愛かった頃の過去話。ハイ・エボリューショナリーにハンパに改造された「ガラクタ」のような動物たちの姿はちょっと見るのが辛い。 ★さらに、カウンターアースって結局ただこいつの気まぐれで作られて気まぐれで破壊されただけですか?住人達善良そうだったのに・・・ひどくね?ほんとにこいつ有能な科学者なのか? ★重傷負ったロケットを助けるために仲間が奮闘のストーリーってのはいいけど、そのためロケットが現実世界でほぼ寝てただけになっちゃったこと。もう少し「いつものヤサグレキャラ」だけでない実はタダモノじゃない能力全開ってのやってほしかったなと。★あいにく洋楽には疎いので、まあ「虹を追い続けて」とか「子犬の~」とか「バッドランド」とか聴いたことあるな~くらいは。でもその音楽も含め、冒頭にも書いたようにほかのマーベルにはない軽いノリがいいんですよね。これで終わりなの?またやってほしいな、コラボじゃなく単独でね。
wagasiさん [映画館(字幕)] 7点(2023-05-30 22:02:27)
15.いまさらながら宇宙でのムリやり感満載。ズートピアが出た!
TERUさん [映画館(吹替)] 5点(2023-05-21 20:33:30)
14.とっても面白かったです。このシリーズはあまり好きではなく、マーベル映画は欠かさず見ているので、その流れで見たのですが、とてもうれしい驚きになりました。これまでの作品を見ていた方が楽しめるとは思いますが、見ていなくても十分に楽しめると思います。各キャラクターの個性を十分に活かした物語となっていました。
shoukanさん [映画館(字幕)] 8点(2023-05-19 23:40:05)
13.《ネタバレ》 実は前作はいまいち乗り切れなかったので、少し心配だった「Vol.3」。杞憂でした。ほぼすべてのキャラクターに見せ場を用意し、見たかったもの、聞きたかったものが詰め込まれたジェームス・ガン的大団円。お腹いっぱい、大満足の2時間半でした。

まず何よりも前作ではピンと来なかった選曲が今回は大ストライク。事前のサントラ禁止状態で臨んだら、まさかの1曲目はレディオヘッド! それも『Creep』!! そしてフレーミング・リップス、ビースティ・ボーイズと来て、決めの一曲はフローレンス・アンド・ザ・マシーン。そのあとおなじみのあの曲を挟んでの終幕はなんとなんとボス!ビッグボスじゃくて本物のボス! とくに『Creep』とフローレンス様の『Dog Days Are Over』はテーマにもしっかり絡んでて、尋常ではない精神状態でジェームズ・ガン的クリーチャーが織りなすドラマとアクションを堪能できました。

母の映画だった第1作、父の映画だった第2作と比べれば、本作は「ファミリー」の映画の趣き。「家族」を持てない/持たない/失ったキャラクターたちがつくり出す疑似共同体的な「ファミリー」の物語。「完璧」を求めた結果、誰も信じられず、誰も認められず、どんどん味方を失っていく敵キャラと対照的に、ガーディアンズの「ファミリー」はそれぞれの「ありのまま」を認めてどんどん大きくなっていく。その行く末はあまりに聖書っぽくもあり、ユートピア的で少し心配にもなるのですが、自らの失言で一度は監督の座を追われたジェームズ・ガン監督だからこそ、「完璧」に到らないすべての「Creepy」なクリーチャーたちを、それぞれの哀しみと傷を持った存在としてまるごと抱きしめるというメッセージがぐさりと胸に刺さりました。

唯一残念だったのは、まだ公開2週だというのに、シネコンの大スクリーンは車がふっとぶやつやニンテンドーのやつに持っていかれて、1日2回の小スクリーンのみの縮小上映だったこと(早く行けなかった私も悪いのですが)。なぜ、どうして? こんなスゴい楽しい映画なのにー。マーベルにもディズニーにも飽きちゃった人、どうせディズニー・プラスでみるからっていう人、マーベル関係ないし前作・前々作見てなくても楽しめちゃうから、映画館で見てー。お願い。
ころりさんさん [映画館(字幕)] 9点(2023-05-19 16:03:18)
12.《ネタバレ》 約3か月ぶり2度目観賞。シリーズ第3弾、最終章。今作もバトルに加えてクチの悪さが舌好調。だけど、中身は相変わらずすっからかん。我らがクリスくん、終盤でひでぶ面に。イケメンが台無しだべや。「アイムグルード」以外のコトを呟いたボクネンジン。アオイ頭のハゲ女、触角女、緑のピッコロ女…気色悪くて魅力を感じない女性陣。このシリーズは合わねえと思いながらも最後まで観たが、全て無駄だったようだ。駄作。
獅子-平常心さん [映画館(字幕)] 5点(2023-05-14 03:12:24)
11.銀河の果てにゴミ屑のように捨てられたアウトローたちが、三度宇宙の危機を救うため“最後”の戦いに挑む。
2014年の“Vol.1”公開時は、スーパーヒーロー不在のこの寄せ集めチームが、MCUの中でこんなにも愛すべき存在になるとは思いもよらなかった。
だが、この愛すべき馬鹿者たちは、シリーズを重ねるほどにその愛着を深め、70~80年代のヒットチューンをガンガンに響かせながら、ノリと歪な絆でその存在感を唯一無二のものにしてきた。

そんな彼らの文字通り銀河を股に掛けた冒険も、ついに今作で終着を迎えた。
もっとシリーズ化を続けてほしいのはやまやまだし、それが可能な世界観ではあるのだけれど、もはや致し方あるまい。
この映画世界の紛れもない“創造者”であるジェームズ・ガンが、MCUからDCへ去ってしまうのだから。
何のしがらみもない無責任な映画ファンの一人としては、MCUで「ガーディアンズ~」の続編を作り続けて、DCで「スーサイド・スクワッド」の続編を作り続けてもいいじゃん!と思ってしまうが、そういうわけにもいかんだろう。
ここは、ジェームズ・ガンをクリエイティブのトップに招き入れたDCコミックスの英断を褒めるしかない。

“創造者”による最後の作品だけあって、本作には、ジェームズ・ガン本人の人生観が如実に表れていた。
過去の失敗により、一度は業界から「追放」を余儀なくされ、新進気鋭の絶頂から叩き落された。
まさにそれは、母親の死の直後に宇宙の荒くれ者たちに攫われたピーター・クイルしかり、非道な改造を施されたロケットやネビュラしかり、家族を虐殺されたガモーラやドラックスらしかり、彼らが絶望の淵で、必死に“生”にしがみついた様に重なってくる。

“クソガーディアンズ”の面々と同様に、ジェームズ・ガンもまたどん底から仲間たち(=世界中の映画ファン)から引き上げられ、「再戦」の機会を得られたという事実が、本作の展開を更に胸熱なものにしていることは間違いない。

そして、その経緯を彷彿とさせる台詞を、ガン監督のカムバックを真っ先に先導したデイヴ・バウティスタ演じるドラックスが発することが益々感慨深い。
敵キャラのアダム・ウォーロックに向けた「やり直せばいい」という台詞は、バウティスタがガン監督に向けた思いそのままだったろうし、圧倒的強者ではあるが幼く愚かしいアダムのキャラクター造形そのものが、ガン監督による自己投影だったに違いない。

シリーズ全編通して、ブラックジョーク満載の悪ノリを交えつつ、サイケで破天荒な本作の世界観やキャラクターたちが、世界中の映画ファンに愛されたのは、その根幹に普遍的であまりに真っ当な人間のドラマが存在し、グルートの枝葉のように優しく、力強く張り巡らされていたからだろう。

ジェームズ・ガンが離れる以上、シリーズの続編はもう製作されるべきではない。
でも、映画自体は生まれなくとも、“クソガーディアンズ”の冒険はこれからも、宇宙の果てのどこかで続いていく。
それを想像するだけで、僕たちはずっと楽しい。
鉄腕麗人さん [映画館(字幕)] 8点(2023-05-12 23:33:16)
10.素晴らしい音楽に包まれ、至福のひと時でした。
楽しかった、感動した。
そんな訳で、サントラCD買っちゃいました。
今ガンガン聞きながら、レビュー書いています。
もう最高~♪

ロケット大好きな私。
そんな風に育ったんだね。
友達も出来て生きていこうとしたんだね。
うんうん、分かる分かる。
ロケットをギューッと抱きしめたい気持ちになった。

個性的すぎるガーディアンズの結束は強靭で。
そんな中でもセリフの掛け合いで笑わせてくれる。
マジな時でもジョークは必需品。
このシリーズでは笑った人が勝ち。

展開いろいろで分からなかったところはシリーズ観なおし、さらに楽しみたい。
サントラで覚えた歌を一緒に歌いながら、いつか観るぞ。
たんぽぽさん [映画館(字幕)] 9点(2023-05-12 11:34:28)(良:1票)
9.1作目のダンスバトルのバカバカしさが大好きな人間なんで、本作の「感動超大作」と言うのが「ちょっと違うんじゃないの?」と言う不安が拭えなかったけど、ともあれ見に行きました。見た結果、違うと言う事はなく微妙に合っていました。微妙にですが。
何というか過去の不適切ツイートでディズニーを解雇されたジェームズ・ガンが、出演陣らの復帰署名で無事復帰を果たし「昔の私は間違ってました。生まれ変わった私を見てください」と言う長大な反省文を見せられている感じがしました。そう、バカバカしくて笑えるシーンは全く無かったのですよ。反省文だからね。
出来は悪くないと言うよりもむしろ良く出来てたと思うので7点は献上します。
ぴのづかさん [映画館(字幕)] 7点(2023-05-08 16:37:10)(良:1票)
8.《ネタバレ》 気になっていたガーディアンズのその後の活躍が観れて嬉しかったですね。
特に小枝くんがマッシブな巨大ロボのように成長していて、動くたびに笑ってしまうのでストーリーが頭に入ってこなくて困りました。
最後のバトルのあたりで少し疲れてしまったんですけど、つまりゲップが出るくらいのサービス満点映画ってことです。
4吉さん [映画館(字幕)] 9点(2023-05-06 23:32:09)(良:1票)
7.《ネタバレ》  三作目にして、まさかのエモーショナル! 三作目だからこそ、このエモーショナル! このストーリーが一作目だったら、ディズニーだなぁと思ってしまうかも知れないだが、これまでの悪童ロケットを見てきたからこその感動、そして終盤の乱闘とヴィランとの決闘のカタルシス!
 今回のヴィランも良い。宇宙を完璧にしようという狂気、執念、そして愛。自分の顔をあんなにされても、私怨にブレることなく、ロケットの知性を求める。だからこそロケットも最後は復讐の刃を収める。それでこそ銀河の守護者。倒すこと、殺すこと、復讐(アベンジ)が目的ではなく、あくまでも銀河の生命を守る者たち。
 その意志がスター・ロードからロケットに継承され、ガーディアンズは大団円を迎える。これで終わりは惜しい、淋しい。
 ちょっと笑ってしまった聖書のモチーフは余計に感じたが、ほぼ満点でした。
ノンさん [映画館(字幕)] 9点(2023-05-06 19:09:18)
6.映画愛と音楽への愛が感じられますね、拾え切れていない小ネタもまだまだありそうで、これは一回では物足りないですが、前2作も相当素晴らしかったので、期待以上というのはなかなか難しいところ。でもあっという間でしたからやはり引き付ける力は絶大。ノスタルジックもあり、壮大なSFもあって、ノリがよくって、くすっと笑えたり、笑えなかったり、まあ、じっくりもう一度みたいですね。ラストのナンバーはやっぱこれでしょ♪
ありがとうございました。
HRM36さん [映画館(字幕)] 7点(2023-05-05 11:26:25)
5.《ネタバレ》  
今日は、ネタバレを聞きたくないの映画に行ってきた。

シリーズ通して「安定の出来」を誇ってて、俺自身もこの映画のシリーズは好きだったりする。

――ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー/VOLUME3(2023)

映画を観る前にDisney映画の予告編。
恐らくは「ピノキオ」と「ピーター・パン&ウェンディ」…共に実写映画、そして映画の予告でも「リトル・マーメイド(2023年)」でも、人種の入れ替えがあって…少しばかり「おや?」と思った。
普段なら若干の違和感を得る程度だっただろうが、立て続けに3つも観てしまうと、大きな輪になって脳裏に残ってしまった。
まぁ、今の「スパイダーマン:ホームカミング~以降(2017~2021)」でも、MJの人種が変化したが、演技力や本人の頑張りも有って…今では概ね受け入れられているのも頭に入れおく。
けど、それを前提で……何だろう?この胸で渦巻く違和感は?

気になる「問題(懸念)点」は――この2つ。

■コンプライアンス(コンプラ)■
■ポリティカル・コレクトネス(ポリコレ)■

まぁ、作家さん達の問題とか、役者さん達の在り方とか、ユーザーの位置なんかは、敢えて此処ではスルーする。
そこがネックになると、映画とはまた違ってきて、上のステージの根本的な問題となると思うからだ。
尚、ファンの論争については一切問題はないと俺個人は思う…言い方を変えれば、その論争も”ファン間の楽しみ”の一環だと考えるからだ。
まぁ、代案の無いままクリエイターを気取られたり、批判の足並みが揃って無くとも…それも一種の愉しみだろう。
取り敢えず、個々に判断の基準ではあるだろうけど、そこまで止めるのは無理だろうし、問題としては(今のところは)小さいと思う。

一体どうなるんだろうね?この違和感は…将来的に。
クリエイターでやってる人…特に情熱を込めていると相当に面倒だろうなーとは察しがつく。
ただ、アレだ。

それら困難はクリエイターでやってるなら、版元やメーカーから…ドンドン落下してきて、否が応でも受けねばならない状況はズーッとあった。
時に理不尽、時に面倒であったとしても「クリアしなきゃ出せない」のなら、やるしかないのが俺達の道だ。
色んな困難の中でも、クリエイターは「未来に繋ぐ道」を考えつつも、まずは「生き残るために頑張り続ける」だけなのだ。

と…以上の事を考えつつ、だ。
待望の「VOLUME3」の上映が始まった。
とは言え、上記の「コンプラ&ポリコレ」について、ずーっと考えてたんで、劇中の人種(つか、星人?)のミックス具合が果てしなく心地いい。

ああぁぁ―――――――っ!!
ネタバレは書けない!書かない!書いて堪るものですか!
これは是非是非、時間を作って観て欲しいと思う!
日本人が好きなモノ、色々と集まってて超賢い(ズルイとも言う)要素ばっかり!

結論から言うと、アレだ。
やっぱりジェームズ・ガンは好きな監督だなぁー…マジで。
作風は、「人間の友愛」に触れつつも「人間の不快感なモノ」も確りと分かってる作家だな、と思う……その上で、その両方を毎回毎回、丁寧に見せてくれるのが流石だ。
作品的には脚本をしていた「ドーン・オブ・ザ・デッド(2004年)」とか「スーパー!(2010年)」辺りから超注目してたんだが…毎回「胸糞悪いシーン」とかで痛烈なインパクトを残して、俺の心に刷り込まれてきた。

ともあれ、人によって好き嫌いはあるかも知れないが…俺は凄く心が躍った作品だった。
前回の「ザ・スーサイド・スクワッド“極”悪党、集結(2021)」も、色んな穴はあるにせよ…「人の観せ方の上手さ」とか、ジェームズ・ガンらしい作品として…言わば「好きな映画」として加えて置きたい逸品だった。

作品の今後についても敢えて書くのを辞めよう。
ただ、胸に刻まれた度合いが…今回は、マジで半端ない。

いや、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」は勿論、シリーズ通して素晴らしい。
ただ、それよりも…ジェームズ・ガンの監督っぷりが最高だったね…本当に。
いや、MARVELもDCも最高だ!

今後も…うん。
その弾けっぷりを刮目して観る!

     *

     *

     *

それと…
30年以上も待ってたキャラ。
色々想い出して泣きそうになったわ。

.
映画の奴隷さん [映画館(字幕)] 9点(2023-05-05 01:34:39)(良:1票)
4.前作のこともエンドゲームのこともぼんやりとしか覚えてませんが無問題。
これで終わりかと思うとラストは少し寂しいような。
何箇所かで泣いてしまったのでこの点数。
Kの紅茶さん [映画館(字幕)] 8点(2023-05-04 22:37:43)
3.《ネタバレ》 MCUは映画のみ追っていて原作も読んでおらず配信ドラマも一切見ておりません。 今回はロケットの物語といってもいいくらいで、初期の設定はアライグマと言われるとキレる元人間だったと思いましたが、直球の改造アライグマにしたのは正解だった気がします。幼少時のつぶらな瞳の弱々しいロケットが見る狂気の科学者ハイ・エボリューショナリーによるジェームズ・ガンの悪趣味が出たような雑改造の実験動物たちは悲哀に満ち満ちていましたし、自由を夢見ている彼女たちとの交流はかなり胸に来た方も多かったのではないでしょうか。アッチの世界に逝きかけたロケットを迎えに来たようで返すシーンは三途の川のやり取りのようでベタでしたがとても良かったです。 恋人を失った痛手から立ち直れないクイル、見かけは一緒だがタイムスリップしてきただけでメンバーとの記憶のないガモーラ、兄妹のような父娘のような息ぴったりのドラックスとマンティス、仲間思いですっかり人間的になり社長のナノテクも継承したかのようだったネビュラ、なんでもアリなグルート。メンバー全員がお互いの持ち味を発揮しつつヨンドゥも出して脇役ともども見せ場があり、各々にしっかりと新たな道が描かれているのでガーディアンズのファンは満足だったんじゃないでしょうか。エンドロールで『Come and Get Your Love』が流れシリーズの写真の数々が出ましたがとても感慨深かったです。ただまあ、ロケットとグルートの友情が育まれた過程が無いのが残念だったし、やっと登場した新キャラのウォーロックは見た目は既視感バリバリだし描写が甘いしで存在感もあまりなく中途半端だったかな。 ガンはDCで要職についたのでこれでMCUは離脱ですが我が子のような『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』をキッチリ仕上げて集大成だったなという印象。情熱とセンスがある人が監督で良かったですね。設定がブレブレでアイデンティティをも失われたソーが改めて不憫になりましたわ。
ロカホリさん [映画館(字幕)] 8点(2023-05-04 20:01:37)
2.《ネタバレ》 ピーター以外には、日本人の感覚ではカッコいいヒーローもかわいいヒロインもおらず、どちらかというとちょっと汚らしい見た目のガーディアンズ。でも、彼ら彼女らを長く見てきて、みんなとっても愛着のあるキャラクターとなりました。
なかでもロケットは一番好きなキャラクターです。その彼の誕生の秘密が明かされる本作。幼い頃の彼の3人の友人との友情と悲劇のストーリーに、涙が止まりませんでした。
ここまでロケットにフォーカスしたのなら、最後に彼にもう少し見せ場を作ってあげても良いのに、と思いましたけどね。
ネビュラも良いですね。彼女を主人公にしたスピンオフ作ってくれたら観に行くのに!
Northwoodさん [映画館(字幕)] 7点(2023-05-04 19:25:58)
1.《ネタバレ》 MCU単体作品の中でもダントツに安定した水準を保ち続けているシリーズ。今回もまた、ご多分に漏れず非常に出来の良い内容だった。

まず物語の「起承転結」にあたる「起」のところだが、前作で恨みを買ったソヴリンの女王アイーシャが、人口ポッドで生み出した息子アダムにガーディアンズ襲撃を決行させたところからはじまるわけだが、この「起」が後に「転」のところにうまく繋がってくるんですよね。本当に憎たらしいくらいに良く練られた脚本です。そしてこの襲撃で負傷したロケットを助けるのが本作のメインストーリーとして動き出すわけです。全くもって無理がない展開。

そして「承」では過去から来て行方不明だったガモーラがなんと!ラヴェジャーズの一員として登場するというサプライズ。やってくれますね~。さらに、何やら怪しい研究をしている惑星が登場するんだけれども、これがまたオリジナリティに溢れていて、ガーディアンズの世界観を見事に表現している。エゴの惑星もなかなかだったけど、こちらも負けず劣らずに気色悪い惑星です(笑)

「起承」の流れの中でロケットの過去が徐々に明らかになってゆくわけだが、多くの人は科学者に改造されたアライグマ、ていうくらいの認識はあるわけで、案の定そういったものを見せられていくんですね。でも、単に改造されるだけでなくそこにはロケットというキャラの内面がしっかりと描き込まれているから、彼のバックボーンや心情を知ることで、この物語が単なるエンタメアクション映画に留まらない、レベルの高い作品に昇華せれていることを感じられるんです。なんか良いものを観た、て。

でクライマックスの「転」でアダムが死にかけのクイルを助けたり、そのアダムの母、アイーシャが死んだり、マンティスが宇宙怪獣アビリスクを手懐けたり、ロケットを作り出したマッドサイエンティスト、ハイ・エボリューショナリーとロケットの対決でロケットのIQが上回り、さらに仲間の助けで勝利する流れはお見事。さんざん独りよがりで最終的に味方がいなくなってしまったハイ・エボリューショナリーと違ってロケットには仲間がいたんだっていう、ガーディアンズらしさがここにドッカーンと現れていて最高にクールです。

今作のラスボスであるハイ・エボリューショナリーはまあマッドなだけでただの科学者ですから、あの重力パワーさえなんとかしちゃえば全然楽勝の相手なわけで物足りないかと普通ならなるのだけど、本作のメインは決して強敵を倒すのが目的ではないので、物足りなさなんて感じなかった。


そして「結」クイルとマンティスの脱退。ロケットの新リーダー就任。アダムと助けられた女の子となんだかよくわからないペットの新加入。新ガーディアンズ誕生っていう運びにはビックリ。クイルが抜けたのが1番ビックリだったけど。でもそのクイル、なにやらまだMCUに登場しそうな終わり方でしたね。ふふふ...。

とにかくここ最近のMCU作品の中でも非常にバランスのとれた素晴らしい作品でした。各キャラの見せ場やキャラ同士による相乗効果や化学反応も、文句のつけようがないほど仕上がっていた。

あ!それと地球をモデルにして作った惑星と住人たちを、失敗、という件はサラリと流すにはめっちゃすげぇ風刺でっせ、監督さん(笑)
Dream kerokeroさん [映画館(字幕)] 8点(2023-05-03 16:13:18)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 18人
平均点数 7.72点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5211.11%
600.00%
7422.22%
8738.89%
9527.78%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.25点 Review4人
3 鑑賞後の後味 7.75点 Review4人
4 音楽評価 8.00点 Review3人
5 感泣評価 8.33点 Review3人
chart

【アカデミー賞 情報】

2023年 96回
視覚効果賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS