ガールズ&パンツァー 最終章 第4話のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 カ行
 > ガールズ&パンツァー 最終章 第4話の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

ガールズ&パンツァー 最終章 第4話

[ガールズアンドパンツァーサイシュウショウダイヨンワ]
GIRLS and PANZER das FINALE
2023年上映時間:54分
平均点:6.33 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
公開開始日(2023-10-06)
アクションSFコメディ戦争ものアニメシリーズものスポーツものスポコンもの青春もの学園ものTVの映画化
新規登録(2023-04-09)【Cinecdocke】さん
タイトル情報更新(2023-10-15)【Cinecdocke】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督水島努
渕上舞〔声優〕西住みほ〔県立大洗女子学園あんこうチーム〕
茅野愛衣武部沙織〔県立大洗女子学園あんこうチーム〕/タミ〔継続高校〕
福圓美里角谷杏〔県立大洗女子学園カメさんチーム(生徒会チーム)〕
植田佳奈河嶋桃〔県立大洗女子学園カメさんチーム(生徒会チーム)〕
菊地美香磯辺典子〔県立大洗女子学園アヒルさんチーム(バレー部チーム)〕
山本希望ナカジマ〔県立大洗女子学園レオポンさんチーム(自動車部チーム)〕
喜多村英梨ダージリン〔聖グロリアーナ女学院〕/ツチヤ〔県立大洗女子学園レオポンさんチーム(自動車部チーム)〕
生天目仁美逸見エリカ〔黒森峰(くろもりみね)女学園〕
能登麻美子ミカ〔継続高校〕
下地紫野アキ〔継続高校〕
川澄綾子ケイ〔サンダース大学付属高校〕
伊瀬茉莉也ナオミ〔サンダース大学付属高校〕
平野綾アリサ〔サンダース大学付属高校〕
瀬戸麻沙美西絹代〔知波単学園〕
早見沙織カルパッチョ〔アンツィオ高校〕
金元寿子カチューシャ〔プラウダ高校〕/ホシノ〔県立大洗女子学園レオポンさんチーム(自動車部チーム)〕
上坂すみれノンナ〔プラウダ高校〕/ぴよたん〔県立大洗女子学園アリクイさんチーム(ネット戦車ゲームチーム)〕
竹達彩奈島田愛里寿〔大学選抜チーム〕
椎名へきる蝶野亜美〔陸上自衛隊〕
脚本吉田玲子
音楽浜口史郎
製作バンダイビジュアル(GIRLS und PANZER Film Projekt)
博報堂DYメディアパートナーズ(GIRLS und PANZER Film Projekt)
博報堂DYミュージック&ピクチャーズ(GIRLS und PANZER Film Projekt)
配給ショウゲート
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.ものすごく大好きなシリーズで、自分がガルパンおじさん、いやあガルパンお爺さんwと言われることに何のためらいもない。
本当に、世界観や一人一人のキャラに愛着を持った作品です。今回は着飾って恥じらう福田最高でしたねw

でも敢えて言わせてもらいます。
こんなの戦車戦じゃない。しいて言えば、「戦車プロレス」
目まぐるしく機動を重ね、至近距離で一発。
テレビ版の第一回から、こういう要素があったことは否定しませんが、いつの間にかこれがメインに。
従来は、もう少し砲の威力と、敵戦車の装甲に考察があったような。(例えば、対マウスの狙いすました一発とか)

色々な層からなるガルパンおじさんですが、最終章の描写にはちょっと戦ヲタはひくのでは
rhforeverさん [映画館(邦画)] 6点(2023-11-04 21:24:18)
2.《ネタバレ》 次回で遂に完結か。前作から1年もたってしまうと細かい経緯や筋を忘れてしまうなあ。雪の斜面を滑り落ちながら戦ったり過去の作品に比べて更にスピード感があり、継続高校の戦車がソ連、ドイツ混合なのでどっちがどっちやらわかりにくい。「大脱走」の話が唐突に出てきたりするがそのあたりはお約束。
クリプトポネさん [映画館(邦画)] 5点(2023-10-18 23:39:53)
1.《ネタバレ》 主戦力のあんこうチームが序盤で脱落し、残されたチームの運命を描いた第4話。
テレビアニメ第1話では全くの戦車道未経験者が、培われたノウハウと経験を総動員する。

54分の上映時間のうち、9割近くがアクションシーンのつるべ打ちでほとんどアトラクションの様相になっている。
あまりに目まぐるしく展開し、状況が分からなくなるくらいの情報量の多さと、
雪原を得意とする不敵な継続高校のBGMにいつ負けてもおかしくない緊張感があった。
後半の聖グロリアーナ対黒森峰の間に挟まれるサウナシーンを除くとずっとアクションシーン。
そりゃ製作に時間がかかるよね…

後半はもちろん聖グロリアーナが勝つのは予想通り。
それも島田愛里寿という大きな切り札を手にして。
エキシビジョンとは言え二度勝てなかった聖グロと劇場版で対決した愛里寿との、
二重の因縁を抱えるみほは如何に挑むのかで映画は終わる。

2年後に公開されるだろう第5話は、第4話では描けなかった、決勝戦前夜のドラマを入念に描くことを期待したい。
Cinecdockeさん [映画館(邦画)] 8点(2023-10-06 21:41:40)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 6.33点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5133.33%
6133.33%
700.00%
8133.33%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS