フォー・ウェディングのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > フォー・ウェディング
 > (レビュー・クチコミ)

フォー・ウェディング

[フォーウェディング]
Four Weddings and a Funeral
1994年【英】 上映時間:118分
平均点:5.77 / 10(Review 74人) (点数分布表示)
公開開始日(1994-10-08)
ドラマラブストーリーコメディロマンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-06-27)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マイク・ニューウェル
キャストヒュー・グラント(男優)チャールズ
アンディ・マクダウェル(女優)キャリー
クリスティン・スコット・トーマス(女優)フィオナ
サイモン・キャロウ(男優)ガレス
ジョン・ハナー(男優)マシュー
ローワン・アトキンソン(男優)
ジェレミー・ケンプ(男優)
デヴィッド・ヘイグ(男優)
シャーロット・コールマン(女優)スカーレット
アンナ・チャンセラー(女優)
コリン・レッドグレーヴ(男優)
ダンカン・ケンワーシー(男優)(ノンクレジット)
井上倫宏チャールズ(日本語吹替)
山崎美貴キャリー(日本語吹替)
宝亀克寿ギャレス(日本語吹替)
脚本リチャード・カーティス
音楽リチャード・ロドニー・ベネット
挿入曲エルトン・ジョン"Chapel Of Love""But Not For Me"
撮影マイケル・コールター
製作ダンカン・ケンワーシー
ワーキング・タイトル・フィルムズ
製作総指揮エリック・フェルナー
リチャード・カーティス(共同製作総指揮)
ティム・ビーヴァン
配給東宝東和
美術マギー・グレイ(プロダクション・デザイン)
アンナ・ピノック(セット装飾)
衣装リンディ・ヘミング
字幕翻訳細川直子
あらすじ
結婚をしたくはないが、結婚に縁遠いまま30を超えてしまったウィリアムは、毎週のように続く友人の結婚式に出席するうちに「真実の愛」を誓える人と結婚したいという思いを強く持ちはじめる。そんなとき、同じ結婚式に参列していたアメリカ女性キャリーに一目惚れしてしまう。自然と目は彼女を追うが、気になりながらも誘いの言葉をかけられないウィリアムだったが、幸いにもキャリーのほうから「今夜はどこに泊まるの?」と声をかけられた。さっそく同じところに。自然と同室に泊まったのだが、翌朝キャリーに結婚を切り出されて……。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
74.《ネタバレ》 あーびっくりした。ウェディングにうっとりするロマコメなんかじゃなかった。こりゃイギリス一流のブラックジョークなのだね。だけども、「あー、あるある。わかるなー」と膝を打つ共感性が無いと成り立たないんじゃないのかなブラックジョークてのは。「貞操観念」というものがあるわが国においてはキャリーという女性は文化差異の喫水線を超えちゃってる。ちっとも笑えん。寝た男の数を「ダイアナ以上マドンナ以下」つってるけど、マドンナに失礼になんないのか。お前さん知ってんのか。
キャリーに共感は全然無理だが、H・グラントにはできる、というわけでもない。でもこの人は毎度毎度こういう優柔不断不誠実キャラを何作もこなしているので、今作も水の如くなじんでいるのだった。怖いぐらいぴったりだ。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-09-24 23:33:17)
73.《ネタバレ》 ○話も主人公も魅力がないな。ヒュー・グラントはもっとライトなラブコメの主人公じゃないと。○マルコム・マクドウェルは何とも言えない色気と可愛さがあり、これは惚れても仕方ない。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2014-06-02 22:20:46)
72.《ネタバレ》 ヒュー・グラントが笑ってしまうほどダメ人間で笑った。全てに対して受け身で誰かしらの提示した条件を選択し続ける。最終的には似たような周りを振り回す女性と結婚するというなんつーか納得もできる映画でした。毎回結婚式や葬儀で顔合わせすぎな事に疑問を一言くらい言えばいいのに。違和感。公開当時すげー映画のミュージック・ビデオをよく見たが人気の理由がわからん。当時見たらラブコメ全否定人間になったと思う。歳取ってから見てよかった。
reitengoさん [DVD(字幕)] 4点(2013-06-30 22:05:53)
71.ラブコメというジャンルは基本的に主役の男女が結ばれてハッピーエンドであってほしいし、その結末が冒頭からミエミエでも構いません。しかし本作も結末は冒頭の結婚式で予測はつくものの、終盤の展開からあのハッピーエンド?を見せられても共感できませんでした。それなりに笑える箇所はありましたが・・・。
とらやさん [DVD(字幕)] 2点(2012-04-15 00:11:52)
70.《ネタバレ》 原題は「4つの結婚式と1つの葬式」と、せっかく興味を引くようになってるんだけど。とにかく労働の匂いが全然しないのに、リアリティが出るのはイギリスの風土のすごさ。「ハレ」の場の話だけで、一本の映画が成立しちゃう。人間関係の描きかた、とりわけ前半のうまさはじっくり堪能。仲間うちのいい感じに満ちた。だから下手すると退嬰的になってしまう話なんだが、どこか溺れていない・距離を保っているのが、英国映画の紳士ぶりなとこ。ラストの稲妻の一閃は、恋を語るのか、不安を語るのか。面白かったんだけど、ヒロインのアンディ・マクダウェルって、あんまり喜劇向きじゃないのよね。どこか神経症的なところがあって。あるいはイギリス人から見たアメリカ女性って、こういう感じなのだろうか。ずっと黒を着てたフィオナは、オレンジを着、ラストでとんでもない人と結ばれる。こういうギャグ、日本じゃできない(単にやろうとしないだけか)のが悲しい。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 7点(2010-08-18 09:52:59)
69.うわ、なに、この映画。タイトルをそのまま映像にしただけじゃん。人物は薄っぺらだし、起伏もない。どこで笑うのって感じ。2時間無駄にした。
satoshiさん [地上波(字幕)] 0点(2009-12-01 13:01:09)
68.《ネタバレ》  メインの男女二人をどう理解すればいいのでしょうか?一番可哀そうなのが、チャールズに告白したフィオナ。最後は、そっぽ向いたチャールズ皇太子とスナップ写真でくっつけられているんだから。これで笑うイギリス人の感性を疑います。
 おめでたい「クソ煮込みうどん」映画です。
クロエさん [DVD(字幕)] 1点(2009-07-30 18:08:32)
67.《ネタバレ》 自分が苦手とするアンディマクダウェル。それを差し引いてもこの話はいただけない。
そもそも最初からくっつけるつもりで作ったのかも疑わしい。それぐらい最後はとってつけた様なハッピーエンドだった。主人公の選択で言えば自分ならフィオナと結婚する。妥当・逃げと言われても関係ない。あれだけ長い間想われて気持ちを告げられた。気持ちに応えて彼女を幸せにするのも愛の形。と、『101回目のプロポーズ』のファンである自分は思います。
オニール大佐さん [DVD(字幕)] 3点(2009-02-11 20:20:12)
66.なんとも予定調和なラストがいただけない。キャラクターが好きだっただけに、もう少しですね。アンディ・マクダウェルが魅力的に感じなかったのもありますね。ほかの作品では好きなんですけど…。
色鉛筆さん [DVD(字幕)] 6点(2008-12-08 07:29:21)
65.R・カーティス独特の笑いのセンスは、とても好きなんです。ただ、この映画でのA・マクダウェルが好きになれなくて、心底楽しむことができません。だって、尻軽女にしか見えないんですもの。
shoukanさん [DVD(字幕)] 5点(2008-08-23 19:54:47)
64.《ネタバレ》 なんだか全然面白くなかったんですけど!毎回々々結婚式のシーンを見せられた挙句自分の結婚式で、結婚相手を“愛してません”って・・・そりゃあんまりだろ~。てか、アメリカ女がおじいさんと結婚するとなった時点で奪うくらいのシュチエーション作れよ!アメリカ女もおんなじ過ちを繰り返すだけのアホ女じゃん!なんか観ていてバカバカしくなった。
みんてんさん [DVD(字幕)] 3点(2008-05-14 14:31:57)
63.《ネタバレ》 14年を経てようやく鑑賞に至りました。なかなかきついジョークの効いたラブコメでおもしろかったです。しかし共感できる部分はまったく有りませんね~。
アンディマクダウェルはよくこんな女の役を引き受けたもんです。
結婚式で知り合ったその日にヒューを誘いベッドイン、婚約者のおじいちゃんを紹介しておきながら又してもヒューをベッドへ。その男へ堂々と結婚式の招待状を送り付ける。そしてヒューにはお決まりですが、こんな女でも惚れてしまい振り回されるという・・・。
まぁコメディですからおもしろおかしく見れれば良しですが。
細部がしっかり作り込まれているところはすごくいいです。
私はチャールズと耳が聞こえない弟との絡みが好き(^_^;)おもろ過ぎ。
脇役を単なる脇役だけに収めない細かい設定はノッティングヒルの恋人とも
通じる部分があって作品としての質はなかなか高いと思いました。
しかし重ねて言いますが共感できる部分はございません!
MKさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2008-03-08 22:15:13)
62.《ネタバレ》 あのヒロインに一目惚れするかぁ?むしろ最後に裏切ったアヒルさんのが可愛い。なんだか全体的に不快。
SINさん [DVD(字幕)] 3点(2008-02-25 07:46:49)
61.《ネタバレ》 下半身がだらしないアメリカ女に、下半身にだらしのないイギリス男のブラックユーモアたっぷりの恋物語。(日本風に言えば、京女に東男かしら?←深い意味は御座いませんのでご容赦願います)かなり爆笑させて頂きました。ヒューって実生活でもコメディアンだけど(皮肉)役者で出来の悪い自覚症状のないオスをさせたら天下一で本当に惚れ惚れ。オープニングのポンコツカーが可愛い!
成田とうこさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2007-10-28 20:34:46)
60.脇役の人々のストーリーとキャラに比べて主役二人はなんとも薄い。ちょっとお気に入りのジョン・ハナーが出ていたのが嬉しかったぐらい。楽しみに録っておいたのにガックシ。
ぷりしら19号さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2007-01-26 23:22:27)
59.所々にあるギャグはクスリと笑えましたが、結婚感の違いか恋愛感のズレか正直あまり共感できませんでした。
憲玉さん [DVD(字幕)] 3点(2006-10-25 23:48:49)
58.ちっとも素敵な話じゃなかった。離婚することは間違いない。二人とも軽薄で、人を見る目がなく、流されやすい。ブリジット・ジョーンズの日記の方がスッキリした。幾ら何番目のあなたは素敵と言われても男は結婚してから引きずるよー。
wishさん [DVD(字幕)] 4点(2006-09-16 16:43:16)
57.様々な人の同時進行的話の進み方はよいがいかんせん主役とヒロインに共感できない。
イライラするだけ。ふーん。で?で終わり。何より下品なんだよね。
とまさん [地上波(字幕)] 4点(2006-05-06 17:27:11)
56.《ネタバレ》 結婚って何だ?真実の愛って何だろう?というのは何度か恋愛を重ねたり、友達が結婚していくのを横目で見ながら考えるようになる。結婚が目標になるっていうか、恋愛のゴールは結婚以外にないってところも、どーしてなんだろうかと思ってみたりするわけです。
主人公が最後に結婚という形を取らないというのは、大いに共感するところです。ってゆーか憧れちゃうなぁと思う。
人は法的な拘束力をもつ結婚という形でしか愛を誓えないのでしょうか。人間は弱い生き物なので、恐らくそういう力を使わないと無責任になってしまったりすることがあるんだろうと思います。本来はお互いに愛し合い理解しあって、二人で誓えばそれでいいわけで、法律なんかは必要ないはずのことなんですよね。
脇役のゲイ・カップルが実はその象徴だったりする。法的な関係にはなれないけれど、生涯のパートナーとして暮らしていけるってことなんじゃないかな。
結婚しないカップルはアメリカでもどんどん増えていますが、それでも9/11のテロ以降は籍を入れるカップルが一時的に増えた。それは遺体の確認や遺族補償問題など、籍を入れてなかった人には適応されなかったからです。
愛してる人と生活を共にするのは、何も結婚という形でないけれども、こういうことが絡むと結婚の方が便利であるということ。
yukaoriさん [ビデオ(字幕)] 8点(2006-01-23 08:51:10)
55.《ネタバレ》 おもしろい。結婚式ごとにエピソードがあって、話が進んでいくのがよい。イギリス人がアメリカ人の女をどう思っているか、というのがけっこう重要なテーマかもしれない。これはもしかして、「超性格悪いイヤーな女」にころっといってしまうイギリス男を描いているかも。誰が友達になりたいと思いますか、あのアンディと。「イヤな女」って、男から見ると全然そうじゃなかったりするのねー、という映画。だけど、脇の話がおもしろいため、映画としては○。
パブロン中毒さん [DVD(字幕)] 9点(2005-11-06 23:40:53)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 74人
平均点数 5.77点
011.35%
111.35%
222.70%
3810.81%
4810.81%
51114.86%
61013.51%
72027.03%
879.46%
956.76%
1011.35%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.75点 Review4人
2 ストーリー評価 3.00点 Review4人
3 鑑賞後の後味 3.25点 Review4人
4 音楽評価 3.66点 Review3人
5 感泣評価 2.00点 Review3人
chart

【アカデミー賞 情報】

1994年 67回
作品賞 候補(ノミネート) 
脚本賞リチャード・カーティス候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1994年 52回
作品賞(ミュージカル・コメディ部門) 候補(ノミネート) 
主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)アンディ・マクダウェル候補(ノミネート) 
主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)ヒュー・グラント受賞 
脚本賞リチャード・カーティス候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS