あしたのジョー(1980)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > あしたのジョー(1980)
 > (レビュー・クチコミ)

あしたのジョー(1980)

[アシタノジョー]
1980年【日】 上映時間:153分
平均点:6.24 / 10(Review 33人) (点数分布表示)
ドラマアニメシリーズものスポーツものスポコンもの青春ものTVの映画化漫画の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2022-05-02)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督出崎統(チーフディレクター)
演出高屋敷英夫(演出助手)
あおい輝彦矢吹丈
細川俊之力石徹
藤岡重慶丹下段平
檀ふみ白木葉子
岸部四郎マンモス西
梶原一騎
岸野一彦
加藤正之
原作高森朝雄
ちばてつや
作詞村上龍「K・O(ノックアウト)」
梶原一騎「グッバイ・ジョー」
作曲ジョー山中「K・O(ノックアウト)」
平尾昌晃「グッバイ・ジョー」
製作ちばてつや(監修)
松竹富士
日本ヘラルド
製作総指揮梶原一騎
配給日本ヘラルド
松竹富士
作画杉野昭夫(作画監督)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
33.力石の減量のところは食い入ってました。
リンゴをかじるシーン、お嬢様が差し出した白湯を流し捨てるところはこれから先も忘れることのない名シーンです。
「スラムダンク」と同じで噛めば噛むほど味がでてくるアニメじゃないでしょうか。
ただ、減量中の力石の目の前で、モグモグ食事しているお嬢様と、お父様はちょっと酷いんじゃないでしょうか。。。
TVアニメは話数が多いので、劇場版があってありがたい。でもいつかコミック、アニメ制覇したいです。
へまちさん [DVD(邦画)] 6点(2018-11-04 19:10:04)
32.実写版を観て、久しぶりに観てみようと思い鑑賞..ダイジェスト版になっている事は予想していたが..それほど悪くはなかったかも..しかし、クライマックスあたりは、こんなもんだったかな..って感じです..TVで観ていた頃の、衝撃と感動は、得られなかった..単に大人になっただけかもしれないが...
コナンが一番さん [レーザーディスク(邦画)] 5点(2012-06-11 15:10:15)
31.名作だよね。原作は繰り返し読んだし、アニメも好きでよく見てた。
映画のほうはそのアニメのダイジェスト版なので、当然ハショリは多いけど、
とりあえずジョーのカッコいい姿を見たい人、
ハイライトシーンだけでも見たい人、
忙しくてアニメ版全巻を観れない人にはお薦め。

MAHITOさん [映画館(邦画)] 2点(2011-07-05 01:04:26)
30.この劇場版自体が、自分が生まれる前の作品なので、当然「あしたのジョー」をリアルタイムに知る世代ではない。テレビアニメも見たことが無かった。
ただ、アニメのスペシャル番組などにおいて、散々放送されているので、矢吹丈の最大のライバルの名が「力石徹」だということも、彼の最期がどういうものかも、「知識」として当然知っていた。

この劇場版は、テレビシリーズの再編集版に過ぎず、そこに「あしたのジョー」という伝説的なアニメーションのすべてが凝縮されているとは到底思えないが、それでも、ようやく力石徹の「最期」をちゃんと見られたことは、意義があったと思う。

来年、ついに「あしたのジョー」が実写化される。
それを前にして、原作漫画を中古で買って読み、この映画を観てみた。
原作のファンである人からも、そうでない人からも、実写化そのものについて、配役について、賛否は尽きないだろう。

が、個人的には「期待」の方が大きい。
鉄腕麗人さん [DVD(邦画)] 6点(2010-12-28 16:16:26)
29.原作やTVシリーズを知る人なら、かなり端折られた印象を覚える力石戦までの再編集もの。でも、そこそこ観られるのは主人公・矢吹丈の魅力に尽きる。何かに束縛されることに強烈な拒否反応を示し、そこから自由を勝ち取るためには、法律を犯すし他者を傷つけることも厭わない。自分にとって純粋と思えるもの(例えばドヤ街の子供たちからの親愛)は素直に受け入れ大切にするが、欺瞞を感じたこと(例えば白木葉子の少年院慰問など)は徹底的に否定する。特に抑圧された状態をリカバーする際に発するエネルギーが凄まじい。ボクシングにのめり込むきっかけも「力石」という抑圧からの解放だったと思える。この主人公の不敵で暴力的でナイーブである種の愛嬌もあるキャラクターが、連載当時からもの凄いパワーを放出していたし、それはこの再編集映画からも感じ取れる。ウルフ金串とのクロスカウンターの打ち合いには子供の頃の熱狂が皮膚感覚として蘇った。今作で描いていない部分なので詳述はしないけど、力石戦後に矢吹丈は変わって行きます。そこで初めて「あしたのジョー」は一人の青年の人生を描き切り、いわゆるスポコン漫画&アニメの金字塔として輝きを放ったと思っています。最終的に肯定できる生き方だったかどうかは別にして、私も間違いなく大きな影響を受けた一人。5点はあくまで再編集ものへの評価です。
アンドレ・タカシさん [地上波(邦画)] 5点(2009-03-11 12:24:43)
28.《ネタバレ》 以前は世界に挑戦する2が好きでした。
絵も綺麗だし、チャンピオンを追い込む様が格好よかった。
力石戦は所詮日本国内の話、そんなふうに思ってましたが、
最近あらためて1を見ると、こちらのほうがおもしろく感じてきました。

ジョーは力石に負けたことでボクサーになり、
力石もジョーを認めたからこそ限界を超えた減量の末に、
ジョーと同じリングに立つことを望んだ。
互いを認めたからこそのラストの試合へとつながったわけで、
これは2にはないものだと思いました。

そういえば「ねじりんぼう」と「パラシュート部隊」
という言葉を覚えたのもこの作品でした。
もとい「ノーガード戦法」と「クロスカウンター」を覚えたのがこの作品でした。

オープニングに流れる歌がまた格好良いです。
映かったーさん [DVD(邦画)] 7点(2008-12-25 18:13:26)
27.《ネタバレ》 特別少年院での諍い、泪橋渡り、丹下ジムでの新生活、ラストシーン等々の良エピソードを取りコボしていたのが、残念といえば残念。しかし、ある程度の物語のツボはキッチリ押さえられており、作品の時間的制約をギリギリまで活かせていた様に思える。

数多あるTVアニメの総集編モノとしての出来は、及第以上。

そして常々思うことだが、あおい輝彦・藤岡重慶のキャスティングは、黄金の輝き。
aksweetさん [DVD(邦画)] 7点(2008-02-23 23:52:55)
26.TVアニメの総集編だから仕方がないのだか駆け足すぎて作品自体の魅力が薄まってしまった気がします。個人的には少年院時代のジョーが好きなので、物足りなさを感じてしまいました。
憲玉さん [DVD(邦画)] 6点(2006-10-14 16:12:42)
25.本職の声優じゃなく有名タレントを起用したアニメ作りの元祖かな。でも『あしたのジョー』は別格。『あしたのジョー』のハングリー精神こそボクシングを含めた全ての格闘技エンタテイメント(又はプロスポーツ)の基本ではないかと思う。
HILOさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2005-11-08 19:33:12)
24.これを見ても『あしたのジョー』の本当の良さは分からない。しかし、「『あしたのジョー』って有名な漫画だよね!。取りあえず話の大筋だけ見とこか~」という人には打ってつけの一本である。
ちなみに私自身がその口である。数年後にテレビの再放送を見ることになったのですが、テレビの再放送の方が数段良かった。例えば『ガンダム』も短縮版として映画化されているのですが、こちらは映画版の方が断然好きなのです。なぜなら、映画で照会されたもの以外のエピソードに魅力を感じないので、省いて貰った方が良いと思ったからである。それとは逆に『あしたのジョー』の場合は映画にはないエピソードにも面白いものが多く、無駄が少ないと感じました。つまりは時間稼ぎが少ないと思うのです。
おはようジングルさん [地上波(吹替)] 6点(2005-08-07 08:22:08)
23.《ネタバレ》 TVシリーズの再編集ものですが、TVシリーズにあった「汗臭さ」がすっかり消えうせ、まったく違うあしたのジョーになってしまった。これは、おそらくこの映画の直後に放映された、新TVシリーズ「あしたのジョー2」への違和感無くつなげるための映画だったんでしょう。
Tolbieさん 4点(2004-08-11 09:43:48)
22.漫画原作を全部読んでいる または TVアニメシリーズを全部観ている という方だけが、追体験として楽しめる再編集映画。基礎知識なしで、いきなり本作を観ても全くおもしろくはありません。
伊達邦彦さん 4点(2004-02-24 01:58:02)
21.ヤマトの映画版よりは数倍よい。
東京50km圏道路地図さん 8点(2004-01-13 14:54:35)
20.ブラック・ジャックに次いで私の性格形成に多大な影響を及ぼしたのが矢吹丈である。それほどはまったわけだが、もちろん「漫画」で、である。テレビアニメも声が渋いので好きだったが「映画」は仕方ないとはいえ、はしょられ過ぎで物足りない。テレビ版はビデオ無いんですか?なら、映画つくった価値はあったというわけですね。
R&Aさん 5点(2004-01-13 14:17:07)
19.少年院でのジョーへの集団(腹部飛び降り!)リンチシーンが怖かった~普通死ぬってありゃ。いくらアニメでもありゃやりすぎと思う私は所詮女か。
ひろほりともさん 4点(2003-11-18 10:46:20)
18.ジョーは日本のスポ根漫画(死語か・・)の最高峰ですね。でもTVの方が数倍いい。TVのエンディングテーマが久しぶりに聞きたいな。 ♪きのお、は~ぐれったぁ、おぅかみがぁ~・・・
じゃん++さん [地上波(吹替)] 5点(2003-11-05 21:31:22)
17.知人に借りた漫画に怒涛のようにはまり、ついにアニメ・・・・やっぱりちょっと急ぎ足気味デスネ、TV版が見たいよう。後からのファンはつらい。
かなかなしぐれさん 5点(2003-10-15 22:16:33)
16.アウトローなジョーがカッコいい! うちのオヤジが「あしたのジョージ」と言っていたのを聞いた時は、一字違いでずいぶん違うなと思った。
ロカホリさん 8点(2003-09-30 02:58:58)
15.石橋正次と亀石征一郎の実写版も忘れないでねw(点数はアニメ版です)
柿木坂 護さん 8点(2003-09-28 14:35:46)
14.冷静に考えればダイジェストですが、ジョーだからしょうがない。
亜流派 十五郎さん 8点(2003-08-27 20:07:06)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 33人
平均点数 6.24点
000.00%
100.00%
213.03%
300.00%
4412.12%
5721.21%
6618.18%
7824.24%
8412.12%
913.03%
1026.06%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review1人
2 ストーリー評価 4.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review2人
4 音楽評価 5.00点 Review1人
5 感泣評価 5.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS