プリシラのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > プリシラ
 > (レビュー・クチコミ)

プリシラ

[プリシラ]
The Adventures Of Priscilla, Queen Of The Desert
1994年【豪】 上映時間:104分
平均点:7.04 / 10(Review 84人) (点数分布表示)
公開開始日(1995-08-19)
ドラマコメディロードムービー
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-07-26)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ステファン・エリオット
キャストテレンス・スタンプ(男優)バーナデット
ヒューゴ・ウィービング(男優)ミッチ
ガイ・ピアース(男優)フェリシア
ビル・ハンター〔男優・1940年生〕(男優)ボブ
出演ステファン・エリオット(カメオ出演・ノンクレジット)
脚本ステファン・エリオット
音楽ガイ・クロス〔音楽〕
挿入曲シャーリーン”愛はかげろうのように”
アバ”Mamma Mia”
ヴァネッサ・ウィリアムズ”Save the Best for Last”
ジュゼッペ・ヴェルディ歌劇「椿姫」より「ああ、そは彼の人か」「花から花へ」
配給日本ヘラルド
美術オーウェン・パターソン
衣装リジー・ガーディナー
ティム・チャペル
字幕翻訳戸田奈津子
あらすじ
青い空のオーストラリア。底抜けに明るい3人のドラッグクイーンたちは、砂漠の中央にあるリゾート地でショウを行うため、シドニーからプリシラ号と名づけたバスに乗って3千キロの旅に出た。笑いと感動ありの良質なロードムービー。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
84.久しぶりに再見しました、色あせないですね。オーストラリアの赤い大地とカラフルな衣装、葛藤あふれる思い…をうまく演じている三人。音楽もいいですし懐かしくて涙が出そうになったシーンも…ずっと流していてもいい映像ばかり。またみたい一本です
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2022-05-09 23:03:12)★《新規》★
83.《ネタバレ》 リジー・ガーディナーのオスカー受賞作という理由での鑑賞。オープニング曲 I've Never Been To Me にキューンとなり、クレジットのテレンス・スタンプにキュンキュンキューン。更に共演がヒューゴ・ウィービング、ガイ・ピアースというのにワクワク感急上昇。それが、ドラァグ・クイーン3人のロードムービーだったとは。若い2人はまだしも、50歳半ばのテレンス・スタンプがよくぞ引き受けたものだ(理由を伺いたいものです)と驚きが無限大。お目当ての衣装はメイクと共に突き抜け過ぎてドン引きものだけど、それを纏って踊る3人にやりきった感を見る。流石にスタンプのダンスはキレに欠けるモッサリしたものだったが、それを補って余りあるステージ以外の衣装・メイクでの立ち居振る舞いやボブとの距離が徐々に縮まる模様に於ける熟年の色気に見惚れる。「血と怒りの河」での美し過ぎる顔立ちが思い浮かぶ。マイノリティであっても胸張って堂々と生きる3人が眩しい。トリハダものの Mamma Mia を始めとする楽曲にもキューンのツボを刺激されまくる。まさに掘り出し物の快作。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 8点(2020-05-24 15:24:44)
82.《ネタバレ》  冒頭のシーンにて、主人公の衣装や化粧よりも「えっ、口パクなの!?」と、その事に吃驚。

 男性が女性の扮装をしている事も併せ「本当は女性の歌声を出したいけれど、出せない切なさ」を表現しているのかも知れませんが、自分としては
(たとえ下手でも良いから、自分の声で唄って欲しいな……)
 と思ってしまい、作中の口パク歌唱ショーに対して「凄い!」と感じる事が出来ず、残念でしたね。
 せっかくクライマックスのショーは盛り上がっていたのに、何だか映画を鑑賞している自分だけが、置いてけぼりを食らったような気分。

 脚本に関しては、非常に凝っており、観客を油断させない作りになっていたと思います。
 例えば……

1:酒場で主人公達が白眼視される。
2:飲み比べに勝利したりして、何とか友好的なムードになる。
3:ところが翌朝になると、主人公達の車には「エイズ野郎」との落書きが……

 という三段仕掛けになっている場面なんて、意地悪だけど上手い。
 その他、移動中の車内にて生い立ちについて話す際にも「幼児期に性的悪戯を受けていた過去がある」と思わせておいて、実は「悪戯しようとした不埒な大人をこらしめてやった」痛快譚だったと種明かしする流れにも、大いに感心させられました。

 また、同性愛者を過度に美化しておらず、等身大の「ズルい」人間として描いている辺りも好印象。
 母親に対し「旅に出たら異性愛者になれるかも」と騙す形で、一万ドルの車を買ってもらった件は流石にどうかと思いましたが、仲間が過去に女性と結婚していたと知って「気味悪い」と言い出す辺りなんかは、非常にリアルであるように思えましたね。
 アジア人女性の「ピンポン玉」の芸を下品と思って嫌がる描写があったのも「主人公達は迫害される側の人間ではあるが、そんな彼女達だって下品なものを嫌う感覚は、当然持ち合わせている」と悟らせる効果があり、非常に人間らしい存在である事が伝わってきました。

 終盤「キングスキャニオンにハイヒール姿で立つ」という長年の夢を叶えた後に、真っ先に思う事が「うちへ帰りたい」というのも、何だか切なくて良かったですね。
 あそこの件は「夢を叶えてみせた達成感」と同時に「夢を叶えてしまった喪失感」とも言うべきものが感じられて、実に味わい深いものがありました。

 ガイ・ピアース演じるフェリシアが、幼い少年に懐かれて兄貴分(姉貴分?)のようになっている姿も、とても微笑ましくて好み。
 この組み合わせが終盤にしか登場しない事が、寂しく思えたくらいです。

 最初の内は、登場人物達への戸惑いが大きく、距離を感じていたはずなのに、エンドロールが流れる頃には愛着が湧いてしまって、彼らと離れ難い気持ちになる。
 そんな切なさを秘めた、不思議な映画でありました。
ゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2016-10-02 10:49:05)
81.《ネタバレ》 ドラッグクイーン3人のロードムービーだが、最初から最後まで引いた感じのまま見ることに。
小さな店でドラッグクイーンの女装した口パクショーを見たことがあるが、素人の宴会芸レベルで何が面白いんだかさっぱりわからなかった。
この作品でのステージショーもまったく同じで、あまりにもしょぼすぎる。
あれでラストの大盛り上がりのステージになるのがわからない。
下品な下ネタも多くて笑える箇所がどこにもなく、感動的なシーンも感情移入できないからホロッともできない。
マイノリティの自分探し的物語自体は嫌いではないのだが、そのストーリーに没頭できず。
生理的にダメなのかも。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 3点(2014-09-20 21:50:59)
80.いい音楽とときどきはっとするほどきれいなカットがあるけど、少し映像が雑なところが×。
aimihcimuimさん [DVD(字幕)] 6点(2014-08-22 23:26:25)
79.自然の風景は美しい。それは三人との比較(比喩?)でさらにそう感じさせる。
ロードムービーとしてはなかなか良く出来ているんだと思う。でも感情移入できない、それがこの映画への評価には決定的に重要な要素になってしまう。
最初と最後の曲がまた美しい。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2014-05-30 22:27:01)
78.大自然の雄大な風景・夜になると過去の辛かった話などをする・途中、旅が止まりそうなアクシデントが起きる・最後はめでたしめでたし等、一応、ほのぼの系ロードムービーのお約束をほとんど網羅していましたね。まあそれなりに面白かったですが、これを作った人って、実はオカマが大嫌いなのでは?と感じました。会話に登場する過剰なまでの下品な下ネタ、オカマの派手で奇抜な衣裳やメイクなど、大自然の前では所詮ハエのクソ程度で、結局こういう人達は都会の隅の方でしか生きる場所がないドブネズミのような存在なんだ、と言いたいような気がしました。「愛はかげろうのように」に乗せたオープニングは素敵だっただけに、その後の、大したことないパフォーマンスがちょっと残念でした。 あと、椿姫のアリアがなぜか砂漠の風景に合っていて、このシーンだけは大満足でした。
ramoさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-05-03 13:16:14)
77.ド派手なコスチュームとショウは好きずきがあるだろうけど悪くはない。だけどしゃべってる内容がどうも品が良くない。音楽は「愛はかげろうのように」から始まって、「ゴー・ウェスト」「恋のサヴァイヴァル」「ママ・ミア」と好きな曲がいくつもあるのに・・・。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 4点(2013-11-19 22:41:26)
76.綺麗な映画でした。
黒ネコさん [DVD(字幕)] 7点(2013-09-23 15:03:05)
75.《ネタバレ》 衣装が奇抜でステキ!オープニングがとても美しくて、引き込まれました。あれこそこの作品のテーマ。20年近く前の作品なので、性に関する捉え方も当時は今ほどオープンでなかっただろうし自分を貫く苦労も一入かなあ~と思いながら観ました。砂漠を旅する彼らがとても楽しそうで、私もあんな自由な旅してみたい。旅のゴールに待っていた奥さんもとても気丈で、魅力的。あのあと、数年ぶりに再会した父と子でどんな風に会話をしたのかな。自分を隠さなくても受け入れてくれる存在は、とても頼もしいはずです。
SAEKOさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2012-03-20 21:20:17)
74.タフじゃないとオカマにはなれない、好奇の目の中を肩で風切って、不安なんか押し込めて、バカ騒ぎしながら生きる彼女らの力強さに、わけのわからないエネルギーを貰った!
長谷川アーリオ・オーリオさん [DVD(字幕)] 7点(2011-12-19 22:38:46)
73.タフに生きるおかまさんたちの淡々としたロードムービー。嫌いなテイストではないのだけど、(ガイ・ピアースの怪演は見事だし)ショーの完成度が悲しいほど低い。ケバくて悪趣味で会社の宴会芸のレベルに見える。ラストも、口パクであそこまで盛り上がるのは無理でしょう、と思えてしまうんだけどなあ。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2011-10-31 18:16:57)
72.《ネタバレ》 後半、息子が出てきたあたりからもっと盛り上がりを期待したけど、それほどでもなく、、。
カルーアさん [DVD(字幕)] 6点(2011-04-24 18:24:19)
71.ドラッグクイーン一座の3人組がオーストラリアの大平原を行く珍道中を描いたロードムービー。
途中で通りかかる小さな町で出会いや騒動が起こるのですが、変人扱いされ、傷ついて涙を流す事はあっても明るくめげずに目的地を目指すという、基本的に町に着くごとに同じパターンが続く。

ドラッグクイーン達のステージも結構ショボいのですが、冒頭で歌われる(口パク)”I’ve never been to me”がいい選曲。(フルコーラスやってほしかった。)
何度聞いても心に響く名曲であり、ストーリーが進むにつれてこの曲の歌詞が頭をよぎりました。 この曲の主人公の女性は「ついに本当の自分は見つけられなかった」と言う。本作のドラッグクイーン達にもまだ見つかっていないのでしょう。しかしそれでも終盤からラストのドラッグクイーン達の姿には希望が感じられるし、こうした人生に対して分かりやすく明るい前向きな映画の鑑賞後は心にいい余韻を残してくれます。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2011-04-10 01:12:04)(良:1票)
70.内容に反して?なんて美しいオープニングでしょう。
akilaさん [DVD(字幕)] 7点(2011-02-19 02:52:37)
69.女装愛好者って、女装すること自体よりもそれに対する周囲の反応のほうに生きがいを持っているのではないか。そういう形で社会と関係を持っている人たち。だから都会の他人たちの中で、無礼な視線を浴びているときに一番生き生きとしているはず。そういう彼らを砂漠の中に持っていったところに本作の趣向がある、と思ったんだけどちょっと違うかな。見るのは互いだけ。たしかにハレバレとはするけれども、これが女装者にとっての解放とは思えない。異端たらんとしても異端になれない。異端ではなくもともと正統だったのに異端に追いやられたアボリジニと交歓する、ただこの対照はちょっと安易に感じられた。やはり最後は「家族」になるのか。ゲイってのは、家族の否定に立つものだと思ってたのだが。テレンス・スタンプはちゃんと踊っていない。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 6点(2010-03-12 11:55:59)
68.あっ!あっ!あ~!!! エージエント・スミスさんじゃなかですかい!! あんた機械に雇われる前はゲイだったの!?   ・・・内容:トカゲと砂漠とゲイの映像について、アチキは理解できません。
トメ吉さん [DVD(字幕)] 5点(2009-10-20 13:17:50)
67.アメリカの田舎の広大さを移したロードムービー部の映像は申し分ないほど美しい。
しかし、肝心のショーの画面は迫力不足。口パクならばそれを納得させる踊り、パフォーマンス、演出を見せてほしかったところ。派手な衣装だけじゃちょっと物足りない。
おかまさんの珍道中はなかなか楽しくて笑わせてもらいました。
すべからさん [DVD(字幕)] 6点(2009-08-26 15:13:13)
66.《ネタバレ》 オカマ三匹のドタバタ青春ロードムービーです。これだけでインパクト十分なのにエージェントスミスとか反則だ、聞いてない。だって、素晴らしい景色のはずのキングス・キャニオンがオカマ達のせいで霞んでたもん、あれは本当に異様な光景でしたよ…あのシーンだけでも見る価値あるかも。まぁ、楽しめたしこういう映画結構好きです。けど肝心の踊りが下手だなぁ、後、私が息子なら確実にグレてます。
雪駄さん [DVD(字幕)] 6点(2009-07-10 04:28:21)
65.ロード・ムービーの一番悪い部分がそのまま出てしまった感じ。途中で起こる出来事が、単にその場をつないでいるだけであって、あってもなくても結論を左右しない、つまり必然性がないのです。3人のオカマとという設定と、やたら派手なだけの衣装に寄りかかってしまった感じ。選曲も有名曲ばかりで面白みがない。
Oliasさん [DVD(字幕)] 4点(2009-03-04 02:06:38)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 84人
平均点数 7.04点
000.00%
111.19%
211.19%
322.38%
433.57%
589.52%
61416.67%
71821.43%
81922.62%
91214.29%
1067.14%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.33点 Review3人
2 ストーリー評価 6.40点 Review5人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review6人
4 音楽評価 9.20点 Review5人
5 感泣評価 5.50点 Review4人
chart

【アカデミー賞 情報】

1994年 67回
衣装デザイン賞リジー・ガーディナー受賞 
衣装デザイン賞ティム・チャペル受賞 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1994年 52回
作品賞(ミュージカル・コメディ部門) 候補(ノミネート) 
主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)テレンス・スタンプ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS