あゝ野麦峠のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > あゝ野麦峠
 > (レビュー・クチコミ)

あゝ野麦峠

[アアノムギトウゲ]
Nomugi Pass
1979年【日】 上映時間:154分
平均点:7.27 / 10(Review 26人) (点数分布表示)
公開開始日(1979-06-30)
ドラマシリーズもの歴史もの実話もの小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-04-12)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督山本薩夫
キャスト大竹しのぶ(女優)政井みね
原田美枝子(女優)篠田ゆき
古手川祐子(女優)庄司きく
友里千賀子(女優)三島はな
岡本茉利(女優)久保えい
三國連太郎(男優)足立藤吉
地井武男(男優)政井辰次郎
森次晃嗣(男優)足立春夫
野村昭子(女優)政井もと
西村晃(男優)政井友二郎
三上真一郎(男優)黒木権三
小松方正(男優)金山徳太郎
北林谷栄(女優)茶店の婆さん
中原早苗(女優)石部いわ
平田昭彦(男優)伏見宮殿下
江幡高志(男優)丸正の検番
山本亘(男優)野中新吉
赤塚真人(男優)川瀬音松
三条泰子(女優)伏見宮妃殿下
脚本服部佳
音楽佐藤勝
撮影小林節雄
製作宮古とく子
伊藤武郎
配給東宝
美術間野重雄
編集鍋島惇
録音渡会伸
照明下村一夫
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
26.《ネタバレ》 大竹しのぶさんは当然すばらしいのですが、個人的に原田三枝子さんの美しさにメロメロになりました。
まっかさん [DVD(邦画)] 6点(2016-12-04 01:14:57)
25.《ネタバレ》 鹿鳴館で社交ダンスを踊る婦人のドレスの裾とクロスカットされる、雪の中を歩く女工らの足。
そこから続く峠越えシーンのロングショットが『アギーレ 神の怒り』にも引けをとらないほど圧巻のスケールである。

撮影スケジュールとしては逆なのだろうが、ラストの秋の峠もまたヒロインを労わるような情緒があり素晴らしい。

工場内の再現も本格的であり、工場群のミニチュアのショットも精巧に手掛けられている。
さらに感心するのが、女優達の手作業を捉える横移動のショットである。糸をとる作業の様子は非常に高度な技能を要するものであることが
わかるが、これを多くの女優らがそれぞれ実演するのをバストショットで丁寧に披露していく。
女工になりきった女優たちの真剣な表情、佇まい、本格的な手捌きが非常に美しい。
現在なら、本職の方が作業する手元のショットと、女優の表情のショットを別撮りするしかないだろう。

そうした作り手の心意気の滲むこの横移動ショットは、ラストの舞踊と再びクロスカットされてさらに情感を煽る。

一方では心中のエピソードの直後に祭りの明るいシーンが入れたりと、ウェット一辺倒な作劇は回避しようとしているのがわかる。
大竹しのぶらがみせる「生き生きとした青春の輝き」(『私の映画人生』山本薩夫)に救われる。
ユーカラさん [DVD(邦画)] 7点(2016-07-11 23:58:21)
24.《ネタバレ》 いろんなところで、山本薩夫監督らしからぬ情緒過多な演出が目立っているのだが、それを救っているのは、冒頭の雪中行列の強烈なショットであるとか、工場の手作業を終始丁寧に撮り尽くす気遣いであるなど、大事なところで妥協を許していない真剣さなのです。盆踊りのシーンなんかも、つなぎのシークエンスにしては異様に気合が入っていて、見ていて気持ちが良いのです。
Oliasさん [DVD(邦画)] 6点(2016-03-04 01:40:04)(良:1票)
23.最初に自殺したトキはなんであんなに太ってたんやろ?何食ってたんやろ?
アキラさん [DVD(邦画)] 7点(2015-01-05 11:28:36)
22.学校で流したりするために作られた15分のダイジェスト版も後で見たのですが、なんで原田美枝子がおっぱいもまれとるシーン削っとらんのやい。笑
ケンジさん [DVD(字幕)] 7点(2015-01-05 01:14:16)
21.骨太な力作。「青春の門」の織江役と並んで、若き日の大竹しのぶの、いかにも純朴無垢な一面が、一番自然に引き出されている映画だと思います。ここに出てくる男どもは、しのぶ兄チイチイ氏以外、み~んなエゴイストで嫌なヤツばっかりで同じ男ながらアタマに来ますね。この頃活躍していた若手女優さんたちって、皆さん一様に体型系に女工の格好が似合いますね~。今、この映画をリメイクしても、おそらく何の説得力がないだろうって思われるのは、ニッポン女性の体型がここ30年で飛躍的に成長を遂げたせいかと。地井さんのご回復を心からお祈りしています!
放浪紳士チャーリーさん [地上波(邦画)] 7点(2012-03-14 13:05:56)(良:1票)
20.《ネタバレ》 川崎市民ミュージアムにて鑑賞。
この作品も念願叶っての鑑賞だった。

原作者の娘さんとお孫さんが、私の実家の隣りにお住まいだった時期があって、どうにかこの作品を観てみたかった。

有名な作品なので、無難な出来具合だが、いかんともしがたい真面目さがあった。
ここまで生真面目な内容だと、逆に泣けないひねくれた自分がいる。

明治の時代、女性は手先が器用でないと、人生まで左右されるというのが、実に怖い話。
蚕の糸を朝から晩までたぐる。
想像を絶する辛い作業だろう。

そして、それを搾取する資本家たち。
お金のためなら、情け容赦なく労働者をこき使う。
それは現代でも変わらない気がする。
お金というものは、人間の温かみさえもそぎ取ってしまう。
経営者たちは、お金に振り回され続けた揚句に、「仕事だから」とうそぶき、労働者たちを搾取する。
私はお金のために、人間味を失いたくはないと、強く思った。
にじばぶさん [映画館(邦画)] 5点(2012-01-09 22:38:32)(良:1票)
19.この映画は勤務先の高校生を引率して見に行った映画です。(歳がわかるなあ)
映画好きの教頭先生の尽力で、この頃は毎年学校をあげての映画鑑賞をしていたのですが、当の生徒たちも私の方が感動してしまったことをよく覚えています。
明治初期の富国強兵の世の中にあって、貧しさ故に娘を売らなければならなかった親の辛さ、そして女工になった娘たちのつらさが痛いようにわかる映画です。今思えば、大竹しのぶさんだけでなく、原田美枝子、友里千賀子、古手川祐子といった蒼々たる若手女優陣が出ていたのですね。
何としてももう一度見てみたい映画の筆頭です。
ESPERANZAさん [映画館(邦画)] 9点(2011-03-15 21:03:43)(良:1票)
18.確か歴史か何かの教養の本で当時の女工の悲惨な労働状況を知ってからこの映画を観た。湿気が高く蚕の臭いが充満して吐いてしまいそうな環境で十何時間も働かなければならないなんてとても考えられません。病気になってもロクに休ませてもらえず、働けなくなったら邪魔者扱い・・・ほとんど奴隷扱いだね。
くうふくさん 7点(2004-07-01 22:54:25)
17.悲しい運命の女工達が描かれていて、中学生の時泣きながら映画館で観ました。本当に名作です。もう一度どうしても観たいのですが、全くビデオではみかけません。噂によると権利関係でビデオが発売できないとか..。本当でしょうか?
gyu_yanさん 9点(2004-04-06 23:39:49)
16.基本的に重い作品です。軽い気持ちで、ビデオでフラッと見るには向いていません。今の時代から見ると、随分とテンポももたついています。が‥‥ これだけ緻密に、そして丁寧に作られた映画は、日本ではもうつくることはできないかもしれません。ビデオで観る方には、時間をきちんとつくって、ケータイはマナーモードにして、じっくりと観てください。
伊達邦彦さん 7点(2004-02-23 15:01:21)
15.工場に入った途端、観てるだけでも蚕のにおいが伝わってきそうでした。苦しくて不幸なまま死んでいく人が多くて、やり切れない気持ちになります。あんな労働をしなくてもいい自分の幸せさ、でもそれが普通になって甘えで生きてるってことを実感しました。ちなみに高校の社会の時間で観ました。
鉄男さん 7点(2004-02-09 21:02:44)
14.明治の女工哀史を映画化した作品ですね。皆さんが言い尽くしているのですが、当時の壮絶な労働環境は、今からは考えられないほどひどいもので、それを見事に再現していると思います。それから、やはり大竹しのぶの演技派うまいねえ。歴史の再認識として、こういうのは観る価値があると思いますよ。とくに歴史の勉強をしていない若い人に。
オオカミさん 7点(2003-12-16 09:40:54)
13.「飛騨だ。飛騨が見える・・・」という大竹しのぶの汚れた顔が日本中の涙を絞り取った作品。今だから笑えるけど日本にもこういう時代があったんですよね。心が汚れる前の子供時代にこの映画を観ておいて良かったな、と思います。人にお勧めするほどスゴイ映画のような気はしないんだけど、一応一回ぐらい観ておくのも人格形成上悪くないような気はします。教科書読むよりは面白いと思いますし。まあ今となっては大昔のお話なんですけどね。
anemoneさん 7点(2003-11-30 01:28:32)
12.ごっつい骨太の、すんごい映画だと思います。蚕を茹でるにおいがしてきそうな、そんな感じでした。
きなこ餅さん 9点(2003-11-07 00:01:11)
11.病床の大竹しのぶさんが両手で卵を抱える所が哀しく見えました。当時は貴重品だったんだよね・・時代の差を感じます。
不況だ何だと言っても今は幸せだと思えます。
ひろほりともさん 6点(2003-11-05 12:07:48)
10.子供の頃、TV放送を見る度に家族揃って涙、涙。富国強兵の旗の下、劣悪な労働条件の中、数多くの勤労女工が悲しい目にあっていた。時代、政治、貧困、様々な要因があるんでしょうが、あんな哀しい想いは誰もして欲しくは無い。
亜流派 十五郎さん 8点(2003-11-01 11:28:57)
9.大竹しのぶと原田美枝子の当時一番の若手演技派ふたりによるぶつかりあいがすごいです。痛々しい大竹しのぶの方が儲け役かも。ただ旦那がウルドラセブンだったのが気になってしまいました。
omutさん 6点(2003-08-06 00:48:15)
8.野麦峠はだてには越さぬ 一つは身のため ~のため~ってなんだっけ?
mmmmmさん 7点(2003-06-27 22:41:52)
7.大竹しのぶや原田美枝子がいい女優だなあと思った作品。工場のお偉いさんの息子に裏切られた原田美枝子の気持ちを想いみんなで結婚のお祝いのお菓子を我慢するシーンが印象的。ストーリーも胸を打ち涙した映画です。あゝ野麦峠は、他の女優さんの作品もあるのかな?(観てませんけど)
クラリスさん 8点(2003-06-11 09:37:09)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 26人
平均点数 7.27点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
513.85%
6415.38%
71350.00%
8311.54%
9519.23%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 10.00点 Review1人
4 音楽評価 9.00点 Review1人
5 感泣評価 10.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS