黒い家(1999)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ク行
 > 黒い家(1999)
 > (レビュー・クチコミ)

黒い家(1999)

[クロイイエ]
The Black House
1999年【日】 上映時間:118分
平均点:4.26 / 10(Review 108人) (点数分布表示)
公開開始日(1999-11-13)
ホラーサスペンス小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-06-10)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督森田芳光
助監督西川美和(監督助手)
キャスト内野聖陽(男優)若槻慎二
大竹しのぶ(女優)菰田幸子
西村雅彦(男優)菰田重徳
田中美里(女優)黒沢恵
小林薫(男優)三善茂
石橋蓮司(男優)葛西好夫
菅原大吉(男優)大迫外務次長
伊藤克信(男優)角藤
友里千賀子(女優)大西光代
鷲尾真知子(女優)波多野医師
鈴木晋介(男優)菅沼福井営業所長
貴志祐介(男優)京都支社の営業マン
山崎まさよし(男優)出前持ち
小林トシ江(女優)橋本教諭
原作貴志祐介『黒い家』(角川ホラー文庫刊)
脚本大森寿美男
撮影北信康
製作アスミック・エース(製作プロダクション/「黒い家」製作委員会)
角川書店(「黒い家」製作委員会)
松竹(「黒い家」製作委員会)
IMAGICA(「黒い家」製作委員会)
製作総指揮角川歴彦
大谷信義
プロデューサー原正人(エクゼクティブ・プロデューサー)
柘植靖司
三沢和子
配給松竹
特殊メイク江川悦子
編集田中愼二
録音柿澤潔
渡部健一(音響効果)
伊藤裕規(録音助手)
照明渡辺三雄
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
108.《ネタバレ》 前半コメディかよと思ったら終盤もコメディのようでした。俳優は頑張ってたしストーリーも面白そうなのに監督の癖が前面に出過ぎたのが良くなかったかな。とりあえず長年タイトルからイメージしてた内容とは全然違うものでした(笑)
映画大好きっ子さん [インターネット(邦画)] 5点(2019-08-22 01:46:22)★《新規》★
107.《ネタバレ》 原作未読なのでどこまで脚色されているのかはわかりませんが、噂の大竹しのぶの壊れっぷりにはほんとにゾッとさせられました。平成ももうすぐ終わりますが、その31年間の日本映画の中で最凶の怪演であることは間違いないでしょう。例の「乳吸え~」は誰が見ても別人なのはバレバレですけど、中盤の病院のシーンあたりから大竹しのぶが突然巨乳になっているのが笑えます。ラストの「乳吸え~」に備えての小細工だったんでしょうけど、若いころは平気で脱いでたくせにと怒りたくもなります。ぶっちゃけ歳とってボディラインが崩れてるので、熟女女優の方が脱ぎたがらないのかな。前半は大竹しのぶがあまり登場しないので余計になのかもしれませんが、西村雅彦もかなり気持ち悪かったですよね。 監督が森田芳光なので相変わらず奇をてらったショットの多用は平常運転です。でも若いころの才気が無くなってきてるのは顕著に感じられます、なんせ次回作が『模倣犯』ですからねえ。一番イライラさせられたのは内野聖陽のビビりキャラぶりで、あんなにガタイのいいイケメンがこの役とは、どう考えてもミスキャストだったんじゃないでしょうか。
S&Sさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2019-04-29 22:49:16)
106.《ネタバレ》 原作未読。
まず、内野聖陽の話し方が保険会社に勤める友人とソックリで、その時点でハマってしまいました。調べてみると原作者の貴志祐介自身も生命保険会社への勤務経験があるようで、そのためか保険会社の人たちの言動がとても真に迫っていましたが、この手の作品は異常者の極端な行動と、その異常者に巻き込まれる普通の人々のリアクションがセットになってこそ説得力が生まれるものであり、リアクション側がしっかりとしている時点で本作は半分成功したようなものだと言えます。
もうひとつの要素である異常者側のキャラクターの作りこみや、その見せ方も良かったと思います。西村雅彦は登場時点から挙動がおかしいのですが、笑わせようとしているんだか怖がらせようとしているんだか観客が掴みかねる微妙な演技と演出で数分引っ張った後、子供の首吊り死体をドーンと見せるという場の空気の作り方や間の取り方は完璧だったと思います。本作はただ惨たらしい死体を見せるだけではなく、これをやった人間は異常者であるということまでを観客に示さねばならないのですが、その点で本作には突き抜けたものがありました。
また、大竹しのぶのキャラクターも立っていました。前半は西村雅彦が表に出ていてこの人物は何者なのかがよく分からないのですが、喜怒哀楽が一切こもっていない話し方で彼女も普通の人間ではないことは伝わってきて、観客にぼんやりとした不快感を与え続けます。この人物は関わってはならない類の人間なのですが、立場上関わらざるを得なくなった主人公がこの異常者からおかしな逆恨みを受けるのではないかというゆるやかな不安感が作品への関心を維持し続けているのです。
ただし、終盤はやややり過ぎだったと思います。この手のサイコパスは精神面での異常性にとどまっていれば良く、一連の不審死への関与が警察の知るところとなった時点で映画を終えれば良かったと思うのですが、小柄な大竹しのぶがモンスター化し、やや大柄で、水泳で体を動かす習慣もある内野聖陽を直接的な肉弾戦で圧倒するという展開は突飛過ぎたし、本作に求められる恐怖とはズレているように感じました。
ザ・チャンバラさん [インターネット(邦画)] 7点(2018-07-09 18:48:25)
105.《ネタバレ》 昔映画館で観て怖かった記憶があり、恐る恐る深夜に観なおしたのだが、これは怖いというより不気味&笑える。
段々と不協和音を感じさせてくる展開はジワジワ精神的にくるものがある。また、大竹しのぶは怖いというより完全に役に入り込んでいて凄いインパクト。
しかし、あれだけ人を殺しまくっているプロの殺人鬼なのに、あんなひ弱な主人公に勝てないってどうよ。まあお約束と言えばそれまでだけど。
ヴレアさん [映画館(邦画)] 6点(2017-06-27 19:47:23)
104.大竹しのぶは良かったけど、全体的におバカコント級の意味不明な行動と制作者の悪のりが垣間見えて。
それ相応の評価に収まってるのも納得。
デミトリさん [DVD(邦画)] 4点(2017-06-26 00:49:26)
103.《ネタバレ》 大竹しのぶ、西村雅彦の狂人役の演技が良かったです。
他はボソボソしゃべり過ぎて聞き取り辛い部分がありイラッとしてました。
家に侵入のシーンは緊迫感があり良かった。
最後の会社でのバトルシーンは「乳吸え!」にぽか~んでした。
とむさん [DVD(字幕)] 5点(2016-06-27 01:06:51)
102.他のレビューを見て原作改変に端を発する評価の低さに驚いたが、自分は原作未読(怖くて読めない)のためかなり楽しんで観れた。
映画としては、確かに過剰演出な部分はあるが、サイコパスという異常性と絡めて考えるとマッチしていたように思う。
問題の「乳しゃぶれ〜」は唐突過ぎて完全にギャグで、必要なシーンかは謎。せめてサイコパスの性欲の強さを表す伏線でもあればなあ。
全体的には、不気味で本当に怖かった。結構オススメだったりする。
ポン酢太郎さん [DVD(邦画)] 6点(2014-12-01 00:34:35)
101.原作のストーリーラインをほぼ忠実になぞりながらも、キャラクター造型において監督と役者が好き放題に暴走した結果、まったく違った物語が出来上がったという怪作。内野聖陽、大竹しのぶ、西村雅彦のトリオが織りなす一種の悪ノリとすら思える奇跡のアンサンブルが、原作とは違った意味での「恐怖」を観客に提供している。音声へのノイズの混入、会議室シーンでの不自然な照明効果、繰り返される「玉」のモチーフなど、お決まりの無茶な演出も乗りに乗っている。
野良猫さん [DVD(邦画)] 8点(2014-09-07 22:44:58)
100.《ネタバレ》 ホラー・サスペンスというよりブラックコメディですよね?

序盤から挙動不審な御主人(西村雅彦)に、ちょっとウケてしまい・・・
不謹慎かも知れないが、その御主人の指だけじゃなく腕までなくなってしまった病室のシーンなんか、コントっぽく感じてしまった。

『クワイエットルームへようこそ』でも思ったことだが、
大竹しのぶ嬢は、こういうイッちゃった系の役どころは上手いと感じた。

ただヘアヌード写真集を出す位のお方なんだから、乳吹き替えすんなよ・・・
この場面は、綺麗なオッパイじゃダメだと思う・・・
一寸くたびれた乳であってこその『乳しゃぶれ~、下手くそ~』のセリフが生きるのだと思う。

この辺りと、ボーリングの球じゃなく汁まみれのバイブが飛んで来てウィ~ンウィ~ンて動いてたら、点数2点はアップしてあげたのに・・・残念。

ぐうたらパパさん [インターネット(字幕)] 4点(2014-07-30 18:28:19)
99.原作の方が不気味な感じはあったけど、まずまずかな。大竹しのぶは怖い。
nojiさん [DVD(邦画)] 5点(2014-05-31 22:10:16)
98.《ネタバレ》 内野聖陽がぼそぼそ声で頼りない感じで苛つくけど、西田雅彦と大竹しのぶはよかったです。家の中に入っていくシーンは緊迫感すごかったなあ。映画館で見た人はよく耐えられましたね。
最後の方はちょっとモンスター度が増しちゃってやり過ぎ感があるけどとても怖かったです。
しかしいくら原作のほうがいいからといってあちこちのレビューサイトでもこの映画は評価は低いんだよなー。
ume0214さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2013-12-08 14:41:23)
97.原作未読です。きっと原作はものすごく怖いんだろうなぁ、なんて想像しながらの森田監督のコメディ節が絶好調な作品になってしまっていましたね。彼はやはり淡々とした演出の作品の方が向いていた様な気がします。大竹さんは圧巻の演技でしたが、乳はたぶん他の女性の乳ですよね?
movie海馬さん [ビデオ(邦画)] 4点(2013-10-16 02:17:11)
96.《ネタバレ》 大竹しのぶがこの映画「と」ぽっぽや?での演技で日本アカデミー賞を、っていうシステムが、って別の話になっちゃいますのでやめます。
確かにこの大竹しのぶは圧というか見ててうえっとくるものはあったけど
原作がさらに凄かったもんだから、やっぱり迫力に欠けるというか~。。
殺し方のディテールなどまあ文章の方がじわじわ来るし、情報量も多いし。
ちょっとイメージしていた女性像と違ったのかなーおしい
さいごはこわかったけどねー
Peccoさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2013-02-01 23:51:33)
95.公開年から13年経過したがこのような陰鬱な事件はあとを絶たず何故人は狂気に駆り立てられるのか?という疑問はつきない。故森田監督の演出には賛否はあるもののテーマごとに計算し尽くしていたのではないか。殺人事件等が発生するたびメディアはこぞって取り上げ野次馬的聴視者はワイドショーにかじりつく。そんな大衆に対し、事件の成立過程を娯楽的スプラッター映像に仕立てホレどうだとばかりに放って寄こし、ほくそ笑んでいる監督がいたんではないだろうか。「金払ってまでこんなの観たか~ねぇーヨ」って怒ったら術中にハマったってこと。 追記(2012.11)_原作を超える壮絶な尼崎事件が明らかになりつつあります。ビートたけしが言っていた「平和な映画をいくら公開しても平和にならないんだから暴力的な映画公開したからっていって暴力的な世の中になるとはかぎらんだろ?」的なことってどうなんだろって思ってしまうな~。
かれくさん [DVD(邦画)] 9点(2012-02-27 06:40:30)
94.《ネタバレ》 「乳吸えやぁ~!!」をネタにして友達とよくふざけていました。(笑)
アフロさん [ビデオ(邦画)] 5点(2011-06-22 12:43:26)
93.《ネタバレ》 ギャグと見紛う大袈裟な演出が目に付きます。首吊り死体を目にしてひっくり返る主人公、何処から投げたのか謎のガラスをぶち破るボーリング球、それに大竹の乳。明らかに変なんです。「乳しゃぶれ」自体は、女の狂気を表現するのに有効な手段かもしれませんが、ムチムチのええ乳である必要はありません。吹き替え用の偽乳と丸分かりですから。ツッコミ待ちのボケとしか思えない。そのほかにもリアリティを欠く描写を上げたらキリがありません。たぶん本作を「サスペンス」や「ホラー」というカテゴリー内で評することに無理があるのだと考えます。かと言って「コメディ」に分類するのも違う気がする。狙って笑いを取りに来ているとも思えないので。これは、監督のオリジナルジャンルと捉えるのが一番しっくりきます。実力派俳優の怪演に、監督の怪演出がミラクルブレンド。例えるなら、ドリンクバーで戯れにウーロン茶とカルピスを混ぜてみたら意外とイケた、みたいな(あるいはアイデアママのオリジナル料理)。当たり障りのない無味無臭な映画に比べれば、コレはコレで悪くない気がする。あの『模倣犯』も、もう一度新たな視点で見直す必要があるかもしれないと思いました。ただし自分は、カルピスは普通に飲みたいです。
目隠シストさん [DVD(邦画)] 6点(2010-11-03 00:29:53)(良:1票)
92.《ネタバレ》 大竹しのぶの逝かれっぷりがトラウマというかすごく印象に残っていて
以前、韓国のリメイク版を見たのですが、やっぱりオリジナル版の方が怖かったという
思いが強かったせいか久しぶりにまた観てしまった。
や~、何度観ても大竹しのぶのあの表情、口調は怖い…。で、保険会社のミーティングシーンの不気味さというかシニカルさというか。狂気という点では韓国版の方が演出面でも良かったと思いますが、怪しさでいえばこっちが一歩上かな。割とお気に入りの作品です。
シネマブルクさん [DVD(字幕)] 7点(2010-10-15 13:14:37)
91.《ネタバレ》 えーと、まず映画化された、というのを聞いて、原作から読みました。
原作には背筋が凍りそうなほどの恐怖と(いい意味での)後味の悪さを覚えました。

で、映画公開終了後、色んな批評サイトをめぐって見ると「ひどい」「意味わからん」
という批評がほとんどでした。でも、自分の目で見ないと本当のところはわからないだろう、と思って、ビデオで見ました。

確かにひどかったです。若槻役の内野聖陽、確かに見た目は原作の若槻っぽいんですけど、ビビリでヘタレ過ぎ。田中美里の黒沢恵も欝すぎ。
原作では繊細だけどもう少し元気な人です。

原作では頼りになる上司の葛西さんも120キロくらいある巨漢なのに、
映画だと見るからに頼りなさそうな石橋蓮司だし、
ヤクザ上がりの潰し屋三善茂に至っては全然怖そうじゃない小林薫だったり、
脚本とか以前に(脚本も良くはなかったですけど)キャスティングに問題があるなぁ、
と感じてしまいました。

それと原作の持ち味でもあった『普通に暮らしていながら、心に巨大な闇を抱えた
人間が見せる狂気』がうまく表現できていなかったように思います。

大竹しのぶさんにしても、西村雅彦さんにしても、あれではただの『電波な人』です。

原作は好きなんですが、映画としてはこの点数で。



ダイスさん [ビデオ(邦画)] 3点(2009-07-08 12:13:12)
90.昔映画館で見たときはあまり面白くないと思ったんだけど、今回韓国版のスタンダードなホラーなやつを見てからこのオリジナルを見直すと、ヘンテコ具合が意外に面白いことに気づいた。こんなこともあるんだなあ。
ととさん [映画館(邦画)] 6点(2009-03-23 05:10:41)
89.普通にホラー映画として成立はしていると思います。大竹しのぶは頑張っていたと思います。でも、今作に関しては原作の良かった部分がかなり無くなってしまったことが残念ですね。怖さの質の話です。この原作を読んだときはとっても怖かった。怨霊やモンスターが出てこなくても、設定によっては人間が充分に怖い存在になるという点が原作の良さだと思う。常温で感じる怖さ。でも、この映画から受ける印象はコメディチックです。西村雅彦の壊れ方や内野聖陽の怖がり方が大げさ過ぎます。どこかに違和感があると云うより、あからさまに変な奴って感じ。その意味では大竹しのぶも、もう一息です。原作はゲテモノになる直前で社会派サスペンスホラーの風体を保っていて、それが評価されたと思ってます。そんな作品は日本ではあまりお目にかかれないので勿体ないです。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2009-03-15 02:13:15)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 108人
平均点数 4.26点
032.78%
11513.89%
2109.26%
31110.19%
42018.52%
51513.89%
61312.04%
71412.96%
832.78%
932.78%
1010.93%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review2人
2 ストーリー評価 4.40点 Review5人
3 鑑賞後の後味 3.16点 Review6人
4 音楽評価 4.25点 Review4人
5 感泣評価 2.33点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS