フロム・ヘルのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 フ行
 > フロム・ヘルの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

フロム・ヘル

[フロムヘル]
From Hell
2001年上映時間:124分
平均点:5.85 / 10(Review 177人) (点数分布表示)
公開開始日(2002-01-19)
ホラーサスペンス犯罪ものミステリー刑事もの歴史もの漫画の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2016-11-13)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アルバート・ヒューズ
アレン・ヒューズ
キャストジョニー・デップ(男優)フレッド・アバーライン警部
ヘザー・グレアム(女優)メアリ・ケリー
イアン・ホルム(男優)ウィリアム・ガル卿
ロビー・コルトレーン(男優)ピーター・ゴットレイ
イアン・リチャードソン(男優)チャールズ・ウォーレン卿
カトリン・カートリッジ(女優)ダーク・アニー・チャップマン
ジェイソン・フレミング(男優)ネトレイ
ソフィア・マイルズ(女優)ヴィクトリア・アバーライン
イアン・マクニース(男優)検死官 ロバート・ドラッジ
ドミニク・クーパー(男優)巡査
スーザン・リンチ〔1971年生〕(女優)リズ・ストライド
平田広明フレッド・アバーライン警部(日本語吹き替え版【VHS/DVD/テレビ東京】)
日野由利加メアリ・ケリー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
石森達幸ウィリアム・ガル卿(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
仲野裕ネトレイ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
福田信昭ピーター・ゴットレイ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
三宅健太検死官 ロバート・ドラッジ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
松岡文雄チャールズ・ウォーレン卿(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
長克巳ベン・キドニー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
甲斐田裕子メアリ・ケリー(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
稲垣隆史ウィリアム・ガル卿(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
玄田哲章ピーター・ゴットレイ(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
堀勝之祐ベン・キドニー(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
大木民夫チャールズ・ウォーレン卿(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
原作アラン・ムーアグラフィックノベル「フロム・ヘル」
脚本テリー・ヘイズ
ラファエル・イグレシアス
音楽トレヴァー・ジョーンズ
編曲トレヴァー・ジョーンズ
主題歌マリリン・マンソン"The Nobodies"
撮影ピーター・デミング
製作ドン・マーフィ〔製作〕
20世紀フォックス
製作総指揮アルバート・ヒューズ
アレン・ヒューズ
エイミー・ロビンソン
配給20世紀フォックス
特殊メイクニール・ゴートン
美術マーティン・チャイルズ(プロダクション・デザイン)
衣装キム・バレット
編集ジョージ・バワーズ
ダン・レーベンタール
字幕翻訳石田泰子
その他ナイジェル・ホーソーン(サンクス)
トレヴァー・ジョーンズ(シンセサイザー演奏)
あらすじ
1888年のロンドン・ホワイトチャペル通り。ここで娼婦ばかりを狙った残虐かつ卑劣な殺人事件が多発。この事件を担当する事になったのはアバーライン警部(ジョニー・デップ)。阿片中毒者の彼は、阿片を吸引することで事件を透視できるという不思議な能力を持っていた。幻覚と共に捜査を進めるうち、娼婦のメアリ(ヘザー・グラハム)と出会い捜査協力を求めるが、彼を嘲笑うかのように殺人は止まらない――。当時、イギリスを恐怖に陥れた<切り裂きジャック>による迷宮入り連続殺人事件を、数ある説の一説からヒューズ兄弟が映画化。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
177.《ネタバレ》  こーゆーミステリーものの醍醐味って、犯人がわかる瞬間だと思うんですよね。
 『おまえが犯人かー。』って、見ているほうも味わえる驚きと興奮。この作品にはそれがない。
 犯人がすぐわかるわけではないのです。正直ジョニー・デップが犯人かと疑うくらい、さっぱり見当もついてませんでした。
 にも関わらず、犯人がわかったとき、『ああ、なんだ、お前か。』ぐらいの感想しかわきません。
 なぜなら犯人という人物に、まるで愛着がわいていなかったからです。
 『意外』、とも言えない人物。微妙なんですよね、劇中での犯人の立ち位置が。
 ストーリーのわかりにくさもマイナスポイント。
 少々難解な作品であっても、良作にはちゃんと考える余地があります。この作品については、その部分が不親切。製作側の自己満足で終わっちゃってないですか。
 それにストーリーも、蓋を開ければただの口封じストーリーで、面白くありません。
 ストーリーやキャラクターに求心力があるからこそ、不快な描写も活きると思います。
 この作品では描写のグロさ、不快さでただインパクトがあるのみ。むしろ、そんな意図はないのでしょうが、グロ描写がストーリーのつまらなさをごまかすだけの代物にまで見えてきます。
 ついでに言うと、個人的には切り裂きジャックによる猟奇殺人よりも、正常な人間の前頭葉除去手術のほうがショッキングでした。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2017-01-06 12:16:15)(良:1票)
176.皆さんの評判は芳しくないけど、えーっそうですかね、自分はそんなに悪くないと思いますし、けっこう好きかも。時代ものでジョニー・デップが刑事で難事件に挑むってのは『スリーピー・ホロウ』と被りますが、この映画の監督というか脚本にティム・バートンみたいな才気と黒いユーモア感覚がないところが不評の元なんだろうなと思います。でも“エレファントマン”ジョン・メリックまで登場する造りこまれた19世紀末ロンドンの雰囲気とは好きですし、脇を固める味のある助演陣もいい仕事してると思います。原作があのアラン・ムーアですから、ウィリアム・ガル卿の卒中で不自由な肢体とかジャックが出した手紙の件とか、けっこう辻褄の合わないことも目立ちますけどね。 まあこの映画の一番の難点は、ファンには怒られるかもしれませんが、デップが19世紀の英国人にとても見えないところでしょう。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-07-21 22:07:22)
175.《ネタバレ》 かなり期待してたんだけどなぁ……。切り裂きジャックという、言ってみれば使い古されたネタを(13年前の作品とは言え)今更映画化するからには、何かそれなりの仕掛けがあるのだろう、と。
 コミックの原作(未読ですが)があるからしょうがないのかもしれないが、あまりに工夫の無いお話にはガックリ。王室関係者説にフリーメーソンを絡めてみました程度ではねぇ。これならいっそ『タイム・アフター・タイム』くらいぶっ飛んだ話の方が、純粋に映画として楽しめる。
 しかも、陰鬱な雰囲気もちょっと度が過ぎるし、話の展開が遅すぎて退屈すら感じる。全体的に緩急が無いと言うかメリハリが無いと言うか。
 いやホント、期待して観たから尚更厳しい感想になってしまうのだろうが、かなりガッカリな作品でした。
TERRAさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2014-02-15 22:14:46)(良:1票)
174.《ネタバレ》 切り裂きジャック事件をモチーフのサスペンス映画。
ネクラ版ジョニーの中では面白い方だったかなぁ。
ちょっとグロくてラストもしんみり。
時代背景とか世界観はいいんだけど、決して楽しくありません。
かといって重厚って感じでもないしなぁ。
どんな気分のときに観ればいい映画かよくわからないのがチト痛い。
ろにまささん [地上波(吹替)] 5点(2013-09-16 17:58:47)(良:1票)
173.《ネタバレ》 ヴィクトリア朝の裏の顔の雰囲気はよくでているので当時の風俗とか見るのに興味深いです。
でも捜査官の特殊能力ってなんか必要・・・?
犯人もあっそうですか・・・って感じだし。
題材の面白さに頼っただけといっていいでしょうか。
ぺーこさん [地上波(字幕)] 4点(2013-03-03 14:26:48)(良:1票)
172.《ネタバレ》 しまった!間違った!!「スリーピー・ホロウ」を借りたつもりが、「フロム・ヘル」だった!(汗)
いや、この作品もとてもよく出来ているし、デップも若くて美しく、悪くないのですが…。

当時のロンドンの街や住人、娼婦の風俗が非常にリアルに描けており、作品の説得力を増しています。切り裂きジャックの正体や動機も、納得がいくように丁寧に考えられており、かつ恐ろしさを感じさせ、成功していると思います。
鑑賞後の後味も、ちょっと(かなり?)ビターな後口で、悪くありません。

そう、「悪くない」のです。でも、「すごくいい」とは言えない。
なぜでしょうね~。
単に「好み」の話になってくるのかも。

ワンシーンだけ、どうしても「いただけません」な箇所が。
切り裂き魔の正体がバレた途端、ウィリアム卿がとっても黒目がち☆になるのですが、止めてほしいのです…。不自然なだけで怖くないし。
黒コンタクトなんぞに頼らないで、イアン・ホルムの演技力を信じたほうがよかったんじゃないか? 白目を血走らせた方がまだしも、でした。

「悪くない」作品ですが、何度も観たいとは思えない…。
たぶん、派手な見せ場や、ドキドキ・ハラハラするシーンがなく、アップダウンが少ない作品だからなのかもしれませんね。
まあでも、デップが美しかったので、この点数で。
りりらっちさん [DVD(字幕)] 6点(2012-12-16 10:42:08)(良:1票)
171.《ネタバレ》 脚本自体は良く出来てるというか。
切り裂きジャックの黒幕はフリーメイソンだとか、なかなか興味深い話ではあるんですが、全体的に物足りない感じ。
あんまり主人公の予知夢の設定も役に立ってないし。
娼婦が次々と殺されていくのであらば、出てくる女優全部ひん剥くくらいの気概が欲しいところ。というのは言い過ぎですが、無意味なヌードシーンは反対派の自分ですが、
この映画にはもっとヌードシーンが必要と思いました。
ヒロインであろうが、多少、歳イっている娼婦の面々であろうが、
虐殺だけを描くより、そっち方面も描かないとなんかパッとしない感が、ず~っと観ててありました。
一言で要約するなら『あ~あ・・・。女の裸が観たい。』
バニーボーイさん [地上波(吹替)] 6点(2011-05-24 23:28:56)
170.《ネタバレ》 特に印象に残ることがないなぁっていうのが印象の映画。ジョニーデップはさすがに若いね。全体的にどんよりしててすっくりしない天気の日みたいな感じ。
いっちぃさん [地上波(吹替)] 4点(2011-01-08 00:31:59)
169.ジョニーデップは好きだけど、この映画はパッとしない。
たこちゅうさん [DVD(字幕)] 5点(2011-01-02 07:06:52)
168.実在の事件であり1888年のロンドンと場所も確定されているにもかかわらず、どこか現実には存在しない場所のように感じるのは、その舞台背景の元がグラフィックノベルだからなのでしょうか。読んでないのでよくわからんのですが、どちらにしても独特のおどろおどろしい雰囲気がいいです。今まで何してたんだかのヒューズ兄弟の久々の新作『ザ・ウォーカー』にしてもその物語と人物を活かす為の舞台づくりが実にうまい。舞台の完成がそのまま映画の完成とも言えるその刺激的な世界観の構築はやはりヒューズ兄弟ならではなのかもしれません。史実をからませながらのフィクションは私自身大好きなパターンで、その史実がちゃんとこの独特の世界に馴染んでる、あるいは馴染むものしか出していないのもいいです。ところどころ、とくに結末あたりはおどろおどろしさよりもマンガチックさが勝ってるのが残念。娯楽映画としてのバランスを考えたらこんなもんかもしれんが。
R&Aさん [DVD(字幕)] 6点(2010-12-15 15:06:38)
167.《ネタバレ》 改めて観てみると映画としてのレベルが意外と高いのかもしれないと感じさせる作品。当時の雰囲気はきっちりと伝わっており、製作者の熱意が込められている。アヘンや殺人など退廃的又はグロテスクなものではあるが、美的なセンスや映像に対する哲学もなかなか優れている。全体的に説明不足な感はあるが、画面によって大部分を上手く説明している。あまり押し付けずに、観客の解釈力などに委ねている部分があり、ハリウッド映画らしくない特異な作品に仕上がっている。
ラストではジョニー・デップ演じるアバーライン警部が死ぬシーンが描かれているが、なぜ本編と直接関係のないシーンをわざわざ描く必要があったのか当初は分からなかったが、今となっては少し分かった気がする。あのシーンは、あの事件のすぐ後ではなくて、デップの姿がかなり老けていることから、かなりの年月が経っているように思える。警部は孤独ではあるものの、彼なりのやり方でメアリと娘の成長を長年見守っているということが想像でき、必須のシーンであると考えられる。
アバーライン警部は訳の分からない特殊能力を備えているが、興ざめにならない程度に抑えられている点も悪くない。しかも、事件の解決というよりも、その能力を娼婦との恋愛に振っている辺りもなかなかセンスが良い。“海辺の家にいる君がみえる”というセリフだけで女が男に恋をする訳が分かる。また、娼婦でありながらも自分を卑下しないメアリに惹かれる警部の心理も感じられる。恋愛要素を過度に描く必要がない映画だが、“会いたいけれども命の危険に晒すこととなるので会わない”など、恋愛映画の要素も必要最小限の範囲できっちりと描かれている。警部と娼婦の恋愛を描くことで、王家の者が娼婦と恋愛に陥ることへの理屈付けの面もあるのではないか。なぜ王家の者が娼婦に対して本気になったのかということも一応納得できるだろうか(ただの女好きなだけかもしれないが)。
“切り裂きジャック事件”の真相についてはよく知らないが、大胆にユニークに脚色されている点が面白い。王室やフリーメーソンを絡めて、壮大な“復讐劇”として描かれている。実際の事件とは恐らく関係のないストーリーが展開されれているとは思うが、これはこれでフィクションとしてアリではないか。原作が「ウォッチメン」のアラン・ムーアによるグラフィックノベルとのこと。なかなか才能がある人物のようだ。
六本木ソルジャーさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2010-06-23 23:30:52)(良:1票)
166.《ネタバレ》 19世紀末ロンドンは好きですが、これは単調で長く感じてあまりよくないみたい。 映像は凝っていても延々グロいのを繰り返してて。 ジョニデの警部美しすぎだしロビー・コルトレーンが側にいると大根ぽく見え、ヘザー・グレアムも雰囲気がない。 脇を固める英国俳優さんたちはよかったです。(回想シーンではアバーラインの亡妻役でソフィア・マイルズも♪) 終盤のイアン・ホルムの眼、異様に黒かったけどカラコンしてたのかな? ジョン・メリックのメイクアップは「エレファント・マン」より正確だけど、時代色を出すためとはいえ見世物的な扱い。 アヘンチンキをたらしたアブサンが蒼い炎を上げるシーンが退廃的。
レインさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2010-06-11 01:20:59)
165.《ネタバレ》 うーーん、な印象 全体的な雰囲気は暗くて気持ち悪くて ま、内容が内容なだけにしょうがないんだろうけど。。。  ジョニーデップはあいかわらずカッコイイ&相棒の人がいい感じでアリマシタ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2010-04-02 08:55:46)
164.《ネタバレ》 車から下に伸びる階段?の音が不気味で怖かった。まぶたの上にコインを置くと。。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 4点(2009-05-03 21:57:50)
163.血だらけッスね。
Junkerさん [DVD(字幕)] 5点(2009-02-17 22:57:02)
162.テンポが悪い。わかりにくい。暗い。意外性もスペクタクルもない。主人公のヘッドバットがやたら強い。ヘザーさん美人。以上。
すべからさん [DVD(字幕)] 5点(2008-08-21 18:13:20)
161.《ネタバレ》 切り裂きジャック自体の怖さというより、巨大な権力の恐ろしさとその前における個の力の無力さを思い知らされた作品でした。個人的に恋愛要素は余分でしたが、ありきたりな話の展開ではなく、少し捻りを利かせ無力感を感じさせるラストは良く、エンターテインメント性とサスペンス性をバランスよく含んだ良作という感じでした。
ちゃじじさん [DVD(字幕)] 5点(2008-03-01 18:54:46)
160.超能力はいらなかった気がしますが、全体的には面白かった!
A.O.Dさん [DVD(吹替)] 7点(2008-02-26 01:22:22)
159.《ネタバレ》 ショッキングなシーンは少なからずあるが、もうちっと見せ方に凝って欲しかったかな。
どうも地味で面白みにかける、デップの過去や予知能力の存在意義にも疑問。
ラストはたまにはこういうのも良いと感じられた。
ただ、あの流れでそりゃないよとは思ったけど。
久々にデップ、カッコいいなと見ていて思えた作品である。
ロビー・コルトレーン演じる、部下のピーターがいい味出してた。
にしても、ああも見事な局地的犯行ならいくらでも手の打ちようがゲフンゲフン。
もうデップが切り裂きジャックでもいいよ、と思えるほど展開にたるみがあるし。
HIGEニズムさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2007-02-14 21:56:20)
158.犯人像に残虐性とか恐怖的なものをせっかく持たせてたのに、あれじゃあまりに正体が弱々しすぎる。ラストはこのドラマにおいての王道というかお約束みたいな感じになってますが好きです、こういうの。
カーマインTypeⅡさん [ビデオ(字幕)] 8点(2007-01-28 20:51:48)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 177人
平均点数 5.85点
010.56%
110.56%
231.69%
3116.21%
4147.91%
54525.42%
64022.60%
73419.21%
81910.73%
963.39%
1031.69%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.50点 Review4人
2 ストーリー評価 4.75点 Review8人
3 鑑賞後の後味 4.62点 Review8人
4 音楽評価 5.20点 Review5人
5 感泣評価 1.33点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS