十三人の刺客(1963)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 十三人の刺客(1963)
 > (レビュー・クチコミ)

十三人の刺客(1963)

[ジュウサンニンノシカク]
1963年【日】 上映時間:125分
平均点:6.92 / 10(Review 40人) (点数分布表示)
アクションドラマサスペンス時代劇モノクロ映画
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2021-02-07)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督工藤栄一
助監督田宮武
キャスト片岡千恵蔵(男優)島田新左衛門
里見浩太郎(男優)島田新六郎
内田良平(男優)鬼頭半兵衛
菅貫太郎(男優)松平左兵衛督斉韶
丘さとみ(女優)おえん
山城新伍(男優)木賀小弥太
三島ゆり子(女優)牧野千代
河原崎長一郎(男優)牧野采女
藤純子(女優)加代
水島道太郎(男優)佐原平蔵
阿部九州男(男優)三橋軍次郎
加賀邦男(男優)樋口源内
汐路章(男優)堀井弥八
沢村精四郎(男優)小倉庄次郎
片岡栄二郎(男優)大竹茂助
和崎俊哉(男優)石塚利平
高橋漣(女優)間宮小浪
明石潮(男優)小泉頼母
原田甲子郎(男優)浅川十太夫
水野浩(男優)三州屋徳兵衛
高松錦之助(男優)間宮図書
北龍二(男優)丹羽隼人
香川良介(男優)老中
尾上華丈(男優)
松浦築枝(女優)
有川正治(男優)出口源四郎
堀正夫(男優)大野多仲
西村晃(男優)平山九十郎
丹波哲郎(男優)土井大炊頭利位
月形龍之介(男優)牧野靭負
嵐寛寿郎(男優)倉永左平太
芥川隆行語り手
脚本池上金男
音楽伊福部昭
撮影鈴木重平
企画玉木潤一郎
天尾完次
配給東映
美術井川徳道
編集宮本信太郎
照明増田悦章
あらすじ
将軍の弟である明石藩主は私欲に走り、藩政をないがしろにする暴君だった。明石藩の家老は公儀による処分を求め切腹。しかし将軍は弟への処分を下さなかった。予定されている藩主の老中就任を阻止するため、幕府は目付に明石藩主の暗殺を命ずる。そして、十三人の刺客たちが集められていき・・・。 東映が豪華キャストを配して製作した集団抗争時代劇の傑作。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
40.《ネタバレ》 これはMVPは内田良平先生です。敵方にそのような優れた切れ者がいてこそ、それに対峙する主役側も輝くというもの。その頭脳戦の衝突は、「何も起こらなかった」河渡りのシーンで美しく結実しています。その後の行列の進行経路をめぐる策謀の競り合いもスリリング。それと比べると、肝心のクライマックスのバトルは今ひとつという気もしますが、ここは、これでもかとばかりに映し出される裏路地や閉塞柵の美術的価値を堪能しましょう。ラストは、任務を無事全うしてめでたしめでたしになるのかと思いきや、突然荒涼感と不条理感が吹き荒れる締め方なのですが、これも不思議な余韻を残していますね。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2019-09-16 17:13:55)
39.《ネタバレ》 三池版とは異なる活劇の佳作。黒沢の七人の侍の雨中シーンには負けるが、東映魂がみなぎる雨中の大活劇が見所。男さわぎの映画
にけさん [映画館(邦画)] 7点(2019-01-24 14:38:33)
38.《ネタバレ》 この作品を観ている時、まっ先に『荒木又右衛門 決闘鍵屋の辻』が思い浮かんだ。
緊迫感という面において、今一歩『荒木又右衛門 決闘鍵屋の辻』に及ばない。
殺陣もリアリティに欠けている。
多少、犠牲者は出たものの、千恵蔵サイドが生き残り過ぎの感もあり。

例えば終盤の殺陣シーンとして、強引に引き合いに出すとすれば、『宮本武蔵 一乗寺の決斗』と比べた場合、鬼気迫るレベルにおいて劣っている。
大声と気合いは凄いのだが、演技としての大声だと感じてしまい、リアリティが足りなかった。

監督の問題か、キャスティングの問題か、原因は分からないが、これら二本の時代劇と比べてみても、かなり弱いという印象。
にじばぶさん [ビデオ(邦画)] 5点(2016-03-21 17:42:34)
37.非常に良い作品だと思います。特に前半の部屋のロウソクの位置と影、少し遠めからのアングル、障子を開けかた、三味線の音での説得、現在の時代劇には皆無の工夫が見られました。観えない人には何も見えないのだと思います。最初の頃に、「今の時代は真剣で戦ったことがある武士はいない。どんな戦いになるか分らない」という風なセリフがあって、後半の乱れながらの斬り合いになる。ラストの逃げ出した家臣の笑いは、何の滑稽さを表わしているのでしょうか。
cogitoさん [DVD(字幕)] 8点(2015-11-28 17:43:08)
36.切腹からのスタートシーンから襲撃の段取りが整うまでの時間が短く、非常にスリリングなのですが、本番の戦いはちょっと長かったですね。誰がどこにいるのかさっぱり分からないし。でも敵味方双方のリーダーの重鎮ぶりは見事でした。現代の時代劇のようにチャンバラ時にカキーン!音がなく、みんなやぶれかぶれな雰囲気がリアルで良かったです。
次郎丸三郎さん [DVD(邦画)] 8点(2014-11-19 18:29:01)
35.《ネタバレ》 私もセリフが聞こえにくいところが残念でした。まあ、十三人もいると最初から全員にスポットを当てるのは期待していませんが、それにしても本当にどうでもいいような刺客もいましたねぇ。ほとんど区別がつかないのは、どうかと思います。
物語としては、「戦がなくなった時代の侍」を登場させ、それによって逆に侍のあり方や武士道を描く部分もあったのかもしれませんが、印象が弱い。戦いは全般的にリアルですが、どうもダラダラと長く続いたという気がします。舞台となる宿場の地理が全くわからず、今映っている場面がどのあたりなのか見当がつかないというのも、見ていて面白味が少ない。結局、物語もアクションも中途半端でした。
いちばんの見どころは豪華俳優陣で、特に千恵蔵VS内田良平はよかったと思います。アラカンの助演ぶりもおみごとですが、月形龍之介がいいところを占めていたと思います。西村晃もインパクトがありました。
アングロファイルさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2014-11-10 19:26:08)
34.古い映画なので音声が聞き取り難いところがありました。フィクションということですが、悪役の殿様のモデルやそれにまつわる残虐な事件が史実にはあったらしいとのことです。面白いストーリーだと思いましたが、後半の殺陣シーンのあまりの長さにうんざりしました。
ProPaceさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2014-08-17 13:38:23)
33.まず、(旧いからかもしれないけど)声が聞きにくい。それだけで観るモチベーションかなり下がりました。
でも、終盤のシーンを観たかったので最後まで鑑賞しましたが、どうでしょうね~。私は単に時代劇に向いていないのかもしれません。
ちょっとお勧めはしにくい映画だと思いました。
simpleさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2014-08-14 23:45:45)
32.再評価です。
前見たときは戦闘まで淡々としすぎていて退屈でしたが、今回は「太秦ライムライト」を気に色々と見直す事にしました。
そしたら退屈どころかその丁寧なドラマ作りに見入ってしまいます。
それに戦前の時代劇を幾つか見たおかげで俳優陣の豪華さに今更ながら驚いています。「鴛鴦歌合戦」や「赤西蠣太」の名演を見た後だと、片岡千恵蔵の重きを置いた演技の良さがようやく解りますし、その補佐役として「鞍馬天狗」の嵐寛寿郎や月形龍之介など時代劇を支えてきた骨太の名優たち。どうしてこんな面々の凄さに今まで気付けなかったのか。戦前日本映画の凄さを知った今の自分には、老いて尚も重厚で重い時代劇を作ろうとした野心が伝わってきます。「十三人の刺客」は今でいう「太秦ライムライト」。
黒澤映画や小林正樹の「切腹」などは、今だと最新鋭の技術の粋とも言える「驚異的な存在」だったのでしょう。時代劇の人気が続く嬉しさの反面、サイレント時代から培われた「剣劇」というカタの衰退・・・それを残すべく千恵蔵を始めとする古参の強者、里見浩太朗や丹波哲郎をといった新進気鋭、西村晃など名バイプレイヤーたち・・・今考えると恐ろしい顔ぶれです。
終盤まで戦闘が無いのも往年の時代劇のようなドラマに重きを置いた作風であるし、数十分にわたる戦闘も阪東妻三郎の「雄呂血」や伊藤大輔の「忠次旅日記」えのオマージュにも似たこだわりが感じられます。
この映画の神髄はサイレント時代の「呼吸」を理解しないと中々味わえないものなのかも知れません。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 8点(2013-12-24 12:53:08)
31.私もリメイク版を観てからの鑑賞です。春日太一著「あかんやつら」で取り上げられていたことも観るキッカケでした。さすがにリメイク版のケレン味やド派手なアクションシーンなどを観てからだと物足りない所もあります。けどそれはまあ、後出しジャンケンみたいなものなので仕様がないですな・・・。私が好きだったのは新左が新六郎を仲間に誘いに来るところ。リメイク版よりもこちらのほうが遥かに良かったと思います。新左の弾く三味線の音色が言葉よりも雄弁に語りかけてきます。侍として生きるにもそれ以外の道で生きるにも、相当な覚悟が必要だとよく分かるシーンでした。「お前は侍の身分やしがらみから逃げているのではなく、生きることそのものから逃げてはいないか?」と問われているようでした。戦闘シーンよりも好きかもしれません。
ゆうろうさん [DVD(邦画)] 7点(2013-12-06 02:32:41)
30.リメイク版を観た後で、このオリジナルを鑑賞。こんな傑作を今まで観ていなかった自分が恥ずかしい。
このオリジナルを観ると、今の邦画時代劇のロケーションの苦しさがよくわかる。
昔の時代劇は「絵」が広い!!
どのシーンを見ても、よくこんな広いロケ地があったのだと感心する。
今のようにカメラがやたらめったら動かず、1カット1カットの構図が素晴らしく、そのカットの組み立てでシーンを見せている。
やはり、この頃の映画はテレビとはっきり差別化した撮り方をしていたのだと思う。
小さなモニターではなく、映画館で堪能したい作品だ。
どっぐすさん [DVD(邦画)] 8点(2012-01-13 23:50:53)
29.刺客が十三人もいたら、まとまりがつかなくなるのでは? と思ったのだが、
素直に面白かった。ストーリー自体が単純ということもあるんだろうけど、
それでも刺客たちと敵役たちの頭脳戦が至るところに織り込まれていて、緊張感もたっぷり。
途中で飽きることもなかった。役者さんたちは普通にいい。
合戦のシーンは「七人の侍」のような迫力はないけれど、
この時代は侍同士の斬り合いがほとんどなかったらしく、そういう視点で鑑賞すると、
皆ビビって腰が引けてて、とてもリアルに思えてくる。時間的な都合で、
刺客十三人のそれぞれのキャラは丁寧に描かれておらず、その内の四、五人程度ぐらい。
当然のことだけど、彼ら全員のキャラが把握できてたら、さらにもっと楽しめたと思う。
MAHITOさん [DVD(邦画)] 7点(2011-08-07 03:40:33)
28.《ネタバレ》 リメイク版と比べると、何というか、半兵衛さんのキャラが薄い感じ。新左衛門との因縁・確執がちょっと迫って来ない。

でも、リメイク版より好きな部分が二点ある。
一つは、最後の砦での戦い。精鋭の13人とはいえ、随分とオタオタと戦っているリアリティ。あり得ないくらい、めっぽう強いってのは、シラケるから。
もう一つは、殿様が最後までヘタレだったこと。こういうのは、悪役に多少でも哲学めいた「理」があるより、この殿様みたいに最後まで将軍の弟とか、明石十万石の威光で虚勢を張るしかできない様が、最後やられる時に気持いいわけ。

基本のストーリーは単純でわかりやすいし、相手がどう出るか読み合う作戦の妙、殊に殿様の性格を読み抜いて、行列の道筋を推しはかるあたりも面白い。

ああ、そういえば、あれだけ精進し、実際に強かった西村晃、いくら刀持ってなかったとはいえ、最後なんで無様に死ぬかね?
それと、最後に参加するやつの存在意義がよく分からない。最初から十三人ではいけなかったのかな?
Tolbieさん [DVD(邦画)] 6点(2011-07-11 18:59:25)
27.《ネタバレ》 ラストの大乱闘シーン見たさにそれまで退屈なのを我慢して観たけど・・・。正直しょぼい。そんなダラダラした迫力のない乱闘シーンを30分も見せられても困る。十三人のキャラも弱いし。
映像美を楽しめばよかったのだろうか。
eurekaさん [DVD(邦画)] 4点(2011-06-29 18:27:42)
26.《ネタバレ》 正直あんまり面白くなかった。
前半はすごく退屈だし、後半の殺陣も大味なわりにチマチマしてる。肝心の刺客たちのキャラクターも印象が薄い。うまく派手にデフォルメした三池さんは良い仕事してたんだなー、と思った。
すべからさん [DVD(邦画)] 4点(2010-12-25 17:59:27)
25.《ネタバレ》 すみません、私が期待しすぎちゃったせいもあるんでしょうが、イマイチでした。
まあ、前半は良いと思うんですよ、目付(千恵蔵)もバカ殿の側近(内田)も、善悪とは別の次元で互いに武士の一分を通そうとするところとか。その衿持ちの清清しさなんて、昨今のエセヒューマニズムに毒された時代劇に渇を入れてやって欲しいほど、見事でした。
でもねぇ、一番の見せ場の落合宿があれでは…。何がなにやらわからないままやたら狭いところでひたすら斬って斬って斬りまくるってんじゃ単調すぎて眠くなってしまいます。罠を仕掛けるにしてももう少しその準備を丁寧に描いて、私たちも十三人の仲間としてこの計画に加わっているかのような心持にさせていただきたかった、この点、かえすがえす惜しいでところす。
結局「集団抗争時代劇」と銘打っていますが、クライマックスの一対一の対決のスタイルなんて、やっぱり良くも悪くも時代劇の典型にはまった作品で、それ以上でもなくそれ以下でもない。古き良き武士の生き様を描くという意味では郷愁を誘う秀作ですが、「一人一人を丹念に描く群像劇」や「練りに練った戦術を駆使した痛快娯楽作」としては物足りなさの残る作品。そういう点では「七人の侍」には残念ながら遠く及ばないといわざるを得ませんね。
ぞふぃさん [DVD(邦画)] 6点(2010-10-04 17:43:19)
24.《ネタバレ》 噂の名作、また新作としても上映されていますが。ストーリーは良い意味で単純明快。刺客側に感情移入します。一方で殿様側の軍師も、わかっているが任務に忠実。その激突の場となるのが落合宿なのですが、TVだと迫力が伝わらないのか、実際の斬り合いとなるとああなのか、取り立てての剣豪も居ない(西村さんゴメン)ためか、ワーワー右往左往して居る印象で終始しています。勧善懲悪を描きたかった分けでもないのでしょうが、エンターテイメントとしてもドラマとしてもあとひとつ。
プライベートTTさん [地上波(邦画)] 5点(2010-09-29 12:53:21)
23.《ネタバレ》 前半がちと冗長だが、後半はがぜん盛り上がってくる。

宿場全体を罠として待ち、数で負ける敵を襲う。
上から槍でついたり、丸太落としたり、弓で打ったりと、ちっとも武士道っぽくないのも、逆に味がある。
それにしても、あの宿場全体の罠はスゴイの一言。そして30分にもなる殺陣もすごい。
武士道っぽいところと、口先だけの武士道とが同時に見られて、複雑な心境・・・

きわどい位置にある映画のためか、今のところ10点はなし。私も9点どまりか。 (追記:やっぱり9点は高すぎた気がした)
θさん [DVD(邦画)] 8点(2008-04-12 23:11:28)
22.東映の娯楽時代劇をコンスタントにこなし、実際この年だけでも4本の映画を送り出している工藤栄一だが、映画会社からしてみれば、どちらかというと扱いにくい監督だったのだそうです。大枠では映画会社の意向に沿ったかたちで作られてはいるものの、当時の娯楽作にしては相当の後味の悪さを残すのが工藤監督の味付けだったからです。この作品では、剣の実力ではナンバー1と思しき武士のその鍛錬と精神集中を存分に見せた後に露呈させる無様な死に際だろう。しかしこのスッキリしない部分こそが魅力の監督でもあります。豪華キャストによる大殺陣はまるでエキストラによる農民一揆のようで、どうみてもかっこいい戦いは存在せず、唯一最後に見せるおそらく映画会社が求めるところの片岡千恵蔵と内田良平によるかっこいい武士道対決が反対に空々しかったりする。あと、里見浩太郎と丘さとみの美男美女コンビも妙に浮いている。甘いマスクが作風と合ってない。
R&Aさん [ビデオ(邦画)] 6点(2008-02-27 13:16:00)(良:1票)
21.《ネタバレ》 黒澤明の剣豪ものとはやや異なった集団時代劇で、それなりの迫力がありました。月形龍之介の悲しみを抑えた毅然とした顔つきに感動しました。千恵蔵、嵐寛のセリフまわしは、腹からだしており、重みが一層ましてよかったです。
亜酒藍さん [DVD(邦画)] 7点(2008-02-11 22:34:48)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 40人
平均点数 6.92点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
437.50%
5410.00%
6512.50%
71230.00%
81332.50%
937.50%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review6人
2 ストーリー評価 7.33点 Review6人
3 鑑賞後の後味 6.50点 Review6人
4 音楽評価 6.20点 Review5人
5 感泣評価 5.60点 Review5人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS