ファニーゲームのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > ファニーゲーム
 > (レビュー・クチコミ)

ファニーゲーム

[ファニーゲーム]
Funny Games
1997年【オーストリア】 上映時間:108分
平均点:6.20 / 10(Review 95人) (点数分布表示)
公開開始日(2001-10-20)
ドラマサスペンス犯罪もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2014-02-27)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ミヒャエル・ハネケ
キャストウルリッヒ・ミューエ(男優)ゲオルグ
アルノ・フリッシュ (男優)パウロ
スザンヌ・ローター(女優)アンナ
脚本ミヒャエル・ハネケ
作曲ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト"Quintet for Clarinet, 2 Violins, Viola, Violon
ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル"Cara Salva"(歌劇「アタランタ」より)
撮影ユルゲン・ユルゲス
製作ファイト・ハイドゥシュカ
製作総指揮ファイト・ハイドゥシュカ
配給シネカノン
あらすじ
湖沿いの別荘で、穏やかな夏の午後を過ごす予定であったショーバー一家(ゲオルグに妻のアナ、息子のショルシに愛犬・ロルフィー)の元へ、ペーターという見知らぬ少年が「卵を分けてくれ」と尋ねてきた。そして、その彼に卵を分けてあげた妻のアナ。それが悲劇の始まりであって、そのうちパウルという仲間も増えて、一家は皆殺しを宣言されてしまい。 そして“ファニーゲーム”というものに・・
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
95.《ネタバレ》 主人公一家に入れ込んで観るとたいへん不快な思いをする。しかし犯人の二人に移入できればこのうえなく爽快な作品となる。
皮マンさん [DVD(字幕)] 10点(2018-09-16 08:47:52)(良:1票)★《更新》★
94.《ネタバレ》 不愉快なのは、本作の乾いたバイオレンスでも神経に触るような会話の応酬ではなく。救いがないってことで有名なあの「ファニーゲーム」とかいう映画を、近所のレンタル店ではないからって、わざわざオンラインの店から取り寄せて。どうせあんたの見たかったのはこういうのなんだろうって。20年前から監督に見透かされているような、それで後ろめたいような不快感。監督が観客に仕掛けたFunny Games。観ちゃったら、被害者。
なたねさん [DVD(字幕)] 8点(2018-02-24 16:18:59)
93.《ネタバレ》  これは観客を不愉快にさせる為の映画なのでしょうか。
 不愉快になる理由としては、劇中で行われた暴力や理不尽さに対する怒りが必要になってくると思います。
 でも正直、不愉快というより、退屈に感じてしまいましたし、怒るというよりは呆れるという感情に近い。

 それが決定的になるのは「仲間を殺されてしまった悪党が、リモコンの巻き戻しボタンを押して、時間を逆行させて仲間の死を回避してしまう」という場面。
 これはもう、語弊を恐れずに言うならば、興醒めです。
 不幸を回避する為に時間を逆行させる展開は珍しくもないけれど、これほど唐突なパターンは記憶にありません。
「現実に行われている暴力の理不尽さを描こうとしているのかな?」
「暴力を娯楽として描く映画に対するアンチテーゼなのかな?」
 などと、色々考えながら観賞していたのですが、この映画に匹敵するほどの理不尽さは現実世界や他の映画では見受けられないと思います。
 よって、現実世界に対する警鐘とも他の映画に対するパロディとも感じられません。
 恐らくは「ある戦慄」が元ネタなのだろうな、と思えますが、そちらに存在したラストシーンのカタルシスや、背筋が寒くなるほどの恐怖や嫌悪感すらも無し。

 致命的なのは、やはり「巻き戻し」によって、一度映画で描かれたものを自ら否定するような形になってしまった事ではないでしょうか。
 この映画はラストにて、新たな獲物を見つけた悪党二人組が再びゲームを始めようとする場面で終わるのですが、それに対しても恐怖とか、次なる展開への興味とかいったものを抱けないのです。
 極端な話、ゲームに飽きた二人が巻き戻しボタンを押してしまえば、犠牲者も全て元の状態に戻る事になる。
 犯した罪も全て「無かった」事に出来るじゃないか、と考えれば、彼らが何をやっても、映画の中で何が起ころうと、興味を持てなくなってしまいます。
 この映画に対する不快感だって、劇中で巻き戻しボタンを押されれば否定されてしまう、意味の無い物としか思えません。

 監督さんは才能のある人なのだろうし、波長が合えば楽しめる映画なのだろうな、とも感じました。
 けれど「劇中で描かれた全てを無価値にしてしまった映画」という意味において、これほど「0点」が相応しい品は他に無いように思えます。
ゆきさん [DVD(字幕)] 0点(2016-04-08 08:04:29)
92.《ネタバレ》 どこまでも嫌な話でしかないことは明らかなのに、導入から終盤まで一気に見せきってしまう無駄な脚本の巧さに腹が立つ。肝心の部分は一瞬で済ませて結果だけを見せる、犯人逃走後の10分以上の定点長回し、など、演出がやたら冴えているのにも腹が立つ。それで最後は、観客を強制的に引きずり込むメタ構成によって、「この話を最後まで進めたのはアンタなんだよ」という強制宣告(ちなみに、例の巻き戻しの場面、見る側が犯人よりも先にコントローラーをつかんで素早く再生を終わらせれば、この作品はハッピーエンドで終了なのである。そういう意味だよね?)。単に悪意の形を提示するだけではなく、底板を外して見る側を落下させないと気が済まないというような、そういう作品。
Oliasさん [DVD(字幕)] 6点(2015-10-25 23:45:00)(良:1票)
91.《ネタバレ》 アメリカの某サイトが選出した「一度見たら二度と見る気になれない不穏なホラー映画」17本のうちの一つ。
まとわりつく不快感がすごい。卵をもらいにきた男が、人をイラつかせる天才。普通に見えて実はイカレたサイコ野郎ってのが、ヤクザなんかより怖い。お金目当てとか抗争とか、犯罪に理由があるなら、相手が理解できるのでこれほど怖さは感じない。なんだかわからないから不気味で、防ぎようもない。

リモコンで逆再生したところで、これってSFだったっけ?と唖然。これはアンチテーゼなのだろうか? 主人公に都合よく展開する映画が多い中で、本作は徹底的に主人公に都合悪く展開している。奇跡は主人公に起こるものなのに、ここでは悪役に起こる。ゲームでうまくいかなかった場合、「あ、今のやり直し」と一つ前の場面に戻るのはよくあること。それと同じように、2人組の一人が撃たれて、ゲーム的なやり直しが行われた。
この逆再生は、過激すぎる内容へのエクスキューズとも取れる。少年を狂気で殺するというタブーも、リアルさをあえて損なうことによって「これは作り物ですよ。マジに怒らないでね」と。個人的にはこの唐突なファンタジー演出は余計だったと思う。
監督はこの映画を見ている者が不快になるように作ったというが、それは見事に成功している。
飛鳥さん [インターネット(字幕)] 5点(2015-05-28 23:53:05)
90.《ネタバレ》 DVDが普及し始めた頃(2002年)、ネット掲示板で「とにかく不快」「ひどすぎる」と評判になっており、ブラックホール的に吸い寄せられ見たくなった。もっともどこのレンタルビデオ店にもなく、数年後、車で片道40分掛けてのレンタル店でやっと発見。ネタばれを見てしまったので、そこまで衝撃的ではないにしろ、あの威圧感と不快感、双方とも「何かをしてくれるのでは?」の期待感の地点で、ハネケの思う壺にさせられてしまうのが良くも悪くも悔しい。昔、ディズニーの『101匹わんちゃん』を見てて、クルエラと凸凹コンビがヘマせずに勝ったらどうなるかを妄想していただけに、笑うに笑えない、観客の露悪を嫌でも晒け出してくれる。極端な話、この映画の暴力とスーパーマンの暴力はベクトル的に違えど本質的にはほとんど同じだろう。原題が英語なのも暴力という文化を量産し続けるアメリカへの皮肉だ。しかし、アメリカではあまり話題にはならなかったように、暴力の本質や「虚構は現実と同じくらい現実だ」と講釈を垂れたところで、「だから何だ」と相手にされなければその映画の価値はゼロに等しい。結局、ハネケを喜ばせるだけに過ぎないのだから、そういう意味では0点でもあるし10点満点でもある。それでも、ある種の吸引力は相当なもので、評価し辛いけど『イレイザーヘッド』ばりのインパクトを残してくれたので7点献上。
Cinecdockeさん [DVD(字幕)] 7点(2015-04-28 21:31:03)
89.正直2度と見たくない映画です。
この映画の目的は、観客を不快にすることだと思います。
細心の注意を払って観客を引き付け、ずっと不快な感情を持つように制作されていると感じました。
そして、それに成功しています。
映像や演出の出来もよいです。
そもそも物語は受け取り手の感情を動かすために作られるもので、動かす方向と作品の出来は別物です。
物語を作る人には一度は見ておくべきだとお勧めします。ただし、一度で十分です。
さわわさん [DVD(字幕)] 8点(2014-12-22 01:36:47)
88.《ネタバレ》  アメリカのホラーやサスペンスが、怖いとは思っても精神的負担が少なくて済むのは、そこに確固たるフィクションの壁が存在しているからだと思います。BGMや効果音を入れることで、場の空気を盛り上げると同時に、フィクションの世界と現実とを明確に区別してくれている気がするのです。それは作成者側のサービス精神であると同時に、良心の表れとも見てとれます。『これはあくまで映画だからね!』って。
 そんで、その良心をとっぱらってしまうと、こーゆー作品ができてしまうのではないかと思います。
 また、もっとも凄惨な場面は悲鳴と声だけにとどめ、結果のみを映像に映すという手法はこの作品において絶大な効果を発揮していると思います。不条理さと絶望感がより際立ってくるんです。今作において、子供が撃ち殺され呆然とする夫婦、ラストで湖に沈められる奥さん、この2つのシーンが個人的には特に凄まじい、衝撃的なシーンでした。
 ただこの映画は、せっかく作り上げられたノンフィクションのような世界観を、『カメラ目線』『問いかけ』『巻き戻し』という反則技を駆使して、台無しにしちゃっています。完成された世界観を自ら壊しにかかる暴挙ともとれる行動。いったいどういうことなのか、・・・謎です。
 確かに、この映画でしか感じることのできない何かを感じることができる作品ですね。
 ただし、上記の目的がわからないことと、序盤、あまりにも無抵抗な奥さんに不自然さを感じてしまうことで、本筋とは関係ない部分でイライラさせられた点は大きくマイナスです。
たきたてさん [DVD(字幕)] 6点(2014-05-18 23:59:24)
87.このゲーム、この映画のいいたいことが私にはわからない。評価の高さについてもあまりよくわからない。観てて気分わるくなったし・・・「リモコン?」???意味わかんない。
新しい生物さん [DVD(字幕)] 1点(2013-11-06 14:22:50)
86.《ネタバレ》 将棋盤をひっくり返してやべー負けるところだったな、ハッハーとほくそ笑む人間を見る様に不愉快になったわけだが、何だろうこれ。
嗜虐的なやり口にソフトさがあって第四の壁まで超えてきちゃうあたりに一層のいやらしさがある。でも娯楽側の映画としてのやり方としては間違って無いんだろうなとも感じる。無い事も無い。
話としては尼崎の事件の方がずっと怖いのだが、実在の事件と競うつもりは毛頭有りません、というような態度もなんか腹立たしくて。

リモコンで巻き戻した瞬間、他の人はどう思っただろうか。斬新とか感じた人もいるのだろうか、居るだろうな、ホッとした人もいるだろうきっと。私もそんな風に観ては居たけど、いや、やっぱなんだろ時間の無駄だろこんな話は。と、思った次第です。
黒猫クックさん [DVD(字幕)] 3点(2013-06-16 16:26:40)
85.凄いよこれ。劇中に入っていってこいつらをぶち殺したいと思った映画は初めてだ。
TAKIさん [DVD(吹替)] 6点(2013-06-10 01:12:12)
84.《ネタバレ》 つまらん!私はこういうの無理やな!
なんかな、テンポが悪い。だらだらしててイライラする。
不快なのは承知やけど、あまり受け入れられへんかな。
観客に語りかけたり巻き戻したりする設定はおもしろいけど、
いきなりなんでそれを持ってくるかなあって感じ。
リメイクの意図も不明。
らんまるさん [DVD(字幕)] 3点(2013-05-19 18:21:55)
83.《ネタバレ》 確かに胸糞悪いし人を選ぶ映画だと思いますがラストの「虚構は現実だ」とあるように実際にこういった事件は世界各国で毎日のように起きていますし実際の被害者達もこの映画のように理不尽で反抗の余地なく亡くなっている事でしょう。監督は事件に関係のないその他大勢の人間たちに対してその瞬間の被害者達の心境を少しでも感じてほしいが為にこれを作ったのかななんて思いました。そう考えると監督のメッセージ性が非常に強く出た映画になりますね。
キリンさん [DVD(字幕)] 7点(2012-12-30 23:30:44)
82.サディスティックでシニカルな映画。フィクションを真剣に見る人にとっては「何だよ」って感じだろうが、そういう人にこそおススメしたい。皮肉屋のおっさんの悪態みたいな一本。
肛門亭そよ風さん [ビデオ(字幕)] 9点(2012-12-13 13:03:20)
81.《ネタバレ》 映画史上最も不快な映画とか言われていますが、それも納得です。真逆子どもまでに手をかけるとは思っていませんでした。全体的に執拗なロングカットが不穏な空気作りをしていると思います。
民朗さん [DVD(字幕)] 7点(2012-11-11 13:43:24)
80.《ネタバレ》 ナイフの伏線作っておきながら、観る者を落胆させるこの制作者は性格悪い。
見終わった時の不愉快な気分をどう評価するか?
自分は不愉快でも、想像を裏切られたやられた感がわずかに上回ったかな。
たんたかたんさん [DVD(字幕)] 7点(2012-05-05 15:36:37)
79.不快感とか全く感じませんでしたヽ(´▽`)/
真尋さん [DVD(字幕)] 4点(2012-03-02 11:34:55)
78.どういう内容か知ってて観たのですごく退屈だった。前知識なしで観たら違ってたのかな。
長谷川アーリオ・オーリオさん [DVD(字幕)] 2点(2011-06-04 01:28:02)
77.《ネタバレ》 初ハネケ!常識外れだとか、究極の不快映画だとか言われてるが、それ以前に退屈だったな。もっとショッキングな映画かと思ってみてたけど、だらだらしすぎてシマらないし。観客意識してるアピールするならもっとサービスしてほしい。
すべからさん [DVD(字幕)] 3点(2011-01-16 17:01:00)
76.《ネタバレ》 全然面白くない。アイディアも別に面白いとも思わない。現実と虚構を‥とか観客への皮肉‥とかは分かるけど、映画そのものにそこまでの魅力が無い。ゲームをしようと言いながら何のゲームでも無い。一貫性も無いし、ドキドキもハラハラもない。前半は子供が逃げるありきたりなシーンと奥さんが服を脱がされただけじゃないか。後半はあっさり帰ったと思ったら車に乗って(直接には描いていないがそういうこと?)舞い戻る。全然脈絡がないし、つながりが悪すぎる。巻き戻しは唯一「おぉー」と感心。カメラ目線などで虚構であることをアピールしており、またバイオレンス描写も極力避け、さほど家族に対しては感情移入させないつくりになっていたので、そこまで辛い描写なわけではなかった。バイオレンス映画ではない、という評価はここから生まれるのだろう。でも結局巻き戻しやりたかっただけじゃないの? 巻き戻しに3点。
Balrogさん [DVD(字幕)] 3点(2010-07-25 18:49:47)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 95人
平均点数 6.20点
044.21%
122.11%
255.26%
366.32%
455.26%
51414.74%
61111.58%
71515.79%
81111.58%
91010.53%
101212.63%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.71点 Review7人
2 ストーリー評価 4.14点 Review7人
3 鑑賞後の後味 3.66点 Review9人
4 音楽評価 5.40点 Review5人
5 感泣評価 1.66点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS