BLOOD THE LAST VAMPIREのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > BLOOD THE LAST VAMPIRE
 > (レビュー・クチコミ)

BLOOD THE LAST VAMPIRE

[ブラッドザラストヴァンパイア]
BLOOD THE LAST VAMPIRE
2000年【日】
平均点:6.30 / 10(Review 46人) (点数分布表示)
アクションホラーアニメモンスター映画
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-02-07)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督北久保弘之
工藤夕貴小夜
平田広明店員
小野健一地下鉄アナウンサー
原作Production I.G
製作アニプレックス
企画Production I.G
押井守(企画協力)
制作Production I.G(アニメーション制作)
特撮Production I.G(3D制作/デジタルオペレーション)
作画黄瀬和哉(作画監督)
北久保弘之(絵コンテ)
Production I.G(動画)
中村豊〔作画〕(原画)
小池健(原画)
美術加藤浩[美術](美術設定)
黄瀬和哉(キャラクター設定)
あらすじ
1966年、ベトナム戦争最中の米空軍・横田基地。 基地周辺で相次ぐ不審な自殺の陰に吸血鬼の存在を察知した「組織」は、基地内のアメリカンスクールにひとりの少女を送りこんだ。 彼女の名は「小夜」 小夜は日本刀を手に吸血鬼たちに闘いを挑んでいくが・・・。 ベトナム戦争直前の日本、米空軍・横田基地を舞台に、歴史の陰で続く怪物と人間の死闘を描くアクション・モダンホラー。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
46.《ネタバレ》 セーラー服と日本刀というマニアックな組み合わせながらも、スタイリッシュなアクションで痺れさせてくれる。パイロット版に近い扱いのため、世界観を提示しただけの中途半端な作品だが、後のTVシリーズの政治的展開、腐向け、冗長ぶりを見るに本作のストイックさには絶対に敵わない。ここで終わらせるべきだった。
Cinecdockeさん [DVD(邦画)] 6点(2018-01-05 14:55:23)
45.《ネタバレ》  シリーズもののアニメの1エピソードを『読みきり番外編』で見た感じです。
 アニメーション?とにかく映像のクオリティが大変高く、映像美だけでも楽しめます。退廃的な世界感も好きです。
 保健室での『ここはやつらの食堂か。』の台詞が、偶然にも寄生獣と同じで、その既視感につい笑ってしまいます。
 惜しむらくは、中盤以降は正体を現した吸血鬼とのバトルがメインとなってしまったことでしょうか。もちろんそこがこの作品の最大の見所なのでしょうが、そこから先がパワーゲームに終始してしまったのはちょっと残念。もう少し、序盤のホラーテイストな雰囲気を味わいたかったですね。ですが読みきり番外編の48分じゃ、これが限界かな(笑)
 それから吸血鬼の始祖である小夜、という設定が思いの外活かされておらず、『刀を振り回すだけの少女』どまりだったのも、後半が盛り上がりきれなかった原因かもしれません。もーちょっとだけ、吸血鬼と小夜にはっちゃけてほしかったな。
 『あの保健室のおばさんが実は吸血鬼たちのボス』とかいうオチだったら満点つけたんですけどね(笑)
たきたてさん [DVD(邦画)] 7点(2015-05-25 04:41:45)(良:1票)
44.かっこいいアニメ。悪くない。
黒ネコさん [DVD(邦画)] 6点(2013-05-25 18:19:07)
43.制服を着た美少女が日本刀を使って化け物をバッタバッタと切り殺しまくる内容は、とにかく爽快の一言。そのB級感が漂うストーリーと、退廃的な映像のサジ加減が良い分量で、個人的には全く飽きずに最後まで観れました。実写化、テレビアニメ化したのも納得の面白さだと思いました。まあストーリーが中途半端な感は否めませんですが。キル・ビル好きな人とか、観たらいいんじゃないでしょうか。
民朗さん [地上波(邦画)] 7点(2011-01-03 00:44:33)(良:1票)
42.《ネタバレ》 最近お得意な輸入盤を買ったら英語セリフの多いアニメだったのね、これ。当然、日本語部分に英語字幕は出るけれど、英語部分には日本語字幕は出ませんな。で、世界観とか雰囲気とかデザインとか作画とか、もうさすがのプロダクションI.Gなのだけれども、ちゃんとした一本の物語としては成立してない、風呂敷を広げて、そしてそれだけって映画。連続ものの第一話だけ見せて終わっちゃったようなシロモノで、一体どう評価したらいいのかねぇ?って感じで。まあ「三つ編にセーラー服の少女が日本刀ぶん回す」ってビジュアルだけで十分っちゃー十分なんでしょうけれど。でも、そこも後に実写化された映画の方がハデにやっておりましたねぇ。オリジナルのこちらは、もっとがしがし動くアクションが見られるのかと思ったんですけれど。つーか、もっともっと小夜を見せて欲しいところですなぁ。ちなみにブルーレイにはテレシネ版とデジタルマスター版とが収録されていて、映像の雰囲気がかなり違うので1枚で2度おいしいバージョンになっております。
あにやん‍🌈さん [ブルーレイ(字幕なし「原語」)] 6点(2010-02-11 23:41:33)
41.《ネタバレ》 勝手に二時間くらいあるものと思って見ていたら、急に終わってびっくり。もっと、続き見たかった。でも世界観にかなりハマれたし、映像のクオリティも素晴らしい。やっぱ日本刀は華がある武器だ。
たっけさん [DVD(字幕)] 6点(2010-01-29 01:33:08)
40.ごちゃごちゃと詰め込まずシンプルに短くまとめていたのでよかったです。
アフロさん [ビデオ(邦画)] 7点(2009-06-21 01:04:16)
39.世界観だけの内容。
カラバ侯爵さん [DVD(邦画)] 0点(2007-08-20 17:05:11)
38.ゲームをした後に観たので、結構楽しめた。短い時間の中、かなり凝縮されてるのも良い。
真尋さん [DVD(邦画)] 7点(2007-03-25 22:12:32)
37.面白いねえ。このリアルなようでいてどこか異質な感覚。“丁寧に描き込んで実写と見紛うばかり”ってのとは違う。やはりアニメらしさが横溢しており、フムそうですね、いわば超豪華な影絵芝居を観ているような感じ、とでも言いますか。独特の質感は、生身の人間の演技とは違った、一種の硬質な肌触りであり、これが幻想的な雰囲気を醸し出してます。そして全体的に暗い色調の中で、ラストの明るい青空がとても目を引き、何だかホッとしてしまいます。
鱗歌さん [地上波(邦画)] 8点(2006-08-14 00:28:39)(良:1票)
36.なんてーか・・。きっとアニメだけ観て育った人たちが作ったんでしょうね・・。技術はすごいです。ストーリーの方は『お話にならない』感じです。つーか、勿体ないなあ。『これだけの技術を光らせる話(説得力)』があれば、と、悔やまれるぐらいの作品です。いっそプロモーションビデオだったら、神クラスの点数になるのに。
BEERGOGOさん [DVD(邦画)] 4点(2006-03-11 10:19:54)
35.保健室のおばちゃんの反応がリアルに感じた。
IGの売り込みのための作品と観たが・・・・(笑)
クオリティは非常に高いと思うけどねぇ~~
だだくまさん [DVD(字幕)] 7点(2006-01-09 13:42:31)
34.デジタル技術はすごいが、かっこいいとは感じなかった。技術はあるが、センスがない。見せ方が上手いのはせいぜい冒頭の列車のシーンくらいか。せっかく日本刀という絵になる武器を持っているのに、普通にぶったぎるだけ。戦闘機に飛び移ろうとするモンスターを斬るクライマックスなんか、もっとドラマティックに演出できたはずで、これじゃ尻すぼみだ。セーラー服に日本刀というキャラクターも好評のようだが個人的には「?」。男みたいな顔立ちなので女子高生が日本刀を持つというギャップも薄れている。心理描写も少なく愛着も湧かない。本作ヒロインをモデルにしたGOGO夕張は可愛くてかっこいいのになあ。モンスター造型は安っぽいの一言で、デビューしたての三文漫画家レベルのデザインだ。いちおう退屈はしなかったので6点。短くまとめたのは潔くてよい。
no oneさん [DVD(字幕)] 6点(2005-12-28 00:22:11)(良:1票)
33.いやー何がビックリしたってね、小夜の格闘シーンで劇場が揺れたこと。お、おい!まさかこの劇場、振動シート導入?!って思ったら地震だったんで2度ビックリ!!映画見てる場合じゃないよ!!って思ったけど面白かったので見続けた。短い作品ですがまとまっててIGらしい美麗な映像です。
masonさん [映画館(吹替)] 7点(2005-11-08 08:33:54)
32.《ネタバレ》 何しろ50分程度という短さですから、物足りなさを感じてしまうのは仕方のないところですが、それでもかっちりと作りこまれた作品内容となっていますので見ごたえは十分でした。あの「オニ」の造形(「人外」という言葉があるんですね、皆さんのレビューで初めて知りました)も面白かったし、最後にどうしてそれらが基地に向かっていたのかというオチも、僕自身は納得できるものでした(不謹慎かもしれませんが、これまでの大きな戦が生み出した死屍累々の中に、あのオニに襲われた死体が含まれ、また古今東西の戦場でそれらもまた密かに人を襲っていたという事は、何となくありそうなことだと思わされます)。

その一方で、確かに小夜の過去に関して掘り下げが足りないという印象も拭いきれませんが、それはそれで観る者の想像力を刺激しないわけでもありません。まぁこの点は、これから始まるTVシリーズで徐々に明らかにされることかもしれませんが。

工藤夕貴の吹き替えは、僕の予想を遥かに超えて優れていました。僕自身は、吹き替えに危惧を感じていてこの作品をなかなか見る気にならなかったのですが、今回見てみてそれが全くの間違いだったことがわかりました。意外と太いその声が、作品のハードボイルドな雰囲気ととてもよく合っていたと思います。
マーチェンカさん [地上波(字幕)] 7点(2005-10-10 01:22:45)
31.流れるように終わった、と思ったら50分とちょっと。こんなに短かったのか。映像のクオリティーは高い、それだけで満足できるかもしれない。時間の無さが原因だと思うがスケールが小さかった・・かな?惜しい、本当に物足りない
HIGEニズムさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2005-10-08 22:18:19)
30.クオリティ高っ! 2000年制作ということですが、まったく古く見えません。粗がねえっ! 50分弱という時間が?ですが、最高の50分だったとは思います。鬼の動きが、エヴァンゲリオン第19話「男の闘い」における、初号機の暴走シーンを思いだしました。あの四足歩行がキモイんですよねえ……
ようすけさん [DVD(字幕)] 8点(2005-05-11 01:39:30)
29.作画・デジタル技術を見せ付けるための作品、てところでしょうか?
鑑賞後に「おぉすげーっ!」とは思えても、何も訴えかけるものは無いように思えました。「だから何なの?」と言うか、小夜のプロモを観ているみたいと言うか。
もう少し内容を膨らませても良かったんじゃないかなぁ、と感じました。
セーラー服・日本刀・化け物・横田基地と、素材はマニア心を擽るものばかりです。
工藤夕貴の声は、質感・英語の発音ともに最高でした。
なおてぃーさん 6点(2005-01-14 21:25:14)
28.どうもこの上映時間だと、「画が綺麗」「小夜が格好良い」ぐらいの感想しか浮かばない。最後も無理矢理反戦に繋げた感じがして好きになれなかった。
終末婚さん 5点(2004-12-07 00:35:40)
27.もともと実験的というか演習目的から生まれた作品らしいので、尺の短さからどうしてもストーリーの軽薄さは目立っているようだ。ただシーンごとのクオリティはとても高く、どろどろとした怪しい空気感の表現も見事だったと思う。小夜の動きや血飛沫の演出などが、「キル・ビル」に挿入されるアニメーションやGOGO夕張のキャラクターと被る。「キル・ビル」のアニメ制作がProduction IGなので当然だと言えば当然だが、絶対にタランティーノはこれを観たに違いない。
鉄腕麗人さん 6点(2004-11-14 16:22:49)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 46人
平均点数 6.30点
012.17%
100.00%
200.00%
324.35%
448.70%
548.70%
61021.74%
71634.78%
8715.22%
900.00%
1024.35%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review2人
2 ストーリー評価 5.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review2人
4 音楽評価 4.50点 Review2人
5 感泣評価 6.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS