シルバラードのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > シルバラード
 > (レビュー・クチコミ)

シルバラード

[シルバラード]
Silverado
1985年【米】 上映時間:133分
平均点:6.85 / 10(Review 27人) (点数分布表示)
公開開始日(1986-03-22)
アクションドラマウエスタン
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2014-05-15)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ローレンス・カスダン
助監督マイケル・グリロ(第1助監督)
キャストケヴィン・クライン(男優)ペイドン
スコット・グレン(男優)エメット
ケヴィン・コスナー(男優)ジェイク
ダニー・グローヴァー(男優)マラキ・"マル"・ジョンソン
ジョン・クリーズ(男優)保安官 ジョン・ラングストン
ロザンナ・アークエット(女優)ハンナ
ブライアン・デネヒー(男優)保安官 コッブ
ジェフ・ゴールドブラム(男優)"スリック"カルヴィン・スタンホープ
リンダ・ハント(女優)ステラ
ジェフ・フェイヒー(男優)保安官代理 タイリー
マーヴィン・J・マッキンタイア(男優)前哨地騎兵隊隊員
リン・ウィットフィールド(女優)レイ・ジョンソン
ジェームス・ギャモン(男優)ドーソン
リチャード・ジェンキンス〔男優・1947年生〕(男優)ケリー
テッド・ホワイト[スタント](男優)ホイト
メグ・カスダン(女優)サングの酒場のホステス
ジェイク・カスダン(男優)ターリーの馬丁少年
ブライオン・ジェームズ(男優)ホバート(ノンクレジット)
菅生隆之ペイドン(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
大塚明夫エメット(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
家中宏ジェイク(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
麦人マラキ・"マル"・ジョンソン(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
安達忍ハンナ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
千田光男保安官 ジョン・ラングストン(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
大宮悌二保安官 コッブ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
脚本ローレンス・カスダン
音楽ブルース・ブロートン
編曲クリス・ボードマン
撮影ジョン・ベイリー〔撮影〕
製作ローレンス・カスダン
コロムビア・ピクチャーズ
製作総指揮マイケル・グリロ
チャールズ・オークン
配給コロムビア・ピクチャーズ
美術アイダ・ランダム(プロダクション・デザイン)
ウィリアム・A・エリオット〔美術〕
衣装クリスティ・ズィー
編集キャロル・リトルトン
録音ドナルド・O・ミッチェル
ケヴィン・オコンネル[録音]
字幕翻訳戸田奈津子
その他チャールズ・オークン(プロダクション・マネージャー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
27.4人のガンマンが悪党どもに立ち向かう。王道の西部劇で、安心して見ていられる勧善懲悪もの。
ただ、ちょっとタッチが軽いので、緊迫感が足りずに若干インパクトに欠ける。
ケヴィン・コスナーが若い。
飛鳥さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-07-25 01:41:59)
26.西部劇は自分には馴染まないかも、と思って観た。最初は面白そうな雰囲気があったけど、途中からはダレてきてやはり話に入り込めなかった。
アクション自体は悪くないものの、物語に対しての感動はないか。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2016-04-29 21:02:42)
25.人物はかっこいいが、話に入り込めなかった。
ホットチョコレートさん [ブルーレイ(字幕)] 4点(2016-04-14 22:47:52)
24.出だしから前半のハードボイルド風タッチはクールでとてもいいです。後半は4人のガンマンがヒーローのように撃ちまくりますが、そこに至るまでの抑圧に無理矢理感があってちょっと鬱陶しいです。アクションシーンもキマッてますが、馬上で二丁拳銃をぶっ放すケヴィン・コスナーの運動神経は流石です。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-04-12 23:47:14)
23.《ネタバレ》 エメットが主人公の様なオープニングで幕を開けておきながら、最後のスタッフロールではペイドンが主人公扱いになってるというのがクール。そのペイドンと敵の親玉との最後の一騎打ちもまたクール。両者が相対したまま沈黙している状態がしばらく続いた後、突如「ズドン!」で決着がつくという、椿三十郎ライクなシーンなのだが、ここのシーンで非常にクールな演出がある。ズドンにいく前に敵の親玉が銃を抜きやすいようにと上着をサッとどける仕草をするのだが、このリアクションにはペイドンは全く反応しない。普通に観れば「ペイドンは肝っ玉が据わってる」という解釈だが、もう一つ「親玉も只者ではない」という意味合いも含まれている。そう、この状況でのこの仕草は親玉にとってもリスキーなのだ。「服をどける振りして打つのではないか」と思われる危険性があるのだから。それを何食わぬ顔でやってのけることにより、まず単純に大物振りが際立つし、またこの二人の過去についての様々な想像を掻き立てる効果もある。だってある意味ではお互いの事を凄く信頼してるってことにもなる訳ですから。二人のただならぬ過去(ホモだって言ってるんじゃないですよw)を一瞬で表現するお洒落な演出。「ウエスタン」のラスト対決みたいに二人の過去をもろに視覚的に描いてから「ズドン!」っていうのももちろんカッコ良いですが、こっちの表現もまた独特のお洒落さ、クールさがあってカッコ良いですよね。まあ映画全体の出来としては歴史的傑作の「ウエスタン」や「夕陽のガンマン」にはちょっち及びませんが、それでもこのシーンを含めてなかなかどうして洒落てるなと思わせるシーンが多かったと思うので7点献上です。
バーグマンの瞳さん [地上波(字幕)] 7点(2015-04-24 16:02:48)
22.《ネタバレ》 人物相関が見事、この一言に尽きます。ある男がたまたま出会った男の元仲間の悪徳保安官がつるむ牧場主の一味がある男の暗殺を企て・・・と、辿っていったらキリがないくらい複数ありまくる人物同士の絡み。海堂尊並の絡みっぷりです。それが主役4人と悪の親玉1人以外のサブキャラにもきっちり行き届いていてどのシーンをとっても面白く飽きさせない、そんな作品かと思います。シンプルな勧善懲悪を軸に据えた王道でありながらここまで楽しませてくれる練られた構成、見事だと思います。
53羽の孔雀さん [DVD(字幕)] 8点(2014-05-27 00:33:07)(良:1票)
21.《ネタバレ》 長らく西部劇が作られていなかったその当時、再び復活させようとその魅力を詰め込んで作り上げたという本作。友情、復讐、正義、決闘、西部劇を構成する要素をみんな入れている。唯一足りないのは恋愛要素でしょうか。ただまぁ、恋愛要素も入れると本当にお腹いっぱいになりそうなので、これはなくてもいいかもしれません。本作の魅力は、やはり男の生き様でしょうか。エメットにしろペイドンにしろ、寡黙なんですがそのたたずまいや銃撃のシーン、そしてなにより信念や正義に忠実に生きる、その生き様がとても格好よい。押し付けがましいキャラでなく、こういう人になりたい、と思わせるようなキャラ作りになっていて、観る人に清い生き方の格好よさを提示してくれてます。チャラ男キャラのケヴィン・コスナーもなかなか巧かったですね。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 6点(2014-01-22 21:40:19)(良:1票)
20.《ネタバレ》 小さな街・シルバラードでの“四銃士”それぞれのドラマと戦いを描いた躍動感のある西部劇。仲間集め、決闘、去り際など西部劇の醍醐味が凝縮されていました。若きケヴィン・コスナー演じる二丁拳銃使いが脇役ながら光っていました。
獅子-平常心さん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2013-06-24 02:00:00)
19.《ネタバレ》 絵に描いた様な勧善懲悪もの。
少々長いけど「エクスカリバー」と同様、今やベテランとなった俳優陣の若かりし頃を観られる楽しい作品。
チャラいケビン・コスナーが後年、立場を変えて「ダンス・ウィズ・ウルヴス」を製作・主演しているのも興味深い。
たくわんさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-05-06 12:09:33)
18.《ネタバレ》  西部劇復活の狼煙だったはずの本作が、あまりヒットせずにか、あるいは単に後続が無かっただけなのか、今となってはよく覚えていないが、とにかく残念な結果の割には、内容的には面白い。
 物語的な整合が若干怪しいところもあるが、心許す友と出会う旅と、ジワジワと悪い奴らに苦しめられ、ついに反撃に至る展開は、西部劇の王道と言える。クライマックスの決闘が、ちょっとアッサリし過ぎな気もするが、すべてが終わった後の「また会おう」のセリフを聞いた時に、「うん、また彼らの活躍を見たい」と思わせる魅力があった。
 それと、ケビン・コスナーのニッケルメッキの二丁拳銃が、まあ、カッコイイ。多分リアルとは言えないんだと思うけど、ウインチェスターの音が実に重厚なのもいい。
Tolbieさん [DVD(字幕)] 7点(2012-06-01 08:23:13)
17.米国版時代劇という感じ。それ以上でも以下でもありませんが、それなりに楽しめます。しかし、正義チームの銃の腕前がプロすぎる反面、悪者チームはアマチュアレベル。巨人が東大野球部と戦っているようで、ちょっと興醒めでした。せめて阪神ぐらい強い相手じゃないと(強すぎないところがミソ)。色物風のK・コスナーが今となっては貴重かも。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-02-11 01:05:41)
16.予想以上に、面白かったです~ 脚本がよく練られているな~って感じです..物語として面白いし、一つ一つのエピソードに必然性があって、ちょっとずつ捻りを加えた展開がイイですね~(玄人好みです) 娯楽性の高い現実離れした西部劇とは違い、主人公達の言動にも説得力があるし、リアリティーを感じます..終盤は予定調和的ではありますが、十分楽しめました..良作です!..
コナンが一番さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2012-02-01 12:56:29)(良:1票)
15.出演者たちが皆、「やった~西部劇だ~」と楽しくノリノリに演じてる(ように見える。気のせいかも知れないけど)のが、イイですね。拳銃をクルクル回す練習、かなりしたんじゃないですかねえ、そりゃ西部劇に出演させてくれるなら私だって練習しますぜ。製作側もノリノリ、詰め込めるだけ詰め込んで(銃撃戦の充実ぶり。登場人物の多彩さ。ちょっと欲張り過ぎてまとまらない面も?)、これぞまさに娯楽大作、愉しいこと愉しいこと。善玉4人が集まるべくして集まり、一方の悪玉はいかにも悪玉で、恨みだの復讐心だのを過度に強調することなく、内面より行動、ただ戦う。理屈っぽくないのがまたよろしい。要するに、西部劇って面白いんだよ、ということを言わんとした映画で、その目的は十二分に果たされた訳です。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2011-12-10 09:37:23)(良:1票)
14.《ネタバレ》 初めて西部劇を見ました。こんなに面白いものとは思いませんでした。
僕は少年○○系の漫画雑誌もよく見るのですが、「この映画に影響を受けている作家さんって多いのでは?」、って思うくらい、少年漫画っぽかったです。それに、ド○クエや、初期のファイナ○ファンタ○ーを思い出しました。
まず、主人公が4人いること。
一人ひとりにイベントが用意されていて、そのイベントをクリアすると仲間になっていくこと。
この時点で感情移入はばっちりです。「ペイドンは仲間になった。」
また、一人ひとり得意とする武器が違うこと。
よってキャラ設定も完璧。
そして、弟が処刑されそうなときでさえ、ちょっと余裕のあったメンバー。決して自分たちのことでは怒らない。
でも、シルバラードで、自分たち以外の人たちが傷つけられると、本気になるメンバーたち。まるで「ワン○ース」のよう。
こういう映画、たくさん作ってほしいです。

たきたてさん [DVD(字幕)] 7点(2011-09-11 15:00:26)(良:1票)
13.《ネタバレ》 実に何のひねりもない勧善懲悪一直線の西部劇なのだが、変にぶれていないところが、青春映画っぽい雰囲気もほんのり漂っていて良い。ただ、音楽が俗っぽい上にしつこいのが気になった。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-09-04 00:22:13)
12.この映画もすでに25年ほど昔の作品になった。当時、西部劇の復興だか復活だかを掲げた広告をしていました。確かに、正統な西部劇の匂いがする作品でしたね。そんなお題目があったので、あえて作品と離れて西部劇について少し考えました。42と132。この数字は、このサイトのマニアックランキングで検索した1985年以降の西部劇と時代劇の登録作品の数。21世紀になってからだと、14と66。日本の時代劇と比較することに特に意味はありません。90年代に少し復興のきざしがあった西部劇だけど、製作される絶対数は減っているようです。たぶん原因は、その時代が本来持っている暗さではないかと思う。西部開拓時代は19世紀後半の数十年で、先住民だったインディアンを駆逐して行った時代と言っても良い。過去の大半の西部劇で扱われるインディアンたちは、凶悪な未開人。そして、彼らをやっつける勧善懲悪のヒロイズムと、フロンティア・スピリットへの郷愁が西部劇の根幹だったと思います。それを強引に喩えるなら、北海道や沖縄へ攻め入ったサムライが恋や友情に彩られた冒険をしながら、アイヌや琉球の民を殺して行くようなお話だ。そんなものをアメリカの人たちは喜んで観ていたし、日本人もエンターテイメントとして盲目的に受け入れていた。その視点で語るなら、ハワード・ホークスやジョン・ウェインは罪深い人たちだ。20世紀も中程まではそれがまかり通っていたけど、今の時代にそんな映画は作れない。「ダンス・ウィズ・ウルブス」などは過去の西部劇に対する強烈なアンチテーゼだったのだろう。この映画にインディアンは出てこないけど、銃で殺し合って決着という成り行きにも、ホントにそれで良いの?と、少し気になりました。反目すれば撃ち殺してオシマイというやり方も、あの国にとっては思い出したくない過去の歴史なのかも知れない。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2009-11-08 01:13:09)
11.《ネタバレ》 西部劇が絶滅寸前だった80年代に伝統を踏襲しながらオールキャストで描いた意欲作。ブルース・ブロンソンの心地よいスコアをバックにベタなストーリーが展開するが、なかなか丁寧に作ってあり見応えがある。しかし、キャストにもう少しノリが感じられれば更に良かったと思う。
TOSHIさん [DVD(字幕)] 7点(2007-06-12 11:09:04)
10.これは素晴らしかったです。俳優良し、撮影良し、音楽良し。撮影場所のニュー・メキシコ州サンタフェ近郊を訪れたことがあります。ひたすら広大で、なにもありません。懐かしく見ました。満足の西部劇です。
ジャッカルの目さん [DVD(字幕)] 8点(2007-04-21 07:30:48)
9.今じゃ作られなくなったウエスタン映画。その一番の理由は「ウエスタン映画に似合う俳優がいなくなった」。最近の若手俳優さんはカッコイイとは思うけど、男気溢れるとは感じなくなったと僕は思う。。この映画もあまり感じなかったけど、今までのウエスタン映画を総まくりにしてアメリカ映画最後のウエスタン映画と言われているクリント・イーストウッドの「許されざる者」へのステップ的な映画として見ていただけるといいかなぁ。ケヴィン・コスナーも若い、ジェフ・ゴールドブラムがやけに似合ってなかった、ブルース・ブロートンの音楽がやけにかっこよかった。久しぶりに見たウエスタン映画なので楽しく見れました。
M・R・サイケデリコンさん [地上波(吹替)] 8点(2005-10-24 10:59:30)
8.ローレンス・カスダンズ・オールキャストによる西部劇。やっぱり「再会の時」の影響か、日本でいう団塊の世代、ベビーブーマー達が若き日の挫折や心の傷を抱えながら、家族や仕事という世間的な安定に対する無意識の不安と常に葛藤し、自らの心の支えとなるべく「精神」を確立しようともがき奮闘しつつ、極悪牧場主に立ち向かう西部劇、という感じが漂う。。。まぁこれは半分冗談ですが、実際、とても若々しく、颯爽としたニューウェイブ西部劇に仕上がっていると思います。ケビン・クラインやスコット・グレンにはまだまだ西部劇の主人公たる圧倒的な存在感がなく、なんとなく弱々しいところもこの世代の西部劇らしいですね。
onomichiさん 8点(2004-10-09 22:29:18)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 27人
平均点数 6.85点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4311.11%
513.70%
6518.52%
7829.63%
8829.63%
927.41%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review2人
2 ストーリー評価 8.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 8.33点 Review3人
4 音楽評価 8.66点 Review3人
5 感泣評価 8.00点 Review1人
chart

【アカデミー賞 情報】

1985年 58回
作曲賞(ドラマ)ブルース・ブロートン候補(ノミネート) 
音響賞ドナルド・O・ミッチェル候補(ノミネート) 
音響賞ケヴィン・オコンネル[録音]候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS