ヴィデオドロームのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ウ行
 > ヴィデオドローム
 > (レビュー・クチコミ)

ヴィデオドローム

[ヴィデオドローム]
VIDEODROME
ビデオタイトル : ビデオドローム
1982年【カナダ】
平均点:6.10 / 10(Review 49人) (点数分布表示)
ホラーSF
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2004-02-15)【シネマレビュー管理人】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督デヴィッド・クローネンバーグ
キャストジェームズ・ウッズ(男優)マックス・レン
ジャック・クレリー(男優)オブリヴィオン教授
デボラ・ハリー(女優)ニキ・ブランド
脚本デヴィッド・クローネンバーグ
音楽ハワード・ショア
撮影マーク・アーウィン〔撮影〕
特殊メイクリック・ベイカー[メイク](特殊メイクデザイナー)
スティーヴ・ジョンソン
あらすじ
成人向けTV局の社長マックスは違法に拷問映像を流し続けるヴィデオドローム社に強い興味を覚え、潜入する。現実と幻想が錯綜する倒錯した世界の虜となっていく中で、肉体と物質がグロテスクな融合を遂げる。暴力とエロスに彩られたホラーサスペンス。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
49.初めて見たのは中学生の頃。
大勢の友達とレンタルビデオで見ました。
全く意味がわからなかったのですが、全員、この映画は素晴らしいと思わなければ馬鹿にされると思ったのでしょうか。
皆が「う~ん…」と頷いていました。
今だから言えます。
「王様は裸だ!」と。
今見ると単純な映画でした。
シナリオの段階で失敗したのでしょう。
まあ、それはともかく。
私は最近ブロンディのデボラ・ハリーにハマっているんです。
デボラを見たくて、この映画を探しました。
Amazonではソフトが1000円で売っています。
買おうかと思いましたがレンタルショップに置いてあることを知ったのでレンタルで見ました。
デボラが登場するシーンは90分中、15分ほどでした。
予告を見るとジェームス・ウッズより先にデボラ・ハリーが紹介されています。
ブロンディを解散した後のデボラを宣伝したかったのがよくわかります。
さすがに映画はつまらなかったので、100円レンタルで済ませてよかったです。
クロエさん [DVD(字幕)] 5点(2019-09-29 15:43:24)
48.ビデオのタイプが懐かしい。
TAKIさん [DVD(字幕)] 6点(2018-10-08 20:54:53)
47.《ネタバレ》 【今回も長すぎる前書き】
映画評論家:町山智浩氏の著作を読んだ事がきっかけとなり、久々に鑑賞した。
初見は大学2年生、今から何と30年も前の事になる。 
時の流れの速さには驚くばかりだが、それ以上に本作が未だに公開当時の謎めいた雰囲気を維持している事に驚愕した。

事の起こりは高校生の時。
「STARLOG」「FANGOLIA」等の洋物映画情報誌の日本版が発売されていた幸せな時代。
おどろおどろしい写真と共に紹介されていたVideodromeの紹介記事に私は釘付けとなった。
海賊盤(死語)が出回っているとの噂も聞いたが、世はまだレンタルビデオが流行し始めた黎明期。
どこで手に入るかも判らぬ謎の本作は、例え様も無い魅力的な作品として私の心の片隅にずっとこびりついていた。

時は流れて(確か)1988年、東京国際映画祭に於けるファンタスティック映画祭の成功が影響し日本で開催された「SFXアカデミー」、
本作の特殊メイクを担当したリック・ベイカーが来日し講演すると聞き、チケットを探し回ったが時既に遅く全席売り切れ。
落胆していた私に、当時日芸映画学科に在席していた姉がどこで仕入れたのか判らないがチケットを準備してくれた!
姉には本当に感謝あるのみ。
講演の内容は今でも鮮明に覚えている。
ベイカー氏本人が自ら"Do you like this film?"とVideodromeに関して質問、
それに対して大勢の聴衆が一斉に挙手!(今みたいに”Yes”とは誰も言わなかった様な)それを見たベイカー氏は
悪戯っぽい顔でニヤリと笑いながら”Sick People...(みんなビョーキだね笑)"と返す。
幸せな時間でした。

【やっと本文】
本作ほど、観る度に謎が謎を呼ぶ作品は無いだろう。
後の多チャンネル化、暴力コンテンツの隆盛と衰退を予見したかの様な世界観。
製作年度が旧いが故の、画面の微妙な粗さが本作のいかがわしさにブーストを掛ける。
皆がメディアに取り付かれ・メディア無しでは生きていけず、メディア内の出来事に一喜一憂し、
時には自らの命をも絶ってしまう・・・
拳銃と有機的に絡みあい、妄想と現実の中でのたうち回るマックスの姿は、紛う事無くスマホに心身ともに蹂躪され、
それを自覚していながら抜け出す事が出来ない現在の私たちそのものだと思う。
マックスは自らの命を絶つことで新しい次元=精神の開放を果たした。
それは果たして本当に幸せな結末だったのだろうか。
翻って私たちはどうすれば良いのか?

初鑑賞時は特殊メイクを目で追う事に終始し、ストーリーは二の次だった。
社会人になってからは本作の内面に秘められた作者のメッセージを何とか読み取ろうともがいた。

齢50を超え、ようやく本作の意図が客観的に俯瞰出来る様になったのかと思う。
鑑賞する年齢で作品への印象が劇的に変わる、「映画の魅力」をまたもや再認識させられた。

(注)本作は冗談抜きで万人向きの映画では決してありません。 鑑賞する際は十分にご注意の程。
たくわんさん [ビデオ(字幕)] 8点(2017-11-28 17:34:28)(良:1票)
46.《ネタバレ》 奴こそ新人類ビデオ人間!俺はビデオデッキだぜ!サムライドリーム!!!
う〜んシュールで独特な世界。結局洗脳された男が復讐するまでという内容なんだろうけれど、ストーリーはよくわからず。
でもビジュアル的には銃と手が一体化したり、テレビに鞭を打ったりとシュールながら特撮が面白かったです。
にしてもコンピューターではなく視覚オンリーであるビデオ(しかもβ!)という着眼点や、そしてデジタルと肉体の一体化というところになにかSF的なものを感じますね。
ただ僕にはちょっとよくわからないオチでした。
えすえふさん [インターネット(字幕)] 5点(2017-07-01 18:24:12)
45.《ネタバレ》 『カリガリ博士』を見たばかりなので、幻覚なのか現実なのか判断がつきにくい話の受け入れ体制はバッチリでした。しかし、話があまり面白くないこと、難解なことがどうにも…。メディアにより完全受動態人間になってしまうことの恐怖を描いているのかな。グロ演出は好物なので楽しめましたけど、うーん。怪奇ビデオデッキ人間。
カニばさみさん [DVD(字幕)] 5点(2015-04-13 04:11:44)
44.こんなにも生理的嫌悪感をよぶ描写を厚塗りした上に、一般商業路線で興行してしまう。間違いなく反社会的な奴、と後ろ指を指されるであろうクローネンバーグ監督の、でもそんなこと知ったこっちゃないと言わんばかりの制作姿勢に衝撃を受けたものです。あっぱれというか、真正の変態というべきかそれともアーティストか。人間てこんなものを創作できるんだ、脳に描いたものを映像にできるんだ。意味もわからないし、好きでもない。だけど観たら、脳の奥底に澱みとなって沈んで消えてくれない。
tottokoさん [ビデオ(字幕)] 6点(2014-06-11 00:24:44)
43.《ネタバレ》 幻覚を扱っているだけに、観ていてあまり物語が伝わらない。
面白くない話であるのは確実。
afoijwさん [DVD(字幕)] 4点(2014-03-15 19:53:17)
42.割れる腹、もにゃもにゃ動くビデオカセット、凄い映像マジックだったと思います。
でもビデオカセットの棚にVHSとベータが混在してしたところに時代の古さを感じた。

ならば一体、サムライドリームはVHSだったのか ベータだったのか(どっちでもいいすね そんなこと)
サムライドリームを日本語表記するなら侍夢と書いてサムライムとでもカッコ良く読ませるつもりだったのか(どっちでもいいすね そんなこと)
3737さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-11-28 19:53:32)
41.前半はなかなかやばそうな感じで楽しめそうな気がしたが、後半に入って現実と幻覚がごっちゃになってからは全然リアリティを感じられなくなりただひたすら退屈な映画でしかなくなってしまいました。 この監督は当たりハズレが激しい。
映画大好きっ子さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2013-09-02 22:34:53)
40.クローネンバーグ監督とは『クラッシュ』でも感じたけどどうも相性が悪そう。
歪んだ倒錯的なものを感じて、べたつくような気持ち悪さが受け付けない。
飛鳥さん [DVD(字幕)] 3点(2013-02-10 08:47:15)
39.《ネタバレ》  普通のホラーが見たい人にはおススメできないです。やたら映像がグロい割りに、退屈さを感じてしまう奇跡のような映画です。
 途中から現実なのか幻覚なのかよくわからなくなります。
 特に、教授の娘との2回目のやりとりあたりから、ストーリーと設定が破綻し始めている気がするのですが。
 てっきり、すべて幻覚かと思いきや、殺された二人については現実になっているし、手が爆弾になってしまう一連の流れも完全に幻覚で相手を追い詰めているのかと思いきや、
「キャー」とか周りの人間が言っているし。
 「え?そこは現実なの?」
 黒幕が銃に撃たれたあと、体中から内臓とびだしてくる演出にいたってはもはや意味がわかりません。
 ああ、解説が欲しいです。
 よくわからなかった映画なので、点数付けるのはおかしいと思いますが、観ている人をむやみに混乱させる映画もどうかと思いますので3点で。
たきたてさん [DVD(字幕)] 3点(2012-03-27 04:51:43)
38.クローネンバーグの不可思議ワールドにはついていけません。グロさもエロさも物足りなかった。
真尋さん [DVD(字幕)] 2点(2012-03-02 13:44:16)
37.《ネタバレ》 ビデオやテレビがモゴモゴ動き出したり、腹がパックリ割れたり、手と銃が同化したり、その銃で撃たれた死体がうぎゃーなことになったり…などの多くの奇妙奇天烈なシーンは一見の価値あり。終盤ストーリーは追うだけ無駄な感じなので感覚で味わいましょう。 僕は考えるのをやめました。
eurekaさん [DVD(字幕)] 8点(2012-01-21 00:42:36)
36.《ネタバレ》 冷静に観るとさっぱりなストーリーですが、元々クローネンバーグって御方は突拍子もないストーリーを強烈なインパクトと独特なグロテスク描写で強引に引き込んでいく人ですのでこれでいいのです。
そもそも、血管の浮き出たテレビやらウニョウニョ動くビデオテープなんてもの、この人くらいしか考えないであろうといった感じで、シュールでありグロテスクですが、不思議と嫌悪感はそれ程感じません。
ビデオ、メディアの有する有害性、中毒性を変わった視点で描いた作品として傑作の部類に入るでしょう。ただ万人受けはしないでしょうが。
というより、こうした作品を観続けている人は、すでにビデオドロームの世界に逝っちゃってるのかもしれませんね。自分含む。
クリムゾン・キングさん [DVD(字幕)] 7点(2011-03-20 02:16:46)
35.いびつだけど無二の魅力を放つ作品。今観ると、いかにこの映画が鋭い先見性を持っていたかが分かる。そしてこの作品自体にもかなり中毒性があり、観ているこちら側まで軽くビデオドローム体験させてくれる。観る人は選ぶが、貴重な映画であることは間違いない。
おーるさん [DVD(字幕)] 7点(2011-02-27 06:36:32)
34.まさにクローネンバーグ節炸裂の傑作。クローネンバーグ作品ではこれを最初に観たので、衝撃はさらに倍増。エロくてグロテスクな世界感もすごいけど、なんといってもラストシーンが強烈だった。
実際メディアって、場合によっては人を精神的に追い詰めたり自殺に追い込んだりできてしまうしね。
HAMEOさん [ビデオ(字幕)] 8点(2010-02-09 18:59:14)
33.とてもエロくていいです。
にしきのさん [DVD(字幕)] 5点(2009-10-22 10:24:27)
32.《ネタバレ》 少し気になってた映画で、突然見たくなりDVDを買いました。結局何が言いたかったんだろう・・・。いい解釈が出来ません。でもこの感触は嫌いじゃないです。好きな部類。不条理さはかなり楽しめました。
VNTSさん [DVD(字幕)] 6点(2008-12-15 16:13:57)
31.久しぶりにすごい映画を見てしまいました。底辺に流れるコンセプトに非常に共感を覚えました。エログロに少しでも抵抗のある人は、見ない方がいいと思います。

(リングの鈴木氏がこれを知っていたとしたら かなりアイデアを盗んでいるなあと思える位、コンセプトが似ていました。)
くろゆりさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2008-02-23 19:41:13)
30.《ネタバレ》 クローネンバーグの真骨頂ともいえそうなカルト映画。
主人公が危険なものに魅了され、やがて日常が侵されていく様が見事。
この不条理さと気味の悪さは他の映画ではないと思う。
独創的で奥深く、官能的でダーティーでもある。
この映画のテーマにもなっているが、この映画自体が”映像体験”といえる。
ビデオカセットの質感が強く出ているので、
ビデオカセットに慣れ親しんだことのない人にはそれがどう伝わるか分からない。
ビデオドロームは物語の中で生きているとしか思えず、
観賞者である自分もまたビデオドロームに侵されそうで怖い。
お腹の穴はモザイクをかけなくてもいいのかな。
クローネンバーグここ数年忘れてたけど、これみるとやっぱ天才だなと思う。
久々に「裸のランチ」も見てみたくなった。
ゴシックヘッドさん [DVD(字幕)] 8点(2007-12-23 06:03:07)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 49人
平均点数 6.10点
000.00%
100.00%
212.04%
324.08%
4612.24%
51020.41%
6816.33%
71326.53%
8510.20%
924.08%
1024.08%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.00点 Review3人
2 ストーリー評価 7.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 8.50点 Review2人
4 音楽評価 7.00点 Review1人
5 感泣評価 7.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS