序の舞のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 序の舞
 > (レビュー・クチコミ)

序の舞

[ジョノマイ]
1984年【日】 上映時間:145分
平均点:5.62 / 10(Review 8人) (点数分布表示)
ドラマ小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-09-02)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督中島貞夫
助監督清水彰
キャスト岡田茉莉子(女優)島村勢以
名取裕子(女優)島村津也
風間杜夫(男優)西内太鳳
水沢アキ(女優)島村志満
三田村邦彦(男優)村上徳二
高峰三枝子(女優)ちきりやの内儀
佐藤慶(男優)高木松溪
三田佳子(女優)喜代次
菅井きん(女優)
大坂志郎(男優)島村甚八
織本順吉(男優)慶長堂の主人
成田三樹夫(男優)山勘
なぎら健壱(男優)川上音次郎
五十嵐義弘(男優)主家ちきり家主人
野口貴史(男優)橋田雅雪
川浪公次郎(男優)菊地芳文
富永佳代子(女優)島村くら
草薙幸二郎(男優)勢以の叔父
和歌林三津江(女優)勢以の祖母
岡島艶子(女優)坂本の老婆
丸平峰子(女優)近所のおかみさん
有川正治(男優)芝居小屋の親方
市川好郎(男優)高浜の漁師
江幡高志(男優)薬屋の老人
小林綾子(女優)島村勢以(少女時代)
北村英三(男優)
石井トミコ(女優)産婆
市原悦子ナレーション
原作宮尾登美子「序の舞」
脚本松田寛夫
音楽黛敏郎
撮影森田富士郎
企画日下部五朗
配給東映
美術井川徳道
佐野義和
編集市田勇
照明増田悦章
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
8.TV版で30分程度カットされているせいか、上村松園の人生をナゾッタだけのダイジェスト版のようで、深みが感じられなかった(たぶんエロシーンが大幅カットされているような)。母親側には所謂女として自由に生きられなかった毒母的怨念みたいなモノがもっとあってよかったし、名取裕子も環境に振り回されてばかりで、上村松園の持つ芯の強さのようなモノが感じられなかった。もっと「戦う女」を前面に押し出してもよかったのではないか。『焔』の創作シーンはおそらくフィクションだろうし、映画とは言えこれはちょっとヤリスギだなあとシラケテしまう所もあった。現代の価値観から当時の女性活躍難しさを推し量る事は困難ではあるが、この辺はもっと大胆にやってもよかったのでは。と言えるのも2016年から1984年を論じているに過ぎなくて、84年当時としてはこれでもよくやっている方なのかもしれないが。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(邦画)] 4点(2016-03-07 10:16:31)
7.明治から昭和にかけての男尊女卑の時代を強く生き抜いた女性を描いた映画なんでしょうが、今一共感できませんでした。原作読んでいないので何ともいえませんが。
ProPaceさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2014-08-14 21:49:28)
6.上村松園の壮絶な生涯を知る機会に感謝です。個々のキャラクタ描写も背景など、しばらく脳裏から離れません、すばらしい作品でした。表題になった上村松園の作品「序の舞」も好きですが、「待月」「焔」も目を奪われます。
HRM36さん [CS・衛星(邦画)] 8点(2014-07-02 09:33:17)
5.制作者がこの素材のどこに注目したのかが分かりません。ほとんどが説明台詞ばかりで、思いついた場面をそのまま並べただけのような感じ。しかも、慣れない京都弁のせいか、俳優陣の喋りもみんなぎこちないです。主人公も、いろいろな体験を経ているはずなのに、成長や変化というものが見えません。少なくとも後半は、もっと逞しさや凛々しさを備えた人間になっているはず。美術関係の頑張りに5点。
Oliasさん [DVD(邦画)] 5点(2009-01-05 01:08:07)
4.女流画家とその母、二人の女性の生涯が描かれています。女性が当時の画壇で生きる厳しさを、過ちを重ね苦悶する姿が見せつけます。その苦悩が作品を生み出す糧となるところが芸術の奥深さなのでしょう。彼女を支えた、母の端然とした生き方に通ずる居住まい、佇まい、立ち居振る舞いの美しさ、芯の強さ、子供に対する慈愛の念に圧倒され通しで、母親の有り難味というものを痛感させられました。演じた岡田茉莉子は素晴らしいの一語です。予備知識がなく、タイトルの意味は鑑賞後に知りました。原作とモデルの上村松園画伯の作品に触れてみたいです。
The Grey Heronさん [DVD(邦画)] 8点(2006-12-07 01:43:31)(良:1票)
3.私も裸しか印象に残ってないんだなぁ。もともと原作がイマイチなのでしょうか?
たかちゃんさん 4点(2003-12-15 22:27:48)
2.あはは,↓私も全く同感ですね。80年代東映のお色気文芸路線(?)の一つですけど,「鬼龍院花子の生涯」にしても「櫂」にしても,ただ暗くてHなだけで,何か印象に残らない作品ばかりでした。
koshiさん 5点(2003-08-02 21:00:33)
1.内容はともかく、帰宅した名取裕子の胸が立ってた(そこまでやるか!)のを母に見付かるシーンが、何より印象に残っていて頭から離れません!?
イマジンさん 7点(2002-09-21 17:23:45)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 8人
平均点数 5.62点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4337.50%
5225.00%
600.00%
7112.50%
8225.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 8.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS