牡丹燈籠(1968)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ホ行
 > 牡丹燈籠(1968)
 > (レビュー・クチコミ)

牡丹燈籠(1968)

[ボタンドウロウ]
1968年【日】 上映時間:88分
平均点:6.00 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
ホラー時代劇
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2021-06-12)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督山本薩夫
キャスト本郷功次郎(男優)新三郎
赤座美代子(女優)お露
小川真由美(女優)(女優)おみね
西村晃(男優)伴蔵
志村喬(男優)白翁堂
大塚道子(女優)お米
水原浩一(男優)親族甲
山本一郎〔俳優〕(男優)男甲
毛利郁子(女優)女房甲
南部彰三(男優)年寄
橘公子(女優)なお
荒木忍(男優)良石和尚
伊達三郎(男優)六助
木村玄(男優)番僧
佐々木孝丸(男優)善右衛門
原作三遊亭圓朝
脚本依田義賢
音楽池野成
撮影牧浦地志
製作永田雅一
企画宮古とく子
伊藤武郎
配給大映
KADOKAWA(2021年リバイバル)
美術西岡善信
編集菅沼完二
録音林土太郎
照明山下礼二郎
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2. 確かに幽霊パートは今となっては大して怖くも何ともないが、ラストの小川真由美と西村晃の死に様は凄まじい迫力!何もあそこまで刺して刺して刺しまくり、斬って斬って斬りまくらんでも…。昨今のTV時代劇でのチョット斬られた程度であっさり死ぬ演出に馴れた者には山本薩夫監督のネチっこさは驚異的なインパクトに違いない。
へちょちょさん 6点(2003-01-27 00:22:24)
1.恐怖!というよりはラブストーリーですね。骸骨や幽霊が浮遊するシーンなどは吊ってるピアノ線が見えてたり、特殊メイクも夏休みの工作並みでチープですが、日本映画独特の映像美や情感は表現されてます。武家の娘でありながら借金のかたに遊郭へ行きそこで自害したお露、方や武家の政略結婚を強いられ人を人と思わないお家に嫌気がさしている新三郎。二人の恋は情熱的でしたが悲しい結末に終わります。「七人の侍」の志村喬はどことなく忍者ハットリくんに似てますよね(笑)。赤座美代子演じるお露のいじらしさも中々ですが、途中から登場する小川真由美がサイコーでした。幽霊に交換条件を持ちかけトンヅラし、しかもただでは転ばない役柄にピッタリでした。しかしやっぱりラストでは夫役の西村晃と共に残酷な結末を迎えてました。なーむー。
さかQさん 6点(2002-10-29 04:17:38)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
62100.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS