運命の女(2002)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ウ行
 > 運命の女(2002)
 > (レビュー・クチコミ)

運命の女(2002)

[ウンメイノオンナ]
Unfaithful
2002年【米・独・仏】 上映時間:124分
平均点:5.78 / 10(Review 95人) (点数分布表示)
公開開始日(2003-01-11)
ドラマサスペンスリメイクロマンスエロティック
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-11-10)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督エイドリアン・ライン
キャストダイアン・レイン(女優)コニー・サムナー
リチャード・ギア(男優)エドワード・サムナー
オリヴィエ・マルティネス(男優)ポール・マーテル
チャド・ロウ(男優)ビル・ストーン
エリック・パー・サリヴァン(男優)チャーリー・サムナー
ケイト・バートン[女優](女優)トレイシー
マーガレット・コリン(女優)サリー
ミシェル・モナハン(女優)リンジー
ドミニク・チアニーズ(男優)フランク・ウィルソン
ジェリコ・イヴァネク(男優)ディーン刑事
マイケル・エマーソン(男優)ジョシュ
ウィリアム・アバディー(男優)通行人
山像かおりコニー・サムナー(日本語吹き替え版【DVD】)
森田順平エドワード・サムナー(日本語吹き替え版【DVD】)
猪野学ポール・マーテル(日本語吹き替え版【DVD】)
横尾まりサリー(日本語吹き替え版【DVD】)
仲野裕ディーン刑事(日本語吹き替え版【DVD】)
近藤玲子チャーリー・サムナー(日本語吹き替え版【DVD】)
喜多川拓郎(日本語吹き替え版【DVD】)
横島亘(日本語吹き替え版【DVD】)
大黒和広(日本語吹き替え版【DVD】)
佐々木優子コニー・サムナー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
菅生隆之エドワード・サムナー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
津田健次郎ポール・マーテル(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
津村まことチャーリー・サムナー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
村治学ビル・ストーン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
宮寺智子トレイシー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
長島雄一ディーン刑事(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
浦山迅(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
原作クロード・シャブロル(原案)
脚本アルヴィン・サージェント
ウィリアム・ブロイルズ・Jr
音楽ヤン・A・P・カチマレク
編曲ブルース・ファウラー〔編曲〕
撮影ピーター・ビジウ
製作エイドリアン・ライン
G・マック・ブラウン
製作総指揮アーノン・ミルチャン
配給20世紀フォックス
特殊メイクジョン・キャグリオーネ・Jr
美術ブライアン・モリス[美術](プロダクション・デザイン)
ガーソン・ユー(タイトル・デザイン)
衣装エレン・マイロニック
編集アン・V・コーツ
デヴィッド・ブレナー〔編集〕(追加編集)
マーク・V・フィリップス(編集補佐〔ノンクレジット〕)
録音ポール・マッシー[録音]
アンディ・ネルソン[録音]
字幕翻訳戸田奈津子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
95.《ネタバレ》 お話の流れがうまいなァ~、そんな優れた脚本にダイアン・レインの高い演技力がとっても良く乗っていて素晴らしい。けど、も、こういう「不倫」ものは個人的に観てて面白くはないかな? なんらかの美学があるのかもしれませんが。軽い疑問 スノードームであんなに致命傷を与えられるかな…   総合的な絵的な美しさは評価できると思いますデスハイ
Kanameさん [インターネット(字幕)] 6点(2020-05-24 20:42:38)★《新規》★
94.《ネタバレ》 前半は、不倫を楽しんだり悩んだりする苦手なタイプの映画だとがっかりしながら見てました。
しかし、不倫相手の方がリチャードギアに殺されるあたりから、一気に集中して見ることができました。
まず、リチャードギアがあそこで彼を殺すとは思わなかった。気持ち悪そうにしてたから気絶するのかと思ったら殺した。でも、リチャードの気持ちになればとても苦しかったんだとおもう。プレゼントしたスノードームがそのまま不倫相手に渡されていたのだから(>_<)その後は、リチャードや妻の表情の演技がとても上手くて台詞がなくても感情が伝わってきたし、妻が彼と出会った日をおもいだしているところでは、違う選択、つまり家に寄らずに帰宅していたらよかったらということが伝わってきた、後悔がつたわってきた。前半からのギャップがあり、私は集中して見られたし、リチャードギアは名優なんだなと感じた。
ブリーバンデカンプさん [インターネット(字幕)] 7点(2020-05-21 02:33:44)《新規》
93.《ネタバレ》 前半はどうもしっくりとこなかったのですが、その理由は
浮気相手の男がそれほど魅力的には思えなかったこと。
女性はああいう男性に惹かれるのでしょうかね。

(それに他の人が前半はエロ映画といっていますが、そう
いうシーンがなかったのは、放送枠に入らずにカットさ
れてしまったのか、地上波で放送するのは過激すぎると
いうことで自主規制したのでしょうか。いずれにしても
この内容で過激なシーンは必要ないでしょう。)

でも刑事が家にやってくるあたりから一気に引き込まれ
ました。二人の心理描写が丁寧ですばらしい。
特に夫がなぜああまで動揺して殺人まで犯してしまった
のかが分かる気がします。あのスノーボールがキーですね。
そして彼女の後悔。現実にはなかった、男の家には寄らず
タクシーを拾って帰る仮定のシーンで全てを語らせています。
自業自得とはいえなんか切ないです。切ない感の表現方法が
秀逸ですね。

もう少し二人の関係が修復され幸せな生活を取り戻してから
の時間を長くして、そこに死体と共に決定的な証拠が見つかり、
警察が逮捕に向かうシーンで終わらせるとさらに余韻を残した
のではないかと思いますが、まあそれじゃあ“太陽がいっぱい”
になってしまいますね
キムリンさん [地上波(吹替)] 7点(2019-10-09 21:30:29)
92.《ネタバレ》 とにかく脚本が秀逸だと思う。冒頭、主人公コニー(ダイアン・レイン)の家のショット。風が吹いて子供の自転車が静かに倒れる。「あっ」っと思った。やがて、この風が強風になり彼女が浮気相手と出会う原因になってしまうのだけど、この時すでに家庭の崩壊は始まっていたのだ。
続いてカメラは家の中を写し出す。キッチンで朝食の支度をしているコニー。ダイニングで子供がゲームをしている。「バーン!バーン!」「また人を殺すゲーム?」この会話は伏線。平和な家庭の中に「人殺し」という異質なキーワードが飛びこんでくる。そして夫(リチャード・ギア)が登場、TVのニュースを見ながら、妻に聞く。「君が反対した○○の株、今いくらだと思う?」「知らないわ」「○○ドルだよ(何十倍に跳ね上がっている)。あの時買っておけば良かった」「じゃあ、買えばいいじゃないの」「今からじゃ遅いんだよ」夫と妻の価値観の違いが示される。
開巻数分で、もうここまで語られている事に驚く。一見、平和で幸せに満ちた家庭。でも実は夫と妻はほんの少しだけど、すれ違いを見せていた。
ポールとの出会いとなった強風のシーンも良く出来ている。風でスカートが腿までまくれ上がる、モンローばりの名シーン!コニーという女性の魅力、ええい、はっきり言ってしまいましょう、カラダの魅力がね、もう全開なんです。で、ポールに誘われたとき、もちろん、傷の手当てという口実はあるのだけど、彼女はこの時すでに何かを期待している。通りかかったタクシーをあえて見逃して、男の後について行く。
2度目に男の家に行くシークエンスも上手い。彼女はやっぱり彼に逢いたい。でも、もちろん躊躇がある。街まで出てきたけど、半ば賭けのように電話を入れてみる。「お礼の品を送りたいから住所教えて」「今どこ?家に来なよ。コーヒー入れるよ」この時、彼女の手にはコーヒーの紙コップが…。彼女は決意を固める。紙コップを公衆電話の上に置いて「コーヒーね。いいわ、行くわ」と答える。最初の出会いの時も、彼女の前には帰るべきタクシーが来ていた。そして、この時もコーヒーなら今は欲しくないハズだった。でも。“敢えて”彼女は男のところに行く。

40手前くらいの女性って、焦りと諦念が交じり合った複雑な思いを抱えているような気がする。「このままで自分は終っちゃうのかな」って。客観的に見て幸福な環境の中に居たとしても、人生の中で選びそこねた「もう一人の別の自分」がどこかに居るんじゃないかって、そんな幻想を抱いているような気がする。

この物語は、そんな幻想に実際に身を委ねてしまった女性と、その夫の悲劇を描いているのだけど、そりゃ誰が見ても「不道徳」な、けしからん話なんだけど、でも、そういうのって、人としてアルんじゃないかって思ってしまう。「アリ」じゃないですよ、賛成するという意味ではなく、どうしようもないけど「アル」と。言ってみれば「罪」でしょうかね、そこを深く描いているなぁ~と感心してしまうのです。ちょっと褒め過ぎかもしれないけどドストエフスキーなんかを思い起こしてしまう。

夫エドワードの妻への愛は、本当に素敵なんですよ。でもね、秘密が暴露されて2人が対峙するときに、彼は「僕は家庭のためにすべてを捧げたんだ」みたいなことを言う。で、「君はそれを紙くずのように捨てた」と妻をなじる。この理屈はごもっともなんだけど、なんだろか、ちょっと強迫じみているというか、もしかしたらエドワードは、自分では己の努力は完璧と思っているけれど、コニーにとってどうだったのかって、彼女の気持ちは置き去りになっていなかったかい?って、女の私は思ってしまうのだ。

中盤でコニーがお風呂に入っている時に夫が入ってきて一緒にバスタブに浸かるシーンでも、そんなことが匂わされる。エドワードはうすうす妻の不貞に気づいている。バスタブの中で愛し合おうとすると、妻は「ベッドに行きましょう」と出ようとする。「行かないで」とエドワード。「ここは寒いの」と出て行ってしまうコニー。彼女の心はね、いつの日からかずっと凍えていたのだと思う。

映画の表現として白眉の画(え)も随所に。長くなりすぎたのでもう止めますが、とにかく、個人的には大好きな作品です。
ポッシュさん [DVD(字幕)] 9点(2017-07-27 18:13:51)
91.《ネタバレ》 ダイアン・レインが不倫に走って、どーもならんくなる話。旦那はリチャード・ギアなのだが、こんな名優じゃなくても誰でも良かったと思います。まー普通のドラマって感じかな。
SUPISUTAさん [ビデオ(字幕)] 4点(2016-05-03 22:34:15)
90.エロサスペンスの巨匠・エイドリアン・ライン監督によるエロサスペンスということで大した期待もなく見始めたのですが、これが目の覚めるほど面白い映画だったのでビックリこきました。脚本・演出・演技のすべてが高いレベルでまとまっており、大した見せ場がなくとも、それぞれのパフォーマンスの高さのみで2時間を見せきっているのです。。。
本作の脚本を担当したのは、『普通の人々』のアルヴィン・サージェントと、『アポロ13』のウィリアム・ブロイルズ・Jr。トップクラスの脚本家が二人も名を連ねているという、何とも豪華な布陣となっています。人物描写を得意とするサージェントは、主人公・コニーの心境を実に丁寧に描写しており、「不倫妻の自業自得」と思われては元も子もないこの物語において、観客に共感の余地を与えています。他方、複雑な物語の交通整理に長けたブロイルズは、幸せな家庭が徐々に追い込まれていく様をわかりやすい形で観客に伝えています。。。
このジャンルの重鎮であるエイドリアン・ラインによる演出は、抜群の安定感です。若々しくてはいけないが、おばさん臭くてもいけないという難しいポジションにある主人公を、誰が見ても美しいと感じられるように画面に収めているのです。『ナインハーフ』などと比較すると露出度はかなり抑え目であるものの、それでも濡れ場はかなりエロく撮られているし、何気ない日常の風景もいちいち美しく、本作は、彼のフィルモグラフィの総決算とも言うべき仕上がりとなっています。。。
主人公を演じるダイアン・レインは、賞とは無縁のこのジャンルにてオスカーノミネートという快挙を成し遂げましたが、確かに、彼女の演技はズバ抜けています。上述の通り、「不倫妻の自業自得」と思われてはおしまいとなる本作において、彼女はひとつひとつの感情を丁寧に表現することにより、不倫に溺れる主人公の心境を観客に肯定させているのです。彼女の相手役となるオリヴィエ・マルティネスの間男ぶりや、リチャード・ギアの小市民ぶりもそれぞれ板に付いており、登場人物全員が悪いんだけど、本当の悪人は一人もいないという本作の構図が、見事に形となっています。。。
ただし、意味不明な邦題だけは何とかならんのでしょうか。当時のフォックスジャパンは奔放すぎるネーミングセンスにより不評を買っていましたが、作品の本質をとらえない邦題をつけることはやめてほしいものです。
ザ・チャンバラさん [DVD(吹替)] 8点(2014-01-08 01:43:16)(良:1票)
89.《ネタバレ》 二人のラブシーンでちょっと得したかな。
殺してしまうのはびっくりいしたけど、
他の方のを観てるとわりとありきたりの展開のようです。
ラストがあいまいなのが逆にあとを引きますね。
らんまるさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-04-14 19:59:51)
88.主演2人とイケメンの姿がきれいで最後まで引っ張ります。男がってのは多いけど女がというパターンはあまりないと思うし、ダイアンの熱演でいい感じです。脱いでると言えば脱いでるし、この監督はエロいシーンの取り方が上手いです。まぁ罪は重いですね。女性が悪いのは間違いないけど。なんともラストをすっきりさせないことには、評価が下せないですね。
たかちゃんさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2013-01-19 21:33:59)
87.《ネタバレ》 ダイアン・レインの体当たり演技に感謝というような映画で、それにつきる。邦題がだめ。「浮気」なのである。「運命の女」なら、「家庭」を棄てるべきところ。白人有閑階級の退屈には同情できないし、ただただ「家庭」のために尽くす夫という設定も平板である。だから「家庭」という設定が聖域のように君臨するのが、アメリカ映画の基本中の基本。暴力・破壊が大好きなアメリカ映画は「家庭」を守るという大義名分のもと、なんでもするということ。
ひと3さん [DVD(字幕)] 5点(2012-08-27 10:30:19)
86.よくある不倫話。洋画で見ると描き方が新鮮でした。しかしまぁ何処でもよくやるなと感心感心。ダイアン・レインの体を張った演技には驚かされました。
ラストはあっさり。更に続きがみたい終わり方でした。
たこちゅうさん [地上波(吹替)] 6点(2012-03-13 00:11:45)
85.もろ昼メロ系の不倫映画。ちょっと陰があって、
いつも不満そうな顔をしている妻の役はダイアンレイン。彼女はもう素でやってるような感じ。
中盤からのややサスペンス調への展開が、本作のストーリーの中では唯一の見せ場。
(えっ!と驚くほどのものでもないが)
ラストはややぼんやり見せるシメ方だけど、お話的には何とかまとまっている。
全体的には女性視点のドラマで、夫役のリチャードギアの影が薄く、
内容は映画というよりもTV向けといった感じの小粒な作品だった。
MAHITOさん [地上波(吹替)] 4点(2011-08-23 08:09:57)
84.後半のサスペンス部分はさておき、ダイアンレインが恋に落ちていく様や妻としての葛藤は秀逸だったと思う。
しっぽりさん [DVD(字幕)] 6点(2009-06-28 16:56:29)
83.観終わった後の素直な感想は、だから、なに? あまりに内容が薄い。
「ストリート・オブ・ファイヤー」以来のダイアン・レインのファンとしては、その熟女っぷりだけは良かったです。
アンドレ・タカシさん [DVD(字幕)] 2点(2008-08-05 16:07:16)
82.これもエイドリアン・ラインお得意の不倫モノですが、序盤の出会いからリチャード・ギアの暴走するまではよかったんだけどそっからがなんか上手くいきすぎ。しかもサスペンスなんだかドラマなんだかよくわからん。ストーリーにひねりとかは特にないしラストもそのまんまで終わっちゃったのはちと不満。せっかくダイアン・レインのハマりすぎな人妻役がもったいないように思える。
M・R・サイケデリコンさん [地上波(吹替)] 5点(2007-10-03 17:16:11)
81.《ネタバレ》 主婦の私としては、素敵な男性に誘われてトキめいてしまうコニー(ダイアン・レイン)の気持ちは、よ~~~く分かります。
ポール(オリヴィエ・マルティネス)に惹かれながらも、妻として、母としての道徳観に悩んでしまう女心をダイアン・レインが見事に演じているなあと感じました。
物語は不倫モノで終わるのかと思いきや、途中で、逆上した夫がポールを撲殺した所から、サスペンスへと様変わり。
正直、こんな展開になるなんて・・・、と驚きました。
ただ、サスペンス物として観ると物足りないし、不倫モノとしても物足りない。
映画館で観てたら、多分、ガッカリしてたかも。
テレビで観るには丁度いい映画。



ななのじさん [地上波(吹替)] 6点(2007-09-12 14:18:39)
80.《ネタバレ》 冒頭の風の強い街中を必死に歩くダイアンレインは印象的だった。母親と妻と恋人という自分で揺れる心の演技がとてもうまく、とてもひきつけられる。旦那のリチャードギアは気の毒という言葉以外ないけど、恋をしてるダイアンは少女のように可愛くてあまりエロティックな印象はもたなかった。事件の真相を知ってから、あの冒頭の出会いのシーンを思い返し「もしあのときタクシーがつかまり私がそのまま帰っていたら、、、」と考えるダイアンのシーンが良かった。でも、やっぱり一番大切だったのはご主人だったんだとラストでよくわかりました。
civiさん [地上波(吹替)] 5点(2007-09-09 17:19:17)(良:1票)
79.《ネタバレ》 悲しい話でした。浮気についても殺人についても、バレ無いはずがない。どういう決着を付けるのか。良い選択をして欲しい。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 4点(2007-09-09 10:48:45)
78.地上波で放送されているときに途中、ご飯食べながらとか、そのあと歯磨きしたりとか、そういう合間に見るならちょうどいい感じの映画。あのプレゼントはひどいね。
☆Tiffany☆さん [地上波(邦画)] 5点(2007-09-07 04:29:10)(良:1票)
77.この映画はエロティック・サスペンスと銘打ってあるのだけど、確かにエロティックなんだけど、それよりも人間の、そして人間関係の描き方がうまいなと思った。どんなにうまくいっている夫婦の間にも落とし穴があること。普段普通に生活しているはずの人の心には少なからず「隙間」があること。引き返そうとしても、もう戻れない岐路が存在していること。エイドリアン監督はごく普通の夫婦を描き、そしてごく普通の夫婦の転落を描いた。さすがエイドリアン監督だ。だてにうさぎを茹でていたわけではない(「危険な情事」より)。
ふぉんださん [DVD(吹替)] 6点(2007-05-12 14:58:49)(良:1票)(笑:1票)
76.倦怠期の夫婦を描きたいならもうちょっと別のスートリーがあるだろうと思います。なんでこのストーリーでエロティックなシーンを盛り込む必要があるのかもわかりません。浮気相手のアパートの変わった内装も特にストーリーには生きてないです。サスペンスとしての驚くような展開や結末があるわけでもありません。会社を解雇した男性とか、奥さんの浮気調査を頼んだ男性とかが、もうちょっと関わってくると面白かったかもしれません。どこかチグハグで、ほとんどおもしろさのない作品でした。
ひよりんさん [DVD(吹替)] 4点(2007-02-07 21:53:00)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 95人
平均点数 5.78点
000.00%
100.00%
233.16%
322.11%
41111.58%
52526.32%
62526.32%
71717.89%
899.47%
933.16%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 2.30点 Review10人
2 ストーリー評価 5.62点 Review8人
3 鑑賞後の後味 4.42点 Review7人
4 音楽評価 5.60点 Review5人
5 感泣評価 3.75点 Review4人
chart

【アカデミー賞 情報】

2002年 75回
主演女優賞ダイアン・レイン候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2002年 60回
主演女優賞(ドラマ部門)ダイアン・レイン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS