しあわせ色のルビーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > しあわせ色のルビー
 > (レビュー・クチコミ)

しあわせ色のルビー

[シアワセイロノルビー]
A Price Above Rubies
1998年【英・米】 上映時間:117分
平均点:3.79 / 10(Review 14人) (点数分布表示)
ドラマ
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2016-11-26)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ボアズ・イェーキン
キャストレネー・ゼルウィガー(女優)ソニア
クリストファー・エクルストン(男優)センダー
グレン・フィッツジェラルド(男優)メンデル
ジュリアナ・マーグリーズ(女優)レイチェル
キム・ハンター(女優)
ジョン・ランドルフ〔1915年生〕(男優)
マイケル・スタールバーグ(男優)
脚本ボアズ・イェーキン
音楽レスリー・バーバー
撮影アダム・ホレンダー
製作ローレンス・ベンダー
ジョン・ペノッティ
製作総指揮ハーヴェイ・ワインスタイン
ボブ・ワインスタイン
配給プレノン・アッシュ
衣装エレン・ルッター
字幕翻訳細川直子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
14.《ネタバレ》 レニー・ゼルウィガーにひかれて鑑賞。結果何だかよく分からなかった。
ゆっきーさん [DVD(字幕)] 3点(2018-05-08 20:33:19)
13.ニューヨークが舞台の映画の中では異色作でしょう。神にばかり頼る人たちが批判的に映っています。レネー・ゼルウィガーもやけに平凡です。おばちゃん化してから可愛くなったのでしょうか。
色鉛筆さん [DVD(字幕)] 2点(2009-04-14 20:40:52)
12.ユダヤ人に生まれなくて良かったなぁと両親に感謝する作品。
とにかく退屈でどうしようもなかったけど、
エンディングの指輪とルビーだけは綺麗で良かった。
もとやさん [DVD(吹替)] 4点(2006-08-26 18:26:02)
11.レニー目当てで見るのが間違いだと分かってはいるが、それでもつまらない内容だった。さしたるドラマでもない話を起伏もなく延々と続けられるため、見るのが苦痛である。当時のレニーの演技力のなさにもびっくりした。ユダヤ教の正装(?)の勢揃いシーンのみ、多少の新鮮味があって印象的。
Oliasさん [DVD(字幕)] 4点(2006-03-27 01:07:19)
10.日本人には理解しにくい内容。多分レニーが出てなきゃオクラ入り確実だったはず。
映画なんだから、題材が地味なら地味なりにワンシーンでも印象に残るような見せ場が
あってしかるべきなのに、演出もただ淡々とまとめてるだけ。困った映画やなあ・・・。
放浪紳士チャーリーさん [DVD(字幕)] 4点(2005-12-18 12:16:50)
9.レニー・ゼルウィガー好きなんで観たんですが・・・お、面白くない・・・。ちょっと重苦しい映画。
H.Sさん [DVD(字幕)] 3点(2005-12-13 23:21:29)
8.《ネタバレ》 レニーはまるで結婚後にはじめて自分の夫の正体に気がついたように驚いているが、あれは見ている観客がもっと驚く。説明もないもない。 なんでこの2人が好きあって結婚したのか意味不明。 ただの見合い結婚の失敗に過ぎないと思う。 自由に生きる女性?が見所なのかと思うが、結婚とユダヤ文化から抜けだして仕事を始めたらそれで「自由な女」だというのも釈然としないものがある。 悪党の義兄と関係を持ったことで、優等生のお嬢様から抜け出し自由に行動できる女性になれたというのか?まさか。 まあいろんな見方ができるかもしれないけどレニーが今回演じた女性だけはあまり共感できなかった。 ユダヤ教に関しては、まったく知識がなかったので面白かった。 あの夫が真面目で勤勉なのも、みだらなセックスをしないのもすべて神を恐れるからだという。 神さまはいつも沈黙しているのによくあれだけ頑張って信じられるものだと思って呆れるより関心した。
花守湖さん 3点(2005-01-16 13:33:00)
7.レニー見たさで見たんですけどイマイチでした。それだけです。
ゆきむらさん 4点(2004-03-24 08:04:21)
6.《ネタバレ》 ユダヤ教は良く知らないので理解出来ない部分もあったけど、抑圧された女性の解放を描いた映画という事で理解しました。いいテーマとは思いますが、私は古い人間なので既婚者のなのに、貞操観念の薄い人間には同調出来ませんでその辺りがNG(気持ちは分かりますが)。それ以外は良かったと思います。とくにラビである老夫婦のキスシーンが素敵でした。
ゆうしゃさん 6点(2004-03-22 08:36:49)
5.自分の生きる道が見つかって良かったね、と両手を上げて激励、というにはちょっと違うような気がする映画・・・。なんでかな。
桃子さん 4点(2004-03-12 17:21:43)
4.ユダヤ教の戒律の重さがそうさせるのか,全編を暗鬱な気分が覆い,レニーのけなげさのみが遊離したような作品。私も特にお薦めできる理由は見当たりません。
koshiさん 3点(2003-08-02 20:51:11)
3.特別にもりあがりがあるわけではありませんが、NYのユダヤ教正統派の人々の生活がどのようなものなのかがよくわかりました。またレニーがとても魅力的でした。彼女の演技は生き生きとしててとてもよかったと思います☆
グローバーさん 6点(2003-07-13 01:30:52)
2.正直よく分からんかったです。
mmmさん 4点(2003-02-13 01:52:07)
1.98年くらいの作品らしいのですが、レンタルの新作の所にありました。レニー主演だったので借りただけで内容は退屈でした。
Asannさん 3点(2002-12-18 13:28:30)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 14人
平均点数 3.79点
000.00%
100.00%
217.14%
3535.71%
4642.86%
500.00%
6214.29%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS