バーフライのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > バーフライ
 > (レビュー・クチコミ)

バーフライ

[バーフライ]
Barfly
1987年【米】 上映時間:101分
平均点:5.80 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
公開開始日(1988-04-02)
ドラマラブストーリーロマンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-09-11)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督バーベット・シュローダー
助監督ジャック・バラン第1助監督
キャストミッキー・ローク(男優)ヘンリー・チナスキー
フェイ・ダナウェイ(女優)ワンダ・ウィルコックス
アリス・クリーグ(女優)タリー
ジャック・ナンス(男優)私立探偵
J・C・クイン(男優)ジム
フランク・スタローン(男優)バーテン エディ
プルート・テイラー・ヴィンス(男優)ジョー
チャールズ・ブコウスキー(男優)バーの常連客(ノンクレジット)
脚本チャールズ・ブコウスキー
音楽ジャック・バラン
作曲ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト"25th Piano Concerto in C. K603"他
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン"Piano Concerto No. 4"
挿入曲ジョン・コルトレーン"Theme for Ernie"
撮影ロビー・ミューラー
製作バーベット・シュローダー
ジャック・バラン製作補
フレッド・ルース
製作総指揮メナハム・ゴーラン
ヨーラン・グローバス
配給ワーナー・ブラザース
美術ミレーナ・カノネロビジュアル・コンサルタント
リサ・ディーン
衣装ミレーナ・カノネロ
編集エヴァ・ガルドス
字幕翻訳古田由紀子
その他アラン・ヤコボヴィッツポスト・プロダクション・スーパーバイザー
フランシス・フォード・コッポラpresenter
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.《ネタバレ》 ミッキー・ロークもチャールズ・ブコウスキーも好きなんですが、これはどうも…。『ロッキー』を数倍ダサくしたような路上ファイトに、演技派を目指したであろうロークのクサイ演技(実際ブコウスキーの仕草をかなり研究して真似ているようだが、これでは演技というよりただのモノマネ)。なぜだか記憶に残るのは、最後のフェイ・ダナウェイのキャットファイトのみ…。DVDの特典映像でブコウスキーの生きた姿を拝めるのが唯一の救いか(彼はロークのこと褒めてましたね)。
フライボーイさん [DVD(字幕)] 4点(2008-10-26 00:03:22)
4.《ネタバレ》 ■まずは、ミッキー・ローク、金獅子賞おめでとう!■呑みながら映画を観ると後日内容を思い出せないことが多いので、最近は素面で観るようにしていたが、この作品に限っては、なんか呑まなきゃ悪い気がして、バーボン嘗めつつ観賞した。■主演の二人とも、とってもいい演技だと思う。まぁ、キャラ的にハマるのは当然と言えば当然の二人なワケだが。■二人が出会ってからラストまで、どのくらいの時間が経ったことになってるんだろうか?なんかたった数晩の話にも読めてしまうのだが。仮にそうだとしたら、あれだけ二人の絆が深まり、むしろそれがテーマとなってしまうのには無理があるんじゃないか、とは思った。■私が贔屓にさせて頂いておりますミッキー・ロークは、この辺からセクシー男優から演技派への脱皮をある意味露骨にはかる(当時その目論見は、外れた、というか、握り潰された感があるが)。この度ヴェネチアで随分ロックな言動・行為をしてしまって、ヴィム・ベンダースに「君は男優賞だって獲れるのに」と、ある意味最高の褒め言葉をもって嘆かれてしまったらしいが、「ロックな演技派」ミッキーの原点ともいえる本作、ちょっと感慨深いものがある。■フランク・スタローンが出てたけど、僕はシルヴェスター・スタローンも好きで、この二人は以外にも仲がいいらしく、ファン心理としてそれを示唆する情報を目にすると嬉しくなってしまう。ボクシングに深い縁があるという共通項はもちろんだが、スタローンが『クリフ・ハンガー』のキャンペーンで来日した時、何げにミッキーが同伴していたそうだし、『追跡者』の敵役はミッキーのアプローチによってゲット・カーターしたそうだ。なんとな~くだが、本作の「愛すべきゴロツキ」的役作りに『ロッキー』のそれをヒントにした部分も、少しはあったんじゃないだろうか。■フェイ・ダナウェイは当時50近いはずだが、(脚はもちろん)何とも魅力的なのは、さすがである。
麦酒男爵さん [DVD(字幕)] 7点(2008-09-19 00:37:03)
3.ブコウスキーだからなぁ。そりゃもう飲んべえのヒドイありさまがリアルに表現されています。ミッキー・ロークが「足短~い」、「汚~い」と当時ちょっとショックだった。撮影はロビー・ミューラーなんですね。そんな映像でしたっけか?
黒猫クロマティさん 6点(2003-12-19 12:28:30)
2.《ネタバレ》 このとき知ったBARFLY(バーの常連客)の言葉通り、ずーーっと飲んでる二人、ミッキーうつると画面がアルコール臭いよ!、フェイもいかにもって感じで、アンニュイさ出しまくり、得意中の得意役。でもしっかり愛も育ってた。今こういう作品作ってもウケへんやろーな。
かーすけさん 5点(2003-07-06 14:27:21)
1.『白いドレスの女』で見たときから注目していたミッキー・ロークですが、う~ん・・・結局今こうして振り返って見るとこの映画が一番よかったかも。こういう路線で行って欲しかったのなー。前後の映画とまったく違う臭そうでタプタプした感じのヒトになっていて、でも結構楽しそうに演じているのにナー。この映画から数年後日本でもブコウスキーの小ブームが来たように記憶してますがこの映画ってあんまり話題に残らず残念。知られていない小品ってとこでしょうか。哀しゅうてやがておもろい映画。
Undeadさん 7点(2003-03-03 23:49:32)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 5.80点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4120.00%
5120.00%
6120.00%
7240.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 3.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 8.00点 Review1人
5 感泣評価 6.00点 Review1人
chart

【ゴールデングローブ賞 情報】

1987年 45回
主演女優賞(ドラマ部門)フェイ・ダナウェイ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS