赤い靴(1948)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > 赤い靴(1948)
 > (レビュー・クチコミ)

赤い靴(1948)

[アカイクツ]
The Red Shoes
1948年【英】 上映時間:136分
平均点:7.60 / 10(Review 30人) (点数分布表示)
公開開始日(1950-03-01)
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2016-11-20)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マイケル・パウエル
エメリック・プレスバーガー
キャストモイラ・シアラー(女優)ヴィクトリア・ペイジ
アントン・ウォルブルック(男優)ボリス・レルモントフ
マリウス・ゴーリング(男優)ジュリアン・クラスター
アルバート・バッサーマン(男優)ラトフ
ロバート・ヘルプマン(男優)イヴァン・ボレスラウスキー
オースティン・トレヴァー(男優)パルマー教授
エズモンド・ナイト(男優)リヴィ
脚本マイケル・パウエル
エメリック・プレスバーガー
音楽ブライアン・イースデイル
編曲ブライアン・イースデイル
撮影ジャック・カーディフ
クリストファー・チャリス(カメラ・オペレーター)
製作マイケル・パウエル
エメリック・プレスバーガー
配給ニッポンシネマコーポレーション
特撮W・パーシー・デイマット・アーティスト(ノン・クレジット)
美術ハイン・ヘクロス
アーサー・ローソン(装置)
衣装ハイン・ヘクロス(ノン・クレジット)
編集アン・V・コーツ(ノン・クレジット)
録音ゴードン・K・マッカラム
チャールズ・ポールトン〔録音〕
その他ブライアン・イースデイル(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
30.《ネタバレ》 「第七のヴェール」「ある日どこかで」が思い浮かぶボリス・レルモントフ。彼にとってヴィクトリア・ペイジは自身理想のバレエを体現してくれるペットと言うかロボット(適切な言葉が浮かばない)であって、彼女が人間らしい愛情を持つことに憤怒する。バレエ以外愛せない男を演じるアントン・ウォルブルックは絶品でありました。「赤い靴」バレエシーンはダンサーの魅力と映画ならではの映像表現が相まって息を呑む素晴らしさ。物語そのものが「赤い靴」であった最期の「靴を脱がせて・・・」が何ともやりきれない。傑作です。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 9点(2019-07-28 19:49:35)★《新規》★
29.最初は退屈そうで、観るのやめようかな〜、と思っていたらバレエの本格的なところから惹きつけられた。
映画としてかなり真っ当な作り方だし、素晴らしい作品だと思う。ただし、全体的にちょっと地味な印象が残るが、名作と言える。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2017-07-23 20:43:18)
28.《ネタバレ》 最初のキャスト&スタッフが絵画で出てきたもんだから、「お、これはちょっと新鮮な映画だな」なんて思って観ておりました。
序盤から中盤まではパッとしませんが、バレエ劇のシーンは圧巻。恐れ入りました。
劇中の色の鮮やかさ、そして何と言っても多彩な映像表現。当時としては、相当新鋭な試みだったのではないでしょうか。
バレエを取るか、彼を取るか、、、。悩ましい女の選択ってやつでしょうか。
レルモントフ団長のブルジョアダンディな感じがすごく好きです。
私、バレエの知識は全然ありませんが、バレエというのは重力の縛りから解き放とうとする踊りなのかなって思いました。
みんなに等しく1Gの重力がかかってるのに、ダンサーだけは0.2Gぐらいになってるみたいな。
もう一度言います。レルモントフ団長の渋くて冷徹なおじさま感が好きです。
あろえりーなさん [地上波(字幕)] 8点(2016-12-30 20:25:17)
27.《ネタバレ》 前半は何とも退屈で、まあそんなもんかと思いながら見ていたのですが、延々と続くバレエシーンで「え?もしかして凄いことしてる?」となり、そこから後は前半とは別のようにドラマが動いていました。とはいえ、結局はバレエそのものの力と、主演の彼女の長身の美しさ(下半身の安定したしなやかさも素晴らしい)に多くを負っている気は、しなくもないですが。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-12-30 20:22:07)
26.《ネタバレ》 映画とバレエの融合が見られて新鮮だし、バレエダンサーの動きのしなやかさに見惚れる。バレエに興味を持てました。
しかし映画の方はちょっと退屈な時間が長かった。さらに終盤のクラスターがペイジに強硬に迫った意味と、ペイジが飛び降りた意味がイマイチすんなり自分の中で消化できずモヤモヤが残りました。
さわきさん [地上波(字幕)] 5点(2016-12-27 08:50:02)
25.西洋童話の残酷性は良く耳にするけど、そんな原作がベースになっていそうな物語り。バレエ好きにはいいのかもしれないが、クライマックスまでがちょっと退屈。古い映画だけどデジタルリマスター映像は流石。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-12-22 23:36:19)
24.Through a movie series at MoMA, titled as "Scorsese Screens".

The main reason I picked this up from the series's long list was a picture I saw at another movie theater, Film Forum. Their intro movie, which is shown every time before the featured title shown, has many flashy scenes from master pieces they have been screening there. These include Metropolis, Wendy and Lucy, Ran, and …. this was one them. My feeling was "this must be one of the bests, too" and that assumption was completely right, it was a master peace.

At least for me, this is not a simple ballet movie. It contains more than that and whole piece would be close to a live performed opera. It was a wonderful week because I could enjoy Michael Powell's titles back to back, "The Tales of Hoffmann" (1951) and this one. In the mentioned title, Moira Shearer's performance was limited but, in this title, she was everywhere. I could enjoy her performance all the way to the finale.

Yes, I do want to watch this again, whenever I find the next chance.
keiさん [映画館(字幕なし「原語」)] 7点(2015-08-16 06:43:34)
23.《ネタバレ》 芸術に完璧を求めても、そこは神の領域。人間が近づこうとすれば、気もふれようというもの。どちらかというと、ヴィクトリア・ペイジよりも支配人レルモントフの方がマッドネスだった気もする。舞台に出て嘆く彼は、彼女そのものの死より、稀有の踊り手を失ったことへの哀悼に満ちている。絶命したヴィクトリアは彼の身代わりのような、悲しくも酷い芸術の代償。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-10-14 23:57:34)
22.《ネタバレ》 赤い靴に“恋をした”少女の壮絶な生き様を眼に焼き付けられる作品。

単なるメロドラマでは終わらず、赤い靴によって取り付かれたように踊り続ける少女の切なさと怖さ。

彼女はもうどうにも止まらない。バレエを愛しているから、踊る事を愛していたから、何より赤い靴を“愛して”しまったから・・・。
新聞紙との踊りは正に死に際の美しさ。

この映画をデジタル・リマスター・エディションとして蘇らせてくれたマーティン・スコセッシには感謝してもしきれない。

フランシス・F・コッポラと組んで蘇らせたというヴォイツェク・イェジーハスの「サラゴサの写本(サラゴサ手稿)」も見なければ!
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 9点(2014-03-17 08:02:48)
21.レンタルのDVDだったため、画質が悪く、バレエダンサーが皆日本人体型に見えてしまい、イマイチでした。見所のバレエシーンでは、映像に手が加えられ、かなり派手な演出になってますが、私としては、舞台そのものを見たかったので、残念に思いました。前半がバレエで、後半がドラマになってます。後半の方が見応えありましたよ。
shoukanさん [DVD(字幕)] 6点(2011-10-24 17:47:43)
20.《ネタバレ》 1900年代初頭に華々しい活動を行ったバレエ団、バレエ・リュスがモデルとなっている(振付師役は実際にバレエ・リュスで活躍したマシーン氏)。主人公ヴィッキーの栄華と最期には、自らの心とバレエ団オーナーとの狭間で揺れて心を壊した天才ニジンスキーの影を重ねずにはいられない。「赤い靴」の舞台で、くるくると絶え間なく回り小刻みにステップを踏む彼女の姿はある種機械的で、何かに取り憑かれたのよう。「踊るため」に存在するはずだった彼女が、踊り以外のものに心を捧げたことで崩壊してしまうラスト、レルモントフの叫びがキリキリと痛いほど耳に響く。一昔前の作品ゆえの普遍的な美しさと、モイラ・シアラーの鮮やかな足裁きをデジタルで再現してくれたスコセッシに感謝。
のはらさん [映画館(字幕)] 7点(2011-09-11 17:04:14)
19.名作の誉れ高い旧作をスコセッシが監修してデジタルリマスターされたってんで、これは見なくっちゃと、猛暑の中、見に行きましたよ。あー、あぢかった。・・・で、感想ですが、汗だくになって見に行った甲斐はありました。とにかく画が綺麗。やはり衣装や髪型などで古さは感じるものの、劇中バレエ『赤い靴』の延々バレエシーン等、素晴らしい。ストーリー的にはどーってことないんですが(つーか、アンデルセンの話の方が百倍恐ろしい)、この作品は、見て感じるだけで十分なんです。「愛か芸か?何で二者択一なんだよ」とか「なんだあの作曲家の夫は。妻を追い詰めてバカじゃないのか?」とかっていう尺度で考える必要はないんです。美しい画、音楽、素晴らしいバレエ、これを堪能するんです。なのでスクリーンで見たのは正解でした。劇中バレエ『赤い靴』の中で一番素晴らしかったのは、何と言っても靴屋のラストシーンの踊り。これは本当に感動的。・・・と思ったら、あのニジンスキーの後継者といわれたダンサーだったと分かって感激。ニジンスキーの後継者・・・、はぁ、嘆息。・・・いやぁ、これは、四の五の言わず、一見の価値ある作品でしょう。
すねこすりさん [映画館(字幕)] 7点(2011-07-15 23:54:19)
18.《ネタバレ》 「ごめんなさい」でもなく「愛してるわ」でもなく、「靴を脱がせて」と言わせたラストシーンの脚本が、神懸り的。
aksweetさん [DVD(字幕)] 7点(2009-12-27 23:33:48)
17.《ネタバレ》 頭の形が妙ちくりんな男とシミだらけの女が歌って踊るミュージカル・ロマンス。
前半から中盤にかけては、面白味のない舞台裏が描かれ、ラストで俄然盛り上がるかと思いきや、女はダンサーの道も選ばず、平凡な主婦の道も選ばず、半ば投げやりの形で死んで終り。
しかも、電車にはねられているのに、最後に男と会話を交わすというリアリティのなさ。
最後の最後で更に呆れさせてくれた、テクニカラーさえも不発の、不朽の駄作。
にじばぶさん [DVD(字幕)] 1点(2009-10-02 22:46:47)
16.《ネタバレ》 このての「バレエ」映画は初めて観ましたが、シンプルな構成で観やすく、美しいバレエシーンと音楽はかなり印象深い出来であります。踊りへの情熱と愛の間で葛藤する姿を赤い靴と重ねて映すストーリー展開は悲しくも素晴らしい! とても60年以上前につくられたものとは思えない映画でアリマシタ
Kanameさん [DVD(字幕)] 7点(2009-06-01 22:15:46)
15.何と言っても「赤い靴」の舞台の演出が凄い。下手すると演出過多に見えてしまいかねないほどに、舞台という枠に囚われない実に映画的な演出。これを見られただけでこの映画は十分かも知れない。
MARK25さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2007-06-11 20:07:18)
14.舞台の上で踊るバレエが次第に映像の中で踊るバレエへと変貌する。美しいその踊りをまずしっかりと映し出す。不必要にカットを割らずにバレエ本来の美を丁寧に映し出す。カットが割られるときは、まさに映画だけにしか表現できない世界観を最大限に見せるとき。バレエ本来の美はしょせん映画は生で見る以上の感動を再現できない。しかしその美を映画的に見せることはできる。どう見せるかは柔軟な発想とセンス、そして実際に画にする技術と努力。この映画はそのお手本として素晴らしすぎる画を堪能させてくれる。芸術的であり且つエンターテイメント性を併せ持ったバレエシーンに魅了されること間違いなし。
R&Aさん [ビデオ(字幕)] 8点(2006-12-08 16:30:23)
13.映画にはモノクロとカラーとがそれぞれあるわけで、中にはモノクロだからこそ良いものとカラーで良かったと思わせる映画とに分かれると思う中で、この映画の場合だと間違いなく後者に当る作品です。とにかく色彩の鮮やかさ、美しさ、そして物語りも美しくて哀しい。幻想的な美の世界に酔いしれるそんな映画です。この作品のタイトルにもなっている赤い靴をモチーフに、描かれるバレエに生きる者の人間模様が本当に見事なまでの美しい映像と重なり合って一つの素晴らしいドラマを生み出しています。今回、初めて観たわけですがその幻想的な美しさに見とれるほどの本当に素晴らしい映画です。どのシーンにしても物凄く新鮮な感じでこれほどの作品が五十年以上も前に作られていたとは驚きです。
青観さん [DVD(字幕)] 9点(2006-01-15 12:02:04)
12.2、3回観てる。まず色がいいよね、バレエシーンも素敵。でも何が素晴らしいってアントン・ウォルブルックの優雅、優美な所作です。さっと手袋をはずす、上着を脱ぐ、何をするにもエレガントなの。これだけでも観る価値アリですよ。それとね、ヴィッキーを心から愛し、理解していたのもやっぱり彼でしょう。ジュリアンは結局バレリーナとしての彼女を支えられなかったといっていいのじゃないの?男のエゴ爆発って感じ?厳しすぎるかなあ。でも追い詰められたヴィッキーがかわいそうでした。あとね、これはあくまでも映画として観た感想なんですがぁ。。。ジュリアン役の俳優がね、全然ハンサムじゃないのが気になりました、ごめんなさい。
envyさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2006-01-09 17:05:09)
11.パウエル・プレスバーガーの名コンビが残した映画史上に燦然と輝く傑作。アンデルセン童話をベースにしたバレエ“赤い靴”のシーンには圧倒され言葉を失う。ジャック・カーディフのカメラ、イースデイルの音楽、アーサー・ロースンの美術にシアラーの踊り…どれが欠けてもこのシーンは生まれなかっただろう。バレエ・シーン以外の部分も単純なメロドラマに終わることなく最高級のドラマに仕上がっている。バレエに興味のない人にこそ見て欲しい映画。
bluespowerさん [DVD(字幕)] 10点(2005-10-31 18:28:43)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 30人
平均点数 7.60点
000.00%
113.33%
200.00%
300.00%
400.00%
526.67%
6310.00%
7826.67%
8413.33%
9930.00%
10310.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.50点 Review2人
2 ストーリー評価 9.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 7.50点 Review2人
4 音楽評価 8.50点 Review2人
5 感泣評価 8.50点 Review2人
chart

【アカデミー賞 情報】

1948年 21回
作品賞 候補(ノミネート) 
脚本賞エメリック・プレスバーガー候補(ノミネート)原案賞
作曲賞(ドラマ)ブライアン・イースデイル受賞 
美術賞ハイン・ヘクロス受賞 
美術賞アーサー・ローソン受賞 
編集賞 候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1948年 6回
作曲賞 受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS