Menu
 >
 >
 > 雲のように風のように〔TVM〕

雲のように風のように〔TVM〕

1990年【日】 上映時間:80分
平均点: / 10(Review 23人) (点数分布表示)
アニメTV映画歴史もの伝記もの
[クモノヨウニカゼノヨウニ]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2014-01-11)【イニシャルK】さん
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督鳥海永行(総監督)
佐野量子銀河
小林昭二渾沌
福田信昭イリューダ
井上瑤江葉
麻上洋子セシャーミン
高畑淳子タミューン
田村錦人カクトー
北村弘一真野
京田尚子老女
三ツ矢雄二菊凶
秋元羊介亥野
中村正[声優]ナレーション
水鳥鉄夫
峰恵研
塚田正昭
片岡富枝
矢島晶子
中沢みどり
谷育子琴皇太后
原作酒見賢一(『後宮小説』)新潮社
脚本宮崎晃
主題歌佐野量子「雲のように風のように」
製作Studioぴえろ
作画近藤勝也(作画監督/キャラクターデザイン)
小西賢一(動画)
美術池田祐二
あらすじ
17世紀中国の架空の王朝が舞台。皇帝陛下が亡くなり、宮中では権力闘争や暗殺事件が多発。新しい皇帝に不可欠なのは、彼が信頼できる奥さん。それを募集する立札が国中に張り出された。「皇帝の奥さんになれば三食昼寝つき」に惹かれ、明るくマイペースな女の子、銀河は「皇帝の奥さん試験」に挑戦する。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
23.《ネタバレ》 高1の頃、NHKの「BS冬休みアニメ特選」で再放送されていたものをたまたま見たのだが、これが本当に良い作品でさあ。
それで放送年を調べたら1990年!俺が生まれる4年も前の話なのかー。今までも何回か再放送されていたらしい。

。今でいう「彩雲国物語」とか「十二国記」とかファンタジー要素は少ないけど、ノスタルジックといいますか。

昔々、中国のある国で新皇帝の妃候補として様々な女性が集められる。シンデラストーリーと、戦争といった波乱に満ちた展開もあってちょっぴり切ない話だった。ジプリっポイ絵柄からか、劇中の女性たちはジブリ映画を思わせるパワフルな玉遥樹(タミューン)といった女性もいれば、終始クールな印象の紅葉と表情豊かなキャラクターたち。特に紅葉さんは一番好き。ヒロインの銀河もガハハと笑う元気な田舎娘。しかし男も凄いよな。主に下半身の命中率(ry
切ない締めくくりの後に流れる主題歌がとっても素敵なんです。
すかあふえいすさん [CS・衛星(邦画)] 9点(2014-12-29 21:57:38)
22.子供の頃TVで観てずっと印象に残っていた。てっきり中国の史実だと思っていたら、完全なるフィクションということでビックリ!それにしてもよく出来ている。80分ほどの短い作品なので、壮大な歴史絵巻をダイジェストっぽく見せてはいるが、個性的な登場人物と奥深いテーマ性、緩急あるストーリーに引き込まれる。キャラクターデザインをジブリの近藤勝也が担当しているので、ジブリ作品と勘違いする人も多そう。
フライボーイさん [DVD(邦画)] 7点(2012-02-18 08:57:08)
21.大河のような壮大な物語をよくこの尺で収めたなと感心しました。
ワクワクするようなサクセスストーリーから、切ない運命の終着点へと上手く展開していきます。
よく出来たシナリオです。
アニメの作り込みも確りした良作だと思います。
ラストのオチはせめてもの救いなんでしょうけど、やっぱり切なさが後に残りました。
もとやさん [地上波(邦画)] 8点(2010-11-30 05:06:42)
20.一見、もの凄く地味なアニメに見えるのだけど、そう見えるのがこのアニメのミソなんじゃないかと思います。かなり丁寧に作られていて、自然と観ている者を引き込む魅力があるんだよね。
奥州亭三景さん [地上波(邦画)] 8点(2010-11-30 00:23:41)
19.お姉様が素敵だ。惚れるぜ プリンセス天功
くまさんさん [DVD(邦画)] 7点(2010-08-07 23:14:26)
18.《ネタバレ》 (夫じゃなくて妻投稿です)。主人公の女の子の結婚生活は私と旦那の結婚生活に似ています。つまり体とか愛とかそんなのではなく、まさに「男の子と女の子」の関係ということ。私はアスペルガー症候群で、オシャレとかファッションとか格好いい芸能人とかに生まれたころから興味がなく、自分が女だったなんてこれっぽっちも意識していなかったなあ。結婚なんかするとも思っていなかった。これは映画の主人公や登場人物にも言えると思う。主人公なんて父親にずっと育てられていたし、異民族の女の子は自分の世界に入ってヤニ吸っているし、宮中には男か女かよくわかんないようなのがいっぱいいた。「私女の子だもん」というキャラクターは少数派だ。でもいざ反乱野郎が攻めかかってきた時、男が絶望していた時、未来に希望がなくなった時、映画の中で最後まで戦い、男に希望を与え、男のために泣き、男が自殺した後もその体に命を宿しつないだのは、確かに彼女たちの体の中にあった「母性」だった。その母性の凶暴さはたるとに侵入した野郎を大砲でぶっ飛ばす場面が、強さは男を顎で使い、敵を銃で脅す度胸が、優しさは馬小屋の中の銀河の涙が、そして希望は彼女の中の命が象徴していた。男にそんな事が出来た? ギャルを追っかけまわした奴とか夢を追いかけて見境を失った奴とか、自殺しちゃった人とか、とにかくかわいそうな人たちばかりだった。終盤、全てが廃墟になった。私自身結婚前に強姦被害にあっていて、私の子宮はあの廃墟よりめちゃくちゃだ。理不尽で空虚でぐしゃぐしゃで、そんなことする男は馬鹿らしいし哀れだ。私も銀河とか違うものだけど大切なものをぬぐいさられた。でも彼女は奔放に生きたらしい。私もいつか元気に奔放に生きたいな。巷で言われている「男をメロメロにする」女として生きる事は無理かもしれないけれど、そういう意味の「女」なんて日陰のキュウリみたいになりうる存在なんだ(「あれは男だっけ?」)。そして核弾頭並みの攻撃能力と自分と愛する人に対する最強の防衛能力を兼ね備えたそういう意味での「女」は、誰かの為に戦い、泣く事で私も持てるんじゃないかと思う。「女とは母性であり、母性とは愛の上にはためく旗である」これが私の出した答え。先生はどう思いますか。私はこの答えを出すまでに映画を見てから4年間使ったよ。
はち-ご=さん [レーザーディスク(邦画)] 9点(2008-06-14 01:19:29)
17.《ネタバレ》 原作の「後宮小説」を読みたいな、と思いながら果たせずDVDにて本作を鑑賞。
劇場ではなくTV用の作品とのことだが、お金をかけなくても良い脚本(原作)があれば、ここまで出来るということを再認識。
いやぁ、切ない作品ですな。
佐野量子のアドリブが心配だったが杞憂だった、というかむしろ好演していてビックリ。
でも一番唸ったのは、やはりラストの女性ならではの復讐!?
なおてぃーさん [DVD(字幕)] 8点(2008-04-13 19:06:23)
16.当時、何気にテレビで観ましたがとても印象深くて、もう一度観たいアニメです。
バイオレットさん [地上波(吹替)] 8点(2006-01-24 00:14:35)
15.《ネタバレ》 驚いて~いますか~急にた~びに~でたこと~
本作、原作の後宮小説共それぞれに良い!原作の設定からして完全なフィクション
である本作ですが、国を子供、皇帝の正側室の詰める後宮を女性、そこに続く隧道=
タルトを子宮に例え、後宮での宮女達への教育を通して、この架空の皇国における
女性の在り様を単純且つコミカルに、それでいて架空であることを雲散させる程誠実に
伝えています。勿論アニメなのでその時点で不可能だという方もおられましょうが・・・。
そして純朴な学者であり、主人公の良き理解者であるカクウト先生の話運びから漂う
老紳士の情け深い思いやり、子供を守る哲学を探求してきたんだという自信に裏づけされた、
男性でありながらも女性を女性たらしめんと努力する心意気に象徴される後宮哲学が
徐々に受け入れられていく安心感。それに殉じ、個性豊かな女の子達がいつしか
母親の強さを発揮し、各人の価値観と葛藤しつつも必死に子供を守り抜こうと奮戦して
剥き出しの精悍さをみせる段に至っては、女性の頼もしさと主人公銀河の生来の健気さが
相まり真綿で心が締め上げられる思いになりました。
特にフェミニストというわけでもないですし、寧ろ本作を観ると逆にとってないか
気になる位です。
なんというかこの後宮哲学の透徹ぶりは細木数子さんの説教すら思い出させます。
また、これがシネマかどうかについては異論もあろうかと思いますが、
細かい定義はさておいて作品として面白い要素があるか否かで判断したいと思います。
独特の世界観を強調する様に、タイトルを「雲のように風のように」としたことで
快愁要素も抜群です!・・・少々いたたまれない気持ちが残ったりもしますが、
そこがまたテーマソングや挿絵の着物等と相乗して、こうした時代、風土設定による
味わいを助けています。その味わいも好き嫌いありましょうが、
個人的には成功と思います。付加要素に目がいってテーマがぼける危険を冒しても、
作品自体が十分訴える力を持っている為、ここは遊んだ方が面白いと思います。
映像化することで世界観まで広がった様に感じられた点も良。
日本ファンタジーノベル大賞のアニメは面白いですね!同じく鈴木光司さん原作で
入賞、「満ちてくる時のむこうに」となった「楽園」も好きです。
正に稀代のファンタジー!タルトばばあの息もつかせぬ罵倒返しに快笑!!
o-zさん [DVD(字幕)] 10点(2005-10-29 04:04:29)(良:1票)
14.これが登録してあるなんてちょっとびっくりよりかなり驚き。たしか中学生の頃ぐらいにたまたまテレビを適当につけてたらアニメがあってたので「まぁ観てみるか」ぐらいで観始めたら最後までものすごくはまって観てました。観終わった後にこの国の歴史が知りたくていろいろと書物を読んだけどまったく記載されていないので五胡十六国時代の小国の話なのかなと20歳過ぎるまで思ってました。まあ小説読んだらフィクションというのがすぐ分かったけどこの作品を観てから小説を読もうという気になり同作者の「墨攻」も読み中島敦の作品も読みと自分の方向性が見出せたのでなかなか良い作品を観たのだなと今でも思ってます。この作品のレビューが100を超えることはまず無いと思いますけど「良い作品」には間違いないと太鼓判を押します。でもレンタルビデオ店で未だに見たことがありません。子供向けというより大人向けだと思います。今考えたら「房中術」ってねぇ・・・風俗の講習じゃあるまいし。
tetsu78さん 8点(2004-11-23 10:39:31)
13.TVで放映しているのを観て面白くて、後に原作まで買って読んでしまいました。原作と比べるとさっぱりとした作りで、幅広い層が観れる様になっています。おどろおどろしい謀略まみれで有名な後宮ですが、本作ではそれを爽やかに描いています。ただ個人的には原作の方が面白いです。
ゆうしゃさん 7点(2004-03-16 13:07:32)
12. 十年以上前の作品だったのか。久しぶりに見てみたが、全然印象が変わらない。それだけ完成度が高く堅実な作りだったのだろう。まず、銀河の声優、佐野量子が微妙。頭のてっぺんから声を出すのは良いのだけれど、上手いのか下手なのかよく解らない。また、渾沌の声の小林昭二は自然で良い演技している(人質にとられて泣き叫ぶ部分はわざとらしすぎだが)。ただ、時間が短かくテンポが速すぎて、折角の魅力的なキャラクター達が生かしきれていないように感じる。どーせならテレビシリーズで13本ぐらいかけて放映して欲しかった。そうしたら認知度も上がったと思うのだが。
みやひろさん 6点(2004-02-12 00:39:48)
11.《ネタバレ》 あまり知られてないアニメだけれど、とても良いアニメ。ストーリーが大好きだ。コリューンの最後は切なすぎるが、それでもなお、このアニメは観て良かったと思う。絵も綺麗だし、全体の落ち着いた雰囲気がとても良い。ただ子供向けかと言うと、微妙かもしれない。もっと認知度があってもいいのにと思うが・・。
深海さん 9点(2004-01-10 20:01:38)
10.TV放送当時は、結構テレビ局でも宣伝に熱心だったことを憶えています。CMを見て、「これは見てみたい」と結構楽しみにしていました(見ようと思ったのは、絵柄がジブリアニメっぽくて、本当に「ジブリアニメ」なのではないかと半分思いこんでいたからということもあるのですが・・・↓他の方のレビューを見ると、実際にジブリ作品に関わったスタッフが参加しているとのことで、びっくりしました)。別に不思議な出来事が起こるわけでもないのに、どことなくファンタジックで、とても印象的でした。一本の作品として見ても、とてもよくできたアニメだと思います。
マーチェンカさん 7点(2003-11-12 19:53:41)
9.たしか、1989年か90年に、日テレでCMなしで放送された作品です。一度だけだったか、かなり好評だったようで再放送もしたかもしれない。最近もレンタルビデオ店に並んでいるのを見かけました。キャラクターデザインを、同じ頃に上映された「魔女の宅急便」を担当した人がされたそうで、キャラクターや背景がジブリ作品と雰囲気が似ています。でも、内容はジブリでは作りそうで作らない(作れない)タイプの話だと思う。原作の「後宮小説」は、フィクションだけどかなり本格的な歴史小説です。原作のドロドロした部分やシュールな部分はさすがに脚色されているけど、説教じみてなく、淡々と話が進んでゆく原作の雰囲気は変えられていないと思うし、キャラクターもユニークで魅力があります。私は、革命を起こそうとする2人組の、坊主頭の人(名前忘れたけど)に好感を持った…。中世の中国の王朝を舞台にした壮大な話を、1時間20分くらいの短い時間の中にとてもよくまとまってるな~と感心もさせられてしまいます。ラストは、悲劇で切ないんだけど、後味がどこかすがすがしくもあり、続きを想像したくなるような気分になりました。主題歌もいい曲だと思う(上手かどうかは?だけど)。もっと多くの人に知ってほしい作品です(^^。
kiku☆taroさん 9点(2003-11-12 18:31:16)
8.あまり知られていないけど、非常に良く出来たアニメーションである。劇場公開はされなかったようなので、題材のわりに豪華さはないが、興味深い物語をとても切ない映画に仕上げている。後味が良いとは言えないけど、深く印象に残る作品。
鉄腕麗人さん [ビデオ(邦画)] 6点(2003-11-12 15:38:25)
7.テレビでやったのが最初でしたね。劇場でやってもいいくらい画は綺麗だった。
ロカホリさん 5点(2003-10-23 16:26:24)
6.原作が本当によく出来ていて、アニメもいい感じでした。国と時代に呑み込まれていく主人公のラストは切な過ぎる・・・。
sirou92さん 5点(2003-07-24 20:15:59)
5.文章で読んだときは面白かったが、アニメーションになったら普通の物語になってしまった。暗さもなくなったし。
ルクレツィアの娘さん 5点(2003-06-30 12:01:09)
4.酒見賢一原作の切なすぎる映画。もっと認知されるべき。
aprilさん 7点(2003-06-16 16:06:45)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 23人
平均点数 7.48点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5313.04%
628.70%
7626.09%
8626.09%
9521.74%
1014.35%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.50点 Review2人
2 ストーリー評価 8.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 9.50点 Review2人
4 音楽評価 9.50点 Review2人
5 感泣評価 8.50点 Review2人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS