ホーホケキョ となりの山田くんのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ホ行
 > ホーホケキョ となりの山田くん
 > (レビュー・クチコミ)

ホーホケキョ となりの山田くん

[ホーホケキョトナリノヤマダクン]
My Neighbors The Yamadas
1999年【日】 上映時間:104分
平均点:4.65 / 10(Review 99人) (点数分布表示)
コメディアニメファミリー漫画の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-11-10)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督高畑勲
演出百瀬義行
益岡徹たかし
朝丘雪路まつ子
荒木雅子しげ
中村玉緒眼鏡の女
斉藤暁配達人
富田靖子受付嬢
矢野顕子藤原先生
ミヤコ蝶々キクチババ
古田新太暴走族
上岡龍太郎「バナナとドラ焼き」エピソードのTV
笑福亭鶴瓶「バナナとドラ焼き」エピソードのTV
田中理恵〔声優〕
進藤一宏
原作いしいひさいち「となりの山田くん」
脚本高畑勲
音楽矢野顕子
スタジオジブリ(音楽製作)
作詞矢野顕子「ひとりぼっちはやめた」
高畑勲「ケ・セラ・セラ」(訳詞)
川内康範「月光仮面は誰でしょう」
青島幸男「だまって俺についてこい」
作曲矢野顕子「ひとりぼっちはやめた」
佐藤勝「若者たち」
小川寛興「月光仮面は誰でしょう」
萩原哲晶「だまって俺についてこい」
グスタフ・マーラー「交響曲第1番『巨人』第4楽章」/「交響曲第5番第1楽章『葬送行進曲』」
フレデリック・ショパン「ノクターン第1番変ロ短調 作品9の1」
ヨハン・セバスチャン・バッハ「プレリュード第8番変ホ短調 BWV853」
ヨーハン・ゲオルク・レオポルト・モーツァルト「L. モーツアルト玩具の交響楽 第二楽章メヌエット」
市川昭介「細雪」
主題歌矢野顕子「ひとりぼっちはやめた」
挿入曲朝丘雪路「だまって俺についてこい」/「ケ・セラ・セラ」
益岡徹「だまって俺についてこい」/「ケ・セラ・セラ」
荒木雅子「だまって俺についてこい」/「ケ・セラ・セラ」
矢野顕子「電話線」/「ケ・セラ・セラ」
五木ひろし「細雪」
撮影奥井敦(撮影監督)
製作スタジオジブリ(「ホーホケキョ となりの山田くん」製作委員会)
ブエナビスタ(「ホーホケキョ となりの山田くん」製作委員会)
徳間書店(「ホーホケキョ となりの山田くん」製作委員会)
奥田誠治(製作担当)
日本テレビ(「ホーホケキョ となりの山田くん」製作委員会)
博報堂(「ホーホケキョ となりの山田くん」製作委員会)
星野康二(製作担当)
氏家齊一郎
製作総指揮徳間康快
プロデューサー鈴木敏夫
制作スタジオジブリ
宮崎駿(所長)
奥田誠治(制作担当)
星野康二(制作担当)
高橋敦史(制作進行)
配給スタジオジブリ
松竹
作画湯浅政明(原画)
百瀬義行(場面設定/絵コンテ)
森田宏幸(動画)
近藤勝也(原画)
米林宏昌(動画)
安藤雅司(原画)
小西賢一(作画監督)
古屋勝悟(原画)
美術武重洋二(美術監督)
真野薫(タイトル)
いしいひさいち(題字文字)
保田道世(彩画監督)
編集瀬山武司
小島俊彦(AVID SYSTEM EDITOR)
録音西尾昇(デジタル光学録音)(SR・Dリレコ)
井上秀司(整音)
東京テレビセンター
若林和弘(録音演出)
その他任天堂(協力)
森吉治予(海外プロモート担当)
朝日新聞社(特別協力)
川内康範(協力)
IMAGICA(現像)
糸井重里(キャッチコピー【ノンクレジット】)
読売テレビ(協力)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
99.《ネタバレ》 ジブリ作品のホームドラマ。映画にするまでもないと思うけど、ほんわか癒されますな。日本家庭の原風景。お気に入りのオンガクは「ケセラセラ~なるよ~になる~」だね。
獅子-平常心さん [ブルーレイ(邦画)] 6点(2019-08-17 21:27:19)
98.《ネタバレ》 世間的にはこの映画は、コケたと評価されている。確かにスタジオディブリの『もののけ姫』の次の映画と言われちゃえば期待されちゃうだろう、そのハードルに対して、この映画を差し出したのだから、コケるだろう。
確かに見応えはない。映画を観た、という気にすらならない。僕は新聞を読まないが、朝日新聞を見かけた時は必ずののちゃんを読む。僕はののちゃんが大好きだ。あのテキトーな感じがたまらなくあこがれる。僕のように、ののちゃん好きな人にとっては垂涎ものの映画だったろう。
視点を変えてみると、高畑監督にとって、この映画は『かぐや姫の物語』を完成させるためには必要な過程だったことだろう。冒頭かぐや姫としてののちゃんが現れるあたり、すでにこの頃から『かぐや姫の物語』への工程を踏み始めているんだなと分かった。つまり『山田』は、『かぐや姫の物語』を完成させるためのいわば“習作”。という意味で価値がある。
no_the_warさん [DVD(邦画)] 6点(2015-03-04 00:54:05)
97.《ネタバレ》 「ののちゃん」はジブリで知った。
そして「味噌汁に飯ぶっ込む奴もいるのか」と不思議に思った映画だった。
今じゃそこに納豆混ぜて食ってる自分の食習慣を時折疑う(しかも朝飯)。

絵がどうのこうの言っている奴は、新聞に連載されている「ののちゃん」を見た事あるわけ?
でも、ジブリだったらもっと動く絵で「ののちゃん」を描いても良かったとは思うけど。そういう意味じゃ物凄くもったいない映画。その変を気にしない人にこそもっと評価されるべき作品。
すかあふえいすさん [DVD(邦画)] 8点(2014-12-08 22:20:05)
96.《ネタバレ》 ほんわかとした空気が大好きな映画で何時間でも見ていたくなります。それにしても山田家はいいなあ、ののちゃんの友達ももっとたくさん出してほしかったです。
yanasanさん [CS・衛星(邦画)] 10点(2014-05-31 19:58:19)
95.《ネタバレ》 な……、なんだこの映画は……。スゴ過ぎる。今まで食わず嫌いしていた自分を叱りたい。
デフォルメされた一見"適当"とも思える絵柄。しかしアニメーションとは大人数で作り上げるものです。この絵柄をアニメとして生きているように動かすことがどれだけ無理難題であったのか、素人から観ても思わずには居られません。ほのぼのした画からアニメーターの雄々しい執念をビシビシと感じました。
ストーリーも"特に何もない"ということが物語として成立している。ほぼ同じ家族構成で育ったこともあり数々の家族あるあるに大いに笑わせて貰いました。最後に先生が書く「適当」の二文字。なんと素晴らしい言葉だろう。「適当」という言葉にはご存知の通り二つの意味がある。「いいかげん」という意味と、「ある事柄に相応しく、ピッタリ合っている」という意味です。「人生なんてそこそこ適当でオッケーよ!」という正にこの映画にふさわしい言葉だと思います。これ作ってるアニメーターに掛かった負担は全然適当じゃないと思いますが!
人生の悲哀と優しさに満ちた傑作だと思います。
民朗さん [DVD(邦画)] 8点(2014-01-13 12:40:06)
94.公開当時、観ようとは思わなかった。面白そうではあるが、どうしてもスクリーンで観たい絵ではなかったからだ。公開当時のテレビCMを思い出しても、サクラっぽい観客が笑っているのを見て「あ、これはヒットしていないな」と思ったものであるが、この「絵」で実は「ナウシカ」並にヒットさせていることはかなりすごいことである。
その後、ビデオで鑑賞すると、実によくできているのはわかるし、確かにほのぼのと楽しかった。
矢野顕子の音楽も実に心地よく、今に至るまで音楽だけはよく聞いている。
水彩画のような絵を動かすなど、テクニックを意識させない部分に膨大な手間をかけているであろうこともなんとなく想像できる。しかし、あの漫画家の絵はどういじっても、4コマ漫画の印象は拭えない。作品を否定するつもりはないのだが、画面上の効果に対して異常に手間がかかりすぎているように思う。
この作品の価値から考えれば、当時よりもさらに今のほうが、時代に合っている感じはする。
テレビでは「ナウシカ」や「トトロ」ばかりが再放送されるが、テレビ放送でもっと見直されてもいいように思う。
テレビ局もジブリ作品は気負ってゴールデン枠で放送するが、日曜の昼間とかに観るのにふさわしい。
この壮大な実験的技法が、高畑監督の次回作でこそ活かされていることを楽しみにしています。
14年待たされたので、次回作はスクリーンで観ます。
どっぐすさん [ビデオ(邦画)] 7点(2013-02-18 22:09:50)
93.《ネタバレ》 4コマ漫画を切り取りシニカルな部分をあく抜きした後ノスタルジーの蜜で煮込んだような作品。退屈で少し憂鬱な時、たとえば日曜日の夕餉時あたりになんとなしに見ると良い映画だと思いました。
とっとさん [DVD(邦画)] 6点(2011-07-23 10:37:05)
92.まったく期待せずに観たらめちゃくちゃ面白くてびっくり。
この映画はいわゆる宮崎アニメのファンよりも、小津安二郎が好きな人が観たほうが趣向的に合っていると思います。
歳をとったのか、ほっこりしすぎて不覚にも涙…。
アレヒさん [ブルーレイ(邦画)] 10点(2011-05-18 00:24:43)
91.す、すごく・・・余白が多いです・・・・・。

しかし何故1999年になって映画化されたのか?
テレビの特番ぐらいでも良いような気がする。

内容は、昭和の平凡で幸せな「家族の日常」というところか。
魔女の宅急便以降のジブリにおける「声優を使わない」
というスタンスには賛成出来ない自分だが、今作は演技力云々が
問われるような作品でもないので、そんなに違和感は感じない。

点数は難しいな。金出して観るかと言われれば絶対観ないがw

ウィキによると2009年11月21日より病気療養に入っていた原作者が
奇しくも本日(2010年3月1日)より新聞の連載を再開するらしいっす。
幸志さん [インターネット(字幕)] 4点(2010-03-01 02:31:22)
90.こういう作品は嫌いじゃないけど、やっぱり30分くらいが限界かも知れませんね。
1時間以上となると流石に飽きてくる。
映像の柔らかさとか、音楽との調和性とか、なんだか心を和ませてくれる魅力はあるんですけどね。
がんばれタブチくんとか、おじゃまんが山田くんのようなナンセンスギャグの方向性なら飽きずに見られたかも知れませんけど、この作品はどちらかと言うと軽いノリのホームコメディなので、飽きさせずに長時間引っ張るにはインパクトに欠けますね。
もとやさん [DVD(邦画)] 5点(2009-08-20 10:00:48)
89.おじゃまんがの影響か、ずっと敬遠していた作品。しかし、今見たことが良かった。特に、ミヤコ蝶々さんの訥々としたナレーション(口調)の中に、言い知れぬ安心感を感じました。作画枚数を増やすことで得られる滑らかさも、4コマ特有の抽象化された画に輪郭を与えていて作品のテーマ性に合っていたと思う。そして矢野顕子さんの素晴しく暖かなテーマ曲や様々な形でさりげなく挿入される音楽もグッド。月光仮面の件が少し冗長すぎる感もあったが、気持ちはわからんでもない。全体としては4コマの持つ風情を生かしつつ、長編アニメーションとして、よくここまで仕上げきったなあと感心しました。
カリプソさん [DVD(邦画)] 8点(2009-01-31 15:08:23)
88.ディズニーがひたすら縮小再生産しているのに対し、ジブリはあえて困難な企画で実験作品を手がける。この心意気を買いたい。冒頭の、イメージが次々と横滑りしていく感覚は見事だし(ボブスレーからウェディングケーキに至ったり、街を練っていくカタツムリとか)、エピソードによって画質を変えたりしている(暴走族のときは粗く)。夫婦のチャンネル争いや、遅く帰ってきてバナナをボソボソと食べるあたりの「演技」も的確、アニメにおける人物の演技がこれほど丁寧に為されるのは珍しい。ただ、一本の作品としてのウネリは当然ないわけで、そのぶん印象は希薄になるが、あくまで実験映画と思えば、健闘していたのではないだろうか。
なんのかんのさん [映画館(邦画)] 8点(2008-11-12 12:10:14)
87.観て外れではなかったが、当たりでもなかった。
Yoshiさん [地上波(邦画)] 4点(2008-03-23 10:55:01)
86.ほのぼのとした感じがとても気に入りました。
ずっとニコニコしたまま見れる作品。
SAKURAさん [DVD(邦画)] 8点(2007-09-17 00:22:33)
85.映画に仕上げる志向が見当たらない。
技術への興味だけだったの?
カラバ侯爵さん [試写会(邦画)] 0点(2007-06-25 11:06:55)
84.《ネタバレ》 何気なくやってたのでついみてしまいましたが、最後までみるのがしんどかったです。いつも4コマでしか山田一家を見てなかったのでいざアニメにされると絵はほんわかしてていいんですけどアニメにするタッチじゃないような。
いつもテレビアニメでやってる「ののちゃん」ともテンポが違って正直退屈でした。
これ確かもののけ姫の後だったと思うんですがこれじゃ大コケだなあ。
ハリ。さん [地上波(字幕)] 3点(2006-07-02 16:03:20)
83.4コマ独特のテンポとかがあまり感じられませんでした。特に先に原作で読んだエピソードが出てくると余計にそう感じてしまう。でもたまにはこういうのもアリなんではないでしょうか。2時間はちと長い気もするけど。
とかげ12号さん [地上波(吹替)] 5点(2005-10-30 11:01:49)
82.みんながいうほど悪くないですよ。絵も独特の柔らかさがあるし。
ただショートショートなので一つの映画としては物足りないかもしれませんね。
とまさん [映画館(字幕)] 6点(2005-06-06 00:24:30)
81.公開当時、宣伝を見て絶対にこけると思った。実際はそこそこヒットしたものの、映画興行成績ランキングでついに上位に来ることはなく終わってしまった。僕はテレビで見たが、出来としてはそんなに悪くはなかったように思う。ただ、原作で気に入っていた藤原先生の出番があまりにも少なくて残念だった。
イニシャルKさん [地上波(邦画)] 5点(2005-03-29 12:43:40)
80.素直に笑える。気楽に見れて楽しい。ほのぼの暖かくて、家族っていいなーってカ
ンジ?だけどどうしてもあの制作費が納得いかない…。確かに、わざわざ映画にする必要はないですよね…。
M・Mさん 5点(2005-03-15 22:35:26)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 99人
平均点数 4.65点
055.05%
177.07%
21212.12%
377.07%
41414.14%
51717.17%
61515.15%
799.09%
888.08%
900.00%
1055.05%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review2人
2 ストーリー評価 5.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 5.66点 Review3人
4 音楽評価 6.00点 Review3人
5 感泣評価 5.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS