愛情物語(1956)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > 愛情物語(1956)
 > (レビュー・クチコミ)

愛情物語(1956)

[アイジョウモノガタリ]
The Eddy Duchin Story
1956年【米】 上映時間:123分
平均点:8.07 / 10(Review 28人) (点数分布表示)
ドラマ実話もの音楽もの伝記もの
新規登録(2003-05-19)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2014-09-24)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョージ・シドニー
キャストタイロン・パワー(男優)エディ・デューチン
キム・ノヴァク(女優)マージョリー
ヴィクトリア・ショウ(女優)チキータ
ジェームズ・ホイットモア(男優)ルー・シャーウッド
レックス・トンプソン(男優)ピーター
ジャック・アルバートソン(男優)(ノン・クレジット)
山内雅人エディ・デューチン(日本語吹き替え版)
武藤礼子マージョリー(日本語吹き替え版)
森山周一郎ルー・シャーウッド(日本語吹き替え版)
野沢雅子ピーター(日本語吹き替え版)
脚本サミュエル・A・テイラー
音楽モリス・W・ストロフ(音楽監督)
ジョージ・ダニング〔音楽〕
ポール・ダンラップ(ノン・クレジット)
カーメン・キャバレロ(ピアノ演奏)
編曲アーサー・モートン〔編曲〕(ノン・クレジット)
撮影ハリー・ストラドリング
製作ジェリー・ウォルド
配給コロムビア・ピクチャーズ
美術ロバート・プリーストリー(セット装飾)
衣装ジャン・ルイ〔衣装〕
録音ジョン・P・リヴァダリー
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
28.《ネタバレ》 事前情報なしで見て、病気で二人も死ぬのはあまりにドラマ的に都合がよすぎると感じて共感できなかったが、実在のピアニストであるエディ・デューチンを基にしていると知って驚き。事実は小説よりもってやつか。
エディが愛する妻が死んだからといって、息子を何年もほったらかしにしたのはいただけない。忘れ形見だからより大切に育てなきゃいけないところなのに。その後、息子への態度は変わりはしたものの、感情移入はできなかった。
タイロン・パワーの指の動きは見事で、本当に演奏しているかのように見えた。
飛鳥さん [DVD(字幕)] 4点(2016-10-20 22:14:45)
27.感動できるストーリーだと思いますが、人間臭の薄い登場人物の描写に、殆ど感情移入できない映画でした。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2014-09-22 22:27:12)
26.非常に高いレベルでまとまっている映画だと思います。特に、最後のピアノのシーンには唸らされました。広くお勧めしたい映画です。
川本知佳さん [DVD(字幕)] 9点(2014-06-21 18:21:29)
25.《ネタバレ》 なかなか感動的な映画。実在の人物の物語というのも興味深い。
日本タイトルが変な感じだが、音楽中心の映画というよりは妻への愛がメインだからこうなったのかもしれない。
大きな悲劇が二度あるが、登場人物が極端に堕ちることもなく、悲劇であっても安心して観られる雰囲気がある。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-06-07 16:33:30)
24.《ネタバレ》 あんなめったにいない美女二人に慕われるのなら、死んでも悔いはないです。なので、私的にはハッピーエンド。
la_spagnaさん [DVD(字幕)] 8点(2013-11-06 21:59:41)
23.《ネタバレ》 良い映画だと思った。
感動作だ。
恋愛の持つ両面を描き、やがて愛情にかわってゆく。
人は愛情に生き、愛情に生かされてるとさえ思える。
愛情が人から人へと渡る様がささやかに描かれる。
ショパンのピアノ曲の繊細さは人生の儚さを思わせる。
しかし人は、愛情というかたちで人の心の中に永遠に生き続けるのかもしれない。
ゴシックヘッドさん [DVD(字幕)] 9点(2013-04-20 23:50:47)(良:1票)
22.上品にまとまっているとは思いますが、あまりにもあらかじめ作られたとおりの筋を登場人物が流れているだけで、何かからの破綻や逸脱といったものがないのです。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-06-16 23:26:43)
21.《ネタバレ》 ピアノ初心者のタイロン・パワーさんが練習して、ピアノをあそこまで弾けるようになる時点で、満点! この映画を観ると、僕もピアノを弾けるようになりたいなと思います。息子を授かった喜びと妻を失った悲しみの両極端で悩み苦しむエディの姿をみて、僕も子供を授かったときに、同じ境遇になったらどうなるんだろうと考えさせられました。過去から逃げ、時間は過ぎていっても、絆は不変のもの。最後の公園のシーンは、涙が止まらんかった。 。・゚゚(ノД`)あ゙~ん
どんぶり侍・剣道5級さん [DVD(字幕)] 10点(2012-04-07 21:15:40)(良:1票)
20.《ネタバレ》 いかにも“古き佳きアメリカ”という雰囲気ですね。一代記なので、今なら連続ドラマ向けの題材でしょう。話の進行が早いこと。映画としては夫婦や親子の情愛を狙っているのでしょうが、個人的には「音楽の持つ力」を再認識させられました。そういう意味で、戦争中に子供とピアノを弾くシーンがもっとも印象に残っています。ファミリー映画としては、まあ普通でしょうか。
アングロファイルさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-12-31 11:02:18)
19.《ネタバレ》 古き良き時代の名作中の名作、音楽と恋愛ロマンスを描いた作品としては、この映画の右に出る作品はないと思っている。
初演以来、日本でも何度も再上映されたおかげで私も映画館で見ることができたが、見終わった後は私も只々涙、涙であった。
これが前半のとんとん拍子で有名になるピアニストの物語で終わっていたら、ただの映画であったろう。キム・ノヴァクが美しかったからと言っても、それはそれだけにすぎない。幸福の頂点から、妻の突然の死に遭い、現実から逃避してしまうところからこの映画の真価が出てくる。なじもうとしなかった息子ピーターに対して、チキータの存在は大きかった。そして3人にようやく幸せが訪れようとした矢先、不幸が再び訪れるとは実に切ないが、それを超えた親子演奏のエンディングはとても印象的だった。
ESPERANZAさん [映画館(字幕)] 10点(2011-11-04 07:52:35)(良:2票)
18.《ネタバレ》 エディの激動の生涯は、映画化決定!となるのも頷ける。さらに個性的な主演の2人の演技とバラエティのある音楽が映画に彩を与え、美しいものにせしめた。
パーティに招待されたと思いきやピアノを弾かされてガックリするエディとそんな彼をを励ますマージョリーが印象に残っている。キムノヴァクが良いのか台詞が良いのか分からないが、凄く親身で説得力があって非常に感動した。そら嫁にしたいと思うわな。
さわきさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-03-05 23:23:24)
17.《ネタバレ》 芸術性の高い映画だった。室内の装飾はすばらしい。シャンパングラスも美しく、おいしそうだった。赤いドレスやタキシードはカッコよかった。車もおしゃれ。ピアノの演奏は素晴らしかった。映画当時のセントラルパークから見るのビルの数は現在と違ってまばらだったんだな。
ホットチョコレートさん [地上波(字幕)] 8点(2010-10-21 22:02:38)
16.素晴らしかったです。悪人が一人も出てこないが、感動しました。恋にも少年時代と青年時代があるんだな。キム・ノヴァクが美しいよー、心も美しい。音楽も心地よくて、好きな映画になりました。
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2010-10-21 00:51:57)
15.《ネタバレ》 幸せすぎたんだ・・・ 怖いくらいに。やはり長続きはしなかったが、父子の和解は感動的。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2010-10-20 21:31:21)
14.《ネタバレ》 いや~~参った ほんと素晴らしい 全く予備知識なし状態で鑑賞致しましたがこんなに素晴らしいとは… 1956年って日本でいえば昭和31年!そんな昔にこんな映画がつくれてしまうアメリカはスゴイわ ちょっとエディ・デューチン役のタイロン・パワーが老けていて大学生には見えないなぁとか最初は思ってましたが…いや~そんなことは吹っ飛んでしまうほど素晴らしい(素晴らしいって書きすぎだなw) 結構直球な邦題だけどまさに「愛情」の物語 涙なくしては語れません 力強くそして印象的なラストシーンは必見でアリマス!
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 10点(2010-10-20 10:37:54)(良:2票)
13. クラッシック映画が好きな私ですがタイトルがダサいので今まで敬遠していました。
辛口なこのサイトでかなり高得点だったので観ることにしましたが、今まで観賞しようと思わなかったことに後悔しました。
 この映画が放送された数日前にもビリーワイルダー監督の「情婦」に出演していたタイロン・パワーですが、この作品のほうが魅力的に思えました。
 「ハイジ」「ネロ」「マルコ」など、昔放送されていた世界名作劇場が未だに忘れられない人には、もってこいの作品です。
 ミュージカルではないのですが、音楽の素晴らしさとギクシャクした親子関係のコントラストがとても素晴らしく描かれています。
 「愛情物語」って邦題、本当に愛情の物語なんですね。
 主人公は天国と地獄を行き来してラストシーン、誰があんな演出を思いついたのでしょう。
 そういう意味も込め、自分自身忘れることのないように、私の10点の評価リストに入れさせてもらうことにしました。
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 10点(2010-10-20 04:54:37)(良:2票)
12.カーテンが揺れる、クリスマスの飾りもジャラジャラ揺れる、そしてまたカーテンが揺れる、ブランコが揺れる、、うぅ、、こういう演出だけて大泣きですわ。
私の独断説→漢字二文字、四文字の邦題作品にハズレなしっ(たまにあるか)!
その文字通り、主人公から妻、子、親(両親とも顔似てる。配役良し)、友人、恋人、そして音楽への愛情がいっぱいの物語。
理性も良心も誇りも謙虚さもみーんなあって当たり前だった時代(今でもそうであってもおかしくないのに、、)の伝記もの、
あぁたまらん、好きだわ。
チキータ登場の意外さにやられた、と思い、
即、彼女の容貌から先が読める、それが観る側に快感さえくれた、
やっぱり良い時代やね。
一番驚いたのは、キャバレロが陰で吹き替えしてるのにタイロン・パワーの指がすべて演奏しているように動く動く!どれだけ練習したんだろう、といまだに考えます。
ショパンのノクターン第2番(←このモト歌!がまたメリハリあってリズム取りにくくて尚せつないのである。黄色バイエル中退者が言うてもなにやけど。)をキャバレロが編曲した♪「トゥー・ラブ・アゲイン」&↓ロイス・レイン様名調子によって贈られるラストシーンは映画史上に残り続けますやろう。
本作は故橋本元首相がお好きだったとか。ポマードの男前仲間なタイロン・パワーと逢えたらよろしねっ!
かーすけさん [DVD(字幕)] 9点(2006-07-07 23:22:31)(良:2票)
11.《ネタバレ》 喜びも哀しみもふくんだ穏やかな夜想曲(ノクターン)を聴くたびにこの映画を思い出す。 成功を手にしながら彼はかならずしも幸運な人間とはいえない。 天使であった最初の妻を失うだけでなく、嵐の夜にようやく開かれた息子の心を抱きしめたのもつかの間、まだ若い自分自身まで。 だがピアノにも家族にも精一杯の愛情を注いだ人生は短くともなんと価値のあることか。 瞬きのうちに風のように飛び去る魂を表現しているかにも思えるひときわ鮮やかなラストは、万感とともにこれ以上の幕切れを見たことがない気さえしてしまう。
レインさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2006-03-31 20:43:29)(良:1票)
10.《ネタバレ》 「愛情物語」というこの映画のタイトルが本当に素晴らしい。そんなこの作品、クリスマスシーズンに観たい。いや、何もこの時期に限ったことではないけど、何度も観たくなる良い映画です。実在の天才ピアニストと言われた一人の男とその家族の物語をショパンの名曲「ノクターン」に乗せて描いた愛の物語です。強風に怯えた息子が初めて「パパ!」と叫ぶシーンでまずは涙し、やはり最後のシーンでの、あのピアノを弾くシーンは涙なくして観ることなど出来ません。この映画を観て感じることは家族の有り難さと大切さ、そして人間としての愛情の全てを観ることが出来た気がして、良い映画を観たなあ!という気になります。
青観さん [DVD(字幕)] 9点(2005-12-23 22:28:30)(良:2票)
9.《ネタバレ》 こりゃあなた、ナミダなしでは観られませんぜ。「人は死んだらお星様になるの」(こんなセリフはなかったけれど)というのを地でいっている。このとても上品で、希望に満ちて、そして控えめな孤独がある映画は、邦題通りの「愛情」であふれている物語。主人公のエディが、生きていくうえで感じた希望や絶望を助け、癒し、そして許してもらう。うーん、愛情って許しでもあるんだよなぁと、心に沁みました。そして、幸せになろうと努力し、幸せであろうとして人々に接すると、運命はどうあれ「生きててよかった」「出会えてよかった」という人生が送れるような気がします。2人で観たニューヨークの美しい風景を今度は新しい3人で観ることができたんだろうな、と場面にない場面を想像する。後妻(っつーのも変だけれど名前を覚えていないの)の彼女は、どんな気持ちなんだろうと考えると、また涙が出る。そもそも「ノクターン」って切ない音楽だと思っていたけれど、弾き方によって楽しかったり、落ちついていたり、そしてやっぱり切なかったりするんですね。新しい発見でした。
元みかんさん 8点(2004-12-11 16:11:31)(良:2票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 28人
平均点数 8.07点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
427.14%
513.57%
613.57%
7414.29%
8725.00%
9725.00%
10621.43%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.25点 Review4人
2 ストーリー評価 9.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 9.75点 Review4人
4 音楽評価 9.75点 Review4人
5 感泣評価 9.00点 Review2人
chart

【アカデミー賞 情報】

1956年 29回
脚本賞 候補(ノミネート)原案賞
撮影賞ハリー・ストラドリング候補(ノミネート) 
作曲賞(コメディ)ジョージ・ダニング〔音楽〕候補(ノミネート)ミュージカル映画音楽賞として
作曲賞(コメディ)モリス・W・ストロフ候補(ノミネート)ミュージカル映画音楽賞として
録音賞ジョン・P・リヴァダリー候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS