グレン・ミラー物語のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ク行
 > グレン・ミラー物語
 > (レビュー・クチコミ)

グレン・ミラー物語

[グレンミラーモノガタリ]
The Glenn Miller Story
1954年【米】 上映時間:115分
平均点:7.59 / 10(Review 32人) (点数分布表示)
ドラマラブストーリー戦争もの音楽もの伝記もの
新規登録(2003-06-29)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2021-05-10)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アンソニー・マン
キャストジェームズ・スチュワート(男優)グレン・ミラー
ジューン・アリソン(女優)ヘレン・バーガー・ミラー
チャールズ・ドレイク(男優・1917年生)(男優)ドン・ヘインズ
ハリー・モーガン(男優)チャミー
ジョージ・トビアス(男優)シュリブマン
バートン・マクレーン(男優)ハップ・アーノルド将軍
シグ・ルーマン(男優)質屋のオーナー
ルイ・アームストロング(男優)本人役
田中秀幸グレン・ミラー(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
土井美加ヘレン・バーガー・ミラー(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
中尾隆聖チャミー(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
西村知道ドン・ヘインズ(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
佐々木梅治(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
糸博(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
長島雄一(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
宝亀克寿ルイ・アームストロング(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
柳生博フィリップ・スティーヴンス(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
藤田淑子ヘレン・バーガー・ミラー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
矢田耕司チャミー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
中田浩二ドン・ヘインズ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
浦野光グレン・ミラー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
山東昭子ヘレン・バーガー・ミラー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
家弓家正チャミー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
小林修ドン・ヘインズ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
脚本バレンタイン・デイビス
音楽ヘンリー・マンシーニ(musical adaptation)
ジョセフ・ガーシェンソン(音楽監督)
撮影ウィリアム・H・ダニエルズ
配給ユニバーサル・ピクチャーズ
美術アレクサンダー・ゴリッツェン(美術監督)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
32.グレン・ミラーの曲は好きだ。映画の雰囲気も古き良き(戦争もあるので時代としては微妙だが)をよく表している。
でも、現代においては多少物足りない作品になってしまうのは、演奏に対する感動感が薄いからかもしれない。観るときに気分にも左右される要素はある。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-09-09 00:01:19)
31.人間の本性の負の部分があまり出てこない感動的なラブ・ストーリーでした。ストーリーもキャストも音楽もとてもよかったです。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2014-09-09 21:08:49)
30.《ネタバレ》 基本的にジャズは聞きませんが、ビッグバンドは別。というか私にとっては、この2つは異なるジャンルの音楽です。ということで興味深く見たのですが、内容的には典型的な「アメリカン・ドリーム」のお話で、その点安定感があります。しかし、ジェームズ・スチュワートはあまり音楽家というタイプではありませんね。途中からメガネをかけて、ようやくそれらしくなりました。トロンボーンを吹く前に口をモグモグさせたりと、細かい芝居はうまいと思います。本作ではむしろ、妻役のジューン・アリソンがたいへんな好演でした。かんじんのミラー氏は、序盤での無意味に自信過剰で、ヘレンにかまわず勝手にことを運ぶあたりで好感が持てず、どうしても夫人に肩入れしてしまいます。終盤の展開も含め、彼女が実質的な主人公と言えるのではないでしょうか。そう考えると、夫に好感が持てなくても評価を高くしてあげたくなります。
アングロファイルさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-05-27 19:40:22)
29.《ネタバレ》 ジャズの名曲の数々と演奏シーンの格好良さでそれなりにまとまってはいるが、それ以外の表現要素は実はそんなにないのではないか。ドラマを感じるのは、奥様がへそくりを拠出するところと、「ムーンライト・セレナーデ」ができるところくらいで、それもえらくあっさりと済まされてしまっている。つまり、制作側としては、主人公の軌跡をたどっていくだけで精一杯だった、ということ。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-03-12 02:59:05)
28.グレン・ミラーの半生を描いたドラマ。
決して順風満帆のストーリーというわけではないが、夫婦愛を軸に、
全体的に軽いタッチの作品に仕上がっており、それがきれいなカラー映像や、
劇中に流れる数々の心地いい音楽にマッチしてます。
J・スチュワートはいつも通りのやや軽いノリの役柄だけど、
彼に代わって、奥さん役の女優さんがとても良かった。
この人の存在感が抜群だったので、ラストはわかっていたにもかかわらず、
ちょっとグッときてしまった。
伝記ものや実話ものは、妙味や意外性がないが、やっぱり安定感がある。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 6点(2012-09-29 11:03:20)
27.ジャスは好きでないけど、この映画は良かった。まずは夫のポケットからお金を盗んで貯金する奥さんが良い。心から尽くして夫の夢を叶えさせようとする彼女の姿は、まさに良妻の手本。これで変わらなければ夫はただの男、質屋通いを卒業し自分の楽団を持つようにまでなる。
グレン・ミラーのサウンドは、スウィングジャズといっても上品でとても洗練されている。ムーンライトセレナード、真珠の首飾り、イン・ザ・ムード と続く有名な曲は吹奏楽でも演奏したし大変おなじみの曲である。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 8点(2011-11-09 15:45:51)
26.今の日本じゃグレン・ミラーの名前を知ってる人は少ないだろうとは思うけど彼が作った曲は一度でも聞いた事はあるんじゃないかなぁ。自分もこの映画でどんな人か初めて知ったんですが、意外に都合がいい人だったようで。昔の恋人を略奪してポンポンポーンと上手い事づくして上がっていく彼の姿を見てるとなんかシナリオ通りに進んでるなぁって感じがしたのは自分だけか。まぁジェームズ・スチュアートとジェーン・アリソンのキャラがハマリすぎて逆に面白いんですが彼の音楽に対する情熱とヘレンを愛する気持ちだけは誰にも負けなかったっていうことですね。
M・R・サイケデリコンさん [DVD(字幕)] 6点(2011-10-18 17:35:21)
25.《ネタバレ》 利己主義的アメ公映画の決定版。
都合よく挫折し、都合よく成功し、都合よく死んで、都合よく悲しむ。
ただそれだけのアメ公クソ映画。
こんなものをお気楽に創っていたアメリカにヘドが出る。

唯一良かったのは、ルイ・アームストロングによる演奏。
ムードたっぷりな歌声は素晴らしかった。
にじばぶさん [ビデオ(字幕)] 1点(2011-06-25 11:28:08)
24.ジェームズ・スチュワートがはまり役。ストーリーはそれほど素晴らしいとは思わないが、名曲の数々が自然に盛り込まれていて印象深い。
きーとんさん [DVD(字幕)] 6点(2010-09-02 23:01:51)
23.電話番号の曲は知っていたので、番号が出てきたときに「これかぁ」とピンと来てしまいました。ジェイムズ・スチュアートは好きですが、それよりも奥さんの役の方が素晴らしかった。共演がほかにもあるそうで、ぜひ見てみたいです。
色鉛筆さん [地上波(字幕)] 7点(2009-11-28 20:05:16)
22.《ネタバレ》 前半がミラー・サウンドができるまでの苦闘時代、後半でその展開と、第1部が芝居・第2部がヒットパレードの、新宿コマ劇場演歌歌手公演を思わせるような構成だけど、後半にも映画としての工夫があり、飽きさせない。戦時下の英国での“イン・ザ・ムード”の野外演奏シーンなんか、並行して敵機の襲来、撃墜、聴衆が伏せて立ち上がる、というドラマも織り込み、それが曲の強弱と重なるように工夫されていて、ミュージカルのような効果をあげていた。音楽だけに映画を譲り渡してなるものか、という映像職人の意気込みを感じた。前半に伏線を揃えておいてから後半に移っているので、それらの曲を聴いているとき、観客は前半の具体的な映像(J・スチュアートが電話を掛けているシーンや、質屋で真珠の首飾りを見ているシーンなど)を思い起こせるのだ。映画全体が記憶とともに湧き返ってくる感じ。転換点となる“ムーンライト・セレナーデ”の編曲が仕上がっていくシーンなんか、ホントにうまい。J・スチュアートってアメリカ人の理想像なんだと思う。こんなであったらいいなとアメリカ人が思い続け、しかし現実にはそうはなれなかった、はにかみ屋でナイーブな自画像なのだろう。大袈裟かもしれないけど、私はこの映画にアメリカのエッセンスを感じてしまうんです。/2013/3/2追加。最初のデート、グリークラブが歌う「茶色の小瓶」が聞こえてくる場で、ヘレンが「感動すると首の後ろがゾクッとするの」てなことを言う。首の後ろに手をやる仕種は、その後も映画の要所要所に置かれ、そしてラストシーン、彼女が静かに微笑んで首の後ろに手をやる。ラストの感涙必殺技は音楽とジューン・アリスンの微笑みのダブルパンチに加え、この抑制された仕種も効いてるんだ。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 9点(2008-10-05 12:16:16)(良:1票)
21.《ネタバレ》 ・J・スチュアートの善良さといい、J・アリスン良妻賢母ぶりといい
 アメリカ映画の最良の部分を象徴している。
・Gミラーの音楽に興味がなくとも十分に楽しめる作品。
・多分本作は楽しめるか否かで、感性的な子供/大人をしわける「リトマス
 試験紙」になるように思える。この辺りは「好み」等で云々できない一線
 のように思える。
ウンコマンさん [映画館(字幕)] 10点(2007-07-29 17:17:16)(良:1票)
20.古い映画ですがとても良い映画です。これを見た方はビッグバンド・ジャズが好きになると思います。そしてヘレンは理想の奥さんです!
アキラさん [DVD(字幕)] 8点(2006-09-28 22:41:59)
19.《ネタバレ》 ジェームズ・スチュワートという俳優の素晴らしさを改めて認識することの出来る作品。話自体も素晴らしいが、まさしく彼の映画となっている。その分、他の出演者の印象が若干弱い。音楽も耳に残り、感動的。
TOSHIさん [DVD(字幕)] 7点(2006-09-01 11:10:01)
18.わかりやすくて、あっさりした展開と登場人物の描写で見やすい映画ではあるが、淡々としていてどことなく物足りなかった。ジェームス・スチュアートはダンディだし魅力があって良かったと思う。音楽は確かに良かったと思うが、ジャズは盛り上がりには欠けると思った。戦争に行って演奏することが名誉だとは時代が時代だなぁと思った。印象の悪い映画ではないと思ったし、万人向けに出来ているとは思った。
スワローマンさん [ビデオ(字幕)] 5点(2006-07-24 12:49:44)
17.<追悼ジューン・アリソン>南無~。アメリカの良心ことジェームズ・スチュワートが演じるのは♪グレン・ミラー♪。そして彼を支えるヘレン夫人を演じるのが、アメリカの理想妻ことジューン・アリソン。山内千代、阪田小春、そして彼女こそが’内助の功’と呼ぶにふさわしい、ようできた奥さんであるよ・・・悲しみにくれるはずの病床でさえも彼女は夫に優しく微笑む、、こんなこと自分にはできないわ、、ちょっと美談すぎ。いくら古い映画とはいえ、もっとそれぞれの感情を押し出してもよいのではないかとも思う(←あ、それはジダンか、しょもな)。なので、私は結婚までの二人がユーモラスで好き。キスシーンも忘れた頃にズバっときまる、うまいうまい。また終盤、彼の上司(だった?、偉いさん)が空港で子どもたちを抱き上げてる(?もしくは手を引いてる、、(*_ _)忘れた。)シーンもなんでかしらん好きだった。※それから以下は本作じゃない別の音楽映画だったかもしれないがm(__)m※彼が悲しく思うことを彼女に話すシーンで「親が老いていくこと」をあげるとこがえらくキューンときてしまった。別作品(グッドマンか愛情物語かも)だったらたいへんごめんなさいスマセーン。
とにかく良い映画でした(笑)。女性にはこうあって欲しい、、と願ってしまう、殿方になぜ人気があるのかもよーくわかった映画でもありました(甘いけど。笑)。
かーすけさん [DVD(字幕)] 8点(2006-07-13 23:19:12)
16.まさにグレン・ミラーはまり役のジェームス・スチュワートとジューン・アリスンが奏でる、心暖まる、そして切ないラブ・ストーリーの名編。それにもまして我が心の1曲であるサッチモの"ベイズン・ストリート・ブルース"のセッションは本当に貴重。
よし坊さん [DVD(字幕)] 7点(2006-05-22 01:04:45)
15.グレン・ミラーといえば、ベニー・グッドマンやライオネル・ハンプトンらと並んで、スウィング・ジャズ期を代表するミュージシャンです。この作品中ではグレン・ミラーの音楽のよさ、人柄のよさがはっきりと描かれていました。鑑賞後にはグレン・ミラー楽団の音楽を聴きたくなること間違いなし!
ただ、時代背景(禁酒法、不景気)などの説明がほとんどないので、知らない人にとってはわかりにくいのではないかと思います。
maemaeさん [ビデオ(字幕)] 7点(2006-03-21 11:10:44)
14.いかにも古き良きアメリカを代表するようなジェームズ・スチュアートとジューン・アリスンのカップルを中心とした心温まるストーリーと、そこに挿入されるグレン・ミラーの曲の数々が展開に見事にマッチしていて、数ある音楽家の伝記映画の仲の最高峰というべき作品になっています。なかでも最後の「茶色の小瓶」のシーンはそれまでの伏線を受けて、思わず涙ぐんでしまいます。
スウィング・ジャズの好きな人にはもちろん、良くできたヒューマンドラマとしてなるべく多くの人に観てもらいたい作品です。
はやぶささん [映画館(字幕)] 10点(2005-11-20 17:27:50)
13.《ネタバレ》 ジャズに興味はない私でもグレン・ミラーは馴染みがあります。

昔、社交ダンスをしていたのでムーンライト・セレナーデ他ほとんどダンス音楽で・・

彼の生涯を描いているのですがDVDがほしくなりました。

廃盤なのですが、なんとハイビジョン&ビスタが選べ、

ミュージック・チャプタまで入っているのです(好きな曲だけ選べると)

あらゆるところで探しましたがないのです・・

レンタルしかありませんが、DVDはいいですよ。

伝記ものということで構えて観たせいか感動までは至りませんでしたが、

気分によって感動できるかもしれません。

アメリカの歴史も同時進行してゆくのとR・アームストロングなど往年のジャズプレーヤーも出演。

これは音楽、特にジャズファンには保存版にしたいだろうと思います。

ラストがもうわかっていることから客観的に観てしまいました。

素晴らしき哉!人生と同じようにクリスマスのシーンでエンディング。

しかしその差はかなりのもので、決してクリスマスには観たくはない。

J・スチュワートが本人のまんまのような誠実な当たり役だったので特にリアル・・

欲を言えばもっと恥ずかしいくらいになってもいいから覇気がほしかった。

まあ遺族のかたも現存していらっしゃるので伝記モノは仕方ないのでしょうけど、

やっぱり明るい音楽と裏腹に寂しいものがありました。

音楽が他の映画でも使われていた場面や、

ホールでの演奏で色が変わってゆく演出や、

古きよきアメリカのそれもカラーでの映画ということでよかったです。

楽団へのアイディアも(ケガの巧妙)という実話で微笑ましいです。

保存版にして音がほしいとき流しっぱなしにできる映画だと思うので、

またDVDが安く再販されればいいなぁとおもいます。

アルメイダさん [DVD(字幕)] 7点(2005-10-09 15:19:46)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 32人
平均点数 7.59点
000.00%
113.12%
200.00%
300.00%
400.00%
539.38%
639.38%
7618.75%
8825.00%
9721.88%
10412.50%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.83点 Review6人
2 ストーリー評価 8.33点 Review6人
3 鑑賞後の後味 8.42点 Review7人
4 音楽評価 9.37点 Review8人
5 感泣評価 9.00点 Review5人
chart

【アカデミー賞 情報】

1954年 27回
脚本賞バレンタイン・デイビス候補(ノミネート) 
作曲賞(コメディ)ヘンリー・マンシーニ候補(ノミネート)ミュージカル映画音楽賞として
作曲賞(コメディ)ジョセフ・ガーシェンソン候補(ノミネート)ミュージカル映画音楽賞として
録音賞 受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS