新・刑事コロンボ/殺人講義<TVM>のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 新・刑事コロンボ/殺人講義<TVM>
 > (レビュー・クチコミ)

新・刑事コロンボ/殺人講義<TVM>

[シンケイジコロンボサツジンコウギ]
Columbo: Columbo Goes To College
1990年【米】 上映時間:93分
平均点:4.86 / 10(Review 14人) (点数分布表示)
サスペンスTV映画シリーズもの犯罪ものミステリー学園もの刑事もの
新規登録(2003-10-04)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2021-06-04)【M・R・サイケデリコン】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
演出左近允洋(吹き替え版演出)
キャストピーター・フォーク(男優)コロンボ
アラン・ファッジ(男優)レッドマン氏
ロバート・カルプ(男優)ジョーダン・ロウ
石田太郎コロンボ(日本語吹き替え版)
大塚明夫ジャスティン・ロウ(日本語吹き替え版)
山寺宏一クーパー・レッドマン(日本語吹き替え版)
小林修ジョーダン・ロウ(日本語吹き替え版)
伊井篤史レッドマン氏(日本語吹き替え版)
沢木郁也(日本語吹き替え版)
鈴木清信(日本語吹き替え版)
小野健一(日本語吹き替え版)
紗ゆり(日本語吹き替え版)
藤本譲(日本語吹き替え版)
横尾まり(日本語吹き替え版)
竹口安芸子(日本語吹き替え版)
小島敏彦(日本語吹き替え版)
笹岡繁蔵(日本語吹き替え版)
高宮俊介(日本語吹き替え版)
亀井三郎(日本語吹き替え版)
梅津秀行(日本語吹き替え版)
中田和宏(日本語吹き替え版)
石森達幸(日本語吹き替え版)
島香裕(日本語吹き替え版)
弘中くみ子(日本語吹き替え版)
原作リチャード・レヴィンソン(キャラクター創造)
ウィリアム・リンク(キャラクター創造)
ジェフリー・ブルーム(脚本原案)
脚本ジェフリー・ブルーム
製作総指揮ピーター・フォーク(共同製作総指揮)
日本語翻訳額田やえ子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
14.《ネタバレ》 今回の犯人は二人組の大学生で、なんとコロンボがゲスト講師として講義をしている目の前で犯行に及ぶという大胆さだが、その殺人は試験問題を盗んだことがばれて口封じのために教授を殺すという軽いモノで、言ってしまえば若気の至り。犯人ふたりはいかにも浅く、見ていて少しいらつく程度なのでドラマとしても普通以下の印象で可も不可もなくといったところであまり面白くはない。犯人のひとりの父親役で「指輪の爪あと」で犯人を演じていたロバート・カルプが登場するが、むしろこのロバート・カルプを犯人役に別の作品を作ったほうが面白くなるのではと見ながら思ってしまった。講義でコロンボが「完全犯罪の誤算」の事件の話をしていて(ほかに「策謀の結末」の事件の話題も少し出てくる。)シリーズとしてのつながりを感じさせていて思わずニヤリとしたが、証拠のでっち上げについての生徒の質問にはそんなの日常茶飯事だと見ているこちらが思わず答えたくなってしまった。
イニシャルKさん [CS・衛星(吹替)] 5点(2013-06-16 12:47:59)
13.《ネタバレ》 イケスカナイお坊ちゃん学生2人のお遊び殺人に挑むコロンボ。
トリックこそ手が込んでましたが、動機は軽く、コロンボの捜査をミスリード(引っかからないけど)するあたり、まぁ『この、クソガキめっ』て感じ。
講義中に嘘の約束に釣られてレストランへ向かう被害者の教授、約束の時間に遅れそうと、レストランに電話を入れます。居るはずもない待ち合わせの相手に伝言を。そしてその伝言が被害者と犯人を結びつける糸口になります。
この辺の『ささやかなキッカケ』いいですよねぇ。
物語冒頭、犯人となる学生に『人に対する敬意を全く払わない連中だ! 』と叱る被害者教授。
まさにそんな気持ちがわからない彼らが、その事によって崩れ去っていく様を見事に描いていました。

ろにまささん [CS・衛星(吹替)] 6点(2013-06-05 04:47:33)
12.《ネタバレ》  まあ、この作品そのものは、いつものコロンボが仕掛けた罠に犯人が簡単にはまるという、何作も続けてみてるとマンネリで飽き飽きはしますが可もなく不可もなくというとこなんですが、問題は冒頭近くでの犯罪学の講義でのコロンボの得意げなセリフ
「最近ある法律家のオフィスに行ったところご本人は不在、秘書は用足しに行ってたんで、私としてはこのチャンスを利用しない手はないと思って、オフィスに入ってってくずかごを…」
 法律に法った適正な捜査は、基本的人権を構成する重要な要素です。もちろん、番組の製作者に「悪」を罰するためなら、時には基本的人権を侵害することも許されるという信念があって、この「コロンボシリーズ」が製作されてるなら、あえて頭ごなしに否定するつもりはありません。
 しかし、どうでしょうか、コロンボの冗談めかした口ぶり、ふざけめかした態度。如実に、番組製作者の捜査の適法性に対する軽視、いやはっきり言うと重要性への無知が表れてると思いませんか?
 ずっと、このシリーズに対して持っていた疑惑がはっきりした瞬間でした。こんな低レベルの製作者によって作られたシリーズに、少なからぬ出費と時間を費やしたことが少し悔しい。

いやあ、何年も前に大仰に否定した割には、DVDを後生大事に其の後何年も保持。呆れたものです。
大上段に振りかざした上記の批判はもう今となっては、当たり前すぎて恥ずかしいくらいですが、そんなことよりそもそもこの犯罪計画成り立つでしょうか。
デジタル化が随分進んだ現在でさえ、ちょっと地下に入るとワンセグのテレビ映らなくなりますよねえ、数十年も昔のなんの工夫もない無線による映像が、ぶあつい駐車場の壁を超えて教室に、そして外部に、しかも極めて鮮明な画像。逆に、ドアロックの解除の電波がやはり何十メートル厚い壁を乗り越えて装置に届く。
はたして、番組の製作者、脚本家は実際に試してみたんでしょうかね?ものすごくいい加減で適当なトリックにしか思えません。

自信を持って廃棄決定!
rhforeverさん [DVD(吹替)] 2点(2012-08-06 21:41:00)
11.《ネタバレ》 そうですね。本作の犯人とその親、及び脚本家の方に、「こちらにおわすお方をどなたと心得る。恐れ多くもロス警察は殺人課、コロンボ警部にあらせられるぞ。」と言ってやりたくなりますね。最初はなめてたコロンボに、真綿で首を絞められるように押さえつけられていく犯人の様が面白いシリーズなのに、最後まで油断しきってるんだもん。
なたねさん [CS・衛星(吹替)] 4点(2010-11-22 15:20:42)
10.水戸黄門をずっと何十年もみている方たちがいるように、私もなんだか答えがわかっていてもコロンボを見てしまいそうです。これからも。
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2010-11-07 08:28:10)(良:2票)
9.「新」の作品は旧作より数段落ちると思うが、その理由は、犯人の影や深みが十分描かれておらず、変にサイコ的な人物像ですませているところがあるからだろうと思う。この作品も典型的。犯人の感情が浅すぎて、同情も嫌悪も怒らない。だから、つまらない。
みんな嫌いさん [地上波(吹替)] 5点(2009-05-03 20:56:16)
8.まぁ無難なコロンボさん トリックも少し甘く、犯人もなんか少し情けなくて…この点数かな~~
レスマッキャン・KSKさん [地上波(吹替)] 4点(2005-04-19 06:15:27)
7.有名なシリーズだけど生まれて初めて観ました。コロンボ警部が、のらりくらりと事件を解決していく様は観ていて楽しかった。あの2人組の学生の動悸がよくわからなかったです。
civiさん [地上波(吹替)] 6点(2005-04-03 00:58:17)
6.《ネタバレ》 コロンボが大学で講義をしに来るんですねぇ。そこで、またまた殺人事件に巻き込まれちゃいます(お約束ですね)。ラスト、大勢の生徒と犯人が居る前で殺人トリックを暴くシーンが気持ちよかった。
きのすけさん 6点(2004-01-27 17:34:42)
5.特に言うことも無い。
与太郎さん 4点(2003-11-29 23:34:36)
4.犯人の動機まで謎解きするものと思っていただけに・・・
ディーゼルさん 4点(2003-11-21 23:00:34)
3.殺人を犯した大学生に対してコロンボが厳しいセリフを投げつけるラストが印象的。コロンボを念頭において作ったと言われるのが三谷幸喜の「古畑任三郎」だが、今作は同シリーズの木村拓哉編を思い起こす。
鉄腕麗人さん 5点(2003-10-06 12:47:39)
2.コロンボは好きなんだけど、はっきりと記憶があるのは今作しかない。それほど特別な内容でもないんだけど。
スマイル・ペコさん 5点(2003-10-06 12:42:02)
1.《ネタバレ》 一番印象に残っているのは、最後の教授が殺害されたシーンを再現する場面で、学生たちが浮かれていた演技かな。あとカミさんの車がキーになりますが、引っ掛けで陥れるパターンが個人的にどうも抵抗を感じてしまいます。・・・・・って、この時点で私はこのシリーズに向いていないってことでしょうか。
イマジンさん 6点(2003-06-19 12:40:12)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 14人
平均点数 4.86点
000.00%
100.00%
217.14%
300.00%
4428.57%
5428.57%
6535.71%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 0.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 0.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS