陽のあたる坂道(1958)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヒ行
 > 陽のあたる坂道(1958)
 > (レビュー・クチコミ)

陽のあたる坂道(1958)

[ヒノアタルサカミチ]
1958年【日】 上映時間:209分
平均点:7.75 / 10(Review 4人) (点数分布表示)
ドラマモノクロ映画青春もの小説の映画化
新規登録(2003-10-05)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2021-02-25)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督田坂具隆
助監督山崎徳次郎
キャスト石原裕次郎(男優)田代信次
北原三枝(女優)倉本たか子
芦川いづみ(女優)田代くみ子
川地民夫(男優)高木民夫
小高雄二(男優)田代雄吉
轟夕起子(女優)田代みどり
渡辺美佐子(女優)川上ゆり子
千田是也(男優)田代玉吉
小杉勇(男優)塩沢博士
紅沢葉子(女優)よね子
山根寿子(女優)高木トミ子
森川信(男優)清吉
小沢昭一(男優)上島健伍
田中筆子(女優)花子
芝田新(男優)上島の仲間
木島一郎(男優)上島の仲間
柳瀬志郎(男優)上島の仲間
天草四郎(男優)弥五郎
沢本忠雄(男優)
原作石坂洋次郎「陽のあたる坂道」
脚本田坂具隆
池田一朗
音楽佐藤勝
撮影伊佐山三郎
製作坂上静翁
日活
配給日活
美術木村威夫
編集辻井正則
録音米津次男
照明岩木保夫
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.《ネタバレ》 3時間半に渡る大作だが、それほど長くは感じなかった。

冒頭の石原裕次郎と北原三枝の出会いのシーンからして魅力たっぷり。
映画が始まって、裕次郎が登場して、そしていきなり北原三枝の胸をチクリと触る。
まさに、触りからテンションが上がった。

途中、北原三枝が豪邸の芝生の上で、優雅にバレエダンスを披露するシーンが出てくる。
素人目から見ても、そのダンスたるや、しなやかで実に美しく、魅了されてしまった。

この頃の北原三枝は、エキゾチックな容姿とスタイル抜群のスレンダーな肢体を併せもち、この時代にしてはオバサンパーマではなく現代から見ても普通の髪型であり、また、このバレエダンスの素晴らしさときたら、何でも揃っていて、大スターの裕次郎が嫁に選んだのも頷ける完璧さ。

話としては、大金持ちの一家に渦巻く、複雑な血縁関係や身体的な障害、そしてそれに伴う各人それぞれのコンプレックスを、長い尺を有効に使って丁寧に描いており、3時間半たっぷり楽しめる内容。

裕次郎のキャラが際立って異質で、表面的には怖いくらいに明るく颯爽としているのに、何故だか屈折しているものを内に秘めている。
その何だか得体の知れない、いびつな人間性が実にミステリアスで魅力的あり、最後までひきつけられた。

よくある名家の内幕を描いた作品とは一線を画し、ドロドロとした人間模様を前面に押し出すのではなく、あくまで表面的にはドライなイメージで家族を描いており、その合間に、時折ダークな家族の内情が垣間見えるといった作りで面白い。

青春モノとしても十分に楽しめるし、裕次郎ファンも楽しめるし、北原三枝や芦川いづみといった女優の魅力も堪能できるし、3時間半という長い尺が、実に合点のいく大作である。

限られた登場人物のほとんどが、実は血縁関係にあるという設定には、やや都合の良さを感じるものの、ラストの終わらせ方が実にうまく、未来に希望を持てるすがすがしいラストには、十分満足がいった。
にじばぶさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2010-10-11 01:24:17)
3.《ネタバレ》 うわ~なんてメチャメチャ可愛いんだ!芦川いづみ最高!勿論、石原裕次郎も生意気な弟に振り回される役目、芦川いづみ演じる妹の足のケガは自分のせいだとばかりにあの生意気な弟を庇う兄を見事に演じていて好感が持てるし、またそんな石原裕次郎に色々嫌がらせさせられたり、それでも耐えて忍んで石原裕次郎演じるこんな男に想いを寄せて女としての優しさと哀しさの両方を演じている北原三枝も素晴らしい。特に表情が何とも素晴らしい。それにも増して芦川いづみですよ。なんて可愛いんだろう!あんな可愛い子に朝の7時に外苑前で待ってますなんて手紙もらったらそりゃあ、外苑前だろうが、国会議事堂の前だろうが、上野動物園だろうが、あたしゃどんなに早起きしてでも会いに行きますよ!本当にそのぐらいとにかく芦川いづみが可愛い。可愛いなんてもんじゃない。可愛すぎる。参った!本来ならば、暗くて陰気な物語であるはずなのに、出演者の演技と素晴らしい表情のおかげで爽やかな気持ちになれた。そうそう、それと寅さんファンの私にとっても初代おいちゃん役のあの森川信さんが寅さんシリーズ以外で観られる作品としても貴重な作品てことで、いずれにしても3時間以上もある長い作品なのに長さなど感じずに観ることも出来た。それとジミー小池て名前聞いて、ジミー大西を思い出してしまった。ジミー大西、今、何してんのかな?ちきしょうめっ!こんな近くで芦川いづみの顔を見れるジミー小池こと、民夫が羨ましいこと。あぁ、私も芦川いづみと踊りたい。
青観さん [DVD(邦画)] 8点(2007-04-23 21:42:44)(笑:1票)
2.石坂洋次郎の原作長篇も良いけど、映画も名作です。西洋風の豪邸住いのブルジョア家庭の揉め事なんて下手に描けば鼻持ちならない絵空事になってしまいがちだけど、これ多分脚本がいいんでしょうね、裕次郎演じる次男の抱えるいびつなコンプレックスが、
観客にうまく同化できるよう真直ぐに伝わってきます。誉めすぎかもしれないけど、日本版「エデンの東」。足が悪い妹役の芦川いづみ、この映画でもメチャメチャ可愛いっす!
放浪紳士チャーリーさん 8点(2004-11-18 00:31:50)
1.屈折した心を持つ各々の登場人物が次第に素直になっていく心理や過程を上手く描いている原作・脚本もすばらしいし、なんといっても裕次郎の存在感が爽やかさをもたらす。
東京50km圏道路地図さん 8点(2003-12-30 18:15:02)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 7.75点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
7125.00%
8375.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS