股旅のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > マ行
 > 股旅
 > (レビュー・クチコミ)

股旅

[マタタビ]
1973年【日】 上映時間:96分
平均点:6.81 / 10(Review 16人) (点数分布表示)
公開開始日(1973-04-07)
ドラマ時代劇青春ものヤクザ・マフィア
新規登録(2003-10-08)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-05-11)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督市川崑
キャスト萩原健一(男優)黙太郎
小倉一郎(男優)源太
尾藤イサオ(男優)信太
常田富士男(男優)仁義を受ける子分
加藤嘉(男優)百姓又作
野村昭子(女優)おはる
夏木章(男優)石津の重蔵
大宮敏充(男優)半稼帝の安吉
戸田皓久ナレーター
脚本谷川俊太郎
市川崑
音楽久里子亭
撮影小林節雄
製作葛井欣士郎
ATG
配給ATG
美術西岡善信
編集長田千鶴子
録音大橋鉄矢
その他小泉堯史(スチール)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
16.裏街道を当てどもなく旅する渡世人の世界。市川崑は『木枯し紋次郎』で描いた世界を、3人の主人公を用いて、趣向を変えてスクリーンに表現した。冒頭、戸籍をもたない無宿渡世人の説明を入れているのが、素晴らしい。若さを持て余しているのに、無宿となってしまったためにまともな職にも就けず、チンケなヤクザの下働きなぞで食いつなぐ。封建秩序からはみ出したアウトローは、こういうハイエナよろしく、さもしい生き方が関の山だ、という無常観が逆に観る者の心をつかむ。キャスティングもよいのだが、ショーケンはやっぱり紋次郎的な孤独な渡世人の方が適役ではないかと思う。、
あやかしもどきさん [DVD(邦画)] 9点(2020-09-29 20:06:10)
15.股旅の生き様がそれなりに伝わる。今の時代劇にはない感じが良い。面白みもある。但し、それだけなので、感動や、心に訴える何かにはつながっていない。
cogitoさん [ビデオ(字幕)] 6点(2016-04-10 23:24:17)
14.なんだかマッタリとしすぎで、これといって見所もなし。
「股旅」というヤクザな渡世人の生き様はよく理解できるものの、別に面白くも何ともなし。
音楽もショボイ。
まさに悪い意味でのATGクオリティ。
にじばぶさん [DVD(邦画)] 3点(2009-08-13 23:48:06)
13.市川崑監督の死去というニュースを聞いてとても淋しい!そんな中で借りてきたこの時代劇は一風変わっていて新鮮である。今、観るからこそこの何とも新鮮な世界、そこは今時の時代劇とは違う味わいを感じる。いきなり冒頭のあの啖呵、信太の仁義、繰り返される言葉の応酬、まるで何だか「男はつらいよ」の車寅次郎みたいだ!市川崑監督、この映画を観る限り、山田洋次監督のファンではないだろうか?作品全体の出来としてはさほどの出来ではないと感じるし、滅茶苦茶な感じもするが、その滅茶苦茶な展開も、つまらないとは感じないし、同じ時代劇でも山田洋次監督の時代劇三部作中、世間的に最も評価の高い「たそがれ清兵衛」よりも私は市川崑監督の撮ったこっちのがずっと面白いと思います。
青観さん [DVD(邦画)] 7点(2008-02-15 21:32:01)(良:1票)
12.冒頭の儀式こそ興味を引いたものの、後の展開には特に目を見張るようなものがなかった。主人公たちが非人道的なことを仕方がないからとやってのける箇所や、あっけないラストは当時の時代性を表しているようだが、今となっては色褪せて見えてしまうものなんだろうか。
クルシマさん [DVD(邦画)] 6点(2007-08-13 01:17:48)
11.今見ても十分新しい。音楽というか太鼓がすごくかっこいい。脇役の人たちがくっきりした時代劇調のセリフ回しなのに、メインの若い人たちが今風のしゃべり方をしてて、統一されてないところが新しい試みをしているって感じがする。
はるこりさん [DVD(邦画)] 8点(2007-08-07 23:41:35)
10.「おひけぇなすって」。これを丁寧に冒頭のシーンで描くことで、つかみはO.K。ATGの低予算・辛気臭さが、当時の股旅の乱暴さ・滑稽さ・不衛生さを表すのに合致していた。娯楽性でいうと、少々退屈なところもあり。もう少々ユーモアも欲しかった。尾藤イサオは今でもこの役が似合うと思う。ショーケンはこの頃が一番光っていたかも。小倉一郎、祝:結婚。
チューンさん [ビデオ(邦画)] 6点(2007-02-23 19:49:04)
9.市川崑のユーモアとATG映画の(低予算ゆえの)実験性が、こんな不可思議な作品を生み出すとは! アンチヒーロー極まれり。とにかく面白かった。
いのうえさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2007-01-31 22:33:07)
8.主人公3人のアウトローがとてもカッコ悪いのだが、同時にとても魅力的でもある。ATGの映画ということであまり金がかかってなく、50年代から60年代にかけて量産された東映や大映の時代劇映画と違って豪華なセットではないのも、映画の雰囲気をよりリアルにしていると思う。(もちろん東映や大映の時代劇も好きだけどね。)
イニシャルKさん [ビデオ(邦画)] 8点(2005-04-12 17:52:33)《更新》
7.このなんとも暗く辛気臭い雰囲気、妙なリアリティの追求が言われるとおり70年代なのかなあ。子供の頃憧れた木枯らし紋次郎のようなカッコいい股旅物とはまるで違い、仁義一つ満足に切れないくせに渡世の義理にこだわる、そんな信太が好きです。小倉一郎がこんなにカッコよく見えたのは初めてだ。「たそがれ勢兵衛」よりずっとおもしろい。
亜流派 十五郎さん 7点(2004-05-22 19:09:08)
6.その時代に観ないと正当な評価ができないのかもしれません あるいは本当に良いものならいつの時代に観ても古びないのかもしれません 70年代って本当にこんなだったのかな 今もし、イージーライダーなんかを観てもこんな感慨をいだくのでしょうか 西岡美術はすばらしいし、オールロケーションも、もう今では望むべくもないこと ショーケンはセンスが光っているし、一度は観ておくべき映画なのかも
宵待草さん 7点(2004-02-05 07:10:08)
5.リアリティがあるようでないような。映画の時間分の面白さはあります。
ダルコダヒルコさん 8点(2004-01-25 22:53:47)
4.《ネタバレ》 始終こっけいな雰囲気が漂う時代劇。最後の岩に頭ぶつけて死ぬところまで、どこかユーモラス。たけしの座頭市って、こういうものを目指したんじゃないのかな? こっちのほうがすきだけど
MASHさん 7点(2004-01-03 14:19:19)(良:1票)
3.やるせない時代劇です。出てくる人物はほとんど死にます。病にかかった尾藤さんを介抱する萩原さんの行動に笑ってしまいました。でも、この当時は祈るしかなかったのかな・・・って思うと、またやるせなくなりました。
あつおさん 8点(2003-12-31 20:00:55)
2.生々しくもかっこ悪ーい青春時代劇。今見ると違和感を感じますが、きっとこの頃はこういうのが「時代の空気」だったんじゃないでしょうかねえ。冒頭のダラーっとした仁義は面白かったです。
ぐるぐるさん 6点(2003-10-15 17:29:31)
1.《ネタバレ》 中村錦之助辺りが主演した一連の東映任侠時代劇へのアンチテーゼとして皮肉たっぷりに市川崑が監督した異色時代劇。脚本は市川監督自身に加え詩人の谷川俊太郎もクレジットされているコトからありきたりの任侠股旅物にする積もりは微塵も無い姿勢が窺える。しかーし!ATG制作という低予算バレバレな状況では如何に天才・市川崑といえども思うように腕は振るえず、何とも侘びしい出来。「イヤ初めっからコレを狙っていたんだよ」と言われても、面白さより不景気なリアリズムを重視した本作には「だから何だ?娯楽を度外視する程の価値があった…のか??」と問い返すのみ。特に小倉一郎扮する源太がショーケン演じる黙太郎を斬り殺そうとした弾みで転げ落ち、木に頭をぶつけて呆気なく死ぬラストの脱力感&辛気臭さは…絶句!まぁ確かに異色かもしれないが、私ゃ東映の「沓掛時次郎・遊侠一匹」みたいなスタイリッシュな股旅物の方がよっぽど好きでやんす~!!
へちょちょさん 6点(2003-10-12 11:11:59)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 16人
平均点数 6.81点
000.00%
100.00%
200.00%
316.25%
400.00%
500.00%
6531.25%
7531.25%
8425.00%
916.25%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS