Menu
 >
 >
 > エイリアン2/完全版

エイリアン2/完全版

(エイリアン2/特別編【TV】)
ALIENS/SPECIAL EDITION
1986年【米】 上映時間:154分
平均点: / 10(Review 120人) (点数分布表示)
アクションホラーSFシリーズものモンスター映画
[エイリアンツーカンゼンバン]
新規登録(2003-10-13)【ポール婆宝勉(わいけー)】さん
タイトル情報更新(2014-10-07)【イニシャルK】さん
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ジェームズ・キャメロン
助監督スタン・ウィンストン(第二班監督)
演出神尾千春(日本語吹き替え版【DVDアルティメット・エディション】)
キャストシガニー・ウィーバー(女優)エレン・リプリー
マイケル・ビーン(男優)ドウェイン・ヒックス伍長
キャリー・ヘン(女優)レベッカ・"ニュート"・ジョーダン
ランス・ヘンリクセン(男優)ビショップ341-B
ポール・ライザー(男優)カーター・J・バーク
ビル・パクストン(男優)ハドソン二等兵
ジャネット・ゴールドスタイン(女優)バスケス二等兵
ウィリアム・ホープ〔1955年生〕(男優)ゴーマン中尉
マーク・ロルストン(男優)ドレーク二等兵
ダニエル・カッシュ〔男優・1959年生〕(男優)スパンクマイヤー
幸田直子リプリー(日本語吹き替え版【DVDアルティメット・エディション】)
森川智之ドウェイン・ヒックス伍長(日本語吹き替え版【DVDアルティメット・エディション】)
古川登志夫ビショップ341-B(日本語吹き替え版【DVDアルティメット・エディション】)
古澤徹カーター・J・バーク(日本語吹き替え版【DVDアルティメット・エディション】)
岡野浩介ゴーマン中尉(日本語吹き替え版【DVDアルティメット・エディション】)
朴璐美バスケス二等兵(日本語吹き替え版【DVDアルティメット・エディション】)
神奈延年ハドソン二等兵(日本語吹き替え版【DVDアルティメット・エディション】)
楠大典フロスト(日本語吹き替え版【DVDアルティメット・エディション】)
土師孝也エイポーン軍曹(日本語吹き替え版【DVDアルティメット・エディション】)
小林由美子ティモシー(日本語吹き替え版【DVDアルティメット・エディション】)
咲野俊介ドレーク二等兵(日本語吹き替え版【DVDアルティメットエディション】)
小野大輔(日本語吹き替え版【DVDアルティメットエディション】)
弥永和子エレン・リプリー(日本語吹き替え版【テレビ朝日特別編】)
田中秀幸ドウェイン・ヒックス伍長(日本語吹き替え版【テレビ朝日特別編】)
玉川紗己子レベッカ・"ニュート"・ジョーダン(日本語吹き替え版【テレビ朝日特別編】)
城達也ビショップ341-B(日本語吹き替え版【テレビ朝日特別編】)
石丸博也ゴーマン中尉(日本語吹き替え版【テレビ朝日特別編】)
小宮和枝バスケス二等兵(日本語吹き替え版【テレビ朝日特別編】)
牛山茂ハドソン二等兵(日本語吹き替え版【テレビ朝日特別編】)
大友龍三郎ドレーク二等兵(日本語吹き替え版【テレビ朝日特別編】)
幹本雄之フロスト(日本語吹き替え版【テレビ朝日特別編】)
深見梨加フェッロ(日本語吹き替え版【テレビ朝日特別編】)
松本保典スパンクマイヤー(日本語吹き替え版【テレビ朝日特別編】
石塚運昇エイポーン軍曹(日本語吹き替え版【テレビ朝日特別編】)
富山敬カーター・J・バーク(日本語吹き替え版【テレビ朝日特別編】)
増岡弘リューエン/ウィアズバウスキー(日本語吹き替え版【テレビ朝日特別編】)
佐々木優子ディートリッヒ(日本語吹き替え版【テレビ朝日特別編】)
原作ダン・オバノン(キャラクター創造)
ロナルド・シャセット(キャラクター創造)
ジェームズ・キャメロン(原案)
ウォルター・ヒル(原案)
デヴィッド・ガイラー(原案)
脚本ジェームズ・キャメロン
音楽ジェームズ・ホーナー
撮影エイドリアン・ビドル
製作ゲイル・アン・ハード
製作総指揮ウォルター・ヒル
デヴィッド・ガイラー
ゴードン・キャロル
特殊メイクトニー・ガードナー[メイク](ノンクレジット)
特撮スタン・ウィンストン(エイリアン効果クリエーター)
ジョン・リチャードソン[特撮](特殊効果スーパーバイザー)
トム・ウッドラフ・Jr(クリーチャー効果コーディネーター)
スタン・ウィンストン・スタジオ(視覚効果)
美術H・R・ギーガー(オリジナル・エイリアン・デザイン)
シド・ミード(コンセプト・アーティスト)
ダグ・ベズウィック(メカニック・デザイン)
ジェームズ・キャメロン(クイーンエイリアン・デザイン[ノンクレジット])
クリスピアン・サリス(セット装飾)
ピーター・ラモント(プロダクション・デザイン)
編集レイ・ラヴジョイ
録音グラハム・V・ハートストーン
あらすじ
1986年公開「エイリアン2」に、キャメロン監督自らが未公開シーンを追加した完全版。エイリアンに遭遇するニュート(キャリー・ヘン)のファミリー、リプリーとヒックスの心の交流、またリプリーが過去に自分の娘を失っていたエピソードなど、シリーズ中でもかなり貴重なエピソードが公開され、物語は新たな輝きを見せる。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
120.スーパーウルトラ娯楽映画(笑)。エイリアン1匹あたりの恐怖感は薄れてしまいましたが、そんなことは些細なことヨと、派手な展開がてんこ盛りの熱い映画でした。特撮が前作に引き続き素晴らしく、マットペイト合成など色んな手法を駆使して、巨大な宇宙基地を表現しています。「派手」なものはただ物量にものを言わせて作ればいいわけではなく、「派手」に「見せる」テクニックが必要です。他の作品でもそうですが、ジェームズ・キャメロンは本当に効率的・効果的な「見せ方」「魅せ方」を熟知した監督だなあと思います。
ゆうろうさん [DVD(字幕)] 10点(2016-11-23 18:14:34)
119.初見。面白かったああ。ジェームスキャメロンらしいのは、ターミネーター1と画作りとか構成が似てるね。30年前の作品がこれだけ素晴らしいのに、SF作品全般進歩どころか退歩さえ感じるのはなぜなんだろう。やっぱ重機だよね。キャタピラーかコマツかはわからないけど。ぼくはフォークリフトで荷物運ぶ時、こんな力持ちで便利な機械ほんとありがたいなあといういつも感謝の気持ち持っていたんだけど、それをそのまま映画で見ることができた。この作品観ておいて本当に良かった。このまま観ずに過ごしていたら大損だった。
タッチッチさん [DVD(字幕)] 10点(2016-07-04 15:53:16)
118.《ネタバレ》 上手です。この続編の持ってき方。「今度は戦争だ」でストーリーは大体想像がつくのですが、いつ、どこから、どんな手でという緊張感は前作を受け継いでいます。今回新しいのは数が半端なく多い、しかも人海戦術で襲ってくるというところでしょうか。この映画ってかなり「ベトナム戦争」を意識しているのではないでしょうか。エイリアンのゲリラ戦術はベトナム兵のようです。そしてその戦術にうろたえる海兵隊も北の脅威に恐れおののくアメリカ兵とだぶります。この映画でマイナス1点なのは、エイリアンの脅威・強さが団体になった分薄れてしまったことでしょうか。しかし、武器のデザイン、メカのデザインなどはいずれもハイレベルでかぎりなく10点に近い9点です。
金田一耕助さん [DVD(字幕)] 9点(2015-03-01 22:00:13)
117.キャメロンにバトンタッチ。当時は監督の名よりも中身を見ていたが当然と言わしめる内容と迫力に衝撃を覚える。
前作よりもより深いエイリアンのタッチにサバイバルから戦争へ。
こんなにワクワクさせられる映画はなかなか出会えないんじゃないかな。
濤声さん [地上波(吹替)] 9点(2014-10-20 12:37:11)
116.「あの」エイリアンの続編ですから相当なプレッシャーだったと思います。しかも180度の方向転換を行うとは、キャメロンは凄い勝負師だ(笑) 「今度は戦争だ!」私もワクワクしてロードショーを観に行き、帰りは興奮冷めやらずといった感じでした。

パート1では得体のしれない生物を相手に基本受身が多いです。キャメロン監督はこの点をよく理解していて、今度はリプリーに派手な攻撃をさせます。今観るとパワーローダーはチョット弱いですが(笑)、あの当時は画期的でした。(行け行けゴーゴー!という感じ)

バック・トゥ・ザ・フューチャーやゴッドファーザーのように全シリーズを通して一つの映画として評価したいシリーズです。(パート3と4は多少問題があるかもしれませんが)
アラジン2014さん [映画館(字幕)] 9点(2014-09-06 18:00:04)(良:1票)
115.《ネタバレ》 「初代」と「2」でどっちが好きかって?どちらかと言えば「最後の一人になるまで戦ってやらあ」って「初代」が一番好きだ。
が、キャメロンのガテン系武闘派リプリーも大好き。男勝りなリプリーが頼もしい。
「バイオハザード」はコレと「ゾンビ」の影響を強く感じさせる。
前回の戦いから何十年とさまよい、ようやく回収されたリプリー。だが目覚めた先でも“悪夢”は続く。リプリーは前回の経験から誰も信じられずにいた。しかし、事情を呑み込みハラも決めたリプリーは共に危機を脱したジョーンズ(猫)を残して新たなる戦いの場へと赴く。もう完全にヒロインではなく主人公の面構えです。
自分たちを殺そうとしたエイリアンの星を、人類が植民という名の“侵略”をしようとする。
当然、彼ら(エイリアン)も“侵略者”には容赦しない・・・!
キャメロンのうなるようなメカニック描写やバトルを盛り込んだ演出は見応えがある。この頃のキャメロンは本当最高だね。
今度のアンドロイド・ビショップは誰よりも頼りになる奴だ。ナイフの芸の時も地味に仲間の手をかばっての作業。
助け出される唯一の生存者、変わり果てた人々の姿、エイリアンクイーンの圧倒的な存在感。
いつ何処からエイリアンの大群が現れるかハラハラドキドキの連続だ。
仲間のためなら強行突破に轢き逃げアタック!
しかしいくら強力な武器を揃え様と奴らもタフだ。次から次へとキリが無え。
「アンタは本当ダメな男ね」
まんざらでも無さげな表情で散っていく仲間たち。
リプリーも娘の面影が重なるニュートのため、仲間たちのためにフル装備で単騎突入!
“人質”をとってクイーンと渡り合うしたたかさ、邪魔するガッデムエイリアン共はブッ放せ、焼き払えっ!!
いや~もうアレですね。何と言ってもラストバトル!
突然の襲撃、倒れ込む仲間、絶体絶命、そこに重武装で対峙するリプリー。
リプリーの「FU●K YOU」は気持ちが良い。
リプリーが相手に「F●CK YOU」と言う時は確実に野郎をブッ飛ばす時だけだぜ。
「初代」のリプリーは震えながら「F●CK YOU F●CK YOU(クソ野郎クソ野郎...)」と呟くリプリーが、
「2」ではクイーンに向って「SON OF A BITCH(クソババア!!)」
しかしマジで化物だなリプリーって。普通血管が破裂して死ぬぞアレは…まあ映画だからご愛嬌、いや本当にリプリーが化物なのか。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 9点(2014-08-15 16:20:25)(良:1票)
114.《ネタバレ》 前作はどこがDC版だかわからなかったが今作ではよくわかった オリジナル劇場版より20分近く長くなっている 冒頭、リプリーに地球に残した娘がいて、すでに亡くなっていることが分る このエピソードでリプリーがニュートに肩入れして、徹底的に庇護する理由が明らかになる 中盤のニュートとの交流もリプリーの行動原理を描く上で大切な要素だと思った 序盤で海兵隊はほぼ全滅 すべて間抜けな中尉のせいだ その間抜けな中尉も男前のバスケスと最後に男を魅せた リプリーが操るパワーローダーの出来は素晴らしいがその他のガジェットはちょっと安っぽかった気がする その辺は前作のノストロモ号の不気味な雰囲気にはかなわないか しかしお金は十分懸かってる感じ 次々と危機がやって来る、乗っけ盛りタイプの演出は今回も健在で、動体探知機がピーピー言い始めると、とにかくドキドキする 歴史的名作の続編だが完全版は面白さにおいては前作を上回っていると感じた  エンディングも前作同様、熟女のパンティー姿はなかなかいい(笑)
にょろぞうさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2014-04-26 14:41:30)
113.《ネタバレ》 “今度は戦争だ!”のキャッチフレーズの通り、前作とは全く違うテイスト仕上げたジェームズ・キャメロン監督の手腕はお見事。
アクション映画でありながら、根底には母性愛が描かれていると思う。

50年以上宇宙を彷徨い帰還した際、亡くなった自分より老けた娘の写真を見て涙したのに始まり、終盤にクイーンと対峙するシーンの間が何とも言えぬゾクゾク鳥肌モノで、母親の子を守るという女の本能を見ました。

思えばキャメロン監督は、逞しい女が好き・・・というか描くのが上手だと思う。
今作のリプリー、ターミネーターのサラ、タイタニックのヒロインですら(レオ様を助ける為とは言え)斧持って現れる時然り・・・

まぁ~一作目の衝撃は薄れたけど、この映画単体でも良く出来た面白い映画だと思う。
ぐうたらパパさん [DVD(字幕)] 8点(2013-11-10 02:35:38)
112.《ネタバレ》 本作を初めて観たのはいつだったろうか?おそらく小学生の頃だろうか?きっとストーリーも理解せずエイリアンとのドンパチだけを楽しんでいたのだろう。それから数度は観たと思われる本作。改めて観てみると新鮮味が全くないのです。名作の宿命でしょうか。今となってはもう2度と初めて観たときの感想を綴ることができません。
いっちぃさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2013-09-05 18:28:18)
111.これぞハリウッドの娯楽映画!クイーンが登場してからの盛り上がりはお見事です。
カニばさみさん [地上波(字幕)] 9点(2013-08-14 15:54:07)
110.《ネタバレ》 クイーンの登場するところ(無音の演出、振り返るリプリー、ヌチャッという音…)は、映画史に残る名シーン!!だと思います。
わんたんさん [DVD(字幕)] 9点(2013-05-19 11:37:42)
109.娯楽性をグッと高めて、非常に観やすい映画に仕上がってる。
でもリプリーをシュワちゃん並に戦闘力の高い不死身人間にしたのはどうかな?
ご都合主義的なシーンが所々よく見られるところは残念。
たんたかたんさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2013-02-27 20:26:52)
108.《ネタバレ》 現代の娯楽映画の神様ジェームズ・キャメロンらしく全編ドンパチ撃ちまくる映画となっています。前作の様な文芸的なストーリーの深みは失っているが、それを補う分のアクションとサスペンスが盛り込まれており全く飽きない二時間半でした。完全版として追加されたシーンはまあ無くても損はしないかなって位のモンですかね。ただ追加されたシーンのお陰で主人公のリプリーが何故あそこまで少女に固執するかが良く分かりました。それにしても最近は女性のメンタル面の強さを強調する映画が多くなりましたが、最近の映画にもリプリー位フィジカルでも強さを感じる女性を入れてほしいものです。いや、リプリーまでいくと行き過ぎか(笑)。エイリアンのクイーンとキャットファイトする女なんてリプリー姐さんだけでいいな。
民朗さん [DVD(字幕)] 7点(2012-08-19 00:04:11)
107.前作より娯楽アクション性が増し、映画の作りもスケールが大きくなった。しかし57年が過ぎたというのに映画の中の科学は少しも進歩していないようだ。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 5点(2012-06-25 09:48:46)
106.《ネタバレ》 今見ると古典名作。本作は最後の戦いに尽きる。
わさびさん [DVD(字幕)] 8点(2012-05-27 02:49:05)
105.女性兵士バスケス二等兵のキャラクター付けや、守るべき女の子など最近の映画を見てても未だに見かけて「またか・・・まあ面白いけど」となるプロットを打ち立てたパニックアクションの金字塔的作品がこれ。というかキャメロン自身このプロットから抜け出せず、アバターにもしっかり「バスケス枠」を置いて、バイオハザードやSWATで思いっきりバスケスい演技を見せたミス・バスケスもといミシェル・ロドリゲスその人にやらせたりしてるのはなんとも皮肉。そんな今や影響を受けていないSF映画、パニックアクション映画を探すほうが難しい「映画界のビートルズ」「ハリウッドの基本素材」的作品。前作のスリラー的要素はやや薄れたがエンターテイメントとしてはスキの無い作りでもはや完成品である。
Arufuさん [DVD(字幕)] 9点(2012-03-07 04:49:23)
104.久しぶりにブルーレイで鑑賞。本当にジェームズ・キャメロンはうまいと改めて実感。
キャメロンの映画はどれも構成はシンプルだ。シンプルなのに長い。長いが全く長さを感じさせない。この作品も敵地に攻めた。逃げた。籠城して脱出というシンプルな構成である。
娯楽映画とはかくあるべきというツボを完璧に押さえている。さらに前作に敬意を払って前作のツボも見事に再現している。サービス精神とはかくあるべきというツボも完璧に押さえている。
才能ある監督に共通していることだが、特別編になってエピソードが増えても「無駄なカット」がない。
特撮は今見ても素晴らしい。装甲車のミニチュアも、飛行機のミニチュアもかっこいい。全てが計算されたCGでは出せない質感、量感、空気、動きが今となっては懐かしい。
パワーローダーの特撮がずっと疑問だったのだが、メイキングでリプリーの後ろにボディビルダーがパワーローダーに入って動かしていたというカラクリを知って驚いた。
アナログでしかできない中で、工夫する楽しさ。工夫されたゆえに醸しだされる画面の魅力。
キャメロンも、最近の作品ではCGでどんな表現も可能になって、そのビジュアルは素晴らしいものだが、表現したいものと表現できないものの相克が生み出した結晶のような魅力が、この作品にはあふれていると思う。
リドリー・スコットの「エイリアン」と表裏一体の関係で、「エイリアン」はこの2作で完結していると自分は思ってます。3,4は二度と観たくないです。



どっぐすさん [ブルーレイ(字幕)] 10点(2012-02-01 01:22:09)
103.「エレン・リプリー」ってタイトルにすれば良かったのに。
なたねさん [DVD(字幕)] 6点(2011-11-27 21:05:41)(笑:1票)
102.劇場版ではよくわからなかった部分が追加されていて、ようやくストーリーの流れに納得。 飽きることなく最後までハラハラしながら見ることが出来る数少ない作品で、もう結構な回数見てしまっている。 1作目のエイリアンを観た時に、こうなったら面白いんじゃないか?と思ったことを実現してくれた(笑。
ゆたろさん [DVD(字幕)] 9点(2011-07-03 06:20:16)
101.《ネタバレ》 面白い いやーほんといろんな部分が良く出来てて 無駄がなく 緊張感が続いて 長さを感じさせませんね  エイリアンものはちょっと苦手+オリジナル版は未観なので 違いがわかんないけど さすがキャメロン 素晴らしい!  とにかく「お金掛ってます」セットの豪華さ! この監督さんはT2でもそうだけど、こういうノリが得意なのかな 派手~な内容だけど人間味を感じさせるものっていうんですか いやホントお見事 ただ最後の女王対決はちとやり過ぎな感が… たぶん相当重い(であろう)女王をあの状況では …いくらなんでもなぁ でもいいです全体的に大変よく出来てるから  かなりオススメできるとオモイマス
Kanameさん [DVD(字幕)] 8点(2011-05-16 09:07:48)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 120人
平均点数 8.41点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
421.67%
532.50%
654.17%
71210.00%
83529.17%
93831.67%
102520.83%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.47点 Review19人
2 ストーリー評価 8.68点 Review25人
3 鑑賞後の後味 8.63点 Review22人
4 音楽評価 8.00点 Review22人
5 感泣評価 5.60点 Review15人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS